沢田研二と田中裕子に子供はいる?息子や現在の画像もチェック! 

歌手の沢田研二さんが、コンサート会場でブチ切れてニュースになってます。

こういったニュースでも大きく報じられるのですから、沢田研二さんの人気はまだまだ

あるといっていいでしょう。

 

そんな沢田研二さんが気になったので、今回は、沢田研二さんについて、

田中裕子との間に子供はいるのか・息子・現在の画像など、いろいろ調べてみました!

 




スポンサーリンク






 

沢田研二のプロフィール

出典:http://static.pinky-media.jp

本名:澤田研二(さわだけんじ)

生年月日:1948年6月25日(現在66歳)

出身:鳥取県鳥取市

身長:171cm

 

沢田研二さんは、若いころはかなり細身でかっこいい体型でしたが、現在の画像を

みると、かなり太ってしまったようです。66歳という年齢を考えれば、仕方のないことでしょう。

ただ、沢田研二さんは、66歳という年齢にもかかわらず、声がすごい出ていて歌手として

まだまだ現役といった感じです。

 

沢田研二さんの現在の活動を調べてみると、2014年に『三年想いよ』 というCDを発売して

いたり、音楽劇やライブをしたりとかなり忙しいようです。沢田研二さんは、現在もすごい人気で

ライブにも人がたくさん集まるそうです。昔ながらのファンが多いんでしょうね。

沢田研二さんは、60代になってからも何枚もCDを出していて、歌手として精力的に活動

しているのがすごいですよね。

 




スポンサーリンク







沢田研二の息子は何してる?

沢田研二さんは、1975年27歳の時に、ザ・ピーナッツの伊藤エミさんと結婚しています。

伊藤エミさんは、当時34歳だったので、沢田研二さんよりも7歳も年上だったことになります。

 

沢田研二さんには、1979年に子供が生まれています。息子さんで沢田一人(かずと)さんという

名前のようです。息子の沢田一人さんは、今年で36歳ということになりますが、芸能人では

なく音楽関係の仕事をしているそうです。ネットでは、沢田研二さんの息子は障害を持っている

といううわさがありましたが、全く証拠がなく単なるうわさに過ぎないと思われます。

関連記事:南果歩と渡辺謙の間に子供はいる?辻仁成との離婚理由や韓国も気になる!

沢田研二と田中裕子に子供はいる?

出典:https://hizen.nagoya

(田中裕子さん)

沢田研二さんは、1987年に伊藤エミさんと離婚しています。沢田研二さんは、女優の田中裕子さん

との不倫が報じられていて、別居状態だったそうです。離婚後1989年に沢田研二さんは、

田中裕子さんと再婚しています。二人はおしどり夫婦として有名で、現在でも仲がいいそうです。

 

田中裕子さんの本名は澤田裕子で、ひろこと読みます。芸名はゆうこで、本名と芸名で読み方を変えて

いるというのは珍しいですよね。沢田研二さんと田中裕子さんは、ザ・タイガースのコンサートで出会った

そうです。お互いにファンだったということなので、恋愛関係になってしまったのでしょう。

 

田中裕子さんと沢田研二さんとの間には、子供はいないとのことです。田中裕子さんは現在59歳なので、

今後子供のできる可能性は低いでしょう。田中裕子さんも沢田研二さんも、結婚当時から現在

に至るまで、売れっ子の芸能人で忙しかったでしょうから子供を作る暇もなかったのかも

しれないですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事:戸川昌子のゴミ屋敷を画像や動画でチェック!息子のネロについても!

 



スポンサーリンク








One Response to “沢田研二と田中裕子に子供はいる?息子や現在の画像もチェック! ”

  1. 真田幸村 より:

    私は、昭和48年に就職した人間です。
    当時、カラオケは無くてスナックへ行けば、ドラムとエレクトーンで曲を弾きお客さんがマイクで歌っている時代でした。最も私の出身地は、北海道ですから田舎です。
    就職先が北海道上川郡美瑛町ですから伊那の中の田舎でした。
    当時、バンドを職場の仲間と組んで居ました。
    私はドラムの担当でした。とても難しくて、中々うまく出来なかった事を覚えています。そんな中、スナックへ行って見るとドラムの担当とエレクトーンの担当が駆け落ちして、歌が歌えなくなって居ました。そこで私が叩くからエレクトーンの人を探してくれとスナックのマスターにお願いして、探して貰い何とか当時のカラオケがスタート出来ました。
    私の人生出発の曲は、沢田研二の勝手にシアガレでした。
    この曲には、特に思いが有ります。
    未だに歌いますが、解る人が少ないですね?
    時代を感じますね。

コメントを残す

サブコンテンツ