革財布の手入れはミンクオイルが最適!?おすすめのクリームや頻度を解説!

皆さんは、革財布のお手入れはどうなさっていますか?

ただ大事に使っているだけでは、革財布はもったいありません。

 

革財布は適切なお手入れをしながら長く使い続けてあげると、

他には無い非常に素敵な風合いになっていきます。

 

でも、革財布のお手入れって難しそう…と思っている方も多いはず。

 

安心して下さい。

この記事では、誰でもできる簡単な革財布のお手入れの方法を解説しています。

また、革財布のお手入れにおすすめできるミンクオイルを紹介します。

ぜひ参考にして、お気に入りの革財布を、しっかりお手入れしてあげてください。




スポンサーリンク






革財布のお手入れの必要性

 

革財布は使っていくうちにシワや傷が増えていき、

時間が経つ毎に自分だけのビンテージ革財布に変化していくのが

なによりの醍醐味ですよね。

 

しかし、革財布を使っている方の中には

お手入れなんかしなくても勝手に良い感じに古くなっていくんじゃない?

と思って使っている方も多いようです。

 

残念ながら、その認識は間違っています。

革財布のお手入れを怠っていると

カッコいいビンテージの革財布には決してなりません。

数年後、ぼろぼろな革財布ができあがってしまって

がっかりすることは避けたいですよね。

 

革製品に使われている革は、牛などにおけるいわば肌だと言えます。

人間の肌だってお手入れ無しに放っておくと

乾燥してぼろぼろになってしまいますよね。

革財布も同じなのです。日焼けもすれば、乾燥もします。

 

定期的にほんの少しの手間をかけてあげるだけで、

革財布は健康的に年を取っていけるのです。

革財布のお手入れ方法

それでは、具体的な革財布のお手入れ方法に入っていきます。

難しい工程は一つもありませんので、安心してください。

革財布の表面についているホコリを落とす

 

まずは、革用のブラシで革財布の表面を優しく擦って下さい。

このときは、擦る場所が偏らないように満遍なく擦るようにしましょう。

見た目にあまりホコリなどのゴミがないように見えても、

縫い目や革のシワの隙間には意外とゴミが溜まっているものです。

 

ホコリなどのゴミは、水分を含んでカビやシミの原因となってしまいます。

最初にしっかり落としておかないと

このあとに塗るクリームでゴミも一緒に覆ってしまいますので、

可能な限り丁寧に行いましょう。

ブラシで落ちない汚れを落とす

 

ブラシでも落ちない目立つ汚れがあった場合に

革用の消しゴムを使用して落とします。

あまり強く擦ると革の色が落ちてしまうこともあるので、

なるべく優しく擦りましょう。

 

一度目立たないところでテストして、

力加減もそのときに確認しておきましょう。

 

消しゴムがない場合は、

いらないTシャツやストッキングの切れ端やめがね拭きなどで

軽く擦ってあげるのも良いです。

同時にツヤもでますのでおすすめです。

革用のクリームやオイルを塗る

 

革財布がキレイになったら、クリームの出番です。

クリームはつけすぎるとシミになってしまうので、

少量を満遍なく伸ばすようにしましょう。

 

乾いたタオルに少しだけ馴染ませて、

それで革財布を撫でるように優しく伸ばすようにすると良いでしょう。

縫い目などの凹凸に油がダマになって残ってしまうことがありますので、

革財布の縁を塗るときなどは特に注意してください。

とにかく、少量を良く伸ばすことを忘れないように。

 

外側だけでなく、内側のカードをしまう部分などにもきっちり塗りましょう。

新品の革財布などの場合なら最初に内側にクリームを塗っておくと

カードの収納がスムーズにしやすくなります。

防水スプレーをかける

 

革財布全体にクリームを馴染ませたら、最後に防水スプレーをかけて終了です。

革製品は、水が大敵です

水を吸い込んでしまうとシミになり、二度と消せない汚れになってしまいます。

 

30cmほど離してスプレーをして、革財布全体にムラ無くかけましょう。

スプレーをする前には、

必ずそのスプレーが革製品に対応しているかどうか確認しておきましょうね。

 

