爪のメラノーマの見分け方!治療法や初期症状を詳しく解説!

メラノーマ爪ってご存知ですか?あまり耳慣れない名前ですが、

決して珍しい病気ではありません。そして軽視できるものでもありません。

普段の生活で注意深く観察することのない爪に起こる危険な症状。

 

今回は、爪のメラノーマについて知識を身につけ、

予防に努める重要性を認識して欲しいと思います。




スポンサーリンク






爪のメラノーマってなに?原因は?

 

あまり耳慣れないメラノーマ爪。

実はメラノーマとは悪性黒色腫とも言われています

メラノーマとだけ耳にするとあまり深刻なイメージはないかもしれませんが、

悪性黒色腫と聞くと、深刻さを感じると思います。

 

そうです。メラノーマとは皮膚にできるガンの一種なんです。

このメラノーマが爪にできることをメラノーマ爪と言います。

メラノーマができる原因として考えられていることは、皮膚細胞の悪性化です。

 

皮膚細胞はメラニン色素で作られていますが、

皮膚細胞の悪性化でメラノーマを発症させてしまいます。

メラノーマ爪発症率は年齢を重ねるごとに増えて行く傾向にあります。

 

特に50歳以上の方の発症率が高くなっているので、

加齢とともに注意すべき症状になります。

爪のメラノーマの初期症状

 

メラノーマはガンの一種。

十分な知識を身につけておく必要性があることを感じていると思いますが、

ではメラノーマが爪に発症した時に早期に

発見するためにはどうしたらいいのでしょうか?

メラノーマ爪の初期症状として現れやすい症状をあげていきます。

 

メラノーマには種類があります。

末端黒子型黒色腫表在拡大型黒色腫結節型黒色腫悪性黒子型黒色腫

4種類に分けられます。

 

発症率の高さを見ると、最も多いのが末端黒子型黒色腫です。

初期症状としては爪に黒い筋が現れます。

 

爪に黒い筋?不思議に感じるかもしれませんが、

意外とこの症状を抱えている方は多く、

あなたに問題なくてもご両親の爪がこうした症状が

現れていることはあるかもしれません。

 

初期症状で黒い筋に気づき、治療法を取り入れることが重要になりますが、

放置していると黒い筋はだんだんと広がり、爪の半分以上を黒く染めてしまいます。

 

メラノーマ爪の発症率からも子供に現れる可能性は低いのですが、

決してありえないことではありません。

子供にも同様に黒い筋が現れることがあり、メラノーマ爪を疑う必要性はあります。




スポンサーリンク







これってメラノーマ?それとも血豆?ほくろ?見分け方は?

 

メラノーマ爪は少し判断が難しいという点があります。

メラノーマ爪の初期症状は黒い筋が現れることですが、

この段階では血豆ほくろなども考えられます。

 

これは決して素人での判断が難しいのではなく、

専門の医師が見ても目視だけでは簡単に判断できないのです。

 

しかし早期発見が重要になるメラノーマ爪については私たち自身も

しっかりと知識を身につけておかなくてはいけません。

 

メラノーマ爪の特徴は爪の根元から黒い筋が現れやすいということです。

根元からじわじわと筋を作っていきます。

 

年齢を重ねるごとに注意深く観察すべきですが、

血豆やほくろとの見分け方に関しては

根元から筋が現れるかどうかというところにポイントがあります。

 

血豆もできる場所によっては根元に黒い血の塊が現れることがあります。

ただ、血豆に関しては衝撃で現れるもので、

心当たりのある場合は血豆と判断しやすくなります。

 

そしてほくろとの見分け方については少し複雑です。

何かの衝撃でできる血豆とは違い、ほくろは突然現れることがあります。

見分け方のポイントとしてはほくろの場合は丸みがあるということです。

 

丸みのある場合はほくろの可能性が高くなりますが、絶対ではありません。

メラノーマは根元から発症して筋を作りますが、ほくろかな?メラノーマかな?

なんて考えている間に筋を伸ばしてしまっては、進行を進めることになります。

 

見分け方として丸みの有無ですが、

根元に黒点が現れた際には速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

メラノーマ爪は治療できる?その治療法とは?

