歯ぎしり用マウスピースのデメリットは?薬局で買える市販のおすすめ商品をご紹介!

朝起きるとあごの関節が痛みを感じたり

口周りにだるさを感じる時ってありませんか?

 

それはもしかしたら「歯ぎしり」が原因かもしれません。

 

「歯ぎしりしているなんて言われた事ない!」

と思ったあなたも歯ぎしりの原因の多くは

日々のストレスの発散運動と言われているので

気付かないうちに歯ぎしりを

してしまっているかもしれません。

 

歯ぎしりの自覚のある方は少なく

一般的に言われる音が出ない時もあるようです。

 

歯ぎしりはあごや歯がしみたり痛かったりするだけではなく

肩こりや偏頭痛などを引き起こすケースもあります。

 

しかし歯ぎしりのメカニズムが解明されていないため、

確実になくすことは難しいと言われているのが現状です。

 

今回は歯ぎしりの対処法と言われるマウスピースに注目し、

マウスピースは薬局で買えるの?

マウスピースのデメリットや市販のおすすめ商品などを

ご紹介したいと思います。




スポンサーリンク






歯ぎしりはどうして起こるの?

 

歯ぎしりの最も有力な原因は環境の変化や

心理的ストレスと言われています。

 

引っ越し、転職、入学など環境の変化で

歯ぎしりが強くなることがあるようです。

 

歯のかみ合わせが悪い、歯を食いしばる癖がある場合や

過剰な飲酒や喫煙も歯ぎしりの原因になります。

 

また逆流性食道炎になっている時なども歯ぎしりが強くなります。

歯ぎしりには大きく分けて3つの種類があります。

 

グラインディング

歯をこすり合わせるタイプの歯ぎしりです。

最も一般的な歯ぎしりでギリギリと歯をこする音がします。

歯をこすりあわせているので歯の表面が削れてしまいます。

 

クレンチング

上下の歯を強く噛みしめるタイプの歯ぎしりです。

こちらは音が出ないので歯ぎしりと気付かない方が多いようです。

 

放置するとあごに大きな負担がかかっている為

「顎関節症」になりやすくなります。

 

タッピング

歯をカチカチと鳴らすタイプの歯ぎしりです。

グラインディングとは音が違いカチカチと聞こえます。

 

こちらは他2つと違い頻度は少なく歯ぎしりの中でも

歯の表面、あごへの負担は一番少ないと言われています。

 

しかし長期間続けると同じように口内やあごに影響が

もちろん出てきます。

歯ぎしりの対処法はあるの?

 

歯ぎしりの一番の原因と言われるストレスは

睡眠不足によっても引き起こされます。

 

まずはたっぷりの睡眠を心掛けましょう。

 

その睡眠中に口内に装着するマウスピースは

歯ぎしり改善には有効と言われています。

 

歯医者さんで作ってもらう事もできますが

その場合5000~7000円の費用がかかります。

 

市販でも購入可能ですので今回はそちらの

ご紹介をしたいと思います。




スポンサーリンク







マウスピースのデメリットはないの?

 

歯ぎしりの改善に有効と言われるマウスピースですが

デメリットもあります。

 

以下の事に気を付けて正しく使用して下さい。

 

フィットするマウスピースを使う

自分に合っていないマウスピースを使うと

違和感があり睡眠の妨げになります。

 

市販でも自分の歯形を簡単にとり装着するタイプがあります。

 

しかし噛み合わせは日々変化している為

定期的な買い替えが必要になります。

 

フィットしなくなってしまったマウスピースを

使い続けると嚙み合わせが悪くなり

肩こりや顎に痛みを感じることもあります。

 

慣れるまでに時間がかかる

歯ぎしり用のマウスピースは大きくて分厚い為

慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

やめてしまっては意味がないので慣れるまでは大変です。

 

手入れに手間がかかる

マウスピースは基本的に朝外した後

水につけるなどの手入れが必要です。

 

水洗いで大丈夫ですが匂いなどが気になる事があるので

定期的に洗浄してあげる手間がかかってきます。

 

 

しかし音の軽減はもちろんマウスピースを

装着することで歯茎に伝わる力が分散され

顎の痛みも軽減されます。

 

また噛み合わせの位置が高くなることによって

歯に力が入りづらくなるので肩こりや頭痛にも効果があり

顎関節症の予防にもなります。

 

何もしないよりはマウスピースをしているという

安心感も得られますので是非使用してみて下さい。

薬局で買えるマウスピースのおすすめ商品

市販のマウスピースにも色々種類があります。

ご自身にあったものを見つけ安心して使用したいですよね。

 

電子レンジで温めて簡単に歯型取りを行えます。

就寝時だけでなくスポーツなどに使用される方も!

