大安に葬式をしてはいけないの?通夜・告別式ならOK?

葬式関係の仕事をしている人以外で、

「葬式の手順に慣れている人」って中々いませんよね

 

人が亡くなるのも突然なことが多いですから、

いざ通夜・葬式・告別式を行う側になると慌ててしまいます。

 

そこで気になるものの一つが、「縁起」ですよね。

例えば結婚式は「大安」にすると良い、という言葉は聞いたことがあると思います。

では逆に葬式は、大安を避けた方が良いのでしょうか?

 

もし大安の日に人が亡くなってしまったら、

すぐに通夜や葬式、告別式を行うことは参列者に失礼なのでしょうか。

 

 

その場合、遺体を放置してでもそれらの行事を延期した方が良いのでしょうか。

色々考えすぎて、頭が痛くなってしまいますね。

 

今回はまず名前は聞くけどよく知らない「大安」の意味、

そして通夜・葬式・告別式の違いなども合わせて説明しますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






「大安」ってそもそも何?

出典:http://www.osohshiki.jp

大安の日に通夜や告別式・葬式をやっていいのか説明する前に、

まずはそもそも「大安」が何なのか説明します

 

カレンダーを見ると、各日付に小さく大安と書いてありますよね。

他にも仏滅や友引など、1日につき1個は何かが書いてあります。

実はこれらは全部「六曜」と呼ばれる、中国から来た占いの一種です。

 

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6種類があり、

曜日のように1日ごとにぐるぐると割り当てられて決められています。

 

日曜日の後は月曜日が来るように、

赤口まで来たらまた先勝から始まるということですね。

 

ただ6曜は旧暦で動いており、旧暦月の頭はある月は「友引」から、

ある月は「先負」からスタートなどと決まっているので、

今の暦と合わせると月の途中で若干順番が変わります。

ですが大きな変化はありません。

 

 

この六曜は、簡単に言えばその日何か行動するのに

運勢が「吉」か「凶」かという占いです。

 

 

先勝(せんしょう・さきかち)は

「先にやれば良い運勢が待っている」ということで、

午前中が吉、夕方が凶という意味です。

 

友引(ともびき)は「勝負事が引き分けになる日」ということで、

朝と夜が吉、正午は凶という意味です。

 

先負(さきまけ・せんぷ)は先勝と逆で、「慌てるとよくない」ということで、

朝は凶、昼と夜は吉という意味です。

 

仏滅(ぶつめつ)は「全てがうまくいかない」ということで、

1日中凶という意味です。

 

大安(たいあん)は逆に「すべてがうまくいく」ということで、

1日中吉という意味です。

 

赤口(しゃっこう・せきぐち)は火や血を表す赤の文字が表す通り、

「あまりよくない日」ということで、正午だけが吉、他は凶という意味です。

 

ちなみに、仏滅とあることから仏教と関係があると思われがちですが、

仏教とは全く関係ありません。

 

また、なんとなく神社っぽい決まりごとのように見えますが

中国から入ってきたので神社とも全く関係がありません。

通夜と葬式、告別式って何が違うの?①通夜って何をするの?

出典:http://www.shiminso.com

テレビなどで芸能人の誰かが亡くなったというニュースを見ると、

「告別式にはたくさんの人が…」「通夜は身内だけで…」

「葬式には外部からも500人が集まり…」など、

葬儀に関する行事の名前をいくつか見かけますよね。

 

え?葬式ってそんなにたくさんあるの?と頭が混乱してしまう人もいるかと思います。

では、通夜と葬式、告別式って何が違うのでしょうか?

 

まずは通夜から説明しましょう。

通夜は、基本的には葬式や告別式の前の晩に行う儀式です。

 

故人の家族や親類、親しかった友人が亡くなった方が安置してある家に集まり、

その夜は亡くなった方のすぐそばで寝泊まりをします。

個人の魂が悪い霊に連れ去られるのを防ぐという意味合いがある日本の風習の1つです。

 

また通夜に集まる人は「突然訃報の知らせが届いて慌てて駆けつける」体裁だったので、

昔は「普段の格好」というのが普通だったのですが、

現在は黒系のスーツやワンピースで来るのが常識です。

 

さらに通夜にしか来られない人、事情があり通夜が伸びて翌日になってしまった場合などは

喪服でも良いというマナーに変わりつつあります。

 

気になる方は、どういった服装で行けばよいか

通夜に参加する親類や知人に確認をすると良いですね。




スポンサーリンク







通夜と葬式、告別式って何が違うの?②葬式って何をするの?

