たけのこの冷凍保存期間や方法は?砂糖がいい?解凍方法は?

美味しい春の味覚であるたけのこ。

買うとなると高いですが、旬になるとたくさんたけのこが

いただける、採れる、という方もいらっしゃいますよね。

 

私の実家は毎年たくさんのたけのこをいただいているようで

たけのこが食べたくてもなかなか手が出ず水煮で我慢している

わたしは実家が羨ましくて仕方ありません(笑)

 

たけのこは栄養価が高く、効能としては

疲労回復、便秘や大腸がんの予防、高血圧や足のむくみなどをとる

効能があります。

 

そんなたけのこですが、掘り起こしてから

時間が経てば経つほど固くなりエグみを増してきます。

収穫後はすぐにアク抜きなどの下処理や調理を行なわなければ

おいしいたけのこは食べられないのです。

 

旬の時期になると大量の

たけのこをもらい困っている!という方にとって

それは大変なことですよね。

わたしの母も毎年困っていました。

 

そんなお困りの方々におすすめする保存方法は、

ズバリ「冷凍保存」です。

たけのこって冷凍できるの?と思った方!

実は砂糖を使えば冷凍保存は簡単に出来るのです!

 

では今回はそんなたけのこの冷凍保存方法から保存期間、解凍方法、

そして砂糖をどう使うのか、などを詳しくご紹介していきたいと思います!





スポンサーリンク







たけのこって冷凍保存出来るの?

面倒なアク抜きもして、下処理も完了したたけのこ。

しかし新鮮な状態で1本まるまる食べきるということは少し大変なことですよね。

 

また面倒だからと大量のたけのこの下処理をしてしまい、

新鮮な状態で食べようと毎日がたけのこ料理で飽きてしまった方も

多いのではないでしょうか。

 

とりあえず冷凍しよう!

とそのまま冷凍してしまうと大変です!

 

そのままの冷凍ではたけのこがスッカスカになってしまいますよ!

水分がなくなり食感がとても硬くなってしまいます。

またたけのこの風味もなくなってしまうのです。

 

しかしきちんとしたたけのこの冷凍保存方法を知っていれば

もうたけのこをもらいすぎてしまっても、

大量にたけのこの下処理を行ってしまっても怖くありません!

 

たけのこの食感をまもりながら冷凍する保存方法が存在するんです!

春の味覚であるたけのこを無駄にしないためにもたけのこの冷凍保存方法を

今のうちに身につけておきましょう!

 

まずは基本的なたけのこの冷凍保存方法を紹介します。

 

たけのこのアク抜きをします。

たけのこを1センチくらいにスライスします。

水気をしっかりきり、真空パックなどの保存袋に入れて冷凍します。

 

意外と簡単ですよね!

たけのこの水煮を冷凍する場合はたけのこのアク抜きのあとに茹でてください!

あとの手順は基本と同じです。

 

たけのこの下処理などが面倒なかたはこのような水煮を購入すると

下処理をする手間が省け、また京都産の美味しいたけのこを食べることが出来るので

時間がない方などにおすすめです♪

 

たけのこは真空パックに入れたら平らに入れてくださいね!

 

こちらの商品のように厚手で大きめの真空パックをおすすめしています!

この後に紹介しますが解凍でレンジを使用する際にそのままレンジで

使うことが出来るのでとても便利な商品だと思います。

 

では次は砂糖を使った保存方法のやり方です!





スポンサーリンク







たけのこの冷凍には砂糖を使う保存方法がいいってほんと?

たけのこの冷凍保存方法はいくつかあり、中でも砂糖を使った保存方法が

一番いいと言われています。

 

砂糖を使って冷凍する保存方法だと、

たけのこから抜け出してしまう水分を砂糖がキャッチし、

たけのこの中に閉じ込めておいてくれます。

そのため、新鮮なままのシャキシャキ食感が残るのです。

 

ではそんな砂糖を使ったたけのこの冷凍保存方法をご紹介していきます!

 

用意するものは

アク抜きしたたけのこ(300g)

砂糖

密封保存袋

ストロー

です。

どれもご家庭にあるものなので簡単にできちゃいます。

 

続きまして手順です。

アク抜き済みのたけのこを下茹でし、水で冷まします。

たけのこを1センチくらいの薄さにスライスします。

砂糖大さじ1をたけのこにまぶします。

密封保存袋に砂糖をまぶしたたけのこを入れ、ストローで

しっかりと空気を抜いてから冷凍庫で保存します。

 

たったコレだけです!

