高齢者の肺炎の原因と症状!予防法や治る確率は?

加齢とともに様々な症状の発症リスクは高まります

さらに歳を重ねていくことで1つの病気だけでなく、

複数の病気が重なり発症しやすくなり、体の機能を低下させてしまいます。

 

少しでも長く健康に、快適な毎日を送ろうと予防に努めていても

効果が現れにくくなってしまうのも加齢が大きな原因です。

 

発症リスクが高まる疾患や病気は様々ですが、中でも高齢者の発症リスクが高まり、

時に命を奪う危険を高めてしまう肺炎についてまとめました。

 

高齢者が肺炎を発症させてしまう原因、肺炎の症状、

肺炎を予防する習慣など、ぜひ知識として取り入れておいて欲しいと思います。




スポンサーリンク






高齢者と肺炎

 

高齢者と肺炎という問題は近年取り上げられているわけではありません。

高齢者が肺炎を発症することの危険性は以前から周知されています。

実際に高齢者の死因の原因第二位にあがるのが肺炎です。

 

今では医療技術も高まり、様々な治療法が取り入れられていますが、

高齢者の死因の原因として肺炎が上位から名前を消すことありません。

 

医療の進歩あってもなお、高齢者の命を奪う危険が高い肺炎は、

どのような原因があるのでしょうか。

高齢者が気を付けるべき肺炎の原因

 

肺炎と聞いてみなさんどのようなイメージを持ちますか?

まだまだ若い時期であれば、病院で肺炎ですと診断を受けても、

深刻に考えることはあまりないと思います。

 

肺炎は時間が経てば治る、そんなイメージがどうしても強い病気です。

しかし軽視しがちな肺炎も加齢とともに命の危険が生じる病気へ変わります

 

さらに肺炎について少し軽視している方に知っておいて欲しいことは、

高齢者だから死因の原因に肺炎があがるわけではないということです。

 

加齢とともに深刻な病気へ変わる肺炎ですが実は、

近年日本全体の割合から見ても死因原因の第三位にあがる病気なのです。

 

特に注意が必要なのは高齢者ですが、

高齢者が肺炎を発症させる原因の多くに嚥下障害が関係しています。

 

「誤嚥性肺炎」という言葉は目にしたことあると思います。

嚥下障害から肺炎を発症した際に誤嚥性肺炎と診断されます。

 

高齢者が気をつけないといけないと伝えるのは肺炎で亡くなる

高齢者の約9割が誤嚥性肺炎で命を落としてしまっているからです。

 

誤嚥性肺炎は食事中に食べ物が誤って気管に入ってしまい引き起こされます。

よく食事中に気管に入ってしまうとむせてしまいますよね。

そんな苦しい経験をしたことあると思います。

 

咳が止まらず気管に詰まった原因物質を排出させるまで、

体力のある若者でも負担がかかります。

 

簡単にいうと、こうした状態が高齢者を襲いうまく解消させられずに

肺に炎症を起こしてしまうのです

 

また、誤嚥性肺炎は食べ物のつまりだけでなく、

睡眠中に唾液が気管に入ることでも引き起こされます。

 

加齢とともに内臓機能は徐々に低下していきます。

体力も落ちていきます。

 

こうした中で気管に食べ物が入ること、

唾液が入ってしまうということは肺に大きな負担を

かけてしまう結果になってしまうのです。




スポンサーリンク







高齢者の肺炎の症状と注意点

高齢者が肺炎を引き起こし、命を奪う危険を高める原因についてまとめましたが、

誤嚥性肺炎はいつ誰に起きてもおかしくない事態です

 

万が一を考えて症状について知識を身につけることが重要になります。

高齢者の場合はどうしても、

老化が大きな原因となり回復や対応力が低下してしまいます。

 

気管に食べ物が入ってしまう状況や、

唾液が入ってしまうことでも肺に大きな炎症を引き起こし、

そこから様々な症状が出てきます。

 

しかし、歳を重ねることで不快な症状は現れやすくなり、

少しの変化は歳のせいと見逃してしまうことがあります。

 

