エイプリルフールのルール!時間は午前中だけ?嘘は叶わない?

4月1日と言えば、みなさんもご存じの通り、エイプリルフールです。

1年の中で唯一この日だけは嘘をついてもいい日という認識があると思います。

毎年その日のために、試行錯誤した嘘を考えている人もいるのではないでしょうか。

 

実はこのエイプリルフールには、

時間に関するルールや意外な由来があるというのをご存じでしょうか。

みなさんはそのルールを守ってエイプリルフールを楽しんでいましたか?

また、エイプリルフールについた嘘は現実には叶わない、

なんてジンクスもよく耳にしますよね。

 

今回は、エイプリルフールのルールを詳しく解説していきます。

知らないという方はぜひエイプリルフールがどのようなものなのか、

知ってからその日を迎えると、一段と楽しいと思います。





スポンサーリンク







みんな知ってた?エイプリルフールの由来!

1年の中でこの日だけは嘘をついても良い、と言われているエイプリルフール。

みなさんは、なぜエイプリルフールがあるのかご存じですか?

普通に考えると、嘘をつくことは悪いこととされているのに、不思議ですよね。

 

実はエイプリルフールについて調べると、その由来は諸説あり、

明確にされているものはありません。

エイプリルフールは謎に包まれているのです。

 

諸説ある由来の中でも、有名なものをいくつかご紹介していきます。

一番有力とされている説が、フランスでの話です。

16世紀頃のヨーロッパでは、3月25日が新年の始まりとされており、

その日から4月1日まで新年を祝うお祭りが行われていました。

 

しかし、ある時、フランスのシャルル9世という国王が、

1月1日を新年とする新しい暦を決めました。

いきなりの変更に怒った国民は、

4月1日を嘘の新年として騒ぎ立てるようになったのです。

 

フランス国王に対する反発として、

国民は嘘の新年にばか騒ぎをするという行為を始めたのですが、

フランス国王は憤慨し、騒ぎ立てていた国民を処刑していきました。

 

フランス国王を許せなかった国民が、この悲惨な事件を忘れないようにと、

その後も4月1日を嘘の新年として定着させていったのです。

それが、エイプリルフールの始まりという説が最も有力なのです。

 

その他に、インドでの説もあります。

昔、インドの修行僧は3月25日から31日まで修行を行っていました。

修行が終了すると、僧達は俗世に戻ってしまうため、

それをからかうように4月1日に「揶揄節」という行事をお寺で行っており、

後にヨーロッパに伝わり、広まったとされています。

 

日本にエイプリルフールが伝わったのは江戸時代と言われています。

江戸時代には、4月1日を不義理の日と言われており、

嘘をついていたことを詫びる日としていたようです。

 

現在考えられているエイプリルフールと少し違う意味合いがあったようですが、

それいまの形になったのは大正時代になってからのことだと考えられています。





スポンサーリンク







エイプリルフールにルールはあるの?嘘をついていい時間は午前中だけって本当?

嘘をついてもいい日と言われているエイプリルフールですが、

その時間についても実は謂われが存在します。

 

まずは、嘘をついても良いのは4月1日の午前中の時間だけというルールです。

これはイギリスのある記念日から由来しているものです。

イギリスでは国王に忠誠を誓うというイベントを4月1日に行っていました。

 

それが、オークアップルデーというものなのですが、

その日の午前中は、樫の実を衣服につけて歩くという習慣があり、

樫の実を付け忘れて歩いている人を見ると、みんなでからかっていたようなのです。

 

しかし、午後になるとからかったことを謝り、お互いを許し合います。

この風習が4月1日のエイプリルフールと重なったため、

今では午前中の時間は嘘をついて良いが、

午後になるとネタばらしをして謝るというルールに繋がっているとされています。

 

その他には、相手を傷つけたり、損害が伴う嘘はつかないというルールです。

これは、人のモラルとして当然とも言えますが、一番やってはいけないことですよね。

 

嘘にも限度がありますし、相手に不快な思いをさせては、

せっかくの楽しいイベントが台無しです。

ネタばらしをして笑顔になれる嘘をつくのがいいと思います。

 

