お風呂の残り湯の雑菌の除菌・臭い対策には重曹がいい?

入浴後お風呂のお湯をすぐに抜いてしまうのは

何だかもったいないですよね。

 

何か活用する方法はないのでしょうか?

 

しかし追い炊きして翌日の再利用や残り湯を洗濯に

使いたいけど衛生面に不安を感じる方も多いと思います。

 

今回はお風呂の残り湯の雑菌についてご紹介します。

除菌や臭い対策に使用する重曹についても詳しく解説します。




スポンサーリンク






お風呂の残り湯の雑菌は?

 

一度入浴したお風呂の残り湯の雑菌とは

一体どれくらいなのでしょうか?

 

入浴人数でも変わってきますが

浴槽にお湯を溜めた直後と比べると

入浴後の細菌数は大人2人の入浴直後で

110~140個程度と言われています。

 

翌日の残り湯の雑菌はここから約1000倍増加します。

 

普段38~42度の温度でお湯を沸かす方が

多いのではないでしょうか?

 

人間が心地いいと感じる温度は

雑菌にとっても繁殖しやすい快適な温度なのです。

 

お風呂で繁殖する一番危険な菌は「レジオネラ菌」です。

 

あまり聞き慣れない名前ですが

温泉などで感染し死亡例なども出ています。

 

39度前後の環境で繁殖しやすく、

その水を飲んで感染するわけではなく

 

シャワーや湯気になどで空気中に飛散し

それを吸い込む事で「呼吸器より肺」に

感染すると言われています。

 

レジオネラ属菌によって起こる感染症は

肺炎を中心とするレジオネラ肺炎と

自然治癒型のポンティアック熱の2つの病型があります。

 

特にレジオネラ肺炎は感染すると進行が早く

感染後7日以内に死亡するとまで言われています。

 

レジオネラ肺炎は致死率も高くとても危険です。

 

平均4~5日の潜伏期間を経て発病し

悪寒、高熱、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛、

痰の少ない咳、胸痛、呼吸困難、腹痛、下痢、

意識障害、歩行障害などの症状が現れます。

 

こんな菌が繁殖するなら残り湯なんて使えない!と

考えてしまいますね。

 

しかし除菌して使用する方法はあるので

そちらを探っていきましょう。

お風呂の残り湯の臭いが気になる

お風呂の残り湯を洗濯に使っても臭いが気になりますよね。

これは風呂釜の掃除が大事になってきます。

 

浴槽表面の掃除は毎日される方も多いと思います。

 

しかし何気に怠りがちになってしまうのが風呂釜です。

 

ここを長期間掃除しないと垢などが付着し

それが積み重なり雑菌だらけの

お風呂に入っている事になっているなんて事に。

 

お風呂の残り湯が臭うのはこちらも大きな要因の

一つになってくるので定期的にお掃除をしましょう。

 

よくCMなどでもみかけますがこちらは風呂釜の

形などで選ぶことになります。

月に一度のジャバで除菌し清潔バスタイム!




スポンサーリンク







お風呂には重曹が大活躍!

重曹はどんなお掃除にも欠かせない定番アイテムですね。

 

重曹とは炭酸水素ナトリウムの白い粉で

「ふくらまし粉」としても使われる成分です。

 

炭酸水素ナトリウムに加熱すると

二酸化炭素を出す特性があります。

 

これはお料理でふくらます時に利用されます。

 

お掃除に関する特性は

弱アルカリ性で刺激を与えず酸を中和してくれるので

脱臭にもなり粒子が硬すぎず物を傷つけないので

研磨剤としての役目を果たします。

 

そして油を分解する特性もあるので石鹸にもなるのです。

 

お料理にも使われると聞くだけで

身体にいいイメージがつきますよね。

 

重曹はお風呂掃除でも大活躍してくれます。

排水口のぬめり、臭い取り

重曹のアルカリ性の性質を生かして中和させ取り除けます。

 

重曹をたっぷりと排水口にまく

その上に重曹に対して少なめのお酢をかける

30分程放置してお湯か水を流す

 

まくだけで簡単お掃除なのでぜひ実践してみて下さい。

 

タイルのカビ取り

カビのある部分に重曹をふりかけ

5~10分程放置しスポンジで磨いて汚れを取り

汚れが取れたら水で流せば完了です。

 

毎日の浴槽掃除

スポンジに重曹を多めに取り小さく円を描くように

擦っていき、皮脂汚れを削り落とします。

 

全体が終わったら軽くシャワーで流します。

 

