スカイツリーの前売り券はコンビニで!購入方法やキャンセルの仕方!前日でも買える?

新たな観光名所となった東京スカイツリーができて、数年が経ちました。

ですがスカイツリーの人気は衰えることなく、

むしろ今は外国人の旅行者が増えてますます賑わいを見せています。

 

日本人の中でも、もし東京へ行く理由ができたら「ついでに行ってみたい候補」

に挙がりやすいのがスカイツリーだと思います。

 

特に、高いところから展望を楽しめる天望デッキや天望回廊は非常に人気です。

しかし天望デッキや天望回廊はエレベーターで昇るため一度に運べる人数が少なく、

いつも人で混雑しています。

 

当然、当日券売り場も何かのアトラクションのように長い行列ができています。

ですが、前売り券を事前に購入しておけば、待つ時間もなくなって便利ですよ。

 

わざわざ当日にスカイツリーのカウンターで並んで購入しなくても、

スカイツリーのチケットは現在コンビニでも購入することができます。

 

コンビニはどこにでもあるので、東京に住んでいなくても

簡単にチケットを手に入れることができるという訳です。

 

そこでここでは、コンビニでのスカイツリーのチケットの

購入方法から前日でも購入できるのか、キャンセルはできるのかについての

気になる細かい所まで説明していきたいと思います。

 

観光できる時間は長いようで短いです。

できるだけ待ち時間や並ぶ時間を短くして、時間を有効に使って下さいね。





スポンサーリンク







スカイツリーの基本知識

 

スカイツリーのコンビニでの前売り券の購入方法の前に、

まずはスカイツリーについて軽く説明します。

 

スカイツリー(正式名称:東京スカイツリー)は、

2008年7月から着工し、2012年2月に竣工しました。

そして2012年5月に、正式に電波塔兼観光施設として開業しました。

 

高さは634メートルで、電波塔しては世界一の高さを誇ります。

ちなみに1958年に完成した東京タワーは332.6メートルですから、

スカイツリーは東京タワーの約2倍の高さとなります。

 

技術の進歩はすごいですね。

日本が誇る「世界一の建物」の一つなので、

スカイツリーは日本に住んでいるならぜひ一度は行ってみたい観光名所のひとつです。

スカイツリーに入るのに、お金がかかるの?

スカイツリーの前売り券、という言葉を聞くと、

一度もスカイツリーに行ったことのない人だと

「え!スカイツリーに入るだけでお金がかかるの?」と思いますよね。

 

でも、そんなことはありません。

スカイツリーに入るだけなら、お金はかかりませんよ。

 

スカイツリーの2F~3Fにはソラマチと呼ばれる

フード・ファッションが楽しめる複合施設も入っています。

 

勿論東京スカイツリーのお土産なんかもそこで買うことができます。

 

ただ、スカイツリーの醍醐味である「高い所から大パノラマを楽しめる」

スカイツリーのフロア340・345・350の「東京スカイツリー天望デッキ」と、

さらにそこより高いフロア445・450の「東京スカイツリー天望回廊」のみ、

有料となっています。

 

一般人の入れる最高高度のフロアは、「東京スカイツリー天望回廊」になります。





スポンサーリンク







スカイツリーは前売り券がオススメ!

スカイツリーの有料フロアは、

350メートル地点の「東京スカイツリー天望デッキ」と、

450メートル地点「東京スカイツリー天望回廊」の2つです。

 

どちらもチケットを購入して、入場します。

もし東京スカイツリー天望回廊に行く場合天望デッキを通らないといけないので、

東京スカイツリー天望デッキと東京スカイツリー天望回廊の

両方のチケットが必要になります。

 

どちらのチケットもスカイツリーの中で購入できますが、

スカイツリーに行くと決めているなら前売り券を購入しておくのがオススメです。

 

例えば他にも色々観光したいところがある場合や、

チケットを買う為に並ぶのがきつい人もいますよね。

 

