風邪に似た症状の病気!ウイルスや感染症についても詳しく解説!

風邪は1年中かかる可能性がありますが

寒くなるこれからの季節特に気を付けたいですよね。

 

咳や鼻水が出始めると「あれ?風邪かな?」と

思う方も多いかと思いますが

それは本当にただの風邪なのでしょうか?

 

そもそも風邪とは一体どうゆうものを指すのでしょうか?

今回は風邪に似た症状の病気についてご紹介します。

 

ウイルスや感染症についても詳しく解説していきたいと

思いますので気になる症状が出た際には

是非一度参考にしてみて下さい。





スポンサーリンク







風邪に似た症状の病気とは?

一般的に風邪の症状と聞くとどのようなものを思い浮かべますか?

 

疲れている時や寝不足など免疫力が下がっていると

体調を崩しやすく咳や鼻水、発熱などの症状が

すぐに出やすい方もいるかたと思いますが

その多くは風邪と呼ばれ数日で落ち着くのではないでしょうか?

 

まず風邪とは上気道と呼ばれる呼吸器の中で

鼻から鼻腔、咽頭、喉頭までと

下気道と呼ばれる気管や肺などに炎症が起こるものの

総称で正式名称は「風邪症候群」と呼ばれます。

 

上気道と下気道に炎症を起こした症状が

現れると風邪という事ですね。

 

<風邪の代表的な症状>

発熱

頭痛

鼻水、鼻づまり

のどの痛み

咳や痰

全身の倦怠感

 

風邪とは大きく分けると原因とされる微生物により

ウイルス性、細菌性、非定型病原体の3つに分類されます。

 

風邪とは基本的に安静にしていれば

数日で回復する事が多いのでウイルス特定などの

検査に至らない事が多いですね。

 

症状が風邪に似ていても風邪ではない場合は

適切な治療が必要になるのでどんな病気が

あるのか覚えておきましょう。





スポンサーリンク







風邪に似た症状の病気!ウイルスや感染症は?

では実際どんな病気があるのでしょうか?

風邪の症状に似た症状が現れる病気をご紹介!

ウイルスや感染症について詳しく解説していきます。

 

インフルエンザ

 

皆さんも良くご存知のインフルエンザは

風邪の症状によく似ていますが

インフルエンザウイルスが原因となります。

 

インフルエンザウイルスとはA・B・C型や

新型インフルエンザなど様々なウイルスの型があります。

 

頭痛、関節痛など全身症状や嘔吐や下痢などの

消化器系、他にも咳や鼻水など呼吸器系にも異変が起こります。

 

気管支炎

 

気管支にある粘膜へ細菌やウイルスなどが付着し

痰がからむ咳の症状がみられます。

 

気管支に症状が現れる病気の総称で

症状の中心は下気道に現れます。

 

溶連菌感染症

 

A群β溶血性連鎖球菌と言われる細菌が

感染する事により引き起こされます。

 

咽頭が痛みのどの赤く腫れる特徴があり

適切な治療を受けないと急性腎炎や

リウマチ熱などの危険があると言われます。

 

肺結核

 

結核菌と言われる細菌が肺に感染する事で起こり

空気感染で人に感染しますが発症するのは全体の10%です。

 

咳や痰、倦怠感、発熱、体重減少などの症状が現れ

中でも咳や痰は空気感染の可能性が高まります。

 

咽頭炎

 

急性の咽頭炎は主にアデノウイルス、コクサッキーウイルスなど

ウイルス感染や溶連菌などの細菌による感染が多いようです。

 

咽頭は鼻や口の奥、咽頭扁桃や口蓋扁桃など

口を開けた状態で鏡を見た時正面に見えるのどの部分に

炎症を起こし喉に痛みが現れ倦怠感や頭痛、

発熱などが主な症状と言われます。

 

クループ症候群

 

原因としては全体の75%がパラインフルエンザという

ウイルス感染、細菌ではヘモフィルスインフルエンザに

注意が必要と言われています。

 

風邪と同様の症状から始まり、40℃近い発熱後

ケンケンという犬の遠吠えのような咳が出ます。

 

急激に喉が腫れ気道がつまり窒息の危険もあります。

 

肺炎

 

肺炎は原因となる病原微生物の種類と感染した箇所、

肺のどの位置が炎症をおこしているかに分類されます。

 

38℃以上の発熱が一週間以上と咳や痰が出て

胸の痛み、呼吸が苦しくなるなどの症状が現れます。

 