 

柔らかい素材になりますが初心者の方など

歯型取りに不安を感じる方におすすめです。

 

お湯につけて自分の歯形を取るタイプの

マウスピースです。

分厚い為最初違和感を感じる方も多いですが

代表格のマウスピースで効果は高く人気があります。

 

こちらもお湯につけて歯形を取ります。

 

シンプルで使いやすくお値段がお手頃なので

初めて歯型を取る方など初心者の方にオススメです。

 

こちらもお湯につけて歯形を取ります。

下あごに装着する為違和感が少なく使用できます。

 

耐久性が高くないのでひどい歯ぎしりの方には

不向きですが他のマウスピースで違和感を

取り除けなかった方などにおすすめです。

 

歯型を取る必要がなく寝る時にはめるだけです。

 

小さくてコンパクトなので装着した時の

ストレスも少なくおすすめです。

 

歯の形状を取ることに不安の方やごつごつしたものは

避けたい方はこちらを使ってみて下さい。

 

やわらかい素材の為歯ぎしりがスライドタイプの方や

歯がすでに削れてしまっている方には耐久性が足りません。



スポンサーリンク






マウスピースのお手入れ方法

毎日口の中に入れ使うものなので

洗浄もとても大切になってきます

 

ソフトタイプ

朝外した時に手で水洗いは基本ですが

研磨剤の入っていない歯磨き粉で、

優しくこすり洗いをしてあげて下さい。

 

研磨剤の入っている歯磨き粉では

マウスピースが傷つき細菌が余計に

繁殖してしまうので注意が必要です。

 

洗った後は必ず乾燥させてから

通気性の良いケースに保管しましょう。

 

マウスピース専用洗浄剤で

臭いやぬめりもスッキリ落とせます。

 

ハードタイプ

歯医者さんなどで作ったハードタイプの

マウスピースも同じく朝外した後の

水洗いはもちろんですが硬い物を使っている為

マウスピース表面に細かい傷がつきやすいです。

 

手洗いでは届きにくい汚れを落とす為に

洗浄剤につけ洗浄することをおすすめします。

 

硬いマウスピースは乾燥に弱いので

専用の容器やタッパーなどに水を入れて

保管しましょう。

 

マウスピース専用の洗浄剤です。

黒ずみなども落とせてとってもおすすめです。

歯ぎしり専用サプリメントのご紹介



歯ぎしりの原因として現在最も有力なのがストレスです。

マウスピースを使えば、歯ぎしりから歯を守ったり、騒音を少なくすることは

出来るかもしれないですが、根本的な解決は難しいかもしれません。

 

この歯ぎしり専用サプリメント「ハギシラン」は、歯ぎしりの原因と言われるストレスに

着目し、歯ぎしりのない快適な夜をサポートするものです。

 

「ハギシラン」には、リラックスや安眠効果のあるギャバだけでなく、

欧米では、「やる気が起きない」時などに摂取されるセントジョンズワートと

メンタルバランスを整える効果のあると言われている、ラフマも配合されています。

また、1日1粒でいいので継続しやすい点も魅力です。

歯ぎしりで悩んでいる方にお勧めのサプリメントです。

歯医者を受診した場合の治療方法

市販のマウスピースで効果が得られず

歯ぎしりが原因で頭痛などの症状がひどく出ている方は

一度歯医者を受診してみて下さい。

 

スプリント療法

個人の歯形に合わせたプラスチックのような素材で

作ったマウスピースを装着し嚙み合わせを調整します。

 

歯ぎしりの抑制、あごの関節への負担を軽減してくれる

一般的な歯ぎしり療法と言われます。

 

お値段は少しかかりますが安心かつ

強度の高いマウスピースで改善を目指してください。

 

薬物療法

筋肉の緊張を緩める薬を使用することで

噛み合わせに使う筋肉の緊張を少なくし余計な力が

かけず歯ぎしりが起こらないようにします。

 

しかし薬の服用には副作用が出る可能性があり

長期間の治療は行えません。

【関連記事】

汗が臭い女性必見!体臭の原因や対策と簡単に抑える方法!

脇汗がひどい人必見!匂い対策や予防法、おすすめのグッズをご紹介!

風邪のひどい咳で夜眠れない!咳を止める方法と咳が止まらない原因は?

悪い夢ばかり見る原因・理由は?悪い夢を見ない方法も徹底解説!

舌の付け根に口内炎が!原因や治し方・痛みを和らげる方法を徹底解説!



スポンサーリンク








最後に

歯ぎしりは今の医療では完治が難しいようですね。

しかし放置しておくのは口内やあごへの負担だけでなく

歯ぎしりによって引き起こされる症状は様々です。

原因不明の頭痛や肩こり、めまいに悩んでいる方は

一度歯ぎしりを疑ってみて下さい。

 

市販のマウスピースも色々な種類があり

効果が得られたという声が多かったです。

 

噛み合わせへの懸念を考えると少々手間ですが

歯型を取るタイプを使用した方がいいかと思います。

 

マウスピースはいびき対策にも効果があるようです。

ご自身の身体への負担だけでなく

家族への音の配慮を考えぜひマウスピースを

活用してみて下さい。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