冷房病でめまい・発熱・のどの痛み・頭痛の症状!対処法や予防法を詳しく解説!

夏になると、家・会社・お店・電車など、ほとんどの場所で、

クーラーが効いていますよね。

このクーラーの効き過ぎで、体が冷えてしまい、様々な不調が

生じる場合があります。

これが冷房病(クーラー病)です。

 

冷房病と聞くと大した病気ではないイメージを抱くかもしれませんが、

実はとても怖い病気なんです。

冷房が使われている期間、ずっと体調が悪いのでは、

生活の質が著しく下がってしまいますよね。

 

この記事では、冷房病のめまい・発熱・のどの痛み・頭痛などの症状や

冷房病の対処法・予防法などを解説していきます。

冷房にあたると体調が悪くなる方は、是非参考にしてみてください。




スポンサーリンク






冷房病の原因は?

冷房病は自律神経が乱れることによって生じます。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経からなるもので、

体温調節などの重要な働きを担っています。

自律神経は、一般的に5℃以上の温度の変化には対応できず、

乱れてしまうと言われています。

 

夏になると冷房が非常に強く聞いているところもたくさんありますから、

外との気温差が5度以上になるケースは、頻繁にあるでしょう。

特に、仕事がら外と建物内の出入りが多い人は、それだけ自律神経が

働く機会も多くなり、自律神経が乱れやすいと言えるので注意が必要です。




スポンサーリンク







めまい・発熱・のどの痛み・頭痛などの冷房病の症状

前述のように、冷房病の原因は、自律神経の乱れです。

ですので、冷房病の症状は、自律神経の乱れから生じる症状となります。

 

自律神経は、体温調節だけでなく血圧の調節、消化、呼吸など様々な

ことに関係しています。

ですので、冷房病で自律神経が乱れてしまうと、身体に様々な

症状が出てしまいます。

 

具体的には、

頭痛

のどの痛み

発熱

めまい

食欲がなくなる

吐き気

倦怠感

眠れなくなる

腹痛

など、様々な症状があります。

上記の症状がすべて出るのではなく、頭痛だけの人や

めまい、倦怠感、吐き気がある人など、人によって様々で

個人差がとても大きいです。

 

自律神経の乱れやすさはかなり個人差があります。

ただ、運動する習慣がない人・睡眠不足など生活が乱れている人・

冷え性の人などは、自律神経が乱れやすい傾向があるので注意しましょう。



スポンサーリンク






冷房病の対処法や予防法

冷房病は、薬を飲んで簡単に治すということはできないため、

あらかじめ対処法や予防法を講じることによって、

症状がひどくならないようにしましょう。

 

クーラーの設定温度を適温にする

冷房病の原因は、温度差による自律神経の乱れです。

特に温度差が5度以上あると、自律神経が乱れやすくなるため、

クーラーの設定温度を外と5度以内になるように設定しましょう。

具体的には、冷房の温度は27,28度くらいに設定するのが

いいと言われています。

 

衣服などで体を温める

自分の家では、冷房の設定温度は自由にできますが、会社などでは、

自分の好きな温度にすることは難しいですよね。

 

そのような場合には、カーディガンを羽織ったり、ひざ掛けを使ったり

して体を温めましょう。

 

冷房病の対処法、予防法として特におすすめなのが腹巻です。

というのも、お腹は内臓が集まっているため、お腹を温めてあげると

体温上昇の効果が高いんです。

この腹巻は、シルク素材のため保温性にとても優れていて、身体にも優しいです。

また、薄いので着ぶくれしませんし体も締め付けません。

 

食べ物や飲み物で体を温める

食事は体の熱を生み出す原料になるので、3食しっかり食べましょう。

カロリーを極端に制限するダイエットをすると、身体が冷え切ってしまって、

冷房病が悪化する危険があるので、極端なダイエットはやめましょう。

 

体を温める食べ物や飲み物は、生姜・唐辛子・紅茶・白湯などがあります。

 

特におすすめなのは、生姜紅茶です。

生姜も紅茶もともに体を温める効果があるので、それを組み合わせた

生姜紅茶は体を温める効果がとても強いです。

この商品は、九州産の特殊な生姜を使用していて、体が芯から温まる

と人気です。

 

