冷房病の原因や治療は?対策グッズはどれがいい?

これからの季節、車中やオフィス、ショッピングモール、

もちろん自宅でも冷房を使う機会が増えてきます。

 

昔とは違い室内に居ても熱中症になってしまう時代、冷房は必需品ですよね。

別名「クーラー病」とも言われる冷房病。

今回は冷房病の原因や治療法をご紹介します。

冷え性の女性に多いイメージですが男性も要注意です。

 

対策方法、対策グッズも併せてご紹介します。




スポンサーリンク






冷房病の原因は?どんな人がかかりやすい?

 

冷房病の原因は温度差による自律神経の乱れが原因です。

簡単に言うと、急激な温度変化に身体がついていけずおこるわけですが、

 

人間の身体は夏には血管を拡張し熱を逃がしやすく、

逆に冬には血管を収縮し熱を逃がしにくくします。

それは自律神経によって体温の調整をしているからです。

 

しかし夏場、室内に入れば寒いと認識し冬型に、

外に出れば暑いと認識し夏型になろうと繰り返し季節を

混乱した自律神経が乱れるというわけです。

 

気温差は5℃以上で繰り返し体温調節をしている為乱れてしまうのも納得です。

 

体温調節が難しい人が冷房病にかかりやすいようです。

一般的に体温調節が難しいとされるのは小さな子供やお年寄りですが

男女で患者数に差が出るのは何が関わってくるのでしょう?

 

調べてみると筋肉質な人、身体の代謝が良い人などは体温調節が

スムーズである為男性より女性に多いと認識されているようです。

冷房病はどんな症状が出たら注意が必要?

冷房病は手足が冷えるなど軽い症状から始まり

腹部が冷えだすと胃腸に影響、月経不順などの婦人科疾患、尿などに

影響する泌尿科疾患が出始めます。

肩こりや腰痛も冷房病が原因でおきる事があるようです。

 

そして身体全体が冷やされ手足の冷えに痛みを伴う、ふらつき、

めまい、疲労感、イライラなどの症状は冷房病でも重症扱いになりますので

気を付けて下さい。

 

自律神経が乱れると慢性的に身体が冷えた状態になってしまいます。

頭痛・腹痛・下痢・便秘・不眠・肩こり・倦怠感・食欲不振・

神経痛・頻尿・月経不順・腰痛などの症状が出始めたら注意が必要です。

 

温度差における自律神経異常が原因でおこるため暑くても身体がだるいなどの

症状が出たら冷房病かもしれません。

冷房の設定温度は27~29度が理想です。

 

体感温度だけではなく温度計での調整が予防に繋がります。

可能な限り外の気温と温度差が5度以上出ないようにしましょう。




スポンサーリンク







冷房病に治療法はあるの?

色々調べてみましたがこれをすると治るという

即効性のある治療法はありませんでした。

 

しかし身体を温めることはとても有効です。

夏場はお風呂をシャワーなどで済ませてしまう方も多いかと思いますが、

毎日37~39度の少しぬるめのお湯に30分浸かってみて下さい。

 

血行改善や浮力効果でリラックスも得ることができ、

夏でも湯船につかる習慣づけで冷房病の症状が改善される期待も

ありますのでぜひ試してみて下さい。

冷房病にならない為にしっかり対策!オススメ冷房対策グッズをご紹介!

冷房病は症状が出始めてからでは即効性のある治療法がありません。

日頃からの対策が重要となってきますのでしっかり対策をしていきましょう。

ぜひ色んな方向から身体を温めてあげて下さい。

エアコンの風を直接当てない

急激に体温が奪われる一番の原因です。風の向きを変える、

場所を移動するなど工夫してみて下さい。

 

こちらはボレロ風のカーディガンで大人可愛いシルエットが素敵です。

袖口が少し広くおしりが隠れるほどある丈に薄手のスウェットといった肌触りで

夏でも冷房対策に一つあると大活躍してくれそうです。

冷たい飲み物や食べ物を避ける

暑い日は冷たい飲み物、アイスクリームなど美味しいですよね。

しかし冷たい食べ物は内臓に負担がかかってしまい、

消化不良を起こし胃腸の機能が低下してしまう事があります。

 

アイスの飲み物は氷を少なめにするなどちょっとした工夫をしてみて下さい。

夏野菜(トマト、きゅうり、なす)も身体を冷やすと言われているので避け、

身体を温めると言われる食べ物を積極的に取り入れましょう。

しょうが、にんにく、ねぎ、かぼちゃ、大根、ごぼうなど根菜類が効果的です。

 

身体を中からぽかぽか温めるのには生姜紅茶はいかがでしょうか?

