悪い夢の意味は?人に話すといい?対処法も詳しく解説!

仕事で働きすぎて慢性的に疲れていたり

風邪の引き始めで体がダルかったりすると「今日はしっかり体を休めよう!」

と思っていつもより早めに寝ることがありますよね。

 

睡眠時間はしっかり取っているし、これで体も回復するはず…と思っていたのに、

朝起きるとまるで誰かとケンカしてしまった後のような心の落ち込みや体の疲れ。

 

眠っている時に悪い夢を見てしまうと、いくらしっかり眠っても

起きた瞬間なんだか疲れてしまって、夜の時間を損してしまった気がします。

 

それだけでなく、悪い夢を見るとそれが現実になったり

何か良くないことが起こる前振りのような感じがして落ち込んでしまいます。

 

夢は意識して見れるものではありませんから

良い夢を見るのも悪い夢を見るのも運次第ですが、

あまりに悪い夢が続くとうんざりしてしまいますよね。

 

では、どうして悪い夢を見てしまうのでしょうか。

悪い夢を見た場合、それにはどんな意味があるのでしょうか。

さらに、悪い夢を見た時は「人に話す」と良いと言いますが、それは本当でしょうか。

 

今回はなぜ人は夢を見るのかという基本的なところから、

悪い夢の意味や悪い夢を見てしまった場合の対処法を紹介します。

 

悪い夢を見てしまうとそれだけで落ち込んでしまいますが、

悪い夢には思わぬ大切な事実が隠れていることもあるので

ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






どうして夢を見るの?

悪い夢の意味や対処法を紹介する前に、

まずは「なぜ夢を見るのか」について説明します。

 

夢についてですが、「今日は良い夢を見たな~」という日や

「今日は全然夢見なかったな」という日があると思います。

 

だから夢を見るにはコツやある条件が必要だと思いがちですが、

実は基本的に、人は毎日夢を見ています。

ただその日の夢を、その人が覚えているか覚えていないかだけの違いです。

 

今日だけ悪い夢を見た、という人は、

実は毎日悪い夢を見ているけどいつもは忘れているだけということも

可能性としてはあり得ます。

 

では、人はどんな時に夢を見るのでしょうか。

人の睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。

 

レム睡眠は浅い眠りで、ノンレム睡眠は深い眠りです。

レム睡眠とノンレム睡眠の違いは色々ありますが、

レム睡眠では身体は眠っていますが脳は起きている状態、

ノンレム睡眠は身体も脳も眠っている状態という違いがあります。

 

実は人が夢を見る仕組みについては、今でもハッキリとは分かっていません。

ですが人が夢を見るのは浅い眠りであるレム睡眠の時がほとんどで、

レム睡眠の時は脳が記憶の整理をしているとされています。

 

つまり、脳が記憶をせっせと書き記したり消去したりしている風景が

一種の「夢」として現れているのだと現在は考えられています。

 

夢の中で、中学校の教室になぜか高校の時の先生がいて

大学時代の友達がなぜか同級生としていた、という不思議な現象が

起きることがありますが、これも記憶を整理する中で

特徴的な記憶の断片が組み合わさってひとつの絵として

見せているものと考えると、納得がいきます。

なぜ悪い夢を見るの?

では、なぜ悪い夢を見てしまうのでしょうか。

これには「外的な理由」「内的な理由」「その他の理由」の3つの理由があります。

 

まず外的な理由についてですが、これは

「寝ている時に外側から何らかの妨害を受け、それが夢に影響している」ということです。

 

例えばいつも使っている枕を洗濯してしまい

仕方なくあまり体に合わない少し寝苦しい枕を使って寝たとします。

 

その場合夢の中でも体がなんとなくダルかったりすることがあります。

また猫や犬を室内で飼っている人の場合、

自分が寝ている時に猫や犬が体の上に乗ってくることがありますよね。

 

そのまま居座られると、夢の中でもなんだか息苦しい思いをすることがあります。

これは、寝ている間も脳が起きていることによって外の世界の

 

「不快さ」を感じ取ってしまい、それあ夢に直接影響を与えているからです。

 

 

次に内的な理由ですが、これは「自分の中にとても大きな不安や悩みがある」

「病気にかかっていて痛みがある」という場合に

そのストレスや痛みが夢に影響を与えるということです。

 

さきほど、夢を見るのはレム睡眠の時だと説明しました。

レム睡眠では、身体は寝ていますが脳は通常と同じように起きています。

 

脳が記憶を整理する際、その人の大きな不安や悩みは

大きく場所を取っているので夢にも大きく影響が出ます。

 

また病気にかかっていて痛みや苦しみがある場合

身体は寝ていても脳は起きていますのでその信号を受け取ってしまい、

やはり夢に影響が出てしまうのです。

 

