イースターのうさぎの意味や理由!なぜ卵が出てくるの?

日本ではあまりメジャーではありませんが、

キリスト教にはイースターというお祭りがあります。

イースターエッグという言葉くらいは聞いたことがある方も多いかと思いますが、

イースターのお祭り自体についてはその実態や意味が

よく分からないのではないかと思います。

 

また、イースターではうさぎが大切な動物として扱われており、

街中にはうさぎをモチーフにした様々なアイテムが並んでいます。

 

今回は、イースターというお祭りの実態、

よく出てくるうさぎや卵の意味や理由について解説していきます。

あまり祭り自体に参加することはないかも知れませんが、

なぜイースターエではうさぎや卵がよく出てくるのか、

その理由と意味を大人の常識の1つとして知っておくのも良いでしょう。





スポンサーリンク







イースターってなに?いつ行われる?

まずはイースターという文化そのものについて解説していきます。

イースターとは、復活祭とも呼ばれており、

イエス・キリストの復活を祝い、記念する日になります。

 

日本においてキリスト教のお祭りと言えばクリスマスが一番有名ですが、

実際のキリスト教徒の間では、このイースターという祭りの方が重要視されています。

キリスト教のイベントの中でも、歴史が最も古いと言われています。

 

キリスト教では、イエス・キリストは十字架に6日間縛られた後、一度息を引き取ります。

息を引き取ったのは金曜日でしたが、

翌日は土曜日でその当時は安息日という活動が非常に制限されていた日でもあったため、

その日のうちにイエス・キリストは埋葬されました。

 

しかし、その3日後の日曜日の朝に

イエス・キリスト埋葬地から消え、復活を遂げたと言われています。

この逸話を元に、キリスト教徒ではイースターとして祝っているということなのです。

 

そのため、イースターの本祭は日曜日に行われます。

具体的には春分後の最初の満月の後に来る最初の日曜日とされています。

しかし、月の満ち欠けは年によって最大で1ヶ月ほどずれが生じるため開催日の幅は広く、

3月22日から4月25日の間になります。

 

ちなみに2017年は4月16日、2018年は4月1日がイースターになります。

イースター本祭の日曜日はイースター・サンデーと呼ばれ、

前日の土曜日はイースター・サタデー、

前々日の金曜日イースターフライデーと呼ばれます。

翌日の月曜日も同様にイースター・マンデーと呼び、その4日間が祝日となります。

 

学校や会社も休みになることが多いようです。

日本で言えば、ゴールデンウィークのようなものでしょうか。





スポンサーリンク







イースターになぜうさぎが出てくる?由来と意味を解説

イースターでは、うさぎがよく取り上げられます。

続いては、なぜイースターでうさぎが出てくるのか、

その理由と意味とについて解説していきます。

 

これを紐解くには、まずはイースターの言葉の意味を考える必要があります。

イースターは大体4月にその日を迎える、春を司るイベントとも言えます。

そのため北欧神話における春の女神Eostre(イーストレ)が名前の由来とされています。

同時に、Eostreは繁殖や生殖といった命を司るとも言われていました。

 

一方で、うさぎは一年に何度も子供を産むことから、

命のシンボル、豊穣としての縁起ものとして考えられており、

Eostreの使いとしての神聖な動物(あるいは化身)としても扱われていたのです。

そのため、Eostreが由来となったイースターでも、

象徴的な動物としてうさぎが用いられるようになったと言われています。

 

今でも、イースターの時期にはイースターバニーという

うさびのオブジェやぬいぐるみなどが売られており、人気も高いです。

 

また、イースターとうさぎの関係については諸説ありますが、

その1つは、イエス・キリストの復活を目撃したうさぎが、

その事実を人々に伝えるために色のついた卵を産み、アピールしたというものです。

この卵が、いわゆるイースターエッグの始まりと言われています。

 

また、うさぎは月とも関係が強いとされていました。

日本でも、月でうさぎが餅つきをしている、なんて話があると思います。

そう考えると、最初の満月の後にイースターエッグを持ったうさぎが現れる

という由来にも合致しますよね。

 