 

葬式とは基本的には通夜の翌日に行うもので、

亡くなった方が無事成仏できるように行う宗教儀式のことです。

 

 

これは故人が信じている宗教によっても形式は異なり、

仏教式ならお坊さんに念仏を唱えてもらう、

キリスト教なら聖歌隊に聖歌を歌ってもらうなど、色々ありますです。

 

日本で最もメジャーなのは仏教式です。

お坊さんの読経、弔辞や弔電の紹介、ご焼香という流れは、

一度は体験したことがあると思います。

それが「葬式」と呼ばれる儀式の流れです。

 

ちなみにこの時の服装は喪服です。

例えば通夜の後にそのまま葬式に参加する場合は家に帰る暇がないので、

翌日の為に喪服やアクセサリーなどを通夜の場に持っていく人も多いです。

 

喪服と言えば、最近はレンタルの喪服も人気です。

服の値段だけ見ると意外に高いので、

「なんだ、3回も使えばレンタルより買った方が安いじゃないか」と思いがちです。

 

ですが喪服は1度着たらクリーニングに出さなければなりません。

そのクリーニング代がかなり高く、また手入れが悪いとカビてしまい、

喪服は黒いのですぐに分かってしまいます。

 

クリーニングや手入れの手間、さらに収納まで考えると、

 

いつでも新品を使うことができしかも手入れも不要、

収納場所に困ることもないということで、レンタルを使う人が増えています。

 

通夜と葬式、告別式って何が違うの?③告別式とは

告別式も、通夜の翌日に行うものです。

告別式は、家族や親類、友人が故人に最後の別れを告げるという儀式です。

 

こう書くと、「あれ?それって葬式でやったような…」と思いますよね。

そうなんです。告別式は通常、葬式の中に組み込まれています。

 

この2つは流れで一緒に行うことが多いですね。

ただ芸能人や有名人は参加する人数が多いため、分けることもあります。

 

告別式も喪服で参加するのが基本ですが、

最近は洋装スタイルの喪服ワンピースで参加する女性も多いですよね。

 

着付けが必要な着物と違い、着るのも脱ぐのも簡単で準備や片付けが非常に簡単、

しかも動きやすいことなどが理由で親しまれていますが、

見落とされがちなのがアクセサリーです

 

告別式や葬式に洋装スタイルで参加する時のアクセサリーは、真珠です。

悲しい場にキラキラ光る宝石類はアウトという感じがしますが、

真珠は「涙」を意味するので大丈夫です。

ただし、真珠の色は白、黒、グレーの中から選んでください。

 

また洋装は「アクセサリーを身に着けて完成する服装」とも言われているので、

つけた方が見栄えもよくなります。

 

アクセサリーはピアス(イヤリング)とネックレスが通常ですが、

ネックレスは一連のものが良いでしょう。

二連は「不幸が連鎖する」という意味合いを持つので、避けましょう。



スポンサーリンク






大安に通夜・葬式・告別式は行える?

出典:http://www.yamasou1919.co.jp

通夜・葬式・告別式の違いが分かったところで、本題に戻ります。

 

大安の日に通夜や葬式、告別式は行っても良いのか?についてですが、

まず冒頭で大安は昔中国から入ってきた「六曜」という占いの1つだと説明しました。

そして、仏教や神社、さらに言うならキリスト教とも全く関係がありません。

 

例えばアメリカで忌み嫌われている日づけ「13日の金曜日」に

日本で葬式をしたとしても全然問題ないですし、

日本人の多くは全く気にならないですよね。

 

それと同じように、

六曜はただの占いなので大安どころか

仏滅に葬式をしたとしても全く問題はありません。

 

 

ただし「友引」だけは火葬場がその日を定休日に設定していることが多いので、

施設の関係で葬式や告別式ができないところが多いです。

 

勿論友引に営業しているところも少ないですがあります。

 

ではなぜ今頃友引が定休日になっているかというと、

昔は日本では六曜が割と信じられていたので、

友引に葬式や告別式は縁起が悪いということで

火葬場は強制的に休みにして儀式を行えないようにしていました

 

現在は六曜も信ぴょう性が薄くなり縁起が悪いということはなくなったのですが、

 

火葬場にも定休日が必要なのでそのまま友引に当たる日を

定休日にし続けているというのが現実です。

【関連記事】

父の日2017年ギフトランキング!おすすめの贈り物をご紹介!

葬式の親族のマナーは?香典や服装・親族の範囲についても解説!

義祖父・義祖母の葬式には出席するのが常識?香典やマナーについても解説!

祖父・祖母の葬式には仕事を休み出席すべき?服装や香典のマナーについてもご紹介!



スポンサーリンク








最後に

 

「大安」というのは中国から来たただの占いの1つで、

仏教や神社、その他の宗教とは関係ありません。

 

 

その占いも、大安を除くと毎日どこかの時間帯が「凶」になっています。

6日間のうち5日間は運勢が悪いですよ、

なんて言われたらさすがにそれは言い過ぎだろう、と思いますよね。

 

ですから葬式に限らず、本当は結婚式や何かのイベントでも、

「今日は仏滅だから縁起が悪い」なんて思う必要なんてないんです。

 

 

結婚式などおめでたい行事を行う大安に葬式をやると、

「こんな日に葬式をやるなんて」とお客さんから思われてしまうと考えがちですが、

実際はそんなことはありませんし、勿論「友引」の日に通夜をしたところで

「亡くなった方に友達が連れていかれる」というのは迷信も良いとこです。

 

通夜や葬式、告別式で大事なのは、

故人がその由来すら知っているかどうかも分からない六曜よりも、

故人が信じている宗教や故人が望んだ「こういう式にしてほしい」というお願いです。

 

大安の日に通夜や葬式・告別式を行っても

失礼には当たらず全く問題はないので、安心して下さいね。



スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