最後に「その他の理由」です。

例えば特に寝苦しい寝具に変えたわけでなく、大きな不安や悩みもない。

病気も特にしていない。

 

でも、嫌な夢を見てしまうということは実際あります。

それは、自分ではストレスと思っていないことが

実はかなり大きなストレスになっていて、

それが悪い夢という形で表現されている可能性があります。

 

また、無意識に感じている不安や焦りが悪い夢の根源になっていることがあります。

特にストレスも病気もないのに悪い夢を見る場合は、

夢自体に注目すると、自分の隠れている深層心理が分かるかもしれません。

 

そう考えると、

夢は自分の無意識や本音の声がダイレクトに聞ける絶好の機会とも言えます。




スポンサーリンク







こんな悪い夢にはこんな意味があるかも!?

では、自覚しているストレスや病気がない時に見る

悪い夢にはどんな意味があるのでしょうか。

 

ここでは、割と多くの人が見る「悪い夢」と言われている夢について

紹介します。

 

階段から落ちる夢

階段から落ちてしまう夢を見る人は、多いと思います。

落ちた驚きで目が覚めてしまう人もいますよね。

 

階段から落ちるのは、今の状況が突然変化する前触れだと言われています。

周りの小さな変化を無意識に感じ取ったものが、

眠った時に夢として現れているのかもしれません。

「何かが変わるかも」と心の準備をしておくと良いですね。

 

追いかけられる夢

追いかけるものは個人によって差がありますが、この夢を見る人も多いですね。

追いかけられて怖いのに、なぜか早く走ることができなくて

さらに怖い思いをする人も多いです。

 

追いかけられるというのは、現在大きなストレスに追い立てられているということです。

 

例えばやらなければならない課題や達成しなければならない仕事の成績が

迫っている時に、このような夢を見ることが多いです。

できそうなら早めに課題や仕事に取り掛かりましょう。

 

自分が運転している乗り物が事故を起こす夢

免許を持っている持っていないに関わらず、

自分が運転している乗り物が事故を起こす夢を見る場合があります。

 

自分では事故を避けようとしているのに、

なぜか急にブレーキが利かなかったりハンドルが動かなかったりすることがありますよね。

 

これは無意識に、自分で自分を追い詰めてしまっている時によく見る夢です。

「~しなければならない」「絶対~だ」と自分を縛り付けていませんか?

 

今自分はうまくやれている、と思ってもこのような夢を見たら、

本当は限界が近いことの現れですよ。

 

今一度、自分の本音と向き合ってみましょう。

 

自分が死ぬ夢

夢の中で自分が死んでしまうことがありますよね。

自分が死んでも夢が続くのが夢の不思議なところですが、

自分が死ぬなんて、とても恐ろしいですよね。

 

「もうすぐ良くないことがあるんじゃ…」とか

「実際に死んでしまう予兆かも」と思うかもしれませんが、

実は自分が死ぬ夢とは基本的に吉報とされています。

 

自分の夢が叶う、自分が思っている通りに物事が進むなど、良いことの前触れです。

自分が死ぬ夢というのは、実際に自分が誰かに殺されたり

事故で死んでしまうということではなく、今までの古い自分が死に、

新しい自分に生まれ変わるという意味合いがあるそうですよ。

 

誰かを殺す夢

「あー!夢で良かった~!」と思えるベスト3に入るくらい怖い夢が、

実はこういうリアルな夢ですよね。

 

自分がその相手を好きか嫌いかに関わらず、

誰かを殺してしまう夢を見てしまうことがあります。

 

これは、無意識に「自分を変えたい」と思っている時に見ている夢だそうです。

殺している人も殺されている人もどちらも自分、ということですね。

 

現状に何か不満がある場合は自分の心が転換の準備をできているチャンスですので、

思い切って行動してみましょう。

 

このように悪い夢の内容次第で対処法はありますので、

ぜひ実践してみて下さいね。

悪い夢を見た時の対処法!人に話すといい?

さきほどあげた悪い夢は、何かしら理由があって悪い夢の形をしています。

 

ですからきちんと対策をして心のストレスを取り除くなり、

素直に受け止めるなりすれば良いのですが、

それをおいても恐ろしい夢、もう二度と見たくない夢というのはありますよね。

 

ただの夢なのに、恐ろしい光景がいつまでもグルグルと

頭の中をめぐってしまうこともあります。

 

そんな悪い夢をみてしまった時は、どんな対処法を取ればよいでしょうか。

悪い夢を見た時の一番の解決方法は「人に話す」です。

昔から「悪い夢は人に話すと良い」と言われていますが、

これは悪い夢を「話す」と「離す」がかけられているからです。

 

