バレンタイン義理チョコか本命かの違いや見分け方!判断ポイントを詳しく解説!

バレンタインは異性からチョコをもらえるドキドキする行事ですよね。

でも、気になるのが「このチョコって義理なの?本命なの?」という所だと思います。

 

義理チョコを本命チョコと勘違いし「あ、この子俺の事好きなんだ!」と思ってしまい

ホワイトデーに告白して「そんなつもりじゃなった」と言われ玉砕…

なんて事はよく聞きます。

 

そこでここでは、バレンタインのチョコの義理と本命の違い、見分け方、

判断の方法などを説明します。

 

バレンタインでもらうチョコが義理なのか本命なのか気になる方は、

ぜひ参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







バレンタインになぜチョコを渡す?

バレンタインにもらうチョコが義理なのか本命なのかの見分け方や違い、

判断の方法について見ていく前に、

まずは「なぜバレンタインにチョコを渡すのか」について軽く見ていきましょう。

 

昔西洋にバレンタインというキリスト教司祭がいました。

 

この人は当時禁止されていた兵士の結婚を支持して

王の怒りを買い投獄されてしまうのですが、

獄中でもめげずにキリスト教の愛について語り続けました。

 

バレンタインを慕う人も多かったのですがついに処刑されるという日、

バレンタインは前日に一人の信者へ手紙を書いていました。

 

また、バレンタインが処刑された日は偶然にも

「結婚と家庭の神」であるユノを祝う日でもあり

これがのちにバレンタインの処刑日(ユノの祭日)に

男性が女性に愛のメッセージカードを送る、という風習になりました。

 

今でも西洋ではバレンタインの日に

男性が女性にメッセージカードを送る風習が続いています。

 

ここまで書くと、「あれ?」と思いますよね。

西洋のバレンタインと日本のバレンタインは随分やる事が違います。

 

日本ではそもそも男性ではなく女性が贈り物をする日で、

メッセージカードではなくチョコを渡します。

 

 

実はバレンタインに女性が男性にチョコを渡すというのは日本独自の文化なんです。

 

由来は西洋のバレンタインから来ているのですが、

チョコを売りたい製菓メーカーの戦略によって、

バレンタインはメッセージカードではなくチョコを渡す日になったのです。

バレンタインチョコ義理か本命かの違いは?

バレンタインでチョコをもらったら、

それが義理なのか本命なのか気になりますよね。

 

では、義理チョコと本命チョコの違いは何でしょうか。

義理チョコと本命チョコの違いは「値段」と「手間」です。

 

まず値段ですが、義理チョコは「義理」で配るのでそんなに高価なものではありません。

中にはチロルチョコ詰め合わせなんてものもあります。

 

ですがバレンタインで何千円もするような高級チョコをもらったら、

これはかなり本命の確率が高いです。

 

普通、義理で渡すものにそんなにお金をかけません。

 

もし既製品の高そうなチョコをもらったら、

裏のメーカーの名前をチェックしてみると良いですね。

 

高級なチョコを出しているメーカーだったら、本命に間違いないでしょう。

 

次に「手間」です。

そのチョコにどれくらいその人が手間をかけたかが、

義理と本命の違いになります。

 

義理で渡すチョコには、正直人はそんなに手をかけません。

ですが本命であれば、気持ちが伝わるようにかなりの手間をかけます。

 

手間と言うのは具体的に手作りかどうか、包装が豪華かどうかなどが当てはまります

 

まず手作りについてですが、

今は安くておいしいバレンタイン用のチョコは店でいくらでも手に入るので、

わざわざ義理チョコの為に手作りをするという人は少なくなっています。

 

逆に考えれば、わざわざ材料を買う、レシピを見ながら作る、

自分で包装するという手間をかけているという事は

それだけそのチョコに想いをこめているという事になります。

 

つまり手作りなら本命の可能性が高いという事です。

 

次に包装についてですが、包装が豪華なのも本命チョコにありがちな演出です。

やはり見た目というのは大事なので、本命チョコの場合は包装にも手間をかけます。

逆に簡単に包んだものであれば、義理の可能性の方が高いですね。





スポンサーリンク







バレンタインチョコ義理と本命の見分け方

義理チョコと本命チョコの違いは「値段」と「手間」でした。

 

ですが、中には「手作りの義理チョコ」、「安っぽい本命チョコ」なんてものも存在します。

 

せっかく本命チョコをもらったのに、義理だと勘違いして

しょぼいお返しをしてしまうと相手はがっかりしてしまうでしょう。

 

ここでは、見分けにくい義理と本命チョコの見分け方について説明します。

 

まず「見分けにくい義理チョコの見分け方」ですが、

手作りチョコを義理のつもりで渡してくる方もいますよね。

 

手作りだし味もおいしい。

手間がかかってそうだから本命だろう、と思うのは少し待ってください。

 

その人は、趣味が料理やお菓子作りではありませんか?

