妊婦の通夜・葬式の服装や靴は?マナーや迷信についても詳しく解説!

もし妊娠中に突然不幸があったとき、身内や親しい人、

お世話になった人の通夜・葬式には参列したいものですが、

体調面や迷信、マナーがかなり気になりますよね。

 

とくに迷信は怖い話ばかりで、妊婦は通夜・葬式に参加してはいけない

という話もありますので、余計に不安が高まります。

 

また周囲の目が気になり、通夜・葬式の参列は控えた方がよいものなのか

とても悩みます。

私自身も妊娠中に、お世話になった友人のお母様がお亡くなりになり、

どのように対応するのがよいかとても悩みました。

 

どのような対応がよいか少しでも不安が解消されるように、

妊婦さんが通夜・葬式に参列する場合の服装や靴の選び方、マナーや迷信について

詳しく解説していきたいと思います。





スポンサーリンク







通夜・葬式に参列時の妊婦さんの服装と靴の選び方

妊婦さんでもブラックフォーマルが基本になります。

通夜・葬式では、同じ姿勢でいたり立ったり座ったりの動作が多いことから、

お腹まわりがゆったりとした妊婦さん用の喪服を用意するとよいでしょう。

その場合、後々にも使いまわせるものだと便利ですね。

 

妊娠中に通夜・葬式が重なることはめったになく、次に使う機会が少ないことから、

購入をためらう場合はレンタルを利用したり、

お手持ちの黒や紺のワンピースを活用することもできます。

 

また、妊婦さんは体を冷やしてはいけないので、冬場や夏場の冷房の冷え対策として、

お腹周りがゴムになっているパンツスタイルでも問題ありません。

ほかに、ジャケットやカーディガンやストールがあると便利です。

お腹にカイロを貼り、体を温める方法もあります。

 

喪服をレンタルする場合は、指定された時間までに注文すると

即日発送してくれるようです。

往復の送料が無料なのがありがたいですね。

 

サイズが合わなかった場合のキャンセル、返金はできないそうなのでご注意ください。

レンタル会社によっては、

喪服・バッグ・アクセサリー・靴がセットになっているものもあります。

 

足元は、ストッキングではお腹の部分を締め付けてしまうため、

タイツを選んだ方が望ましいでしょう。

模様やラメが入ったものは避け、マタニティ用の黒いタイツがお勧めです。

 

靴のかかとは、妊婦さんの場合は転倒の危険を防止するために低いものがよいでしょう。

一般的には3㎝の高さのようですが、妊婦さんの場合はこれより低いロータイプか、

高さのないフラットタイプがお勧めです。

 

つま先やかかとが出るサンダルやミュールは好ましくありません。

 

素材は一般的と同じで、

「エナメル」やワニ革などの「爬虫類の革」でできたものは避けましょう。

止め金具では、金や銀の「光り物」がついたものも避けましょう。

ストラップはついていても構いません。





スポンサーリンク







通夜・葬式に参列時の妊婦さんのマナー

 

通夜・葬式に参列する場合気をつけなければならないことは、

体調を優先にしてけっして無理をしないことです。

とくにつわりがある場合は、かかりつけの産婦人科医とよく相談のうえ、

参列するか欠席するか判断するとよいでしょう。

 

妊娠中は匂いに敏感になることがあります

お線香の匂いやお供えしているお花の匂いなどで、

体調がよくても通夜・告別式に参列しているときに、

急に気分が優れなくなることもあります。

 

強い悲しみを受け、精神的に不安定になり体調が悪くなってしまうこともあります。

途中で気分が優れなくなったときに会場からすぐに出られることを考え、

席は出入り口に近い場所を選ぶとよいでしょう。

式が始まる前に、休憩できる場所やトイレの場所を確認しておくと安心です。

 

また近い身内の葬儀の場合、その地域や宗派によってスケジュールが違うので、

夫側の親族の場合は義母に、自分の親族の場合は実母に

それぞれどのように対応すればよいか、しっかりと相談しましょう。

 