肺炎を引き起こしている症状もその1つと勘違いされ、

深刻に考えずに悪化の原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

中には加齢とともに肺結核発症リスクが高まることが周知されていることで、

肺炎の症状が肺結核だと勘違いされて、発見が遅れることもあります。

 

そして冒頭で触れていますが、

高齢者は他にも病気を発症させていることが多く、

その病気からくる症状によって、

肺炎を疑う意識を低下させてしまうこともあります。

 

まずは、どんな場合でも肺炎の可能性を考える意識を持つことが

早期発見には重要になってきます。

 

では、実際に高齢者が肺炎を発症した際に

どのような症状が現れやすいのか見ていきましょう。

 

肺炎と聞くと辛い咳の症状が代表的ですが、

実は高齢者の場合は初期に現れる症状として咳や痰の頻度は低いようです。

 

咳や痰がなかなか治らないことで、肺炎を疑う意識が高まりますが、

こうしたサインがなかなか出にくいと肺炎を疑う意識は確かに低下しやすくなります。

 

また、肺炎発見が遅れる原因はまだあります。

肺炎発症時に発熱も重なり現れやすくなりますが、

高齢者になると発熱の頻度も低くなるようです。

 

咳や痰、発熱の症状が強く現れないと、

肺炎とはなかなか考えないものです。

 

肺炎の症状を決めつけてしまうと発見が遅れることもあるので

しっかり押さえておいて欲しい特徴です。

 

高齢者の場合、わかりやすい代表的な症状の頻度は低いのですが、

食欲不振や倦怠感、そして意識障害などの症状が現れやすくなります。

 

肺の炎症からの影響として現れる症状ですが、

特に意識障害は脱水が関係して起こりやすくなるの言われているので

注意しましょう。

高齢者のための肺炎の予防法

高齢者の命を奪う危険もある肺炎ですが、

肺炎を引き起こす1番の原因である誤嚥性肺炎は、

少しの意識で予防につなげることができます。

 

また、肺の炎症を起こさないための予防は常に意識として

持っておかなければいけません。

高齢者は特に積極的に取り入れて欲しい予防法を紹介します。

 

【高齢者の肺炎予防法】

1. 発症している病気からの影響を予防するためにも病気の治療に専念する

2. 脳梗塞や神経疾患のある方は特に肺炎予防に努める

3. 口内の細菌も誤嚥性肺炎の原因に!口内ケアも肺炎を防ぐ予防法

4. 規則正しい生活で免疫力を高めて炎症を防ぐ

5. 食事の際はゆっくり良く噛むことで誤嚥を防ぐ

6. 肺炎球菌ワクチンを接種する



スポンサーリンク






高齢者は肺炎を起こすと治らない?治る確率は?

高齢者は小さな衝撃でも体にかかる負担は大きくなります。

加齢とともに自然なことかもしれませんが、

治せる病気や症状はしっかり治して、毎日を楽しみたいですよね。

 

高齢者の死因原因の第二位にある肺炎は、様々原因から発症しやすくなりますが、

体力の衰えや内臓機能低下などから治る確率がどうしても下がってしまいます。

 

もちろん高齢者だから治る確率が低いというわけではなく、

全体で見ても死因の上位にある肺炎は、放っておくと若くても完治・改善できずに

一生症状に悩まされることもあります。

 

治る確率はどうしても高齢者の方が低くなってしまいますが、

高齢者が肺炎を発症する原因から予防法について知ることで

治る確率は高めることができます。

【関連記事】

汗が臭い女性必見!体臭の原因や対策と簡単に抑える方法!

ピアスでトラブル!しこりや肉芽が出来た場合の治し方は?

脇汗がひどい人必見!匂い対策や予防法、おすすめのグッズをご紹介!

熱中症の後遺症でめまいや頭痛が!治療や脳への影響は?



スポンサーリンク








最後に

高齢者が肺炎を発症した際に体にくるダメージは

大きくなってしまいます。

 

時に命の危険さえ生じることもあります。

発症からの治療には体力を要します。

 

出来ることなら避けたい肺炎は知識を身につけて

上手に取り入れられる予防法を習慣にすることが重要になるのです。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