東京スカイツリーは世界一の電波塔なので観光客が多く、

また最近は外国人のツアーに組まれていることが多いので、

観光シーズンのオフ・オンに関わらず人が殺到し、

当日券売りのカウンターに2~3時間待ちというのもザラにあります。

 

スカイツリーの料金表をよく見ると分かるのですが、

実は当日券より前売り券の方が少し割高になっています。

 

ライブやコンサートでは、当日券より前売り券の方が安いのが普通ですよね。

どうしてスカイツリーは逆なのでしょうか。

 

それは電車の繁忙期と同じで、

「他にも天望デッキや天望回廊に行きたい人が

たくさんいる中で優先してもらえる権利を購入しているから」なんです。

 

当日券で天望デッキや天望回廊に行こうとすると、人が多いので必ず待たされます。

ですが前売り券を持った人は、その当日、当日券で先に並んでいる人を追い越して

優先して進むことができるのです。

 

スカイツリーが人気だから起きる現象ですね。

当日券だとあまりに待たされ過ぎて、諦めて帰ってしまう人も実際います。

 

せっかく観光にきたのに、ぼ~っと立ったまま何時間も

過ごしてしまってはもったいないです。

 

無駄な待ち時間を減らすためにも、

スカイツリーのチケットは前売り券を購入して

当日さっさと中へ天望デッキや天望回廊へ進めるようにしましょう。

スカイツリーの前売り券購入方法は「コンビニ」がお手軽!

スカイツリーの前売り券はどこで購入できるのでしょうか。

スカイツリーの前売り券はスカイツリー公式サイトでも購入できますが、

事前に会員登録をしなくてはいけないので少し手間がかかります。

 

会員登録などせずもっと手軽に購入したいなら、コンビニがオススメです。

現在はセブンイレブンが提携し、セブンイレブンの中にある

マルチコピー機でスカイツリーのチケットを購入することができます。

 

タッチパネルの指示に従ってボタンを押していくだけでいいので、非常に簡単です。

マルチコピー機で前売り券引換券を発行してもらい、レジでお金を払えば

チケットを購入できます。

 

セブンイレブンでのスカイツリーチケット購入方法については、

詳しくはこちらを見てみて下さいね。

コンビニで前日でも購入できる?

しっかり旅行計画を練っているつもりでも

「あ!チケット買うの忘れてた!」ということはよくありますよね。

 

気づいたのがすでに旅行の前日、という場合も意外とよくあります。

でも大丈夫です。

 

セブンイレブンでは、スカイツリーのチケットは

前日から2か月先までの前売り券を購入することができます。

 

セブンイレブンならどこにでもあるので、

気づいた時にすぐに家を出てピピっとマルチコピー機で

操作するだけでチケットが買えるので安心ですよ。

コンビニで購入した場合、キャンセルはできる?

きちんと予定を組んでスカイツリーに行くつもりだったけど、

急に体調を崩して旅行自体行けなくなった…ということもよくあります。

では、コンビニで購入した場合、チケットのキャンセルはできるのでしょうか?

 

キャンセルはできます。

ただレジでお金を支払った後の場合、セブイレブンのレジでは手続きできません。

 

キャンセルするには入場日3日前必着で、

「東京スカイツリーキャンセル受付センター」まで

キャンセル申請書(スカイツリー公式サイトからダウンロードできます)と

チケットを同封して送付する必要があります。

 

3~4週間後、キャンセル手数料500円と

キャンセルにかかった実費をさしひいた額の通知封筒が

郵便貯金事務センターから届き、その封筒の中に入っている郵便振替払出証書を

郵便局に持ってくことで返金されます。

 

ちなみに有効期限は基本的に発行日から6ヶ月ですので、注意してくださいね。

 

また、指定した日時の29日以内であれば、

期限の過ぎてしまったチケットでもスカイツリーのカウンターで手続きすれば

当日券として使うことができます。





スポンサーリンク







スカイツリーを楽しむ為に①事前にガイドブックで予習!