お茶出しなどやらなければいけないことがたくさんあり、

手伝う必要があれば、あらかじめまわりの方に妊娠中であること伝え、

無理のない範囲で手伝いましょう。

 

火葬場に行く場合は、体調が悪くなったからといってすぐに帰ることができません。

火葬が終わるまで約2時間ぐらいかかるので、

少しでも体調が悪い場合は参加を控える方がよいでしょう。

 

自宅から葬儀場までの移動距離が長い場合、

長時間同じ姿勢でいるのはかなり体に負担がかかります。

お腹の張りや、エコノミークラス症候群になってしまう可能性があることから、

欠席することも致し方ありません。

 

やむをえず欠席する場合でも、きちんと弔意は表しましょう。

弔意の表し方としてお香典を送ったり、弔電をうつことができます。

その後体調が安定したり、産後落ち着いてから直接弔問するという方法もあります。

その場合は、伺う前に先方に都合を確認することが大事です。

 

もし通夜・葬式に参列できなくても、けっして罪悪感は持たなくても大丈夫です。

亡くなられた方もきっとわかっていてくれていると思います。





スポンサーリンク







通夜・葬式の参列時にまつわる妊婦さんの迷信について

 

妊婦さんが通夜・葬式に参列する際、一番気がかりなのは迷信だと思います。

「赤ちゃんにあざができる」「赤ちゃんがあの世に連れて行かれる」

「妊婦は火葬場にいってはいけない」など、あまりよくない迷信がいくつか存在します。

 

葬儀会場には、さまざまな霊が集まり、

その霊がお腹の赤ちゃんに悪さをすると考えられているようです。

基本的には妊婦さんが通夜・葬式に参列することは、何も問題はありません。

 

ただし、地域によってはこの迷信を気にされるところがありますので、

通夜・告別式に参列される場合は、事前にその地域に住んでいる方に

相談しておくとよいでしょう。

 

どうしても不安が残る場合は、お腹に外側に向けた鏡を入れるとよいです

鏡は昔から、邪悪なものを跳ね除ける力があると信じられています。

腹帯とお腹の間に入れたり、お守りを入れるポケット付きの腹帯がありますので、

そのポケットに入れてもよいでしょう。

 

ポケット付きの腹帯もいくつか種類があります。

腹帯は妊娠期間中も必要ですので、購入してもよいかもしれませんね。

 

このような迷信ができた背景は、

通夜・葬式は亡くなった方を弔う儀式で穢れた場所であること。

そんな場所に妊婦さんが来るべきではないと考えられていたからです。

 

亡くなった方が疫病にかかって亡くなった場合、

その疫病に感染することを心配していました。

 

その他に、昔は通夜・葬式を自宅で執り行うことが一般的で、

その場合来客の対応が大変なこと、たくさんの方が集まるので

何かの病気に感染してしまう可能性があることなどを心配して、

妊婦さんが気兼ねなく欠席できるように作られた話のようです。

 

怖い話ばかりですが、妊婦さんへの心遣いだったんですね。

 

また、なかには迷信について知らず、通夜・葬式に参列してからまわりに言われて、

迷信のことを知る方もいらっしゃいます。

もし、あなたのまわりでそのような方がおりましたら、

気に病むことはないことを教えてあげてください。

関連記事:葬式の親族のマナーは?香典や服装・親族の範囲についても解説!





スポンサーリンク







最後に

迷信や周囲の目がとても気になり、通夜・葬式に参列しない方がよいのでは

と思うこともあるかもしれませんが、

妊婦でも亡くなられた方のことを思う気持ちは変わりません。

 

しかし妊娠中は普段の時と違い、いろいろ気を付けなければならないことがあります。

私自身の場合は、妊娠後期で移動距離があったため

弔電を送らせていただくという対応をしました。

 

本来なら通夜・葬式に参列してお別れをしたいところですが、

自分一人の体ではないことを考え、まわりとよく相談して自分が納得したうえで、

できる範囲で亡くなられた方とお別れができるとよいですね。

関連記事:義祖父・義祖母の葬式には出席するのが常識?香典やマナーについても解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