風邪で声が出ない!治るまでの期間は?治療や効く薬は?

風邪で急に声が出ない!そんな経験はありませんか?

会社や学校で突然声が出ないと生活に支障が出てしまいますよね。

 

このまま声が出ない期間がどれくらい続くのか、

治るまでの期間はどのくらいなのか不安になります。

 

今回は風邪で声が出ない原因や治るまでの期間、

治療法や効く薬についてご紹介します。




スポンサーリンク






風邪で声が出ない!原因を徹底解析!

声が出ない、のどがイガイガするなどの症状が出る時は、

のどの奥がウイルスや細菌に感染し、

声帯部分に炎症を起こしている状態です。

 

一般的に「急性声帯炎」や「急性喉頭炎」と呼ばれます。

 

発熱や咳なども伴うこともある「のどからくる風邪」でしょう。

声を出す仕事やのどを酷使すると感染しやすくなります。

 

ウイルスや細菌に感染した場合普段は無色透明の

痰の色がドロッとした黄色になります。

黄色の痰は治りかけと誤解される事も多いですが

決して治りかけではないので注意してください!

 

また、お酒を飲みすぎた、タバコの吸い過ぎ、

大声を出したなどウイルスや細菌の感染以外で

声帯に炎症を起こすこともあります。

 

しかし多くの場合が風邪気味の時にのどを使い過ぎるなど

いくつかの原因が重なり起こるようです。

 

声が出なくなると仕事に支障が出る人はもちろんですが

そうでない人も声が出なくなっては大変なので

普段からのどを休ませてあげる事が大切です。

声が治るまでの期間は?どれくらい?

 

風邪で声が出ないのは1週間以内には

改善されると言われています。

 

細菌やウイルスによる風邪症状で起きた炎症は

1週間ぐらいで自然治癒するということです。

 

逆に1週間以上続く場合には別の病気が疑われます。

 

声帯ポリープ

声帯結節

悪性腫瘍

急性咽頭蓋炎

 

などそのままにしておくと危険なので

数週間、のどの不調が続くようなら

耳鼻咽喉科を受診してみて下さい。




スポンサーリンク







どんな治療でよくなるの?

病院を受診すると消炎作用のある内服薬や

吸引薬を使用されるようです。

短期での治療の時は点滴を行うこともあります。

 

しかし何よりもやっぱりのどを休ませてあげる為

「声を出さない」ことが1番大切です。

 

私の場合も以前喉の不調で耳鼻咽喉科を受診した際に

「なるべく声を出さないように」と言われました。

 

しかし日常生活の中で一週間声も

一切出さない事は難しいですよね。

 

少しでも早く良くなるためにこちらを試してみて下さい。

 

マスクをつけて寝ましょう

のどを痛めてしまった時は汚い空気を口に入れない為に

マスクはとても有効です。

そしてそれは就寝時でも同じです。

 

風邪を引いている時は鼻水の影響から

口を開けて寝てしまうことが多く、

マスクをしていると乾燥を防ぐ事ができます。

 

しかし就寝時のマスクはなかなか付け慣れないですよね。

就寝時用のマスクがあるので活用してみて下さい。

 

肌側はシルクが使われているので吸湿保湿とお肌のケアも!

耳かけ部分はニットになっていて優しいつけ心地が嬉しいです。

お洗濯ができるので繰り返し使える為オススメです。

 

手洗い・うがいをこまめに行う

風邪の対策基本である手洗い・うがいは必須です。

特にうがいは喉についている細菌の繁殖を防ぐために行います。

 

口や喉を消毒するためにうがい薬を

利用しこまめに行いましょう。

入浴は湯船につかり身体を温めましょう。

芯から身体を温め、湯気で喉を加湿することもできます。

夏場はシャワーだけという方もぜひ湯船に

つかるようにしてみて下さい。

 

また首元を温めることものどに効果的なので

ネックウォーマー、ストール、

タオルなどを首に巻いてあげてみて下さい。

部屋を加湿して乾燥を防ぐ!

加湿器を使って部屋を加湿しておくことで

ウイルスや細菌の繁殖を防ぐことができます。

 

鍋にお湯を沸かし室内に蒸気を充満させて

あげるだけでも効果があります。

また部屋で洗濯を干すなどでも大丈夫です。

 

卓上加湿器はオフィスで大活躍間違いなし!

