メラノーマの初期症状!痛みや見分け方を徹底解説!

「あれ、こんなところにほくろなんてあったかな?」

と、新しくほくろができるということは日常でもあることです。

でも、当たり前のことで、なんとも思いませんよね。

 

しかし、ほくろにとってもよく似た怖い病気があること、ご存じですか?

「メラノーマ」と言いますが、名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。

ただのほくろだと思って放置していると、

命に関わる取り返しのつかないことになってしまう可能性もある恐ろしいものなのです。

 

メラノーマは、初期段階で発見して適切な対処をするのがとても大事と言われています。

今回は、メラノーマの初期症状とその見分け方を紹介します。

知っているのといないので、もしかしたらあなたの人生が変わるかもしれませんよ。




スポンサーリンク






メラノーマとは?

 

まずはメラノーマとは何かということから押さえておきましょう。

日本語では悪性黒色腫と呼ばれる、皮膚がんの一種です。

 

皮膚にあるメラニン色素を作る細胞や

ほくろの細胞が悪性化したものになります

多くの場合、黒褐色の皮膚病変として発生します。

顔や頭皮、足の裏まで、全身どこにでも発生するのもメラノーマの特徴です。

 

メラノーマが出来る原因はまだ完全には解明されていませんが、

一説には、紫外線などの外的刺激が原因だと考えられています。

60代から70代が好発年代ですが、どの世代でも発生する可能性があるがんです。

 

そして、メラノーマの一番恐ろしいところは、その死亡率の高さです。

皮膚がんで亡くなる方の半分は、メラノーマによるものだと言われています。

ただの皮膚のシミと侮っては絶対にいけません。

 

表皮にできたメラノーマはすぐ下の真皮に容易に進展し、

そこを流れるリンパや血管に入り込みます。

そのため、普通の内臓のがんであれば転移前の早期発見になる時期であっても

メラノーマの場合では既に全身に転移している可能性があるのです。

 

その進行の早さゆえに、

メラノーマは早期発見が特に大切ながんの一つだと言われています。

メラノーマの初期症状

メラノーマを初期段階で発見するには、

その初期症状がどんなものか知らなければいけません。

 

メラノーマは原則として黒褐色のシミのような、

ほくろのようなものとして出現します。

ほくろと思って放置していたら実はメラノーマだった、なんてことも起こりうるのです。

 

身体に新しくほくろが増えたな、と思ったときには注意深く観察しましょう。

初期症状のポイントは大きく5つありますので、紹介します。

 

病変の形が左右非対称

辺縁がギザギザして、グラデーションのように滲んでいる。

一つの病変内で、褐色や黒色まで混在していて均一じゃない。

大きさ(一番長い径)が6mm以上

大きさ、形状、色に経時的な変化がある

 

身体にほくろのような黒褐色のシミが新しくできたことに気づいたら、

このポイントに沿って確認しましょう。

 

そして稀ですが、メラノーマは口の中にもできることがあります。

口の中にほくろのようなものができたときは、

メラノーマの可能性もあるのだということを思い出して下さい。

 

 

また、爪にもメラノーマは発生します。

 

爪が真っ黒になったり、黒い線が縦に入っていたりしたときは、要注意です。

手の爪は普段良く目にするので気づきやすいですが、

足の爪はあまり気にして見ていない人も多いはず。

メラノーマは全身の見えるところ全てに発生する可能性があることを忘れずに!

 




スポンサーリンク







メラノーマに似た病気!その見分け方

黒褐色の皮膚病変ができるのは、メラノーマだけではありません。

似た症状でも、悪性と良性が異なる場合もありますので、

その見分け方はしっかり押さえておきたいところです。

 

ほくろ

ほくろとメラノーマを見分けるポイントは簡単に言えば、

綺麗な形かどうか、そして経時変化があるかどうかです。

綺麗な円形で、いつ見ても変化がないものは、ほくろであると言えます。

 

また、その黒いシミに毛が生えているときは、それはほくろの可能性が高いです。

がん細胞は、正常な細胞が壊れているので、毛が生えてこないからです。

 

逆に、形がいびつだったり急に色が濃くなったり、

サイズが大きくなったりしてきたときは、要注意です。

 