また、16世紀ごろにはイースターになるとイースターバニーというイベントが行われ、

その年に子供達が良い子だったか悪い子だったかをうさぎが決めるというものでした。

 

しかし現在では、うさぎがお菓子やおもちゃなどを

子供達に配り歩くというものに変わっています。

ハロウィンやクリスマスのような、

子供達を喜ばせるイベントの一つに変わったということですね。

 

イースターってなぁに

子供と一緒にイースターを学ぶならこちらの絵本がおすすめです。

イースターにはなぜうさぎが出てくるのか、

なぜ卵が大切なのか、その理由と意味を感じることができます。

20ページ程度の短い物語なので、子供でも飽きずに読むことができると思います。

関連記事:ディズニーランドにお金はいくら必要?予算の平均は?日帰りと泊まりについて解説!





スポンサーリンク







イースターにはなぜ卵が出てくる?

イースターでうさぎと並んで象徴的なものとして、卵が挙げられます。

この理由は一体なぜなのでしょうか。

 

卵も、中からひよこが生まれてくるというところから、命の象徴とされています。

また、イエス・キリストも死という殻を破って復活を遂げたということで、

卵がイースターにおいての大切な縁起物として扱われるようになりました。

 

イースターでは、卵にカラフルな色を付ける風習があり、

その卵をイースターエッグと呼んでいます。

また、本物の卵ではなく、チョコレートを卵型にして使うことも多いです。

 

イースターでは卵を使ったイベントがたくさん開かれます。

1つは、エッグハントというもの。

 

その家の親御さんが家のあちこちにイースターエッグをたくさん隠して、

子供がそのイースターエッグを探して回るという遊びです。

その時のイースターエッグはプラスチック製が多く、

中にはお菓子や小さなおもちゃが入っています。

 

イースターエッグカプセル

カラフルなイースターエッグ型のプラスチックカプセルです。

中にお菓子や手紙を入れて配るようなイベントや

エッグハントの時にはぴったりです。

外側にマジックなどで文字を書いたりするのも良いでしょう。

カラーは6色で、100個入りです。

カプセルの割れ目も、ギザギザになっているのが細かくて良いですよね。

 

駄菓子入りイースターエッグ

こちらのイースターエッグには、駄菓子が入っています。

このまま家の中にいくつか隠せば、エッグハントが手軽に楽しめます。

1個単位で買えるのも、ムダが無くて良いですよね。

自宅だけでなく、幼稚園や小学校でのイベントにもおすすめですよ。

 

もう1つ代表的な遊びとしては、エッグロールという物があります。

これは本物の卵を用いた遊びで、

卵の殻を割らないように指定のコースを転がしてゴールを目指すというものです。

イースター中には街の様々なところで行われており、

大きなものでは、アメリカ大統領の住まいホワイトハウスでも行われています。

 

また、ゆで卵や卵料理を作って食べるというのも、イースターの風習の1つです。

日本で言えば、恵方巻のようなものと言えるかも知れませんね。

 

とは言え、卵自体は聖書などに登場してくるわけではなく、

キリスト教と深い関係があるということではないようです。

卵は、人々の言い伝えの中でだんだんと文化として大きくなり、

定着していったという少し不思議な由来なのです。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、なぜイースターで卵とうさぎが出てくるか、由来と意味を解説しました。

どちらも、イエス・キリストの復活を祝うための

命の象徴としての意味があったということが、一番の理由です。

 

現在では、イエス・キリストの復活を本気で祝っているというよりは、

クリスマスやハロウィンのように、

祝日としてや子供達を喜ばせるためのイベントとしての側面が強いと言えるでしょう。

 

これまでイースターを意識したことが無かったという方も、

エッグハントやイースターバニーなどの文化を

取り入れて遊んでみるのも楽しいと思いますよ。

関連記事:忌中の期間にしてはいけないことは?飲み会や結婚式に出席してもいい?





スポンサーリンク


サブコンテンツ