スカイツリーのある東京は日本の中心なので、

とにかくお店や観光名所がたくさんあります。

 

どこもかしこもステキすぎて目移りしてしまい。

逆にどこを見れば良いか分からないということさえありますよね。

 

「どこ行こう~、あ、あそこいいな~!でもあっちも気になる~!」と

立ち止まったままうろうろしてしまい、

その間に時間が過ぎてしまうのはよくあるパターンです。

 

結局行き当たりばったりな場所へ行き、後から

「あ、あっちにいくんならあのお店に行けば良かった~!」と

後悔してしまうこともよくあります。

 

そういう悲劇を起こさない為にも、旅行する時は事前にガイドブックを見て

「ここに行きたい」というのを決めてしまいましょう。

 

そうすれば行先に迷うこともありませんし、

方向が決まっていればその途中で自分の気になる店を見ながら歩く楽しみもできます。

 

旅行は、旅行自体も楽しいですが、旅行前に色々と計画をするのも楽しみのひとつです。

せっかく旅行するなら、旅行前から色々計画して長く楽しめる時間を作っちゃいましょう。

 

スカイツリーを楽しむ為に②記念になりやすいチェキ!

携帯で気軽に写真が取れるようになってから、

使い捨てのインスタントカメラが廃れて数十年。

 

現在再び人気になったのが、インスタントカメラの1つである「チェキ」です。

このカメラは、撮るとすぐに現像された写真がでてくるのが特徴です。

 

普通の写真と違い余白があるので、そこへ色々と書き込めるのがウケています。

おそらく「大きなプリクラ」みたいな感覚なのでしょう。

 

スカイツリーに行った際ぱっと写真をとって

「初スカイツリー!」なんて文字を書き込めば、それだけで思い出になります。

 

手軽に旅の良い記念を作ることができますので、

チェキを使えば旅行もさらに楽しくなりますよ。

 

もし東京へ観光する時はチェキを持ち歩くのをオススメします。

スカイツリーを楽しむ為に③意外と大事な靴!

スカイツリーの中は広いので、グルグルと歩き回ることになります。

さらに東京は電車やバスの便が充実していますから、駅まで歩く・

停留所に続く地下道を延々歩くということもザラです。

 

山や高地へ行くならそれなりの格好をするけど、

東京に観光する時は逆にいつもよりさらにオシャレでいたいですよね。

 

ですが、あまりにオシャレにばかり目に行き過ぎて

かわいい洋服に合う高いヒールの華奢な靴を選んでしまうと、

足元が大変なことになっています。

 

せっかく観光しているのに足が痛くてそれどころではないどころか、

早々にホテルへ行って休む、という本末転倒になってしまうこともあります。

 

そこで、旅行の時は靴もチェックしましょう。

昔は歩きやすい靴=ダサイ、というイメージでしたが、

今は歩きやすくてかわいい靴というものもあります。

 

旅行をしっかり楽しむためにも、まずは足に負担のかからない靴、

そして自分の気に入ったデザインの靴を探してみて下さい。

関連記事:東京スカイツリーの予約方法は?事前予約したときの待ち時間や料金は?

最後に

東京スカイツリーは、世界に誇れる日本の観光名所です。

日本人なら外国人よりも気軽に行けるので嬉しいですよね。

 

でも、東京の魅力はスカイツリーだけではありません。

観光したい場所はたくさんあるでしょう。

 

せっかくの観光を、チケットの購入時間で潰してしまうのはもったいないです。

コンビニだと、前日からでも前売り券を簡単に購入することができます。

 

時間を有効に使う為にも、

ぜひ便利なコンビニでの前売り券の購入方法を候補に入れてみて下さいね。

関連記事:東京スカイツリーは予約なしでもOK?当日券の待ち時間や値段は?





スポンサーリンク










スポンサーリンク







サブコンテンツ