風邪の後咳が止まらない原因や対処法!ほかの病気かも?

風邪をひいた後、症状は治まったのに咳はなかなか止まらないことは

ありませんか。

 

こんな時、風邪が長引いているだけだと思って、ほっておく人が

多いのではないでしょうか。

しかし、風邪の後咳がずっと止まらない場合は、ほかの重大な病気の

可能性があるのです。

 

この記事では、風邪の後咳が止まらない原因、対処法、ほかの病気の

可能性について解説していきます。

風邪の後咳が止まらなくて気になっている方は、是非参考にしてみてください。




スポンサーリンク






咳ってなんで出るの?

咳は、のどや気管などに入って来た細菌やウイルスなどの異物を、

体の外に追い出そうとして起こります。

風邪をひいたときに咳が出るのは、ウイルスなどの有害なものを

何とか体から排出しようとするために起こる防衛反応なんですね。

 

このように咳は体の防衛反応であり、風邪だけでなくいろいろな病気の

症状として現れます。

咳が出ているからと言って、風邪だと安易に判断するのはとても危険です。




スポンサーリンク







風邪の後咳が止まらない原因は?ほかの病気?

風邪の原因は、8割、9割がウイルス感染によるものです。

ウイルス感染による風邪の場合、通常1週間程度で症状は治まります。

ですので、風邪の症状が治まっても咳がずっと止まらない場合は、

別の病気の可能性が高いです。

 

咳喘息

風邪の後咳が止まらない原因としてかなり多いのが咳喘息です。

喘息は有名ですが、咳喘息というのは聞いたことがない方が多いのでは

ないでしょうか。

 

ヒューヒュー・ゼーゼーといった呼吸音になるのが、一般的な喘息で

気管支喘息と言います。

咳喘息にはこういった呼吸音はないのですが、気管支喘息の初期症状・

一歩手前の症状と考えられています。

 

咳喘息になった人の3割程度は、気管支喘息になるともいわれているので、

咳喘息の段階でしっかり治療しておくことがとても重要です。

 

咳喘息は、ほこりやダニ・運動・飲酒・たばこの煙・ストレスなどが

原因となって生じます。

もともとアレルギー体質の人に発生しやすいのも特徴です。

 

咳喘息の症状としては、前述のヒューヒュー・ゼーゼーといった呼吸音や

発熱、痰などの症状はほとんどなく、乾いた咳が続きます。

1か月以上乾いた咳が続くのであれば、咳喘息の疑いがあります。

 

咳喘息の咳には、一般的な咳止め薬は効果がないので、咳止め薬を飲んでも

咳が一向に治まらないのであれば、風邪ではなく咳喘息の可能性が高いです。

咳喘息の治療には、気管支拡張薬や吸入ステロイドなどが使われます。

 

心因性咳嗽

検査をしたりいろいろ調べても咳の原因が不明な場合があります。

その場合には、心因性咳嗽の可能性が高いです。

 

心因性咳嗽という病名は聞いたことのない方が、ほとんどだと思います。

心因性咳嗽とは、精神的ストレスが原因となって咳が出る病気です。

 

咳喘息の場合は、夜に咳がひどくなることが多いですが、心因性咳嗽の場合は

そういった特徴はありません。

心因性咳嗽の場合は、仕事をしているときにひどい咳が出ることがあります。

 

心因性咳嗽は、ストレスが原因となって発症している病気ですので、治療としては

ストレスを取り除くしかないということになります。

抗不安薬や抗うつ薬などが処方されることもあるようです。

 

何か大きなストレスがあって、咳が止まらない状態になっている人は、

心因性咳嗽を疑ってみた方が良さそうです。

 

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという細菌に感染することによって

発症する肺炎です。

乾いた咳が2,3週間以上続くのであれば、マイコプラズマ肺炎の可能性が

あります。

他の症状としては、全身の倦怠感や発熱などがあります。

ただ、熱が下がった後も咳が続くこともあるので注意しましょう。

 

アトピー性咳嗽

アトピー性咳嗽とはアレルギー体質の方に発生する病気で、特徴としては、

乾いた咳が8週間以上続く

喘息にあるヒューヒュー・ゼーゼーといった呼吸音はない

朝や夜に咳がひどくなる

アレルギー性鼻炎など何らかのアレルギーを持っている人が多い

 

アトピー性咳嗽は、咳喘息とかなり症状が似ていますが、アレルギー反応なので

咳喘息の治療に使われる気管支拡張薬は効かず、抗アレルギー薬などで

治療が行われます。

 

アレルギー体質で風邪の後咳が止まらない方は、アトピー性咳嗽を

疑ってみた方が良いかもしれません。



スポンサーリンク






咳がひどくて止まらない時の対処法

マスクを着ける

のどが乾燥すると咳が出やすくなります。

マスクを着けることによって、自分の息が循環して乾燥を防ぐことができます。

 

また、マスクを着けるとダニやほこりなどのハウスダスト、たばこの煙などの

喉の刺激となる物質が入ってくることを防ぐこともできるので、

この点からも咳を止める対処法として有効です。

咳がひどくなりやすいのが夜寝るときです。

寝るときにもマスクを着けましょう。

就寝用のマスクが売られているので、おすすめです。

この商品は、耳が痛くならないようにソフトなゴムを使用しています。

コットンを二重に使用していて、息苦しさはないのに保温、保湿効果は

高いです。

 

湿度を上げる

前述のように乾燥すると咳が出やすくなります。

咳がひどいときには、加湿器を使って部屋の湿度を上げましょう。

この商品は、4リットルの大容量タンクを持つ加湿器で、

24時間連続で加湿できます。

のどが一番乾燥しやすいのは、夜寝ているときですが、この加湿器なら

寝ている間中ずっと加湿してくれますよ。

長い時間加湿器を付けていると電気代が心配ですが、この商品の電気代は、

1時間当たり約0.5円ととても安いので、ガンガン使えます。

 

温かい飲み物を飲む

温かいのも見ものを飲むことによって、のどを湿らせて乾燥から守ることが

できますし、温かい飲み物は蒸気での加湿効果もあるので、

ひどい咳の対処法としてとても効果的です。

咳を止めたいときの飲み物としては、生姜紅茶がおすすめです。

生姜にも咳を止める効果があるので、紅茶との相乗効果が期待できます。

特にこの商品で使われている生姜は、鹿児島産の黄金生姜という特殊な生姜で

体を温める効果がとても強いそうです。

また、1杯20円弱という価格なので、お財布にも優しいですよね。

【関連記事】

風邪のひどい咳で夜眠れない!咳を止める方法と咳が止まらない原因は?

喘息で息苦しいのが治らないで夜眠れない場合の対処や応急処置は?

悪い夢ばかり見る原因・理由は?悪い夢を見ない方法も徹底解説!

舌の付け根に口内炎が!原因や治し方・痛みを和らげる方法を徹底解説!

喘息で息苦しい時の対処法!症状を緩和させる方法やツボをご紹介!



スポンサーリンク








最後に

風邪の後咳が止まらない原因や咳がひどい時の対処法について

解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

風邪の後咳が止まらない原因として、複数の病気が考えられますが、

重要なことは、自分で勝手にこの病気だろうと判断しないで、

きちんと病院で診察を受けることです。

風邪の後の咳がなかなか治まらない場合は、早めに病院に行きましょう。

 

咳がひどい時の対処法については、簡単にできるものが多いので、

自分にとってやりやすいものから試してみてください。

きっと咳が楽になると思いますよ。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