料理やお菓子作りが趣味の人にとって、バレンタインなどの食べ物を送る行事というのは

自分の腕を発揮させる最大の機会なのです。

 

お菓子を一生懸命作るのが好きなのであって、

別に渡す人の事が好きな訳ではありません。

 

また、同じものを2人以上の人に渡していたらそれは完全に義理チョコです。

 

もし豪勢な手作りお菓子でも自分以外にも渡していたり趣味が料理やお菓子作りの場合は、

義理チョコだと思ってください。

 

次に「安っぽい本命チョコの見分け方」です。

明らかに安そうだったり手作りだけど味が残念だったりするチョコなのに、

実は本命というのは意外と多いです。

 

その見分け方ですが、まず「自分の好みのチョコかどうか」を見てみましょう。

 

例えば既製品の安そうなチョコでも

「自分がイチゴが好きという事を相手が覚えてくれていて、

わざわざイチゴが入っているチョコをくれた」とか、

「〇〇メーカーのチョコが好きというのをいつの間にか知っていて、

そのメーカーのチョコをくれた」などです。

 

義理チョコは大抵1つではなく、複数用意します。

ですから普通、わざわざ一人一人に対してそこまでリサーチをしません。

もし自分の好みをピンポイントで当てたチョコをもらったら、これは本命に近いです。

 

また、「味が残念な手作りチョコ」ですが

相手が料理が苦手だとチョコもあまりおいしくなりません。

 

ですがむしろ料理が苦手なのに敢えて手作りチョコを作ってくれたという事は

「義理チョコとは差別化を図りたい」「特別感を出したい」という気持ちがある事が

多いです。

 

自分にだけ手作りチョコをくれた、という場合は本命の可能性が高いでしょう。

 

また、味は残念でも包装がしっかりされていれば本命に近いです。

お菓子の味はかなり真剣にやってもその人の腕にかなり左右されますが、

包装というのはきちんとやれば誰でもかわいくできます。

 

包装のリボンがかなり可愛く結んであったり包み紙が二重になっていたりと

やたら手間がかかってそうな包装の場合は、本命チョコでしょう。

バレンタインチョコ義理と本命の判断の仕方

さて、義理チョコと本命チョコの違いや見分け方を見ていきましたが、

最終的にどう判断するかは、もっと別の視点から見てるとさらに分かりやすいですよ。

 

ここで判断基準にするのは「チョコを渡された場所」「メッセージカードの有無」です。

 

まずチョコを渡された場所ですが、

義理チョコならそこに誰がいようと簡単に渡せますよね。

 

むしろ義理チョコは渡すのが目的なので、相手が用事などでいなくなると困りますから

出勤してすぐや朝礼の後など皆がいる中朝一でホイホイ渡す方も多いです。

 

しかし本命チョコは違います。

たいていの場合、本命チョコを渡すところを他人に見られるのは嫌がる方が多いです。

 

ですから、渡したい相手を人目のない場所に呼び出してこっそり渡す、

下駄箱など人に分からないような場所にこっそり入れるなどが多いです。

 

もしチョコを「いつでも会えるのにわざわざ指定場所に呼び出されて渡された」

「いつの間にか机に入っていた」という場合は、

それがどんなチョコであろうと本命の可能性がかなり高いです。

 

次に「メッセージカードの有無」です。

チョコをもらった時に、メッセージカードがついている事があります。

 

バレンタインはただ「チョコを渡す日」なので、お祝い事ではありません。

ですから普通義理チョコの場合は「おめでとう」「ありがとう」などの

メッセージカードなんてつけません。

 

最近はデフォルトでついているのもありますが、それはあくまでデフォルトです。

 

日本のバレンタインでは本命チョコは、

バレンタインと言う行事をきっかけに、

普段隠していた自分の気持ちを伝える日でもあるので、

メッセージカードがついていればそれは

「特別な気持ちを伝えたい」という事に他なりません。

 

例え簡単な文章だとしても、付属されていないメッセージカードをわざわざ用意して

そこに手書きで書いてあるとなると、これはもう本命チョコです。

 

ただ、メッセージカードは表に堂々と張り付けてあることは少なく、

チョコの入っている箱の裏や中に入っている事もあるので、

乙女心を見逃さないように注意してくださいね。

関連記事:バレンタインのクッキーやチョコの意味は?マカロンやマシュマロについても詳しく解説!