また、嘘を嘘でやり返さずに、笑って許すというルールも広まっています。

嘘をつかれてダマされると、悔しい気持ちになるかもしれませんが、

上手な嘘をついた相手を称える寛大な気持ちでいることも大切ということですね。

 

これらのルールは、基本的に人としてのマナーからきているものです。

当然と言えば当然なのですが、度を超えた嘘や、

相手を不快な気持ちにさせるような嘘をついてしまっては、

相手との関係も悪くなってしまい兼ねません。

必要最低限のルールを守った嘘をつくのが良いと思います。

 

ただ、起源や由来が明確ではないように、エイプリルフールに厳密なルールはありません。

午前中についた嘘をネタばらししなかったり、時間を守って嘘をつかなかったとしても、

その当人同士が楽しめればそれでOKなのです。

肩の力を抜いて、エイプリルフールを楽しみましょう。

 

世界のエイプリルフールジョーク集

エイプリルフールに何か面白い嘘をつきたい!考えている人も多いと思います。

この本には、世界各国のエイプリルフールのジョーク集が多数書かれています。

ぜひ、エイプリルフールのネタ作りの参考にしてみてください。

 

ブーブークッション

言わずと知れたジョークグッズの王道です。

エイプリルフールは、普段は使いどころのないこういったジョークグッズを

使って楽しめる数少ないイベントだと思います。

仲間内で軽いジョークの1つとして、忍ばせてみるのも面白いと思います。

関連記事:ディズニーランドにお金はいくら必要?予算の平均は?日帰りと泊まりについて解説!





スポンサーリンク







エイプリルフールについた嘘は叶わない?

エイプリルフールのルールの中には、

その日についた嘘は1年間叶わないというジンクスのようなものもあります。

ジンクスなので、必ずしもそうとは限りませんが、

エイプリルフールについた嘘は1年間叶わないと言われているのには、根拠があります。

 

それは、人間の深層心理から来ているもので、

そもそも人が嘘をつくというのは、多くの場合、あり得ないと思うことなのです。

さらに、嘘というのは、本音が出やすいものでもあります。

人間は本当のことを言うよりも、嘘をつく方が気軽でかつ言いやすいのです。

 

ですから、エイプリルフールでつく嘘は、その機会に嘘というベールを包みながらも、

深層心理では本音であることが多いということです。

 

例えば「彼女ができた」という嘘を友達についたとします。

言った本人は、相手があり得ないことだと驚くと予想して嘘をついているわけです。

 

しかし、嘘をついている一方で、

本当に彼女がほしいと思っている潜在意識が加わっているというのも事実です。

つまり、エイプリルフールにつく嘘は、

きっと叶わないだろうと思っているということの現れでもあるのです。

 

宝くじが当たったという嘘もよくありますが、それもこの理論が成立するわけです。

もちろん、このジンクスは100%言い切れるものではありませんが

心理学的な観点から考えて、エイプリルフールについた嘘は叶わないことが多いようです。

ただあまり深く考えずに、みんなが笑えるような楽しい嘘を考え出したいものですよね。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?





スポンサーリンク







最後に

エイプリルフールは全世界で共通しているイベントの1つです。

しかし、その由来やルールに明確なものがないというのも不思議ですよね。

最近では、大手企業やSNS上でも、

エイプリルフールを一大イベントとして行っている様子が多く見受けられると思います。

 

エイプリルフールに嘘をついてみんなで楽しく話題にできるのはいいですが、

周囲に迷惑をかけたり、傷つけたりしてしまっては元も子もありません。

エイプリルフールは、必要最低限のルールを守って、楽しむのが良いのではないでしょうか。

午前中についた嘘は午後にはネタばらしをし、

嘘をつくときは1年間叶わないとしても後悔しないものを選ぶと良いかも知れませんね。

関連記事:忌中の期間にしてはいけないことは?飲み会や結婚式に出席してもいい?





スポンサーリンク


サブコンテンツ