ダイエット効果もありとても飲みやすい商品です。

 

はちみつを入れたり牛乳に溶かしたりと一工夫加えて

オリジナルの楽しみを見つけてみて下さい。

毎日10~15分ほどの軽い運動を日課に!

運動は自律神経の働きを活発にします。

体温調節が苦手な方もコントロールする機能が高まりますよ。

オススメはストレッチと有酸素運動です。

有酸素運動はウォーキングなど毎日続けられるものを無理なく取り入れてみて下さい。

 

夏のウォーキングウエアはUV対策もしっかりと!

ミッキーが可愛いこちらの商品はいかがでしょうか?

カジュアルに着こなせて吸水速乾なのでランニングにもオススメです。

ブランケットやひざ掛け、腹巻などでお腹を温める

お腹が冷えてしまうと腰痛や内臓に影響が出てしまいます。

オフィスや車中、一定時間同じ場所にいる時などは

ブランケットやひざ掛けでお腹を守ってあげて下さい。

湯たんぽを使う、カイロを貼るなどの工夫もいいですね。

 

ひざ掛けは1年中使える綿100%がオススメです。

こちらの商品は洗濯機での丸洗いが可能で肌にも優しく

北欧デザインがとても可愛いです。

 

 

腹巻もシルク素材なら夏でも大丈夫!妊婦さんも使える締め付けのない商品です。

レディースとメンズがあるので男性の方もなかなか人前では

冷房対策ができないという方いかがでしょうか?

 

夏だって冷房病対策に湯たんぽを使いましょう!

心地よい暖かさで血流促進させてくれる湯たんぽ。

 

こちらの商品はコンパクトでカバーなしで使用できるので

オフィスでの使用も可能ですね!

ウエットスーツ素材で長時間温かさが続きます。

スカーフなどで首を、レッグウォーマーで足首を温める。

首筋や足首を冷やしすぎないことも大事になってきます。

外から温めてあげると熱が伝わりやすく冷えが改善されます。

 

首筋を温めるのには夏でもオッケーな素材なこちらのストール。

カラーバリエーションも多くオシャレアイテムの一つとしても使えます。

柔らかく肌触りも良い生地なのでオフィスなどでも

巻いたまま気にならず一日過ごせます。

 

足元はシルク&コットンのこちらのレッグウォーマー!

足を冷やさない為には足首を温める事です。こちらは肌側がシルク素材になっている為

吸湿、放湿に優れていて肌のコントロールをしてくれます。

暑い日にも蒸れず絶対使ってほしいアイテムです。



スポンサーリンク






冷えに効くツボを押してみる

出典:http://happiness-sekkotsuin.com

・合谷(ごうこく)親指と人差し指のVに交わっている所

手足の冷えや肩こりに効くツボと言われています。

他にも頭痛、便秘、生理痛などにも有効ですのでぜひ試してみて下さい。

出典:http://happiness-sekkotsuin.com

・勇泉(ゆうせん)足の裏で指を曲げてへこんだ所

下半身の冷え、疲労回復に有効のツボになります。

 

夜のリラックスタイムにこちらもおススメです。

「あずきのチカラ」

こちらは電子レンジで温めて繰り返し使える経済的な商品です。

なんと250回も使えます!こちらは首筋や肩も温まり肩こりにも効果ありで

一石二鳥。針灸やカイロの先生にも人気があると大好評です。

【関連記事】

脇汗がひどい人必見!匂い対策や予防法、おすすめのグッズをご紹介!

汗が臭い女性必見!体臭の原因や対策と簡単に抑える方法!

ピアスでトラブル!しこりや肉芽が出来た場合の治し方は?

爪のメラノーマの見分け方!治療法や初期症状を詳しく解説!



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか?

冷房病の原因を考えると誰にでもなりうる身近なものですね。

そして夏だけの我慢と甘くみてはいけません。症状が出ているのにそのままにしておくと

慢性的な肩こりや腰痛、頭痛に悩まされる生活になってしまうかもしれません。

 

しっかり予防対策をしてこれからの季節を快適に過ごしたいですよね。

冷房病にかかってしまった時には予防以上に身体を温めることを意識してみて下さい。

まだまだ夏本番はこれからです!上手に冷房と付き合い暑い夏を乗り切りましょう。

 



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