葬式で休暇を取る時の会社への連絡はメールでいい?言い方や日数について詳しく解説!

葬式はいつでも突然予定が入るものです。

その際に会社への連絡をどんな言い方で

伝えればいいのか悩みますよね。

 

会社への連絡はメールでいいのでしょうか?

 

会社に葬式の休暇を頂く際の言い方や

一般的な休暇の日数について詳しく解説したいと思います。





スポンサーリンク







葬式の休暇は取れるもの?

葬式で休暇を頂く際の会社の多くは

忌引き休暇になると思います。

忌引きとは近親者が亡くなり喪に服すことを言い、

自分の家族や祖父母などの近親者に向け使う言葉です。

 

多くは喪主側として葬儀などの準備や後片付け、

お通夜や葬儀に参列するために使う休暇です。

 

ただ、忌引き休暇は法律に定められた制度は特にありません。

労働基準法などの労働法では冠婚葬祭に関する

休暇のルールは一切ありません。

 

会社が労働者に特別休暇を与える法律上の義務はなく

忌引き休暇はあくまで会社の就業規定で

定められている福利厚生という事になります。

 

会社によっては「死亡証明書の写し」など

証明する書類が必要になる場合もあります。

 

しかし有給休暇に関して法的には申請すれば

希望通り休めるのが原則です。

冠婚葬祭に関する休暇の規定がなくても

有給休暇に関して法的には申請すれば使用できるので

もし忌引き規定がない場合は有給休暇を利用しましょう。

 

有給休暇を使い切った、又は入社して間もないなど

有給休暇がなく特別休暇の規定もない場合は欠勤の許可を得ましょう。

葬式の準備から落ち着くまでの流れは?

 

訃報が入ると遺族は故人が亡くなった場所から

自宅へとご遺体を迎える準備が必要です。

自宅葬ではなく葬儀社で行う場合葬儀社の方が

移動を受け持ってくれると思います。

 

亡くなった時間にもよりますが

基本的にその日のうちに運ばれる事が多いので

亡くなった当日に帰ってくると思っていて下さい。

 

その後葬儀社との打ち合わせが始まります。

日程は混雑具合や日柄で決定するかと思いますが、

一般的には亡くなった当日は仮通夜、翌日に通夜、翌々日に葬式となります。

日程が決まるとどのような葬式にするのか内容を決めていきます。





スポンサーリンク







休暇を会社に連絡するときはメールでいい?言い方をご紹介

 

葬式の場合突然の訃報で抱えている仕事によっては、

急な長期の休暇になる為早急に

連絡を入れた方がいい時があります。

 

その時間帯が深夜や早朝など電話での連絡が難しい時は一旦、

メールで伝えておいた方がいいかもしれません。

 

しかし必ず電話が可能な時間に再度口頭で連絡を入れましょう。

メールだけの連絡で休暇を取る事はマナー違反です。

 

そして同僚に伝言してもらうように依頼するのではなく必ず

直接上司もしくは出勤を管理されている方に

連絡を入れるようにしましょう。

 

メールでの例文

「<件名>〇月〇日~〇日 忌引き休暇願い<本文>××部長お疲れ様です。

この度、父の□□(氏名)の死去に伴い、

忌引き休暇の取得をお願いしたくここに届け出致します。

期間:平成〇年〇月〇日~平成〇年〇月〇日までの計〇日間

理由:父の葬儀の準備・片付けの為

休暇中は携帯電話(090−○○○○−△△△△)へご連絡頂けると助かります。

何卒宜しくお願い致します。

 

□□□□(フルネーム)」

 

伝えるべき項目は要点をまとめて連絡を入れましょう。

 

亡くなった方は誰なのか(続柄)

自身が喪主であるかどうか

どこで葬儀が行われるのか

お通夜と告別式の日程、時間

 

亡くなった理由などを聞かれた際には

正確に説明するのがマナーです。

葬儀中の際に連絡がつきやすい連絡先も伝えておきましょう。

 

電話での言い方例文

「〇月〇日□□(続柄)が亡くなりました。□□葬儀場で〇日が通夜、

〇日が葬儀となっております。

急で申し訳ありませんが忌引きを頂きたいのですが。」

 

会社の決まりで忌引きの際は会社から

お花や香典を頂ける場合がある為

葬儀会場の場所の連絡先も伝えておくのがオススメです。

 

また最近は身内だけで行う家族葬が増えていますが

その場合は弔問や香典を辞退する事もきちんと伝えましょう。

 

家族葬である事を伝える例文

「□□(続柄)の遺志により遺族、

近親者のみで家族葬を執り行うことにいたします。

また、故人の遺志で御香典、御弔問などの

お気遣いを辞退させて頂きます。」

 

「故人の遺志」「故人の遺言」などの言葉を使うと

会社側も理解して頂けると思います。





スポンサーリンク







忌引き休暇の一般的な日数は?