 

以上で、基本的な革財布のお手入れの手順は終了です。

塗るクリームの量にさえ気をつけておけば、難しいことはありませんよ。




スポンサーリンク







革財布のお手入れの頻度

革財布のお手入れの方法がわかったところで、

次はどのくらいの頻度でやれば良いのかですよね。

先ほど紹介した4つの手順をすべてやるお手入れの頻度としては、

1~2ヶ月に一回程度で充分です。

 

革財布は、手で触れているとそこから油を吸って適度に保湿されています。

毎日使って手に持っているとういのであれば、

お手入れの頻度はさらに下げても良いでしょう。

 

逆に普段はあまり使わずに家においているという革財布に関しては、

定期的に様子を見て、表面が乾燥していたら頻度を気にせずお手入れしてあげましょう。

お手入れをせずに乾燥が進んで革財布の表面が割れてしまうと、

修復が困難になりますので、注意しましょう。

 

逆に、ブラッシングや空拭きの頻度については、毎日でも良いです。

家で財布を置くところの近くにブラシや布を置いて、

気がついたらやるようにすると良いでしょう。

ミンクオイルって何?

 

革財布のお手入れに使うクリームやオイルには、いろいろな種類があります。

 

中でもミンクオイルは動物のミンクの脂肪を基に作られた動物性のオイルなので、

同じように動物から作られた革製品にとても馴染みやすく、相性がぴったりです。

特にヌメ革に対しては抜群に相性がよく、

ヌメ革を柔らかくして発色を良くする効果もあります。

さらに油分の補給の効果も高く、

革財布の質を維持するのに非常に効果的なオイルだと言えます。

 

塗った後のテカリが気になる方もいるようですが、

数日で落ち着いてくるのが普通です。

ミンクオイルを塗った後に空拭きをしてあげると、

より早く馴染みますので参考にして下さい。

 

固形タイプで塗りすぎてしまう方は、

リキッドタイプやクリームタイプなどを使うことで

上手に塗れることもありますのでおすすめです。

 

ただし、あまり頻繁に使うと油分過多でシミができてしまうこともあるので、

手入れの頻度は多くても月2回程度に留めましょう。

 

また、スエードやヌバックなどの起毛したタイプの革には

ミンクオイルを使うことができません。

その場合は、起毛革用のスプレーなどを使用して下さい。



スポンサーリンク






革財布のお手入れにおすすめのミンクオイル

・コロンブス ミンクオイル

ミンクオイルのブランドでおそらく一番有名なのはこちら。

多くの方が使っているので、安定した実績があるのが安心できるところ

ネットだけで買えるという商品ではなく、

革製品を扱っている店舗であれば大抵置いてあるというのも嬉しいですね。

 

ミンクオイルを使ったことがない方は、

とりあえずこちらから使ってみてはいかがでしょうか。

 

・モウブレイ・ピュアミンクオイル

こちらのミンクオイルは

ピュアミンクオイルという名の通り、天然のミンクオイルで作られています。

石油系のオイルが混ざっていないので、

クセのある色やニオイもなく革に非常によく浸透します。

 

またこのミンクオイルは無色なので、どんな革財布にも使用できるのが利点です。

べた付きが少ないのも特徴で、

これを使えばかなり質の高い革財布のお手入れが可能になります。

ただし、オイル自体が少し固く、初めて使う方には少し難しいというのが悩みどころ。

革財布のお手入れに少し慣れてきた方におすすめします。

関連記事:革財布の汚れの落とし方!手垢や黒ずみを簡単に落とす方法は?



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか?

少し難しい上級者向けのイメージがある革財布のお手入れですが、

必要なアイテムさえあればどなたでもできる簡単な手順です。

 

革財布が大切なのはわかりますが、

お手入れの頻度は多ければいいというわけではありません。

適切な頻度を守って、正しくお手入れしてください。

 

今回紹介した情報を参考に、お気に入りの革財布をしっかりとお手入れして

自分だけの素敵な革財布を育てていきましょう。

関連記事:革財布の傷はどう手入れすればいい?簡単な修復方法をご紹介!



スポンサーリンク


サブコンテンツ