逆に体を冷やす食べ物・飲み物は、冷房病を悪化させる危険があるので

やめましょう。

 

体を冷やす食べ物としては、トマトやキュウリ・ナスなどの夏野菜があります。

夏の暑い時期に旬を迎えるので、体を冷やす効果が強いのです。

体を冷やす飲み物としては、コーヒー・緑茶・牛乳・清涼飲料水などが

あります。

コーヒーや緑茶は、温かいものを飲んでも体を冷やす効果があるので

注意しましょう。

 

軽い運動が自律神経に効果的!

運動で体を動かすと、全身の血流がよくなり体が温まります。

また、運動は自律神経を活発にする効果もあるので、冷房病の対処・予防に

抜群の効果を発揮します。

 

運動と言っても激しいものをする必要はなくて、10~15分くらい

すれば十分です。

1日にたくさんするよりも、習慣にするほうが冷房病の対策・予防としては

重要です。

 

運動でおすすめなのは、ウォーキングです。

ウォーキングは全身運動なので、血流を良くする効果が高いですし、

ジョギングほど強度が高くないので、年齢に関係なくできる点も

いいですよね。

ウォーキングをするときは、軽くて通気性の高い、運動用のウエアを

着た方がいいです。

通気性の悪い服だと汗をかき過ぎたりして、かえって体調が悪く

なる可能性もあります。

この商品は、ソックスまで含めてすべてそろっているので、

これさえ購入しておけば、すぐにウォーキングが始められますよ。

 

ツボで自律神経を整えよう!

出典:http://lecoeur-seikotsuin.com

冷房病の症状で多いのが頭痛ですが、この頭痛には手の甲の親指と

人差し指がVの字に交わっているところにある「合谷(ごうこく)」

というツボが非常に効果的です。

合谷のツボは、頭痛以外にも下痢・無気力・めまい・などいろいろな

症状に効果があるので、ぜひ試してみてください。

出典:http://w-grapps-me.s3.amazonaws.com

「湧泉(ゆうせん)」

このツボは足の裏にあるツボで、足の指を曲げるとへこみができますが、

そのへこみの部分が「湧泉(ゆうせん)」になります。

 

「湧泉(ゆうせん)」は、血の巡りをよくすることによって、冷えの解消に

とても役立つツボです。

冷え性以外にも疲労回復やのぼせ、むくみなどにも効果があり、万能のツボ

と言われています。

 

入浴で体を温める

冷房病への対処・予防法として重要なのが体を温めることです。

そして、身体を温める方法として簡単で効果のあるのが、

お風呂に入ることです。

 

夏で暑いからと言って、シャワーで済ませていませんか。

37~38℃のぬるめのお湯に長めに入ると、身体が芯から

温まり、冷房病の予防になります。

また、ぬるめのお湯に長めに入ることによって、リラックス

することができ、自律神経にもいい影響を与えます。

何もしないでお風呂に長時間入っているのは、

大変ですよね。

防水ポータブルDVDプレーヤーを使えば、すきなDVDを

見ることができて、よりリラックスできますよね。

また、テレビも見れますので、見るものに困ることはありません。

【関連記事】

冷房病の原因や治療は?対策グッズはどれがいい?

熱中症の後遺症で自律神経失調症になる?後遺症の症状や障害は?

舌の付け根に口内炎が!原因や治し方・痛みを和らげる方法を徹底解説!

風邪で声が出ない!治るまでの期間は?治療や効く薬は?

悪い夢ばかり見る原因・理由は?悪い夢を見ない方法も徹底解説!



スポンサーリンク








最後に

冷房病の症状やその対処法、予防法について解説してきましたが、

いかがだったでしょうか。

 

クーラーにあたると明らかに調子が悪くなる方だけでなく、

単なる夏バテだと思っていたけど実は冷房病だったという方も

いるかもしれません。

 

この記事では、冷房病に対する様々な対処法・予防法を

紹介しているので、少しでも冷房病の症状を感じたことのある人は、

自分がやりやすいものから気軽に実践してみてください。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