風邪で熱が下がらない!大人の場合の原因は?別の病気?

風邪を引いたら熱が出るのは普通の事です。

「うわ!熱が出てしまった!」と慌てる人は少ないですよね。

 

それにそんなに心配しなくても、数日たてば熱は勝手に下がってきます。

 

でも、風邪の症状は治まってきたのに

なぜか熱が下がらないとなると心配になってきませんか?

 

大人の場合、風邪を引いた後に熱が下がらない場合は

何か別の病気や原因がある事もあるんです。

 

ここでは、風邪で出た熱が下がらない場合の

他に考えられる病気や原因について説明します。

 

風邪で熱が一旦出ると

中々熱が下がらない、下がりにくいという方はぜひ参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







熱は何のために出るの?

熱が下がらない時の原因や別の病気を紹介する前に、

まずは「なぜ熱が出るのか」を簡単に説明しましょう。

 

風邪を引いた時などによく熱が出ますよね。

熱が出ると頭がフラフラしますし体もダルくなってしまって

よけいに疲れてしまいます。

 

ですが、熱は体の中に入り込んだ悪いウイルスや細菌を倒すのに必要な作用です。

 

例えば悪さをするウイルスや細菌の多くは「高い温度」が苦手です。

 

ですから体温を上げて体の中を熱くすれば、

それだけでウイルスや細菌は活動が弱まります。

 

た体の中には白血球という、外から入ってきて悪さをするウイルスや細菌などを

食べる細胞がいますが、その白血球は高い温度の方がより活発に動き回る事ができます。

 

このように、「熱が出る」という仕組みは体の中に入り込んだ

悪いウイルスや細菌を死滅させるのに必要な仕組みなのです。

風邪の時の熱は何度から?

では普通の風邪の時に出る熱ですが、

何度から「熱が出た」と言うか知っていますか?

 

実は感染症法では37.5℃以上が発熱、38℃からが高熱とされています。

37℃になると「熱が出た」という感じがしますが、実は37℃は平熱の範囲なんです。

 

とは言いつつも、実は熱が出た時のダルさは

その人の平熱の時の体温との温度差によって大きく異なります。

 

人の通常時の体温は個人によって違いますよね。

例えば36℃の人もいますし、35℃とやや低めの方もいます。

そして37℃は、子供に多い平熱体温です。

 

そして、人は平熱体温から1℃上がると体がしんどく感じるそうです。

 

だから37.4℃までは平熱と言っても、

普段の体温が35℃の人はそこから2℃も体温が上がっていますから

相当熱が出ていることになります。

 

逆に37℃が平熱の人は体温が37.5℃に上がっても0.5℃しか変わりませんので

大して熱が出ていないという事になります。

 

38℃は明らかに高熱ですから危険ですが、

それ未満の体温は、通常時のその人の体温からどれくらい熱が出ているのかという

差が大事になりますから

普段の自分の平均体温を知っておく事が大切になります。





スポンサーリンク







大人の場合の風邪で熱が下がらない原因は?

大人が風邪を引いた場合に出る熱についてですが、

実は普通の風邪なら3~4日で熱は引いていきます。

 

ですからもし4日過ぎても微熱や高熱が続いている場合は、

その熱の原因は風邪ではない可能性があります。

 

もしくは最初は風邪が原因だったものの、風邪が別の病気を誘発し

今度はその病気が熱を引き起こしている事も考えられます。

 

例えば風邪をこじらせて肺炎になるというのは大人ではよくある話です。

 

「風邪は病院に行かず寝て治す!」という方もいるでしょう。

 

確かに普通の風邪なら、きちんと睡眠と栄養を摂れば病院へ行かずとも

自分の免疫力で治癒する事ができます。

 

ただ、風邪だと思い病院に行かないでいると

いつの間にか別の病気が重症化していたという事もありえます。

 

ですから、ひとつの指標としてもし4日以上熱が下がらなければ

その熱は風邪ではない何か別の原因や病気を疑ってみてください。

 

大人の場合子供と違って「病院に行きなさい!」と言ってくれる人も

あまりいないと思うので、自分できちんと体の具合を測る事も大事ですよ。

風邪の熱が下がらない場合は、他の病気の可能性も

では、熱が下がらない場合は他にどんな病気の可能性があるのでしょうか。

ここでは、熱が下がらない場合に考えられる

大人がかかりやすい病気をいくつかあげてみます。

 

急性肺炎

風邪の症状と酷似していて油断しやすく、

なおかつ死亡する可能性の高い病気が急性肺炎です。

 