たけのこ200~300gに対し砂糖は大さじ1杯位使用します。

冷凍保存したいたけのこが多く、一キロのほど冷凍保存する場合だと

大さじ3,4杯はまぶしましょう。

 

砂糖をたけのこにまぶしたら砂糖の粒がなくなるまでしっかりなじませてください。

ふりかけただけだと砂糖がたけのこに染み込まない状態で冷凍されてしまい

水分が抜け、パサパサになってしまいます。

 

たくさん砂糖を使って甘くならないのかと不安になると思いますが、

解凍してみると甘さが消えています。

そのかわり風味がましてとても美味しくなっているんです!

 

それでも甘さが気になるという方は解凍した際に水分に浸しておくと

気にならなくなると思います。

また冷凍保存期間が長くなればなるほど砂糖の甘さがなくなります。

 

砂糖の種類はなんでも大丈夫です!

水分を保つという役割はどの砂糖も変わりはないので

黒砂糖でも白砂糖でも好みで変えても効果は一緒です。

 

こちらの黒砂糖はミネラルやカルシウムが豊富に含まれているので

健康生活にも役立ちます。

私は健康を考え、白砂糖よりも黒砂糖を使うことをおすすめします♪

たけのこの冷凍保存方法の注意点!

密封保存袋のような厚手の袋で冷凍してください。

薄手の袋だと袋が破けてしまう恐れがあり冷凍焼けしてしまい

冷凍庫の細菌がたけのこに入ってしまう危険性があります。

 

なるべく1センチ以下の厚みにしましょう!

薄めにスライスすることで冷凍しやすく、水分が抜けにくいのです。

また砂糖を使った保存方法の場合はカットすることによって

砂糖の働きがたけのこの奥まで浸透するのでみずみずしく

保存できます。

 

たけのこを切らずに冷凍した場合、砂糖の働きが

たけのこ全体に行き渡らないため水分が抜けスカスカになります。





スポンサーリンク







たけのこを冷凍した場合、保存期間はどのくらい?

冷蔵保存だとしっかりと下処理を行い、毎日水を取り替えていても

保存期間はだいたい一週間から10日程ですが

たけのこを冷凍保存した場合、保存期間は1ヶ月になります。

 

一ヶ月を目安に使い切りましょう!

一ヶ月以上経つと冷凍焼けを引き起こしてしまう可能性があり、

水分が抜けスカスカになる場合があります。

 

また、保存期間内である一ヶ月以内であっても

調理する時は変な匂いや、見た目に変化がないか、などはしっかり確認してください。

 

半年や一年ほど冷凍保存している方もいらっしゃると思いますが、

風味や食感がなくなり、また冷凍庫の中でたけのこが

酸化してしまうので商品が傷んでしまいます。

 

美味しい冷凍たけのこを食べるのでしたら

一ヶ月以内にしてくださいね!

冷凍保存したたけのこの解凍の仕方!

特別な解凍方法はなく、自然解凍などは必要ありません!

調理工程で冷凍のまま加えてください!

時短料理にもってこいですよね♪

 

もちろん冷蔵庫に入れての自然解凍や電子レンジで解凍するのもありです!

電子レンジで解凍する際は加熱しすぎないように注意しながら行ってください。

解凍機能がある電子レンジの場合は解凍ボタンを押すだけでいいと思います!

関連記事:ローストビーフが生焼けの見分け方や対処法!食べたら食中毒になる?

冷凍たけのこのオススメレシピ!

冷凍したままでたけのこは使え、カットもされているので

時間がない方にはうれしい冷凍たけのこ!

そんな冷凍たけのこにオススメのレシピをご紹介します!

 

冷凍たけのこのメンマ

1.冷凍したたけのこをそのままフライパンへ

2.中華だしを加え水分を飛ばしながら炒めます

3.水分が飛び、焦げ目がついてきたらラー油やコマ油を一回しかけて完成!

 

冷凍たけのこでたけのこご飯

1.米を二合分洗って水気を切っておく。

2.油揚げを薄切りにする

3.炊飯器に水気を切った米と酒大さじ1、醤油大さじ1、

塩ひとつまみ、昆布一枚を入れる

4.2合分までの水を入れ、30分ほど吸水させる

5.冷凍したけのこを吸水後、油揚げと一緒に炊飯器に入れ、炊く。

関連記事:かぼちゃが固い!切れない時はレンジがいい?丸ごとの場合は?





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたか?

春になると出回るたけのこ。

冷凍保存の正しいやり方を身に着け、

いままで下処理や保存方法でお困りだった方などは

ぜひ今回の記事を参考に挑戦してみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事:鶏ハムで食中毒を予防するには?温度や加熱時間について詳しく解説!





スポンサーリンク


サブコンテンツ