厄払いの付き添いの服装や料金は?家族、子供連れで行ってもいいの?

厄年に厄払いする時期に特に決まりはありません。

 

地域での考え方や風習が違ったり

神社やお寺によっても違うからのようです。

 

皆さん、厄年に厄払いはされていますか?

 

厄払いの付き添いや服装、料金、

家族や子供は連れ行ってもいいのか気になりますよね。

今回は厄払いについてご紹介したいと思います。




スポンサーリンク






厄払いをする厄年とは?

 

厄年とは

 

男性:25歳・42歳・61歳

女性:19歳・33歳・37歳

 

こちらの年を本厄といいます。

 

本厄の前の一年にあたる

 

男性:24歳・43歳・60歳

女性:18歳・32歳・36歳

 

こちらの年を前厄といいます。

 

本厄の後の一年にあたる

 

男性:26歳・43歳・62歳

女性:20歳・34歳・38歳

 

こちらの年を後厄といいます。

 

厄年は男女各計9年間の事を指します。

 

全ての厄年を厄払いされる方もみえますが

本厄の歳だけ厄払いをする方が多いようです。

 

中でも男性42歳、女性33歳は

大厄と言われ特に厄が強いと言われます。

 

この年齢と言われるのは社会的にも人生の節目になり

精神的にもストレスが多くなる時で

その歳は昔も今も大きく変わらず厄年として根付いています。

 

男性と女性で年齢が違うのも納得ですね。

 

厄年は数え年で考えます。

 

数え年は生まれたばかりの赤ちゃんを

1歳と考えるので年齢+1歳と数えましょう。

 

基本的に1年中、厄払いは

受け付けて貰え受ける事ができます。

 

一般的に厄払いはお正月から節分までにされるのが

良いとされていますが中には「節分以降に」という

案内をしているところもあるようです。

 

予約が必要な場合もあるので祈祷予定の神社、お寺に

電話で事前に確認すると確実ですね。

 

また厄払いをした翌年は同時期にお礼参りをしましょう。

 

厄払いとは今後の人生を安泰に過ごす為

神様に災いを振り払って頂くことをお願いしているので

厄払いの後に神様に感謝の意を示しましょう。




スポンサーリンク







厄払いの服装は正装?付き添いは?

出典:https://img2.mypl.net

厄払いに行く際の服装に決まりはありません。

 

しかし神様や仏様に失礼のない服装に

すべきというのが一般常識とされています。

 

男性:スーツにネクタイ

 

スーツの色は濃い紺色か黒色。

 

ネクタイは派手な色や柄は避け、

ワイシャツは白、靴は革靴にしましょう。

 

女性:スーツやワンピース

 

フォーマルスーツかワンピースで

同じく紺色か黒色でスカートは丈が

短すぎないものを選びましょう。

 

靴はローヒールがいいです。

 

祈祷の会場は靴を脱いで上がり、

他に祈祷を受ける方もみえるので

靴下にも気を付けましょう。

 

短パンや裸足などラフな格好はNGです。

 

付き添いの方も同じく服装に気を付け

ラフな格好は避けましょう。

厄払いの料金は?付き添いも料金が必要?

 

厄払いの料金は祈願料になります。

 

お寺の場合は御布施(おふせ)

神社の場合は初穂料(はつほりょう)といいます。

 

規模の大きな神社やお寺は

ある程度の金額が提示されている事が多いですが

 

「お気持ちでお願いします。」と

書かれている事もあります。

 

その場合厄払いの金額は

3000~10000円が相場となっているので

5000円辺りが妥当かと思います。

 

厄払いの場合付き添いの方も本堂に入って

御祈祷を受ける事ができます。

 

厄年本人の方の祈願料だけで

家族全員御祈祷を受けられるという事です。

 

祈願料を入れる袋は紅白で蝶結びの水引が

かかった通常の熨斗袋を使用します。

 

こちらは無地の紅白水引になります。

 

蝶結び(花結び)は結び目が何度も結び直せる事から

「何度繰り返されても良い」お祝い事やお礼などに使用します。

 

結婚以外のお祝いに幅広く使えるので

ご自宅に常備しておくと便利です。

 

熨斗袋の表面は神社で祈祷を受ける場合は

「御初穂料」お寺で受ける場合は「御布施」と

縦書きで入れ下に氏名を記載します。

 

お札の向きは人物が印刷されている面を

上にして新札を入れましょう。



スポンサーリンク






厄払いに付き添いは?家族や子供連れは大丈夫?

