旅館での浴衣の着方!女性の帯のかわいい結び方、着こなしをご紹介!

みなさんは旅館で浴衣を着るときに、帯の結び方は工夫されていますか?

いつも適当に蝶々結びで結んでいるという方は、はっきり言ってもったいないです!

 

実は、浴衣の帯にはたくさんの結び方があります。

ちょっとした一工夫で、いろんな個性が出せるのが浴衣の帯の素敵な魅力なのです。

 

旅館に来てせっかく浴衣を着るのですから、

そのときしかできないオシャレをしたいとは思いませんか?

 

今回は、周りと差がつく、かわいい帯の結び方をいくつかご紹介します。

ぜひ参考にして、ちょっと味気ない旅館の浴衣をかわいく着こなしちゃいましょう!

 

帯の結び方を少し変えるだけでも、いつもの浴衣姿より一層素敵に見えるはずですよ。




スポンサーリンク






まずは旅館の浴衣の着こなしの基本を押さえよう

自分に合ったサイズの浴衣を選ぶ。

 

まずは、浴衣のサイズを合わせましょう。

浴衣の裾を引きずって歩いたり、パツパツになっていたりしていては、

見た目にもみっともありません。

 

旅館にある浴衣はフリーサイズであることが多いですが、

実は一つ一つ微妙にサイズが異なっています。

洗濯の回数などで、縮みの具合が変わってくるためです。

 

羽織ってみたときに、

くるぶしが見え隠れするくらいの丈がちょうど良いサイズになります。

あまりにも長すぎる場合や短い場合は、

旅館の方に申し出て取り替えてもらいましょう。

正しい衿元の開き具合

 

浴衣の色気は、衿元の開き具合で決まるといっても良いでしょう。

旅館の浴衣は生地が柔らかいので、衿元が開きやすいです。

しかし、襟元が開きすぎていると

どうしても着崩れたように見えてだらしない印象になってしまいます。

 

喉元のくぼんでいる部分が衿元の交差点になるようにするのが、おすすめ。

着物の作法でも認められたこの位置ならば、程よい色気が演出できて良いでしょう。

女性らしいかわいい帯の王道の結び方

 

まず紹介する帯の結び方は「蝶々結び」です。

いつも旅館では蝶々結びだけど…という方も、必見です。

というのも、これから紹介する蝶々結びは、

靴ひもを結ぶときのようなあの結び方ではありません。

ちょっとした一手間をかけるだけで、

女性にお似合いのかわいい蝶々結びが出来上がります。

 

手順はこちらの動画を参考にしながら説明していきます。

1.帯の端から40cmほどの部分(手先)を右手で持ち、帯を身体の後ろを通して巻く。

40cmの目安としては、肩幅くらいの幅だと考えてください。

ちなみに、浴衣の正しい前の閉じ方は左が前ですので、

帯をまく前にきちんと確認しておきましょう。

 

2.手先を上から垂らすように、帯を身体にひと巻きする。

手先の根本から帯を重ねるようにして巻いていくと、

うまく手先が上から垂れるようになります。

イメージしづらい方は、普通に帯を一周巻いてから

手先の部分を上に引っ張り出すのでも良いです。

 

3.身体の正面で、巻いてきた帯の前側から手先をくぐらせて一度結ぶ。

ここで最終的な帯の閉まり具合が決まるので、好みのきつさに締めましょう。

 

4.手先と反対側を、シワを伸ばして広げて縦に何段か畳む。

ここで、蝶々結びのヒダを作ります。2段目以降は5cmほど差をつけると綺麗に見えます。

 

5.ヒダの中心部に手先を下から一回転巻き、結ぶ。

畳んだ帯の真ん中を握り、そこに手先を巻き付けて結びます。

手先が余った場合は、もう一回転させましょう。

手先はヒダと同じくらいの長さを余して、シワを広げて垂らします。

 

6.ヒダを広げて整えたら、完成です。

ふっくらと広げて、かわいい仕上がりにしましょう。

 

また、結び目を背中側に回すのも良いでしょう。

その場合は、必ず右から背中側に回すようにしてください。

左から回してしまうと、浴衣が着崩れてしまいますので要注意です。

 




スポンサーリンク







男性とお揃いにできる帯のかわいい結び方

 