とてもコンパクトで持ち運びにも便利です。

モバイルバッテリに接続すれば野外使用も可能です。

マスクだけでなくのどの乾燥を防ぐ対策を!

のどの乾燥を防ぐことも大事になってきます。

こまめに水分補給しのど飴やトローチを舐めることで

唾液が分泌され喉を潤わすことができます。

 

水分は冷たい物ではなく温かい緑茶や紅茶がいいでしょう。

緑茶は含まれるカテキンに殺菌作用、紅茶はタンニンに

炎症抑制効果があるのでオススメです。

 

のど飴ならこちら!

私も子供の頃から大好きな「のど飴」で

一度食べるとやみつきに!梅味がとても美味しいです。

普段からの対策にもオススメです。

食べ物や飲み物でも喉にいい食材をチョイス!

ハチミツは殺菌作用と抗炎症作用があるため

のどの痛みや腫れに効果が得られ炎症を鎮めてくれます。

 

直接舐めても効果がありますし

お湯に溶かして飲むこともオススメです。

 

しかしハチミツは1歳未満のお子さんには

絶対に与えないようにして下さい。

 

のどにいいと言われる紅茶と合体したはちみつ紅茶です。

こちらにすりおろしの生姜をいれて飲んでいただくのも

身体に優しくとても効果的です。

 

玉ねぎや大根なども消炎作用があるので試してみて下さい。

玉ねぎは生で食べる事、

大根は汁に効果があると言われています。



スポンサーリンク






風邪でのどを痛めている時にやってはいけない事は?

 

無理に声を出そうとすることは絶対にNGです。

それ以外にも炎症を起こしている声帯に刺激を与える

タバコや辛い物も避けて下さい。

 

カフェイン、アルコールものどの乾燥に繋がりますので

控えるようにしましょう。

 

チョコレートや乳酸品も脂肪が多くのどの表面に

膜を作ってしまいうがいしても

殺菌効果が得られなくなる為我慢しましょう。

声が出ない風邪にはどんな薬が効くの?

風邪でのどが痛む場合一番は耳鼻咽喉科を受診し

薬を処方してもらって下さい。

 

ここでは病院へ行く時間がない、

市販薬で治したいという方にオススメの薬を

ご紹介します。

 

ドラックストアに行ってもずらりと並ぶ市販薬を

見るとどれがいいのか分からなくなりますよね。

 

のどの違和感で風邪が始まり発熱するケースも

多く、早めの服用が肝心です!

 

のどの痛みに特化しており炎症を抑える成分が

配合されています。

眠くならないのも嬉しいです!

 

こちらは処方された薬よりも効くという口コミを

見つけたほどなのでぜひ試してみて下さい。

 

うがいがとても大切になってきます。

のどに痛みを感じた時には消炎効果が高い

こちらがオススメです

 

病院で処方されるアズノールうがい薬と

同じ成分になります。

 

こちらは殺菌・消毒効果があります。

普段からの対策にも効果があり長年愛される商品です。

 

少し匂いがきついですが医療現場でも

消毒として使われるほどとても有能です!

 

うがいの仕方は1回15秒以上を連続3回、

これを1日3回以上するといいです。

 

うがい薬に抵抗がある方は緑茶で

代用することも可能です!

【関連記事】

舌の付け根に口内炎が!原因や治し方・痛みを和らげる方法を徹底解説!

喘息で息苦しい時の対処法!症状を緩和させる方法やツボをご紹介!

メラノーマの初期症状!痛みや見分け方を徹底解説!

大人の水疱瘡の治療と初期症状! 完治までの期間や跡を残さない方法は?



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか?

風邪で声が出ない症状の時は既にのどに細菌や

ウイルスが感染し声帯に負担を

かけてしまっている状態です。

しっかりのどを回復させてあげて下さいね。

 

仕事で声を使う方は特に突然声が

出なくなってしまった場合とても困りますよね。

 

その為にも日々のセルフケアを忘れず行いましょう。

 

またストレスを溜めることも風邪をひきやすく

声帯をつかさどる自律神経の働きも弱くなり、

治る期間も長引いてしまいます。

 

何よりも風邪をひいたら安静にして下さい。

当たり前の事のようですがやはりこれが一番です。

 

たかが風邪されど風邪です!

身体はとても疲れています。

 

この機会にのどと一緒に身体も

少しゆっくりさせてあげて下さい。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