溶連菌で大人に出る症状(下痢・頭痛・高熱)!潜伏期間や治療法は?

溶連菌感染症というと子供の病気というイメージを持っている人が

多いかもしれません。

しかし、実は大人も溶連菌に感染します。

 

子供の病気と思って軽く見ていると、恐ろしい合併症を引き起こして

とんでもないことになるかもしれません。

 

溶連菌感染症の症状は、風邪にかなり似ているため、

溶連菌による症状と気づかずに放置して、

悪化してしまう危険性もあります。

 

そういったひどい目に遭わないために、

この記事では、溶連菌で大人に出る下痢・頭痛・高熱などの症状や

潜伏期間・治療法などについて解説していきます。

 

ご家族など身の回りの人が溶連菌感染症になってしまった方や

風邪のような症状がなかなか治まらない方などは、

是非参考にしてみてください。





スポンサーリンク







溶連菌感染症とは?潜伏期間は?

まず、そもそも溶連菌感染症とは、どのような病気なのでしょうか。

 

溶連菌感染症とは溶連菌という細菌(正式名称は溶血性連鎖球菌)に

感染することによって起こります。

 

 

溶連菌感染症が流行する時期は、春から初夏にかけてと冬の

年2回です。

これらの時期には、いつにもましてうがい、手洗いなどを行って、

溶連菌に感染しないようにしましょう。

 

溶連菌感染症は、子供がかかる病気というイメージがありますが、

実際発症しやすい年齢は、5歳から15歳くらいです。

 

大人も溶連菌に感染しますが、発症する確率は子供に比べると

かなり低いです。

大人の方が子供に比べて免疫力が高いため、

感染しにくいようです。

また、大人は溶連菌に対する抗体を持っていることが多いことも、

大人の方が子供より感染率が低い理由の一つです。

 

ということは、免疫力の低下している高齢者や妊婦の方などは、

溶連菌に感染しやすい状態と言えますので、注意した方が良いでしょう。

 

溶連菌の感染経路としては、くしゃみや咳などによる飛沫感染が

多いです。

また、溶連菌は食べ物でも増殖するため、溶連菌の付着した食べ物を

食べて感染してしまうことも多いです。

 

溶連菌に感染してから発症するまでの潜伏期間は、2~5日です。

意外と長いですよね。

 

感染してからすぐに発症するわけではないので、

症状が出ていないからと言って、油断しないようにしましょう。





スポンサーリンク







溶連菌で大人に出る症状!下痢・頭痛・高熱は?

 溶連菌感染症の症状

溶連菌に感染した時に出る主要な症状としては、

以下のものがあります。

 

のどの痛み

発熱

発疹

イチゴ舌

 

2~5日の潜伏期間を経た後、のどが痛くなり発熱する

ことが多いです。

発熱は38℃から39℃くらいが多く、かなりの高熱です。

 

発疹は手足・腹・胸などに、赤くて小さいものができます。

かゆみを伴うことが多いです。

 

イチゴ舌とは、舌に発疹ができてイチゴの様になった状態のことです。

溶連菌感染症は、風邪とかなり症状が似ていますが、このイチゴ舌は、

風邪と区別できる特徴的な症状なので、イチゴ舌の症状が出た場合は、

溶連菌に感染していることを疑ってみた方が良いでしょう。

 

溶連菌に感染したからと言って、これらのすべての症状が出るわけではなく、

のどの痛みはあるが、発疹や発熱はないなど、個人差がかなり大きいので、

軽率に自己判断するのではなく、溶連菌に感染した疑いが少しでも

あるのであれば、病院に行って検査してもらった方が良いでしょう。

 

溶連菌感染症の症状はこれだけではなく、下痢や嘔吐、食欲不振、

頭痛、倦怠感などの症状が出ることもあります。

 溶連菌感染症の症状は大人と子供で違いはある?