 

厄払いに家族や子供を付き添いで連れて行くと

厄がうつるなどという説があります。

 

しかし逆に厄払いは家族で一緒に行かないと

家族に厄がうつるという説もあります。

 

我が家も厄払いは家族で行きました。

 

神社やお寺に確認すると「ご家族皆さんでどうぞ」と

言われるケースが多いと思います。

 

こちらも事前に確認すると安心ですね。

 

小さな子供と一緒だと大きな声を出したり

騒いでしまったらと心配になりますよね。

 

子供を連れて家族で厄払いに来ている方は

たくさんいるので大丈夫です。

 

極端に暴れまわったり大騒ぎしたりしなければ

家族を連れての厄払いは

祈祷という時間を家族で共有でき

同時に家族の安全や健康を祈って貰えた

安心感が芽生えるのでオススメです。

 厄払いの流れはコチラ、和の作法も大事!

 

参拝時は手のお清めを行います。

 

両手を洗い、口をすすぎ、身も心も整え清めます。

 

神札所(寺務所)で申し込み用紙に

必要事項を記入し祈願料を納めます。

 

祈祷まで時間がある場合待機場所へ案内されるので

帽子や上着などを脱ぎ準備をしましょう。

 

祈祷の回になると名前を呼ばれ本殿に上がります。

 

祓い棒でお祓いを受ける際には静かに軽く頭を下げ、

神主が神様に祈祷のメッセージを伝えている際にも

頭を下げた状態で聞きます。

 

最後に祝詞が終わったら背筋を伸ばし姿勢を正し

「二拝二拍手一拝」で厄払いは終了です。

 

和の空間での祈祷が多くなると思いますので

作法を心得ておきましょう。

 

敷居を踏まない

畳の縁を踏まない

畳の縁の上に座らない、物を置かない

座布団の上に立たない

厄払いの祈祷でもらう厄除けのお札は?

頂いた厄除けのお札は家の神棚に上げ

一年間お祀りするのがいいでしょう。

 

神棚がない場合お札の正面が南向きか東向きの

目線より高かい壁や柱などに祀りましょう。

 

その際お札は直に画びょうで刺したりせず

半紙にのりで貼るようにした方がいいようです。

 

神社などでもらう通常のお札は

毎日お水を備えるなどの作法が存在します。

 

しかし厄除けのお札には毎日のお供えは

必要ありません。

 

マンションなどで上の階に住人がいる場合、

お札が足踏みにされる可能性があります。

 

その場合配置したお札の天井に

住まいが最上階の場合は「天」

それ以外の階の場合は「雲」と書くのが

正しい作法です。

 

また普通のお札は1年間の効果といわれますが

厄除けは前厄、本厄、後厄の3年間の効果が

あると言われています。

 

古いお札をいつまでも持っている事は

良くないとされているので後厄が明けた年の

お正月から節分までにお祓いを

受けた神社やお寺に返納して下さい。

 

毎年厄払いを受けお札が溜まっていく場合は

古いお札はその都度返納しましょう。

 

神社やお寺によっては正月にのみ返納を

受け付けている場合もあるので

お祓いを受けた神社やお寺に問い合わせてみて下さい。

関連記事:喪中に神社やお寺で厄払い・厄除けできる?初詣は?

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

今回は厄年に行う厄払いについてご紹介しました。

 

厄払いには大安も仏滅関係ないので

いつでも安心して受ける事ができますが

我が家は初詣を兼ねて厄払いを受けました。

 

多くの参拝者がみえる中なので大変ですが

新年早々気持ちが引き締まり前年の切り替えになります。

 

本厄だろうが関係ないと思われる方もいますよね

 

しかし少しでも気になるのであれば厄払いを

受けておくとなんとなくスッキリした気持ちになりますよ。

 

また厄年には新築や引っ越しなど

新しい事を始めるのは良くないと言われます。

 

しかし出産は厄落としになるようです。

 

これをした方がいい、これはしてはいけないなどは

気にせず「慎む」気持ちを持って日々送るようにしましょう。

 

厄年には家族で御祈祷に出掛け厄を払って、

大きな災いがないように過ごして下さい。

関連記事:厄払いで家族同伴の場合の料金や服装は?厄がうつる?



スポンサーリンク




スポンサーリンク








サブコンテンツ