熱中症の後遺症で自律神経失調症になる?後遺症の症状や障害は?

急に暑くなると、思いがけず熱中症にかかる人が増えますよね。

夏になるとテレビ熱中症のニュースが流れるのはもはや毎年の恒例です。

 

熱中症になった人の多くは「危ない」という自覚がなく、

「いつの間にか倒れていた」「気づかないうちに脱水症状になってた」

という話もよく聞きます。

 

ただ、重度でなければ熱中症は休めば回復しすぐに普通の生活に戻れる人も多いので、

「熱中症は大したことない」と考えられがちです。

 

確かに軽度の熱中症なら休めば体もすぐ回復しますが、実はまだ油断はできません。

 

熱中症の後遺症で、自律神経失調症になってしまう人もいるんです。

 

でも熱中症は別にケガをしたわけではありませんし、

「後遺症」と言われてもピンときませんよね。

 

それに、どうして自律神経が熱中症と関係してくるのか

不思議に思う人もいるかもしれません。

 

そこでここでは、どうして熱中症になるのか、

熱中症の後遺症でどうして自律神経失調症になるのか、

その症状や障害と、その対策について説明します。

 

ぜひこの記事を読んで、熱中症や自律神経失調症にかからないようにしてくださいね。




スポンサーリンク






熱中症はどうして起こる?

熱中症の後遺症を説明する前に、なぜ熱中症が起きるのかを説明します。

人間の体には「体温」があります。

 

周りがどんなに寒かったり暑かったりしても、

体の中は低い人で34℃、高い人で37℃くらいの熱を常に保っています。

 

暑い時に汗をかくのは、周りの環境によって体が温められ

体の中の熱が高くなりすぎるので、水分と一緒に熱を放出させて

体を冷ましているからです。

 

これは自分の意識ではなく、体が自動で行ってくれます。

汗をかこう!と思って汗をかく人なんていないですよね。

 

ところがあまりに暑い環境の下にい続けると、

機械がショートしてしまうのと同じでこの自動機能がうまくいかなくなり、

体の熱が下げられなくなります。

 

また、そこまで暑くなくても湿度が高い環境だと体温が高いのに

汗が蒸発されず熱が放出されないので、やはり体に熱が籠ってしまいます。

 

このように、高温や多湿の環境で体に熱がこもってしまい

通常より体温が高くなったせいで色々な症状や障害が出てくるのが熱中症です。

熱中症の症状は?

熱中症にかかると、どんな症状が出るのでしょうか。

まずはめまいや顔のほてりです。

 

風邪で体温が上がると、頭がクラクラしたり顔がぽーっと熱くなりますよね。

それと同じ症状です。

 

それから吐き気や体のだるさもあげられます。

体温が高くなりすぎると、体に力が入らなくなってフラフラになりますよね。

 

また、汗がとめどなく出る、もしくは暑いのに全く汗が出ないというのも

熱中症の症状です。

体温調整がうまくいっていない為、このような変な汗のかきかたをしてしまいます。

 

このような症状が出たら熱中症だと判断して

すぐにその場所から移動して休憩をしたり水分を補給したりする必要があります。

 

放っておくと意識を失ったり最悪死んでしまう事もあるので、

決して油断してはいけない病気なのです。




スポンサーリンク







自律神経失調症って?

では自律神経失調症とは何でしょうか。

それにはまず自律神経が何なのか知る必要があります。

 

自律神経とは人間に備わっている神経の1つで、

交感神経と副交感神経の2種類があります。

 

この神経はその人の意識とは関係なく、体の生命活動を維持する為に働いています。

 

例えば心臓を動かしたり胃で食べ物を溶かすのに、

わざわざ「心臓を動かそう!」「食べ物を溶かそう!」と思うことはないですよね。

 

これらの活動は、自分の知らないうちに行われていることです。

また、集中力を高めたり、逆に心を落ち着かせたりするのもこの自律神経が働いています。

 

このように、自分の体でありながら自分の意識とは違うところで動いている

臓器や筋肉、気持ちの変化があり、それを司っているのが自律神経なのです。

 

そして自律神経失調症とは、その自律神経が不調をきたして

起こる症状や障害の総称です。

 

自律神経の仕事は幅広いので、症状や障害は個人によって様々です。

 

例えば体がだるい、食欲が出ないなどの体の具体的な不調から、

急に落ち込んでしまってやる気がでなくなってしまうなどの

精神的な不調まで色々あります。

なぜ熱中症の後遺症で自律神経失調症になるの?