スポンサーリンク







バレンタインのオススメグッズ!

義理チョコのお返しに①

義理チョコを色んな人からたくさんもらってしまった場合は、

ホワイトデーにお返しを用意するのも一苦労ですよね。

 

そんな「お返しを大量に用意しなければいけない」時にオススメなのが

こちらのボックスクッキーです。

 

こちらは見た目がかわいく中身もクッキーとチョコではずれがありません。

しかも安いのが特徴です。

 

小さいのでたくさん用意しても持ち運びが楽で場所を取りません。

 

「バレンタインだからとりあえず配った」という

地味にお返しに困る義理チョコのお返しにはピッタリのギフトですよ。

義理チョコのお返しに②

もらったチョコは義理チョコだけど、

「ちょっといいチョコだった」という場合もありますよね。

 

例えばお互い立場や稼ぎが上の方になると、

例え義理でも渡すものはそこそこ良い物に限定されたりします。

 

そんな「ちょっと良い返しをしなければいけない」という時に

オススメなのがこちらのチョコです。

 

こちらのメーカーが出しているギフトは見た目の包装もシックでオシャレですし、

中のチョコも良いものを使っています。

 

とにかくカッコいいので、

お返しをオシャレに演出したい方にもぜひオススメのチョコです。

本命チョコのお返しに①

本命チョコをもらいかつ自分もその人に好意を寄せている場合は、

気合の入ったお返しをしましょう。

 

気合の入ったお返しと言うと「アクセサリー」や「靴」などを考える方もいますが、

ファッションに厳しい女性は、

好みでないオシャレアイテムをもらってもまったく嬉しくありません。

 

もしチョコをくれた相手の好みなどを熟知しているなら別ですが、

全く相手の趣向が分からない場合は、無難に食べ物で攻めてみましょう。

 

そこでオススメのひとつが「ねんりんやのバームクーヘン」です。

おいしいので女性を中心に人気ですが、あえて自分では買わないという方も多いです。

 

そんな「ちょっと手が出しにくい有名なお菓子」を贈ると

相手も「あー!これ食べてみたかったんだ」と喜びますよ。

勿論渡す時は告白も忘れないでくださいね。

本命チョコのお返しに②

こちらも本命チョコのお返しにオススメの商品です。

マダムシンコの商品は一時期テレビでもかなり特集されていましたよね。

 

でも、「結局買わずに終わっちゃった」という方も多いと思います。

女性はグルメ特集に弱いですから、

ぜひ特集で組まれた食べ物でホワイトデーは攻めてみましょう。

相手の事をまだよく知らない内は、やはり食べ物が一番無難です。

 

「いやいや、どうしてもアクセサリーや靴など形に残るものを贈りたい!」という方は、

女性に告白した後に改めて女性と一緒に買い物に行くと喜ばれますよ。

 

デートの取り付けもできるので、一石二鳥の作戦です。

関連記事:友チョコとは?いつから始まった?市販のおすすめ詰め合わせもご紹介!





スポンサーリンク







最後に

最近は安くてかわいいチョコが簡単に手に入るようになりましたし

手間をかけているように見える手作りチョコの簡単レシピも多く公開されています。

 

ですからチョコをもらっても、

それが義理なのか本命なのか分かり辛い点も確かにあります。

 

しかしそれでも義理チョコと本命チョコには明確な違いがありますし、

ちゃんと見分け方を知っていれば混乱せずにすみます。

 

また、チョコだけでなく渡された場所やカードの有無でも、

義理なのか本命なのかは判断がつきます。

 

ぜひ今回のポイントを注視して、

もらったチョコが義理なのか本命なのか見分けて下さいね。

関連記事:バレンタイン会社の義理チョコの予算は?上司の場合は?おすすめの義理チョコもご紹介!





スポンサーリンク






サブコンテンツ