納涼会の時期や意味は?飲み会の服装や案内文のテンプレートをご紹介!

ジメジメと夏の始まりを感じさせる時期。

付き合いの多い方はひっきりなしに、

スマートフォンへ飲み会の誘いが来るかもしれませんが、

普段と違った雰囲気を思わせる飲み会には特に心弾みます。

 

その1つが普段は仕事の話ばかりの同僚、上司、部下との飲み会

『納涼会』ではないでしょうか。

蒸し暑い季節に憂鬱になっている時期に届く素敵な案内状!

 

今回は、納涼会の時期、意味、飲み会の服装、案内文のテンプレートなどについて

まとめてみました。





スポンサーリンク







納涼会の意味は?

 

名前だけでも涼しげなイメージを醸し出してくれる納涼会。

でも、正直聞いたことない…という方も多いかもしれません。

 

納涼会の言葉でワクワクするのはお父さん世代?(笑)納涼会ってなんでしょう?

納涼会とは名前の雰囲気からなんとなくイメージできるかもしれませんが、

涼しさを味わう会です。

 

かしこまった言い方ですが簡単にいうと、

暑い季節、冷たい飲み物、食べ物を口してみんなで楽しもうと意味する会ですね。

 

ただ、納涼会と言っていいのは暑さを感じる時期です。

寒い冬に納涼会なんてありません。(笑)

 

納涼会と初めて耳にした方も、

遠い昔にお父さんの言葉で今日は納涼会だからなんて聞いたことないでしょうか。

 

小さい頃は何か大事な会と思っていたかもしれません。

お父さんの言う納涼会は会社のみんなと楽しく飲んで来るねって意味だったんです。

納涼会の時期は?

納涼会は暑さを感じる時期に行われる飲み会です。

開催の時期は7月〜8月が一般的です。

 

暑さを感じ始める梅雨明けから行われることもありますが、

大半は猛暑の中で行われることが多いので、

納涼会の時期としては7月〜8月に行われます。

 

また、納涼会は大半が居酒屋などのお店で行われます。

納涼会の案内から人数を把握して、幹事がしっかり予約を入れています。

大半の場合は、居酒屋で行われると考えておいて大丈夫です

 

でも、なかには少人数で毎年納涼会を行なっている場合などは、

趣向を凝らし、さらに涼しさを求めようと屋外を選んだり、

遊覧船などを手配することもあります。

 

納涼会、目的は暑い夏に涼しさを求める会などで大きな決まりはないんですね。

ただ、みんなで暑い夏を乗り切ろうと楽しみながら気持ちを高める飲み会です。





スポンサーリンク







納涼会に参加するときのオススメの服装!

納涼会ってなんだか楽しそう!と感じ始めた方もいると思います。

会社で行われない場合などは、仲間内で行ってもいいですよね。

 

さぁ、少し会社のイベントの1つに楽しみを感じ始めた方、

友人と集まって飲み会するのと少し雰囲気が違った納涼会はドキドキ、

ワクワクの気持ちが入り混じると思います。

 

では、納涼会当日。どのような服装で参加したらいいのでしょうか。

納涼会はフリーの飲み会と考えてください。

 

歓迎会のように迎え入れることを目的にする飲み会ではありません。

暑い夏に素敵な出会いを増やすきっかけとさえ考えてもいいでしょう。

 

納涼会の意味からも察していると思いますが、

納涼会へ参加するときは会社帰りそのままのケース

また会社が休みの日に行われるケースがあります。

 

会社帰りの際はそのままの服装での参加になると思いますが、

会社が休みの日であれば、涼しさを感じる飲み会なので、浴衣なんていいですよね。

男性も甚兵で涼しげに参加してみてもいいでしょう。

 

初めての参加で周りの服装が気になるという方は、

会社への服装に似せて参加しておくと不安は無くなると思います。

一年目は周りをチェック!雰囲気を掴んで二年目からは服装も楽しみましょう。

納涼会の幹事に!案内文はどうする?