次に水道水に含まれるカルシウム汚れを落としてくれる

酢(クエン酸)をスポンジに取り同じように擦ります。

 

最後に水で流して完了です。

 

お風呂の黒ずみの掃除

喘息や心臓が弱い方には塩素系のカビ取り剤の

使用は控えるように言われています。

 

その場合重曹とお酢でカビ取りができます。

 

酢1に対して水2~3で酢水スプレーを作る

黒ずみにしっかり酢水スプレーを吹きかける

重曹をつけたスポンジでこすり落とす

乾いたタオルで拭き取れば完了です。

 

最後に酢水スプレーを吹き掛けておくと

抗菌作用によりカビ予防にもなりますよ。

 

重曹は入浴剤にもなる

入浴前にひとつかみお風呂に入れかき混ぜるだけ!

 

重曹には入浴剤の原料も含まれているので

お風呂に入れて入浴すると皮脂や角質を落とし

お肌がツルツルになる効果もあります。

 

また体臭予防にもなり一石二鳥です。

 

重曹は弱アルカリ性なので刺激は強くありませんが

使い続けるとタンパク質を分解し肌荒れの原因に

なる事があります。

 

敏感肌の方や乳児には濃い重曹水は

使わないようにしましょう

 

こちらの重曹は掃除から食用まで使えます。

食用は口に入れても大丈夫なので

全ての用途に使えるので一つ置いておくと便利です。

 

重曹はお風呂だけでなく

頑固な油汚れが気になるガスコンロやガスグリル、

電子レンジの掃除やこびりついた茶渋や湯垢、

ポットやケトルの掃除にも使えます。

 

窓ガラスや窓サッシの掃除、電気シェーバーの汚れや

臭い取りにも重曹が役立ちます。

 

お料理ではお肉は柔らかく、揚げ物をサクサクにします。

 

野菜を茹でる際に重曹を入れ発色をよくしたり

野菜を重曹で洗う事で農薬の除去にもなるようです。

 

これだけの活用術をきくと重曹を常備しておきたくなりますね。



スポンサーリンク






お風呂の残り湯の除菌・臭い対策に重曹を使おう

 

お風呂の残り湯を再利用したいけど

菌や臭いが気になる場合重曹は有効なのでしょうか?

 

水道代の節約になりますしお風呂の残り湯を

洗濯にぜひ活用したいですよね。

 

そんな時はやっぱり重曹が大活躍してくれます。

 

除菌だけでなく脱臭効果もあるので

重曹はやっぱりお風呂の残り湯にも万能です。

 

お風呂の残り湯で洗濯をする場合

水温が高いので皮脂汚れが落ちやすく

また粉洗剤を使っている場合洗剤が溶けやすい為

メリットがいっぱいです。

 

重曹を入れ更に酸素系漂白剤を入れて洗濯を始めると

除菌もでき汚れの落ち具合もよくなりオススメです。

 

しかし、洗濯にお風呂の残り湯を使うのは

「洗い」部分だけにしましょう。

 

「すすぎ」までお風呂の残り湯を利用してしまうと

雑菌や垢は臭いの元となり乾いた洗濯物が

臭ってしまう原因になります。

 

最後のすすぎは水道水で行い洗い流しを

してあげる事でその心配は解消されます。

【関連記事】

冷蔵庫の異音の原因はコンプレッサー、ファン?対処法は?

労働保険とは?簡単にわかりやすく解説!雇用保険との違いや未加入時の罰則は?

冷蔵庫の音がうるさい時の原因と対策!コンプレッサーやファンのせい?



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はお風呂の残り湯の雑菌について

除菌・臭い対策、重曹についてご紹介しました。

 

私も以前お風呂の残り湯を洗濯ですすぎにも

利用していましたがやっぱり乾いた時の臭いは

洗い直しが必要なほどだった時がありました。

 

重曹を入れ洗いだけで活用すれば臭いも

気にならないので水道代節約にもなりますし

ぜひ活用したいですね。

 

お風呂の残り湯は他にも植木にあげる水に

使っても大丈夫です。

 

人間の皮脂や汚れが入っているお風呂の残り湯は

植物にとって栄養たっぷりの水になるようです。

 

ただ「お風呂に入れた入浴剤」に注意してください。

 

入浴剤には様々な成分が入っているので

入浴剤によっては植物が枯れてしまう事があります。

 

植木にあげる水に利用するお風呂の残り湯は

入浴剤をいれてないものにしてあげて下さい。

 

ぜひ雑菌の除菌や臭い対策に重曹を利用し

お風呂の残り湯を活用してみて下さい。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