歓迎会の服装を女性男性別に解説!ホテルや居酒屋など場所別にご紹介!

春になると、歓迎会のシーズンがやってきますよね。

新入社員として、もしくは新しい部署になってなどなど、

歓迎されると同時に、自分を紹介する最初の場にもなります。

 

そんな大事な歓迎会だと、着ていく服装に悩んでしまうということもあるでしょう。

歓迎会では挨拶するシーンもよくあるとは思いますが、

そうなれば、服装は全員が注目することになるでしょう。

歓迎会が開催される場所に合わせたコーディネートで、

周りから浮かない服装を心掛けたいですよね。

 

また、たくさんの上司の目もありますので

オシャレであれば良いというわけでもなく、派手すぎる服装もあまり良くありません。

考えれば考えるほど難しくなってしまう歓迎会の服装について、

今回は、女性男性別、ホテルや居酒屋などの場所別に詳しくご紹介していきます。





スポンサーリンク







歓迎会における男性の服装!ホテルや居酒屋の場合で違う?

歓迎会における男性の服装の基本は、やはりスーツです。

歓迎会前に先輩や同僚に聞いておくと安心です。

特に、ホテルでの歓迎会の場合はスーツで行くのが常識です。

 

新卒、あるいはそれに順ずるような若い男性であれば、

就職活動で使用したリクルートスーツを着ていけば、外すことはありません。

ただ、ネクタイや小物類まで就職活動用にしてしまうと地味になりやすく、

ホテルや居酒屋の賑わいの場では少し埋もれてしまうことがあります。

 

少しオシャレを意識したネクタイやネクタイピンを用意しておくと、

歓迎会にぴったりのコーディネートをすることができるでしょう。

 

ただ、再就職などで少し年齢が上がってくると、

リクルートスーツでは「社会経験が未熟」だと思われてしまうこともあります。

そういう場合はリクルート用ではない、グレーやネイビーのようなスーツを着ていくと、

社会人らしい存在感をアピールできるはずです。

 

男性の場合スーツが基本ではありますが、

企業によっては、仕事も私服でOKというようなところもあるでしょう。

そういった企業の歓迎会は、スーツなどの服装の指定がないことも多いようです。

そんな中スーツを着ていくと逆に浮いてしまいますので、

普段の自分のコーディネートにジャケットを合わせたような

軽いフォーマルを意識した服装にすると良いでしょう。

 

ニットタイ

最近流行になっている、ニットタイです。

カジュアルになりすぎないまま、オシャレさを演出することが可能です。

 

チャレンジしやすい無地のものから、

ボーダーやドットなど、様々な種類から選ぶことができます。

価格も1本1000円程度とお手頃ですし、

家で洗うことができるのも嬉しいですよね。

 

細身ネクタイ

最近のスマートタイプのスーツにぴったり合う細身のネクタイです。

3本セットで非常にお得な商品となっています。

しかし、結び目も綺麗に仕上がる上質素材ということで、

コストパフォーマンスがかなり良いです。

 

特に、居酒屋での歓迎会の場合、

少しくだけた雰囲気になりやすいですので、

かっちりフォーマルにしていくと、周りとの雰囲気にギャップができてしまいます。

派手すぎないようなカジュアルフォーマルを目指しましょう。

 

NGな服装としては、ジーンズや半ズボン、Tシャツやスウェットなどの

カジュアル過ぎる服装です。

ただ、常識的に考えればそういった服装が良くないのは分かるはずです。

歓迎会は、あなたを主役にして開いてくれた会です。

主役がそんなラフな格好では、失礼にあたりますよね。





スポンサーリンク







歓迎会における女性の服装!場所別にご紹介!