納涼会は夏の楽しみを増やしてくれる飲み会です。

飲み会は、さっと席について楽しく飲んで帰宅したいものですが…。

 

こうした楽しみは勝手に用意されるわけではありません。

幹事がいて初めて開催されます。

 

一度でも経験したことがある人ならば大変さを痛感しているでしょうが、

納涼会の幹事となると上司宛、同僚宛、部下宛、様々な関係の相手に送る案内状を

用意するところから始まります。

 

考えるだけで疲れそうですが、そんな幹事の役割が回ってきたら?

案内文ってどうしたらいいのでしょうか。

 

納涼会開催を知らせる為の案内文はどの立場の方にも

失礼のないように送る必要があるので、楽しい飲み会の案内ではあるものの、

案内文としては丁寧に仕上げなければなりません

 

上司は納涼会の意味はわかっているので、この時期が来たか!

と笑みをこぼしながら目を通しますが、案内文としては

少し堅苦しい印象で仕上げて問題ありません。

 

案内文を作るポイント

納涼会の案内文を出す際には、納涼会であると明確に記すこと

暑い季節に行われる納涼会です。暑さを感じる挨拶文から始めましょう。

 

そして納涼会参加を促すための催し物があれば、しっかり内容をのせ日時と場所、

会費は分かりやすく明記するようにしましょう。

 

場所の予約などの関係からも出欠の返事が絶対という場合や、

ある程度の出席数を知りたいという場合は出欠の返事ができるように

案内文を作ることもポイントです。

 

そして納涼会の参加費用は当日必要なものなのか、

前もって幹事に預けておかないといけないのか、

この点はハッキリしておきましょう。

 

案内状を手にする方達も気になる点です。

男女別での費用が異なる場合も明確に記載しておきましょう。

納涼会を楽しく終わらせるためにもお金の問題はなくしておきたいものです。

 

当日会場で必要になるのか、期日を設けて幹事に先に預けるのかという点は

記載漏れのないようにしておきましょう。





スポンサーリンク







案内文のテンプレートをご紹介!

文字ではなかなか分かりづらい案内文の作り方。

テンプレートを使用する方法もあります。

イメージが湧きやすいようにテンプレートを紹介します。

 

テンプレート①

梅雨さなかですが、真夏のような日差しが照りつけています。さて、この暑さを乗り切るべく、恒例の納涼会を催したいと存じます。

美味しく食べて飲んで、夏の一日を楽しみましょう!

皆さんふるってのご参加を心よりお待ちしております。

 

日時:○月○日(金)午後6時30分より

場所:「ビアホール○○」

会費:男性3.000円/女性2.500円(当日、受付にて)

お手数ですが出欠のご返事を○月○日までに、

下記、○○までご連絡ください。
幹事:◯◯ ◯◯

TEL:03(0000)0000

E-mail:000@000.co.jp

テンプレート②

梅雨寒が続くところから、今年は冷夏に終わりそうな様子です。

さて、この暑さに負けないように、

今年も納涼会を企画いたしました。

当日はビンゴゲームを用意しています。

運が良ければ◯◯を手にすることができるかも?!

皆さんのご参加をお待ちしております。
日時:○月○日(日)午後3時00分より

場所:「ビアレストラン○○」

会費:5000円(当日、受付にて)

お手数ですが出欠のご返事を○月○日までに、

下記、■■までご連絡ください。

 

幹事:■■ ■■

TEL:03(0000)0000

E-mail:000@000.co.jp

関連記事:暑気払いとは!時期はいつ?飲み会の幹事進行や服装を徹底解説!





スポンサーリンク







最後に

今年の納涼会、自ら主催して行うも良し!

会社で行われる納涼会を全力で楽しむも良し!

納涼会は暑い夏でもみんなで涼しく楽しもうという意味です。

楽しんだもん勝ちの飲み会!

 

飲み過ぎはくれぐれも注意しなくてはいけませんが、

普段なかなかプライベートな話ができない相手とお酒を片手に楽しむ時間は

すごく有意義な時間になると思います。

 

そして幹事を務めることになった際には、

上手に案内文を送れるように是非、参考にしてほしいと思います。

 

案内文の記載漏れが納涼会の楽しみを半減してしまうなんて

残念なことにならないように、明確にしっかりとした案内文を作るようにしましょう。

関連記事:半夏生2017はいつ?サバやうどん・たこを食べる意味と由来は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