「心の傷が癒えるまで休んでいいよ。」と

言ってくれる会社は少ないと思います。

大人のマナーとして休んでもいい日数を知っておきましょう。

 

忌引き休暇の一般的な日数は

 

配偶者:10日間

父・母:7日間

子供:5日間

祖父・祖母:3日間

兄弟(姉妹):3日間

伯父・伯母(叔父・叔母):1日間

孫:1日間

配偶者の父・母:3日間

配偶者の祖父・祖母:1日間

配偶者の兄弟・姉妹:1日間

 

こちらはあくまで一般的な日数です。

実際の忌引きは所属する組織により異なる場合がありますので

就業規則に従い休暇をもらって下さい。

葬式で休暇を使うと香典や慶弔見舞金制度がある場合

 

会社によっては慶弔見舞金の規定がある場合があります。

こちらは個人への弔いと家族を失った社員への

慰めの意味を持つので結婚祝いや出産祝いなどと同じものです。

 

香典は喪主に対して渡す物ですが

慶弔見舞金の支払い対象は社員本人に対してになります。

 

葬儀当日受け取る必要がなく家族葬で

香典を辞退したい場合にも受け取ることができます。

慶弔見舞金は返礼の必要はありません。

 

香典に関しても会社名義の香典は

香典返しの必要はありませんが、

個人名義、部署の連名などで頂いた場合は

必要になってくるので気を付けて下さい。

休暇が終わり会社に出勤する時は?

葬式があったとはいえ休暇を頂いた事に

きちんと感謝を伝えましょう。

 

上司や先輩、同僚にも一言必ず挨拶をしましょう。

 

挨拶言い方例文

「この度は急な休暇をいただき、ありがとうございました。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

葬儀も無事に終わらせる事ができました。

本日から仕事をさせていただきますので宜しくお願い致します。」

 

これくらいしっかり挨拶することが大人のマナーです。

 

小分けされた菓子折りを持参しましょう。

小分けされたお菓子だとその場で食べなくても

いいメリットがあります。

 

個別に包装されていて上品で誰にでも愛される菓子折りです。

好き嫌いはありますが色んな種類が入っているので

会社への手土産にオススメです。

 

賞味期限も長く数も多いので人数が多い部署でも大丈夫ですね。

 

菓子折りを渡す際会社からお花や香典を

頂いていた場合は一言添えましょう。

 

直属上司へは

「こちら皆さんで召し上がって下さい。」と一言添えましょう。

 

社長や直属ではない上司へ渡す際には

「〇日間お休みさせて頂きご迷惑おかけしました。

葬儀の際はご丁寧に香典を頂きまして有難うございました。」

と一言添えて渡しましょう。

関連記事:葬式を欠席するときのマナー!メールでの連絡や理由について徹底解説!

最後に

突然の不幸で戸惑ってしまう事もあるとは思いますが、

まずは会社への連絡を必ず行いましょう。

 

事前に会社の就業規則に忌引き休暇があるのか、

何日休めるのか、証明は必要になるのかを

調べておくといざと言う時に困りませんね。

会社復帰後の申請の仕方などは会社によって異なるので

あらかじめ就業規則を確認しておく事をオススメします。

 

また、家族の不幸は忌引きとはいえ急な長期の休みです。

フォローする側も大変ですよね。

 

しかし同じ立場になる日が来ることを考え

嫌な顔せず受け止めてあげて下さい。

 

自分が忌引きを利用する時に力になってくれるはずです。

関連記事:義祖父・義祖母の葬式には出席するのが常識?香典やマナーについても解説!





スポンサーリンク










スポンサーリンク







サブコンテンツ