女性の場合も、歓迎会の服装の基本はスーツです。

しかし、開催される場所によってはスーツ以外で参加する方がいい場合もあるので、

具体的に紹介していきます。

 

多くの場合、歓迎会は仕事終わりに居酒屋で行うことが多いと思います。

しかし、会社の規模が大きい場合や参加者が多数の場合は

ホテルの1室を貸し切って行うことも珍しくありません。

 

ホテルでの歓迎会ではスーツを着ていれば外すことはないでしょう。

ただ、会場がホテルだからといって髪型を普段より盛ったりして

華やかなムードを出すのはよくありません。

結婚式のようなイメージで歓迎会に出席してしまうと、

冷たい目線を向けられる可能性もあるので気をつけましょう。

あなたが主役とは言え、これからその部署で働く新人としての謙虚さを持ちましょう。

 

また、ホテルでの歓迎会ではワンピースを着ていくという方も多いです。

スーツだと肩も凝りますし、

会社によっては私服で参加するのが普通という場合もあります。

変に私服でオシャレを頑張るよりも、ワンピースを着ておく方が無難です。

清楚な印象も与えられますので、おすすめですよ。

 

フォーマル ワンピース

単色でフォーマル感のあるワンピースです。

着丈と袖丈を選べるので、会場や季節に合わせたものを選べます。

 

カラーもベージュやピンクの明るい物から

ネイビーやブラックのような暗い物までありますので、

自分の持っている小物に合わせて選ぶのも良いでしょう。

 

バイカラーデザイン ワンピース

少しカジュアル目のワンピースが欲しいならこちらがおすすめです。

ブラックを基調にしたフォーマルさの中に、

バイカラーのフリルが可愛らしさを演出しています。

 

ただ、肌の露出が多すぎるのも問題なので、

袖のないワンピースの場合には、ジャケットを羽織ったりしておくのが良いでしょう。

 

居酒屋の場合でもワンピースでOKです。

スーツでも良いですが、周りの方の服装を事前に確認しておくと安全です。

居酒屋でも歓迎会の場合、会社によってはかなりラフな格好で行われる場合もあります。

どのくらいカジュアルで良いのかを近い先輩に聞いておきましょう。

 

また、居酒屋の場合座敷での飲食が予想されます。

スーツで行くなら、スカートよりはパンツスタイルがおすすめです。

また、素足を見せるのは失礼に当たるという意見もありますので、

パンツスタイルでもスカートでもストッキングを履いておくのが無難です。

関連記事:バーベキューの持ち物!女子や子連れの場合は?あると便利な持ち物もご紹介!





スポンサーリンク







歓迎会のマナー!好感を持たれる振る舞いは?

歓迎会の服装を押さえたら、あとは当日の振る舞いを大切にするだけです。

歓迎会では必ず主役であるあなたの挨拶があると思いますので、

その内容は簡単にでも考えておきましょう。

凝った内容は必要ありません。

歯切れ良く簡潔に話せるようにしておきましょう。

 

また、歓迎される側でも、先輩方の飲み物や食べ物に気を配ることを忘れてはいけません。

周りのグラスが空に近づいてきたら、

「何を飲まれますか?」と一声かけるだけでも、印象がかなり違います。

 

もちろん、歓迎会に遅れるなんてことはもっての外です。

必ず時間前に会場に行き、上司などがまだ到着していなければ会場の外で待ちましょう。

 

会場の中でも上座下座の意識を持ち、

勝手に上座に座るようなことのないように気をつけてください。

会場によっては判断が難しいこともありますが、

基本的には入り口に近い席が下座、入り口に遠い席が上座です。

 

主役の座る位置が決まっていることも多いですが、

その場合もまずは一番入り口に近い席に座るようにし、

「こちらへ」と言われてから上座の方に移動するようにするのがスマートです。

 

あとは積極的に話をするようにしましょう。

歓迎会は、あなたという人となりを広く知って貰うための交流の場です。

無口でいるとそれだけで「無愛想な人かな」という印象を与えてしまいます。

お酒の力を借りてでも、たくさんの人と話をするようにしましょうね。

関連記事:ディズニーランドにお金はいくら必要?予算の平均は?日帰りと泊まりについて解説!





スポンサーリンク







最後に

歓迎会の服装には必ずこうするべきというルールはありませんが、

その後もその職場で働き続けるわけですから、

同僚や上司、先輩などの心象も良くしておきたいところですよね。

 

しかし、あくまで歓迎会は自分のことを知ってもらう場ですので、

結局は当日のあなたの振る舞いにかかっていると言えます。

服装にあまり神経質になるよりも、

今回紹介した内容を参考にしながら無難な服装を早めに決めて、

当日の挨拶の内容や交流に神経を使うのが良いでしょう。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?





スポンサーリンク


サブコンテンツ