では、なぜ熱中症の後遺症で自律神経失調症になるのでしょうか。

さきほどの「熱中症ははどうして起こる?」という項目の内容を思い出してください。

熱中症は高温多湿の環境によって汗がうまく機能しなかったりして

うまく体温調節ができないことで起きます。

 

この汗をかくなどの体温調節は、自律神経が担当してます。

熱中症にかかった時点で、自律神経にも大きなダメージを受けていることになるのです。

 

熱中症にかかった後で病院に搬送されたりきちんと処置を受けたりして

体力的には回復はしても、根本的な原因である自律神経はダメージを負ったままです。

 

完全に治るには2週間~1ヶ月ほどかかります。

熱中症が治り体温は平常でも、自律神経が完全に回復するまでは不安定な状態が

続きますので、少しの刺激で急に体がダルくなったり、めまいや耳鳴りがしたりします。

 

熱中症でなくてもこのような症状が出るという事は、

自律神経失調症にかかっているということです。

これが、熱中症の後遺症で自律神経失調になる理由です。

熱中症の後遺症で出る自律神経失調症の主な症状や障害

では熱中症の後遺症で自律神経失調症になってしまった場合、

どんな症状や障害が出るのでしょうか。

 

これは人それぞれで違いますが、主なものをあげると

頭痛やめまい、耳鳴り、食欲不振などがあります。

 

「後遺症」という言葉はかなり重々しいので、

これらの症状だと「なんだ、この程度か」と思う人もいるかもしれません。

 

ですが安心するのは早いです。

地味ですがこのような症状が慢性的に起こると気分が落ち込んでしまいます。

 

そしてそれがまた自律神経失調症が引き起こす二次症状になってしまいますし、

食欲不振が続けば体がダルくなって色んなことに対するやる気が減り、

筋力が低下し、免疫力も弱くなって体が衰弱してしまいます。

 

こうなるとただの頭痛や食欲不振は、他の病を引き起こしていきます。

とにかく自律神経は体のあらゆるところに手を伸ばして

人の生命活動を調整してくれているので、

一度バランスが崩れるとドミノ倒しのように症状が広がっていくのが

自律神経失調症の恐ろしいところです。



スポンサーリンク






熱中症にかからないようにする為には?帽子を被ろう

熱中症の後遺症でかかる可能性のある自律神経失調症は非常にやっかいです。

でも、そもそも熱中症にかからなければ、怖くもなんともありません。

 

ですから対策としては、熱中症自体を防ぐのが一番です。

対策として、まず外へ出る時は帽子をかぶりましょう。

 

熱中症は、周りの環境で体が温めら体温が高くなってしまうのが原因です。

特に外で浴びる太陽熱はとても強いので、遮るものがなにもなければ頭は特に危険です。

ですが帽子を被れば、大分熱も軽減されます。

 

紫外線カットの帽子であれば熱中症防止の他に紫外線もカットして

肌にシミができるのも防いでくれますし、一石二鳥ですよ。

熱中症にかからないようにする為には?マイボトルを持ち歩こう

熱中症では、体内の水分が汗として放出されすぎるのも原因の一つです。

その為、高温や多湿の環境ではこまめな水分補給が大切です。

 

でも、外を歩いていて喉が渇いても、すぐには自販機が見つからなかったり

たまたま持ち合わせがなかったりする時もありますよね。

 

そういう時の為に、最低限の水分が取れるようマイボトルを持ち歩く習慣をつけましょう。

今は小さくて場所も取らずオシャレなものも多いので、

ファッション感覚でバッグに入れておくのも良いですよ。

熱中症にかからないようにする為には?冷却グッズで体温を下げよう

熱中症は体温が上がり過ぎることが原因なので、

つまるところ体温が下がれば大丈夫です。

 

現在は便利なことに、外側から簡単に体を冷やせる冷却グッズが多数販売されています。

例えばこのタオルは特殊な加工を施してあり、

水に濡らすと「かなり冷たくなる」という特徴があります。

 

暑い時にこのタオルを首元に巻けば、自然と体を冷やして熱中症を防いでくれます。

また普通のタオルだと濡れた場合ビチャビチャになって

洋服が大変なことになりますが、このタオルは衣服を濡らしくい

構造になっていますので、服を着た上にタオルを巻いても

服がタオルの水分でじっとり濡れてしまう、ということも少なくなっています。

 

見た目もかわいいので、首に巻いてもオシャレに見えます。

軽いので体の負担にもならず、楽に熱中症対策になります。

暑い外で何か活動する時は、頼もしいパートナーになってくれますよ。

【関連記事】

熱中症の後遺症でめまいや頭痛が!治療や脳への影響は?

冷房病の原因や治療は?対策グッズはどれがいい?

大人の水疱瘡の治療と初期症状! 完治までの期間や跡を残さない方法は?

喘息で息苦しい時の対処法!症状を緩和させる方法やツボをご紹介!



スポンサーリンク








最後に

「かかる人が多いから」という理由で油断していると危険なのが熱中症です。

例えすぐ回復する軽度の熱中症でも、

一度熱中症を発症すると自律神経のバランスが大きく崩れてしまいます。

 

自律神経が治るには時間がかかり、

その間は自律神経由来の症状や障害に苦しむことになってしまいます。

自律神経の症状や障害は薬で治るようなものは少ないので、ますますやっかいです。

 

また目に見える大きなケガや病でもないので、

苦しさの割りにあまり人に理解されないのも難点です。

 

病気にかかるのは一瞬ですが、

体を再び元の状態に戻すには多大なコストがかかります。

 

熱中症もその後遺症になる自律神経失調症もきちんと対策すれば防げるので、

ぜひ今回紹介したお手軽グッズなどを利用して自分の体を守って下さいね。

 



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