就職祝いの相場!甥・姪や兄弟・友人についても詳しく解説!

卒業を迎え春がやってくると新社会人の始まりです。

ご親戚の中でも就職の報告を受ける機会が多くなり

そこで気になるのは皆さん「就職祝い」ではないでしょうか?

 

就職祝いの相場など皆さんご存知でしょうか?

甥や姪、兄弟や友人など関係性によって

変わってくるのかも気になりますよね。

 

今回は就職祝いについて詳しく解説していきます!

ぜひ参考にしてみて下さい。





スポンサーリンク







就職祝いの相場とは?

早速気になる就職祝いの相場をご紹介します。

 

まず就職祝いに限らずですがお祝い事と言われる

入学や結婚、出産や長寿などの節目の際に三親等までは

お祝いを贈る事がマナーとされています。

 

三親等までとは

ご両親(一親等)

兄弟・姉妹(二親等)

伯父伯母・叔父叔母(二親等)

(ニ親等)

甥・姪(三親等)

 

3親等以上のご親戚に関してはお付き合いの深さで

どうするかを判断していいかと思います。

 

就職祝いの相場は5000円~50000円!

 

相場という割に幅が大きいのはなぜでしょうか?

それはご自身の立場から見た時に贈る相手が

誰かによって金額の相場が変わってくるからです。





スポンサーリンク







就職祝いの相場、甥・姪や兄弟・友人はどうなる?

では贈る相手別に就職祝いの相場を見ていきましょう。

 

甥・姪へ就職祝いを贈る場合

甥っ子や姪っ子への相場は10000円~20000円です。

 

男女で金額に差を付ける必要はありませんので

親族同士で合わせている方も多いようです。

 

兄弟・姉妹へ就職祝いを贈る場合

兄弟・姉妹(義兄弟・義姉妹)への相場は

20000~30000円です。

 

しかしこちらの金額はあくまで相場と考えあなたが

学生であるなどまだ収入が少ない場合家族であればお財布事情を

理解してくれると思うので無理のない程度に気持ちを

伝える額として5000~10000円にされる方もいるようです。

 

友人へ就職祝いを贈る場合

友人の場合は三親等内ではないので贈らなければ

いけないわけではありませんが相手から貰っていた場合や

付き合いが深い方だと贈りたい方もいますよね。

 

友人へ就職祝いを贈る場合の相場は

5000円~10000円です。

 

友人の場合は現金を贈るよりも社会人として

役に立つ品物を選ぶと相手へ負担も与えず

喜んで頂けるかと思います。

 

新生活に使って頂けるパスケースや目覚まし時計、

高級なボールペン、ハンカチなどがオススメです。

 

男性にはネクタイ、女性にはアクセサリーなどもいいですね!

しかし就職先によっては活躍しないアイテムもあるかもしれませんので

そちらも含めプレゼント選びをする事が大切です。

 

せっかくボールペンをプレゼントするなら

名前入りの一生ものを選びませんか?

 

こちらの商品はなめらかな書き心地と

手へのなじみが最高と大人気の商品です!

カラーも3色、名入れも様々な書体から選べるので

こだわりの一品を贈る事ができちゃいます。

 

どんな職種にもオススメなので迷った時にはぜひ!

 

スーツを着用する就職先なら就職祝いに

やっぱりネクタイは喜んで貰えるプレゼントの定番!

 

こちらの商品は、カラーは落ち着いていながらも

どんな場面でも存在感を表しスーツ姿に輝きを与えてくれます。

 

ラッピングパッケージはヴィヴィアンネクタイ用で

貰った方に喜んでもらえる事間違いなし!

 

ハンカチを選ぶならこちらはどうでしょうか?

オシャレなデザインに機能性を備えたこちらの商品は

年中気になる紫外線から100%遮光で守ってくれます!

 

女性なら貰った方は必ず重宝する一品です。

もちろん肌触りも良くハンカチとしても大活躍!

 

贈る方に合ったカラーを選びラッピングもお任せです!

 

名刺入れは社会人にとって大活躍の一品です!

牛皮製のこちらは男性にも女性にも使用する事が

出来、色が揃っているのでお気に入りを見つけましょう。

 

作りもとてもしっかりとしていて忙しい新社会人には

とっても嬉しいメーンポケットとは

別にポケットが3か所用意されています!