また、メラノーマの好発部位は意外にも足の裏

一方でほくろは足の裏にはあまりできません。

ほくろが普通はできにくいような場所に黒褐色のシミができたら、

メラノーマを疑いましょう。

 

しかし、足の裏なんていうのは普段意識して見ることがない部分だと思います。

お風呂に入るときなど、

足の裏も含めて日頃から自分の肌の様子を隅々まで見ておくことが大切です。

 

脂漏性角化症

色は黒褐色でメラノーマと同じですが、辺縁がくっきりしているのが特徴です。

いびつな形も色もしていないので、よく見れば見分けることができるでしょう。

 

基底細胞癌

黒色で立体的に盛り上がり、

その中心部分が陥没して小さなドーナツのようになることがあります。

メラノーマのように色のグラデーションが少なく、そこが見分けるポイントになります。

メラノーマの種類について

メラノーマには4つの種類があり、それぞれ発生しやすい部位などが異なります。

簡単に紹介していきます。

 

末端黒子型

4つのタイプの中で日本人に一番多いのがこのタイプ。

主に足の裏や手足の爪に発生します。

メラノーマのチェックは、足の裏と爪を意識しましょうというのはこれが理由です。

発生初期は褐色で、そこから黒に変わっていきます。

40~50代に多いというのが特徴です。

 

悪性黒子型

紫外線の影響で発生しやすいのがこのタイプ。

そのため、身体の中でも一番紫外線を浴びている「顔」に発生しやすいのが特徴です。

70歳以上に発生しやすいと言われています。

数年かけて立体的にゆっくり成長し、色は褐色から黒へと変化していきます。

 

表在拡大型

その名の通り、広く浅く広がっていくタイプで、全身どこでも発生します。

成長すると、広いシミの一部が立体的に盛り上がってくることもあります。

 

結節型

初期段階から立体的に盛り上がり、成長が早いのが特徴

全身どこでも発生し、メラノーマの中でも悪性度が一番高いです。

メラノーマは痛い?

メラノーマの初期症状として、痛みが出ることは稀だと言われています。

だからこそ、気づかずに放置され、気づいたときには重症化してしまっているのです。

 

表皮にできたメラノーマが皮膚の奥へと進展していき、

リンパや血管を通じて骨や神経にまでがんが転移してしまうと、

そこで痛みを感じるようになります。

ここまで進行しているとかなり強い痛みになるので、気づかない人はいないはずです。

 

ほくろを触るとなんか痛い、という程度であれば、

良性の腫瘍やリンパの腫れである場合がほとんどで、

メラノーマの可能性はむしろ少ないと言えるでしょう。

 

医療機関でも、そういった症状に関しては

メラノーマ以外の病気の可能性を考えるのが一般的です。



スポンサーリンク






メラノーマの予防には紫外線対策が有効

メラノーマの原因は、紫外線を始めとする外部刺激だと言われています

紫外線ケアは常日頃から意識しておくと良いでしょう。

 

近年話題沸騰中なのが、こちらの飲む日焼け止め。

ポリポディウムという成分が、

紫外線の有害なダメージから全身から守ってくれます。

飲むことで身体の内側から効果を発揮してくれるので、

塗る日焼け止めでは守り切れない頭皮や目など、

まさに全身を紫外線から守ってくれる日焼け止めです。

 

飲むだけで良いので、

肌が弱い方や日焼け止めを塗るのが面倒だという方にもおすすめできます。

【関連記事】

爪のメラノーマの見分け方!治療法や初期症状を詳しく解説!

メラノーマは痛みやかゆみがある?初期の症状や大きくなる速度について解説!

足の親指の爪が黒いのはメラノーマ?黒い点や線・痛みについて解説!

熱中症の後遺症でめまいや頭痛が!治療や脳への影響は?

大人の水疱瘡の治療と初期症状! 完治までの期間や跡を残さない方法は?



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか。

発見が遅れると予後が悪いとされているメラノーマですが、

発生初期に見つけることができれば

根治手術でなんの後遺症もなく治すことが出来る病気です。

 

定期的に自分の身体をしっかり隅々まで確認して、

気になるシミを見つけたら今回紹介した見分け方のポイントを参考に、

まずは自分でチェックしてみましょう。

ただ、不安なことがあれば、すぐに医療機関に相談にいきましょうね。

 



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