 

メラノーマ爪の危険性は理解できたと思います。

早期発見の重要性も感じていると思います。

そこで爪にメラノーマができた時、治療はできるのか不安を抱くと思います。

 

メラノーマはガンの一種です。

爪にできた場合もメラノーマを切除するために手術を行うというのが基本の治療法です。

メラノーマ爪は手術を行うことで治療は可能です。

 

治療は可能であるけれど考えなくてはいけないことは、

治療を怠ることで起こりうる危険性についてです。

ガンの一種ということは進行して行くことで転移する可能性があります

 

早期に発見し、適切な治療を行うことで最低限で抑えられことも、

放置することで全身に影響を及ぼしかねないのが、メラノーマの危険性です。

 

メラノーマの初期段階でも大きさは1mm〜2mmのサイズになります

この段階では転移の可能性は低く、爪にできたメラノーマのみの切除を行います。

しかしこの段階でも皮膚を切除する必要があるので指への負担は大きくなります。

 

少し進行して行くと大きさは4mm程度にまで大きくなります

他の臓器への転移は確認できなくても、生存率が低くなる可能性は高まります。

 

私たちはまず1mm程度の黒い筋をしっかり確認することが重要になるのです。

そしてさらに黒い筋が広がりメラノーマの影響が強くなると死亡率が高まります。

 

この時には他の臓器への転移の可能性も高く、

爪の皮膚のみの切除をするだけでは治らなくなってしまっています。



スポンサーリンク






メラノーマ爪は予防が重要

 

メラノーマの早期発見の重要性、それは自らの命に関わる重要なことなのです。

早期発見への意識を高めることはもちろんですが、

まずは予防に努めることが何より大切です。

 

メラノーマ爪を予防するために爪の健康を保つことが重要になります。

爪を生成するケラチンを食事から積極的に摂取するようにしましょう。

 

ケラチンは卵や魚、肉や大豆製品など調理しやすい食材に豊富含まれています。

食生活を少し意識することで爪の健康効果を高めることができます。

 

ケラチンを含む食材は調理しやすいものが多いですが、自炊が苦手、

時間がないという方はケラチン合成効果のあるアミノ酸豊富な

サプリメントで補うこともできます。

 

補い方はライフスタイルに合わせることが1番です。

サプリメントで補う際にオススメしたいのは「ミレットエキス」です。

アミノ酸を豊富に含み、体内でケラチン合成効果の高めてくれます。

 

また爪の血行促進効果を高めることもメラノーマ予防につながります。

爪は体の末端にあり血液が不足しやすい箇所になります。

十分な血液を送ることで健康な爪を保つことができます。

 

爪の血行促進効果を高める方法としては全身を温めることが有効と言われています。

湯船につかり温効果を高めながら爪をマッサージするようにすると、

上手に末端の血行を促すことができます。

 

また爪の健康を保つ効果としてはハンドクリームも有効です。

ハンドクリームも効果を高めるためにケラチン配合商品がオススメです。

 

「テルネスプロテクトクリーム」はケラチン配合のハンドクリームで、

爪の生成効果を高めてくれます。ハンドクリーム1つも有効成分を意識することで、

メラノーマ爪予防につながります。

【関連記事】

足の親指の爪が黒いのはメラノーマ?黒い点や線・痛みについて解説!

メラノーマは痛みやかゆみがある?初期の症状や大きくなる速度について解説!

メラノーマの初期症状!痛みや見分け方を徹底解説!

汗が臭い女性必見!体臭の原因や対策と簡単に抑える方法!

ピアスでトラブル!しこりや肉芽が出来た場合の治し方は?

脇汗がひどい人必見!匂い対策や予防法、おすすめのグッズをご紹介!



スポンサーリンク








最後に

あまり耳慣れないメラノーマ爪。

しかしその実体の恐ろしさを知ることで、予防に努める意識は高まると思います。

予防はもちろんですが、できてしまった際の早期の治療も重要です。

 

メラノーマ爪についてまとめましたが、

年齢を重ねるごとに発症率の高まるメラノーマ爪。

十分な知識で自らの健康を守るようにしましょう。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