溶連菌による症状は、基本的に大人と子供で違いはありません。

 

ただ、大人の場合は、発疹が現れずにのどの痛みと発熱だけ

と言ったことが多いようです。

 

大人の場合は、風邪と症状がかなり似てくるので、もともと

大人があまりかからない病気であることも相まって、

風邪と誤診されてしまうこともあるそうです。

身の回りに溶連菌に感染した人がいる場合には、診察の時に

そのことを告げた方が良いでしょう。

 溶連菌感染症と合併症

溶連菌感染症の恐ろしいところは、色々な合併症を引き起こす

可能性があることです。

 

溶連菌感染症の合併症として代表的なものとしては、

副鼻腔炎

リンパ節炎

気管支炎

中耳炎

などがあります。

 

上記の合併症は、まだ症状が軽いものですが、極めて危険な合併症も

存在しています。

血管性紫斑病

皮膚に紫斑が現れたり、関節痛、嘔吐、腹痛などの症状が出ます。

腎炎を合併症として引き起こすことがあり、要注意です。

免疫機能の異常が、溶連菌によって引き起こされることにより

発症するようです。

 

リウマチ熱

溶連菌の症状が治まった後2,3週間してから、高熱や関節痛などの

症状が出ます。

溶連菌感染症の症状が治まってから発症するため、合併症と気づかない

可能性もあるので、注意が必要です。

 

急性糸球体腎炎

溶連菌感染症の症状が治まってから1,2週間後に、

むくみや血圧が上がる、尿に血が混じるなどの症状が出ます。

早期に治療を施せば、治りやすい合併症なので、気になる症状が

出た場合は、一刻も早く病院に行きましょう。





スポンサーリンク







溶連菌に感染した場合の治療法は?

 溶連菌感染症の治療法

溶連菌に感染した場合の治療法は、抗生物質を飲むことです。

 

溶連菌感染症の治療には、抗生物質が大変効果的で、

飲み始めて2、3日で、症状はかなり治まることが多いです。

 

ここで重要なことは、症状が治まったからと言って、勝手な自己判断で

抗生物質を飲むことをやめないことです。

症状が治まっても体内にはまだ溶連菌が存在しているので、

抗生物質を飲むのをやめると、再発したり合併症を引き起こす

可能性があり大変危険です。

 

抗生物質は最低10日間ほどは飲み続けるのが、一般的なようです。

病院から渡された抗生物質は、すべてなくなるまでしっかり飲み続けましょう。

 

会社に行っていいのはいつから?

溶連菌感染症は、感染する病気ですから、いつから出勤していいのか

気になりますよね。

 

溶連菌は、抗生物質を飲んでから24時間くらいで、

感染力がほとんどなくなります。

ですので、抗生物質を飲んでから1日たてば、

出勤も可能ということになります。

ただ、安易な自己判断はせずに、医師に確認を取ってから

会社に行くようにしましょう。

 

また、感染力がなくなったとしても、症状が完全に治まっていないうちに

無理をすると、かえって完治まで長引く可能性があるので、

無理をして出勤したりするのはやめましょう。

溶連菌に感染するのを予防するには?

今までの話から溶連菌に感染すると、大変なことは

ご理解いただけたでしょう。

 

身近な人が溶連菌に感染してしまった場合には、

2次感染を予防することがとても重要です。

 

溶連菌の感染力はとても強いので、注意が必要です。

溶連菌は、咳やくしゃみなどの飛沫感染ですので、

予防法としては、うがい、手洗い、マスクの着用、

同じ食器を使わないなどを徹底することになります。

 

このマスクは、ウイルスを99%カットできる

高機能なマスクです。溶連菌の感染を防ぐためには、

普通のマスクよりも感染防止の効果がある高機能なものを

使用した方が良いでしょう。

 

手を洗う時には、しっかり消毒・殺菌するために

ハンドソープを使いましょう。

 

このハンドソープは、手をかざすだけで泡が出てくる

仕組みになっているので、ポンプに触れる必要がなく

衛生的で2次感染の可能性も低くすることができます。

保湿成分も配合されているので、手が乾燥することもなく

使い勝手がいいですよ。

関連記事:溶連菌感染症、大人は自然治癒する?検査方法や検査費用は?

最後に

大人が溶連菌に感染することはあまりないですが、

免疫力が低下しているときには、感染する可能性が高まりますので、

注意が必要です。

 

溶連菌に感染した可能性があるときは、安易な自己判断はやめて

すぐに病院に行きましょう。

 

また、家族など身近な人が溶連菌に感染してしまった場合には、

マスクの着用・うがい・手洗いなどを徹底して、

感染を予防しましょう。

関連記事:赤ちゃんは溶連菌感染症にかかる?発疹や鼻水・下痢などの症状は?





スポンサーリンク










スポンサーリンク







サブコンテンツ