 

貰った名刺は別に入れ突然の名刺交換にも

慌てずスマートに対処ができちゃいますよ。

 

自分の子、それ以外の親戚へ就職祝いを贈る場合

自分の子に贈る場合は30000円が相場と言われ

他にもあなたが祖父母にあたる孫への相場は

50000円とちょっとお高めになっています。

 

それ以外にも三親等ではないものの

付き合いの深さではいとこに渡す方場合も多く

その場合は5000円~10000円が相場になります。

関連記事:就職祝いのメッセージの例文!友達・後輩や彼氏・彼女など相手別にご紹介!





スポンサーリンク







就職祝いのマナーを知ろう!

ご祝儀袋のマナー、現金のマナー、贈る時期のマナーなど

他人にはなかなか聞けないマナーをご紹介していきます。

 

ご祝儀袋は何を使う?書き方は?

(外袋)

・水引の蝶結びで紅白の祝儀袋を使う

・「御就職祝」「祝御就職」と表書きをし

下段に自分の名前を書く

 

冠婚葬祭と何かと多い封筒への名前書きには

こちらが一つあると今後大活躍してくれること間違いなしです!

 

スタンプ台不要のこちらは封筒への名前書きが必要に

なった時にはポンと押すだけ簡単にできちゃいます。

行書体、楷書体と選べるオーダーメイドでありながら

お値段も手頃!字が苦手な方には嬉しい一品です。

 

見出しがついていて上から真っすぐ押すタイプなので

どなたでも簡単に使用する事ができるのも嬉しいですね。

 

(中袋)

・表面中央に「金(漢数字)萬円」で金額を書く

漢数字

一→壱

二→弐

三→参

五→伍

七→七

八→八

十→拾

万→萬

と記載しましょう。「例:金 参萬円」。

上記を見て頂いて分かるように「4」「9」の数字は

現金や商品券を渡す場合には避けて下さい。

 

・裏面左下にご自身の住所と氏名を書く

 

こんな素敵なご祝儀袋はいかがでしょうか?

せっかくの就職祝いなので形に残るもので渡しませんか?

 

ご祝儀袋としてお金を包むができるのはもちろん!

中身を出した後には小さめの風呂敷や

ハンカチとしてご利用いただけるので貰った後も

思い出が残る渡した側も貰った側にも嬉しいご祝儀袋です。

 

見た目もとっても可愛いので喜ばれる事間違いなしですよ!

 

就職祝いの為の現金のマナーとは?

お札は新札を使い表向きで入れましょう。

お祝い事には新札を準備される方が多いと思いますが

これは「事前にあなたのために準備したものです」という

心遣いを表す為と言われています。

 

マナーとしてお祝い事はお札を表向きに不祝儀は

お札を裏向きに入れるとされています。

中袋の表側にお札にある肖像画がくるようにしましょう!

 

就職祝いを贈る時期とは?

就職祝いを贈るタイミングとして一般的には

入社日や入社した後と言われていますが

現代では就職に伴い故郷を離れるケースや

1人暮らしを開始する方も増えています。

 

特に1人暮らしを予定している方にはぜひ

必要なものを購入する際に使って頂けたらと思うので

3月中に渡す方も増えているようです。

 

就職するための準備費用に使って頂くことを考えると

入社2週間前に渡しておくと相手にも喜ばれそうですね。

関連記事:就職祝いのお返しの相場やおすすめの品物!のしなどのマナーについても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は就職祝いの相場についてご紹介しました。

 

贈る相手が甥・姪や兄弟・友人などにより

相場が変わってくる事はびっくりしましたが納得です!

 

三親等までには就職祝いを渡すのがマナーと

お伝えしましたが付き合いのない親戚には必要か

気になる事があれば親族内でどうなっているかなど

相談してみるといいかと思います。

 

金額も相場をご紹介しましたが例えば

贈る相手が一人っ子の場合は親御さんの気持ちを汲み

相場にとらわれず少し金額を多めに入れてあげると

角が立たず相手にも喜んで貰えるかと思います。

 

就職祝いを用意するにあたり気を付けるべきマナーも

あるのでぜひ準備の際には参考にしてみて下さい。

 

春になる新社会人たちが素敵な時間を過ごせるように

お祝い事はしっかり行っていきましょう。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク


サブコンテンツ