人に話せば、悪い夢が離れていく、という意味ですね。

 

ですがそういう言葉遊びでなくても、自分の気持ちを人に話すことで

心の重たいものがなくなるのは実際あります。

 

ですから、悪い夢を見たら自分の中にため込まず、

どんどん人に話してしまいましょう。

 

自分のことは意外と自分で分かっていないことも多く、

逆に外から見ている他人の方がよく知っている場合もあります。

 

「~という夢を見たんだけど、どういう意味があると思う?」と

人に聞いてみると、自分では気づかなかった意外なことを

教えてくれるかもしれません。

 

ただ、単に「夢の話」として話すと相手も真剣に聞いてくれない場合がありますので、

真面目に聞いてほしい時は「ちゃんと聞いてほしい」と

相手に前もって言ってから、話すようにしましょう。



スポンサーリンク






悪い夢を予防しよう:寝具を整えよう

もし悪い夢の根本が自覚している大きなストレスや病気の場合、

すぐに治すのは難しいですが、もっと簡単な方法で悪い夢を軽減させたり

予防することができます。

 

それは「心地よい寝具にする」です。

寝具が心地よいと、身体に負担をかけず休むことができるので

悪い夢を見る確率が減りますし、体にあった寝具は疲れをしっかり取ってくれます。

 

また相性の良い寝具は、それに包まれるだけで不安を取り除いてくれます

特に枕は簡単に用意することができますので、自分に合ったものを見つけてくださいね。

悪い夢を予防しよう:寝る前にハーブティーで心の安らぎを

悪い夢を予防するにはハーブティーもオススメです。

何か不安や悩みがあると、布団の中でも色々と考えてしまいますよね。

 

でも悩みながら眠りについてしまうと、眠る直前までそのことに

脳を使っているということですので、記憶を整理する時に

当然それが大きく夢にも影響してしまいます。

 

そうすると不安や悩みが悪い夢となって現れてしまいます。

ですからどんな不安や悩みがあろうと、

眠る前はできるだけ考えないのが良いです。

 

でも、「そんなこと言われたって心配なことは心配だ」と

思ってしまうのが人ですよね。

 

そういう時は、眠る前にハーブティーを飲んで

強引に心をリラックスさせてしまいましょう。

 

ハーブには心を落ち着かせる効果があるので

一杯飲むだけでほっと一息つくことができます。

 

この商品のように「眠る前専用のティー」だと

朝、気持ちよく起きれることも考えられているのでさらに効果は絶大です。

悪い夢を予防しよう:寝ている間もアロマでリフレッシュ

寝ている間でも、悪い夢を見ないようにする対策はできるんですよ。

それがこのアロマディフューザーです。

 

アロマには人の心を落ち着ける作用があるので、

眠る時にスイッチを入れておけば

寝ている間も心地よい香りがレム睡眠時の脳をリラックスさせてくれます。

 

こちらの商品は水を使わないので、カビなどの心配もありません。

小さくてコンパクトなので、場所を取らないのも魅力的です。

 

せっかく夢を見るなら、楽しい夢が良いですよね。

人の体や脳は意外と単純で、寝ている時の環境が心地よければ

自然と夢も心地よいものになるのです。

 

悪い夢に悩まされている人は、ぜひ一度試してみて下さいね。

【関連記事】

悪い夢ばかり見る原因・理由は?悪い夢を見ない方法も徹底解説!

メラノーマの初期症状!痛みや見分け方を徹底解説!

熱中症の後遺症でめまいや頭痛が!治療や脳への影響は?

ピアスでトラブル!しこりや肉芽が出来た場合の治し方は?

脇汗がひどい人必見!匂い対策や予防法、おすすめのグッズをご紹介!



スポンサーリンク








最後に

悪い夢は単に外側からの刺激の影響だったり

自覚あるストレスや現在抱えている病気の影響だったりと

「いまある不安や悩み、痛み」などが原因の場合がありますが、

自分の無意識が話しかけてきてくれている場合もあります。

 

悪い夢が気になる場合は、ぜひ夢の内容をチェックしてみて下さい。

対処法としては、時には人に話すことも大事です。

 

もしかしたら、自分のことをもっと知ることができる

大切なきっかけになるかもしれません。

 

また、眠る時の環境を整えるだけで

ぱったり悪い夢を見なくなる場合もあります。

 

身体にとっても心地よい睡眠環境は

より疲れを取ることができ、朝もスッキリ目覚めることができます。

 

「人生の1/3は睡眠」という言葉がある通り、

睡眠は人にとって人生のウエイトを大きく占める活動です。

 

起きている時間は、勉強したり仕事をしたり疲れることが多いですよね。

せっかくなら、その1/3はゆったり過ごせるように、

少しでも心地よい空間づくりの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