RSウイルスやマイコプラズマなど

メジャーになってきたものも肺炎の危険があります。

 

急性中耳炎

 

鼓膜の奥に細菌が入り膿が溜まった状態を言います。

 

耳と鼻をつながっている事から鼻水が出る度に

耳に菌が入りこむ事で耳が痛むなどの症状が現れます。

 

中耳炎は鼻水から始まり発熱を起こすので

風邪の症状にとてもよく似ています。

 

ヒトメタニューモウイルス感染症

 

ヒトメタニューモウイルスに感染する事で起こり

咳、熱、鼻水など風邪症状にとても似ています。

 

悪化すると呼吸がゼイゼイするなど呼吸器系に

症状が出ると言われます。

 

RSウイルスと症状が似ている事から

同時検査をする病院が増えています。





スポンサーリンク







細菌とウイルスの違いは?感染症を避けるためには?

風邪症状に似た病気はたくさんありました。

 

全く違うものもありますが中には風邪から

発展してしまうものもあるのではないでしょうか?

 

また細菌やウイルスが原因のものがありますが

細菌とウイルスってどんな違いがあるのでしょうか?

 

細菌とウイルスの違いは何?

細菌とウイルスは全然違うもので共通点は

人に感染した際に感染症となるという点のみと言われます。

 

細菌感染の場合は抗生物質が有効だが

ウイルス感染の際に抗生物質で治すことはできない

 

大きさに1000倍以上の差がある

(ウイルスがビー玉の大きさと仮定すると

細菌は4階建てビル位の大きさとなるほど違う)

 

細菌は栄養源をエネルギーとして老廃物を排出するが

ウイルスは栄養源もエネルギーも必要なしで排出もなし。

(最近の排出物には人間にとって有害なものもあり

O-157などの病原菌などがある。

逆に腸内環境を整えてくれる乳酸菌も細菌の老廃物で

人間にとって有益なものは善玉菌と呼ばれる。)

 

ウイルスは他の生物へ寄生する事で数を増やすが

細菌は自力で数を増やすことができる。

関連記事:胃腸風邪の初期症状や期間!大人と子供で違いはある?

 

細菌やウイルスに感染しない為には?

感染症を避けるためにはまず免疫力を上げる事が大切です。

 

身体が細菌やウイルスに打ち勝つためには

日々を健康に過ごし免疫力をあげる必要があるのです。

 

<免疫力をあげるために>

 

1食事に気を付ける

添加物をなるべく避け食物繊維やミネラルを

積極的に摂り入れましょう。

 

バランスを考えて献立を考える事が必要です。

 

2適度な運動をしよう

筋肉を鍛え体温を上昇させてあげる事で免疫力を高めましょう。

 

ウォーキングなど無理のない程度で続け

習慣にしていきましょう。

ラジオ体操やストレッチもオススメです!

 

こちらの商品は毎日5分で肩から腰の体温が上昇し

シェイプアップにもつながります!

 

肩こりの改善や腰痛予防にも

正しい姿勢を取り戻しましょう。

 

特に寝る前のストレッチは筋肉を鍛え体温上昇に

効果的でとてもオススメですよ。

 

3良質な睡眠を取る

自律神経を正常化する為には良質な睡眠が必要になります。

 

いびきや歯ぎしりは睡眠を十分にとれないと

考えられているので姿勢にも注意が必要です。

 

歯ぎしりやいびきを防止し良質な睡眠を手に入れましょう。

 

お湯につけて自分の歯型に合わせるだけで

ご自身のサイズにピッタリのマウスピースが

簡単に作る事が出来ちゃいます。

 

こちらを装着して噛むトレーニングを行うと

フェイスラインの引き締めにも有効です!

 

4体温を上げよう

体温は免疫力の向上にも関係すると言われます。

 

シャワーで済ませず毎日入浴を心掛けるなど

体温を上げていきましょう。

関連記事:風邪の治りかけで咳・痰が止まらない原因や対処法は?





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は風邪に似ている症状の病気についてご紹介しました。

 

ウイルスや感染症など様々な病気がありましたが

症状から気になる病気はありましたか?

 

どれもとても風邪の際に起こる症状と似ている事から

「風邪かな?」と思い安静を心掛けても数日で改善が

みられない際には様々な方向から病気を疑ってみて下さい。

関連記事:風邪が治らない!ストレスが原因?別の病気?





スポンサーリンク






サブコンテンツ