肺炎とは肺の中の肺胞と言う酸素や二酸化炭素を扱う部位が炎症を起こす病気です。

肺胞が炎症を起こしてしまうと息がうまくできず、最悪死に至る事があります。

 

急性肺炎は風邪と同じように咳や痰が出たりする症状を起こしますが、

肺の中の部位が炎症を起こしているので胸が痛くなります。

 

風邪だと思ったら肺炎で死にかけた、という話は珍しくないので

熱が下がらないにプラスして異常に胸が痛いという症状出た場合は

この病気を疑ってみてください。

 

急性扁桃炎

こちらは喉の奥にある口蓋扁桃と呼ばれる部分が炎症を起こしてしまう病気です。

喉の奥にある器官なので、この病気の場合は喉が痛くなります。

 

さらに、この病気は顎の下や首のリンパ節が腫れるので、

首周りに寝違えたような痛みを感じます。

 

熱が下がらないにプラスして喉が異常に痛いという症状が出た場合は

この病気を疑ってみてください。

 

この病気は放置しておくとさらにその周辺の部位も病気にし

さらには慢性化させてしまう可能性があるので早めに病院へ行く事をオススメします。

 

おたふく風邪

おたふく風邪はムンプスウイルスというウイルスが原因の感染症です。

 

おたふく風邪といえば、その名前の通り

耳の付け根から顎のラインにかけて顔が腫れて

見た目がおたふくのようになるのが有名ですよね。

 

おたふく風邪は特効薬のようなものがない為、

自然治癒か、熱がひどければ解熱剤をもらうなどの治療方法になります。

 

ただ、おたふく風邪はとても感染力が強い病気です。

 

安易に外に出ると多くの人に感染させてしまうので、

どうしても外出しなければいけない時はマスクをするなどしっかり注意しましょう。

 

 

インフルエンザ

「熱が下がらない」「巷でインフルエンザが流行っている」と言えば、

この病気の可能性が高いです。

 

特にインフルエンザは38℃以上の高熱が出る事で有名です。

 

インフルエンザには特効薬がありますが、

発症してから時間が経ってしまうと効果が薄れてしまいますので、

早く気づいて早めに病院で診断してもらう事が大切です。

 

インフルエンザの場合は「高熱が下がらない」という決定的な症状がありますので

逆に分かりやすいかもしれませんね。

熱が下がらないのはストレスも原因に?

実は大人の場合、ウイルスや細菌による体の炎症以外にも

ただのストレスで熱が下がらない場合があります。

 

体の体温調節をしているのは交感神経と副交感神経という2つの自律神経です。

交感神経が主に体の興奮を、副交感神経は主に体の安静を司っています。

 

この2つの神経が場所と時間に合わせて交互に優勢になる事で

体はバランスを保っているのですが、

例えば仕事が徹夜続きで睡眠時間があまりとれていない、

不安な事があって常にその悩みで心を支配されているなど

体の大きなストレスがかかるとこの神経の交代がうまく行かず、

体が常に交感神経優位になって緊張しっぱなしになる事があります。

 

交感神経は体を活発にする為に体温を上げる作用もあり、

さらに熱を下げる副交感神経になかなか切り替わらないとなると

熱が出たままになってしまうのです。

 

そういう時は、まずストレスになっている原因を取り除く事が大事です。

 

子供の場合は親が学校を休ませるなどのある程度の管理ができますが

大人は自分でコントロールしなければいけません。

 

仕事に明け暮れている人はとにかく休息をとり、

悩みを抱えている人はカウンセリングを受けるなどして

できるだけストレスを減らしましょう。





スポンサーリンク







風邪で熱が下がらない時のオススメグッズ!①

熱が下がらない時に注意しないといけないのは「水分摂取」です。

 

熱が出ている間は体は運動をしているのと同じですから

汗がどんどん出て、体の水分が抜けていってしまいます。

 

そのまま放置すると脱水症状を起こし、

急に歩けなくなったり意識がなくなったりしてしまう事もあるんです。

 

倒れてしまうとおしまいです。

だから「熱が下がらない」と感じた時は、

意識して水分を摂るようにしましょう。

 

ただここで注意なのは「ただ水を飲むだけではダメ」という事です。

 

汗になると水だけではなく

体の中の塩分などのミネラルやビタミンも一緒に出て行ってしまいます。

 

そんな状態で水だけを摂取しようとすると

体内の体液の濃度のバランスが崩れてよけいに具合が悪くなってしまいます。

 

そこで、病気の時の水分補給には、

水分のほかに栄養も配合されているものを選びましょう。

 

例えばこの経口補水液は、脱水症状を改善させる為に作られた商品ですので、

汗をかいた体で飲んでもうまく体をサポートしてくれます。

 

熱が下がらない時は体もダルく外出もままならなくなりますから

ネットなどで買い溜めしておくのがオススメです。

風邪で熱が下がらない時のオススメグッズ!②

普通の風邪の場合でも、3~4日は熱が出た状態が続きます。

熱が出るとすごく辛いですよね。

 

でも、熱が出て体が温まるおかげで

悪いウイルスや細菌を死滅させるのですからある意味仕方ありません。

 

それでも熱が出るのはきついという方は、

外側から体を温めて体をサポートしてあげましょう。

 

外側から体を温めてあげれば体温も上がるので、体が頑張って活動しなくても

高い温度を維持する事ができます。

 

しかし「ただ厚着すればいい」という訳ではありません。

 

全身を厚着してしまうと結局暑さに耐えきれなくなり一気に脱いでしまって、

それで逆に体が冷えて高熱が出る、という本末転倒な事になる場合もあります。

 

そこで、「厚着するポイント」を抑えておくことが重要です。

 

そのポイントのひとつが「お腹」です。

お腹は冷えやすいので、腹巻などをしてやると体も無理せずにすみます。

 

また最近では腹にいる腸内細菌の活動が体の免疫細胞に影響を及ぼすともされているので

腸内細菌を活発化させる為にも重点的に温めておくと風邪が治りやすいですよ。

風邪で熱が下がらない時のオススメグッズ!③

さきほど「厚着するポイント」としてお腹を上げましたが、

他のポイントとして「手首」と「足首」があります。

 

手首と足首は脂肪がつきにくく、冷えが来やすい部位です。

 

また血管が多く集まっている箇所でもあり、

せっかく厚着して体を温めても手首や足首が冷えていると

そこを通過する時に血液が冷えて、

結果冷えた血液がまた体に戻っていき全身が冷えてしまうという事もあります。

 

逆に、手首や足首を温めればそこを通る血液が温められ

熱をそこまであげなくても体温を保つ事ができます。

 

ですから例えば熱が下がらなくてきつい時は、

このような手首足首用のあったかサポーターをまくことをオススメします。

 

これなら固定されていますので寝ている間にとれてしまうこともありません。

寝ている間もしっかり体を温めてくれますよ。

関連記事:風邪の治りかけで鼻水が止まらない!薬は飲むべき?対処法は?

風邪で熱が下がらない時のオススメグッズ!④

熱が出ると食欲がなくなる方も多いですよね。

「お腹がすいたけど体がしんどすぎて顎を動かすのが辛いから

物が食べられない」という事も多いです。

 

食欲がない時は無理して食べる必要はないですが、

お腹が空いた時は体が栄養を欲しているという事ですから食事はした方が良いです。

 

そんな時にオススメなのが、こちらのゼリー状の栄養食品です。

 

このウイダーインゼリーはそのまま口をつけて食べる事ができるので

スプーンや皿などの食器を用意する必要はありませんし

食べた後蓋を閉めてしまえばその辺に投げていても汚くなくゴミもひとつで済みます。

 

さらに、こちらはビタミン類も豊富に含まれているので

体の調子を整えるにはピッタリのゼリーですよ。

 

食事をしたいのに食事をする体力がないという時には

ぜひこちらを活用してみてくださいね。

関連記事:胃腸風邪の初期症状や期間!大人と子供で違いはある?





スポンサーリンク







最後に

風邪を引いたら熱が出ます。

普通の風邪ならば何もしなくても3~4日で熱は引くので心配する事はありません。

 

ですがそれが長引いたら注意が必要です。

「どうせ風邪の熱だから、大丈夫でしょ」

と思っていると大変な事になります。

 

最初は風邪の熱でも、そこから炎症を起こして別の場所が病気になり、

そこが新たに熱を引き起こす事も多いんです。

 

もし熱が下がらなければ、

その他の体調は良くても一度病院へ行くことをオススメします。

 

大人の場合は口うるさく世話してくれる人もいない事が多いので

体のサインを見逃さないように、普段から自分の平熱体温も知っておくと良いですね。

関連記事:風邪が治らない!ストレスが原因?別の病気?





スポンサーリンク






サブコンテンツ