続いて紹介する帯の結び方は「貝の口」です。

この結び方はシンプルなのにしっかり結べる結び方なので、

男性にもオススメできる結び方になります。

女性がすると、穏やかで上品に見える大人っぽい結び方です。

 

この結び方をマスターすれば、恋人や旦那さんとペアの結び方もできちゃいますよ。

温泉旅館での幸せ気分をさらに高めてくれる、素敵な帯の結び方です。

 

手順はこちらの動画の前半部分を参考にしながら説明していきます。

1.左手側に30cmほどの手先を取り、身体にふた巻する。

 

2.余った方を半分に折り、手先と長さを合わせる

 

3.折った方を上から手先にくぐらせて、ひと結びする。

 

4.手先を補足するように半分に折り、斜め上に折り曲げ、もうひと結びする。

 

5.シワになった部分を伸ばして、完成です。

華やかな雰囲気を出せる女性らしいかわいい帯の結び方

続いて紹介する帯の結び方は「四つ羽結び」です。

その名の通り、4つの羽がピョンと跳ねた、非常にかわいらしい帯の結び方です。

旅館の浴衣は比較的地味なことが多くて少し寂しいですよね。

そんなときは、この帯の結び方をすると華やかさが増してかわいくなりますよ。

 

手順は先ほどの動画の後半部分を参考にしながら説明していきます。

 

1.左手側に30cmほどの手先を取り、身体にふた巻する。

 

2.手先を上側にして、一回結ぶ。

 

3.長い方を折り返して、4つの羽を作る。

 

4.手先を半分に折り4つの羽を束ねるように上から束ねて、帯の内側に差し込む。

腰に巻いた帯の上側に束ねた羽が乗るようになっていればOKです。

 

5.余った手先を帯の中にしまい込んで、羽のシワを伸ばして均等に広げたら完成です。

帯の表と裏を同時に見せるオシャレでかわいい結び方

最後に紹介する帯の結び方は「女結び」です。

こちらは、見た目はただの蝶々結びですが、それぞれの輪で帯の表裏が異なります。

ちょっと個性的でオシャレな帯の結び方になります。

 

手順はこちらの動画を参考にしながら説明していきます。

1.左手側に40cmほどの手先を取り、身体にふた巻する。

 

2.手先を上にして、結ぶように反対側の帯を引き上げ、輪を垂らす。

反対側の帯を手先から完全にくぐらせてしまうと輪にならないので注意。

輪が帯の裏になっていることを確認しましょう。

 

3.輪に手先を通して、結ぶ。

手先を細く折ると、スムーズに通しやすいです。

 

4.両方の輪をふんわり広げたら完成です。

関連記事:エナメルバッグのお手入れ方法!べたつきや汚れの落とし方は?



スポンサーリンク






旅館で浴衣を着るときにおすすめの小物

旅館では、浴衣を着て浴場や食事会場にいく機会が必ずあります。

そんなときは化粧品や替えの下着、

携帯や財布などの小物類を持ち歩く入れ物が必要になりますよね。

 

普段使っているポーチでももちろん良いのですが、

せっかく浴衣を着ているのですから、

どうせなら和装で揃えてコーディネートしてみてはいかがでしょう?

 

こちらの巾着は、はまぐり型が特徴で、底は広いのに口はしっかりきゅっと締まります。

浴場に向かうときも、口の隙間から下着が覗く心配もありません。

 

柄も14種類ありますので、きっとお気に入りの物が見つかるはずです。

一緒に行く大事な人と柄違いのお揃い巾着で旅館を歩いたら、素敵な思い出になりますよ。

関連記事:旅館の浴衣の着方!男性の帯の簡単な結び方・着こなしを徹底解説!



スポンサーリンク








最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、簡単にできる4つのかわいい帯の結び方を紹介いたしました。

 

女性の皆さんには、ぜひとも旅館で挑戦してみていただきたいです。

 

文章で読むと、難しそうと思うかもしれませんが

一緒に紹介した動画を見ながら手を動かせば、すぐにできるようになりますよ!

 

旅館で過ごす時間も、浴衣をオシャレにかわいく着こなしていれば、

より幸せな時間になるはず。

 

周りとちょっと違う個性的な帯の結び方で、

旅館での素敵なリラックスタイムをお過ごし下さい。

関連記事:浴衣の着方!女性の簡単でかわいい帯の締め方や着こなしをご紹介!



スポンサーリンク


サブコンテンツ