バレンタイン会社の義理チョコの予算は?上司の場合は?おすすめの義理チョコもご紹介!

2月14日はバレンタインデーです。

最近では、好きな人に渡す本命チョコ以外にも、

友達に渡す友チョコや職場の同僚や上司に渡す義理チョコ、

男性から女性に渡す逆チョコというものまであります。

 

本命ならばいくら予算を掛けても惜しくはないでしょうが、

職場の同僚や上司に渡す義理チョコにはそこまでの予算は割きたくない…。

とは言っても、安物で反感を買うのも困りますよね。

 

また、義理チョコなんて面倒だと思う方もいるかもしれませんが、

普段改まって言いにくい同僚や上司への感謝の気持ちも、

バレンタインデーにチョコを渡すことで、伝えやすくもなるはずです。

 

今回は、バレンタインデーで悩む義理チョコの予算や、

さらにはおすすめの義理チョコまでご紹介していきます。





スポンサーリンク







会社で渡すバレンタインの義理チョコの予算は?上司や同僚、部下の場合は?

バレンタインには本命チョコだけでなく、

会社の同僚や上司に渡す義理チョコのことも考えなければいけませんよね。

会社によっては、大勢の人に渡さなければいけないという方もいると思います。

そこで悩んでしまうのが、やはり予算ですよね。

会社で渡す義理チョコの予算はいくらぐらいなのでしょうか。

 

本命チョコの値段の相場はだいたい2000円~3000円が多いようです。

また、義理チョコの平均予算は1000円未満が多く、

一番大きな割合を占めているのが一人あたり500円未満という意見です。

 

義理チョコを会社でもらう方も、あまりにも高額な義理チョコだと、

ホワイトデーのお返しを考えるのも大変です。

もらう側のことも考えると、500円前後が無難な金額になるのではないでしょうか。

 

しかし、会社の規模によっては、男性社員の人数にも差があるのが当然ですよね。

義理チョコの予算は500円未満が多いとお話しましたが、

渡す相手の数や上司に渡すものか部下に渡すものか等によっても予算が変動します。

 

義理チョコの合計予算は2000円前後が相場として一番多いようです。

しかし、これはあくまでも4~5人に渡す場合の金額です。

その中でも上司や部下、同僚など渡す相手によっても変わってきます。

 

上司の場合は、500~1000円程度が平均予算のようです。

さらに同僚や部下に渡す場合は300~500円が相場となっています。

渡す人数によっては、200~300円という意見もあります。

 

渡す義理チョコの予算について悩んでいるという方は、

まず会社の他の女性職員に聞いてみるというのが一番おすすめです。

 

その会社の男女比や人数によっては、全員で一つのものを渡しているという場合や、

義理チョコを渡すこと自体禁止しているという場合もあるようです。

特に決まりがないようであれば、

毎年どのように渡しているのか等聞いてみるのもいいかもしれませね。





スポンサーリンク







会社で義理チョコを渡すときの注意点!

会社の規模によっては、大勢の男性社員がいるという方も多いと思います。

特に新入社員として入社したての人にとっては、

バレンタインの義理チョコは渡した方がいいの?迷惑になる?

などと考える方もいるのではないでしょうか。

 

そうなると、男性社員の本音も気になるところですよね。

実際に男性社員の本音としては、

お返しのことを考えるとプレッシャーになる、

ホワイトデーにはおしゃれなお返しを考えなくてはならない、

数が多いと費用が負担になると考えている方もいるようです。

 

では、バレンタインデーに会社で義理チョコは渡さない方がいいの?

と思うかもしれませんが、

あくまでも男性が懸念しているのは、お返しのことを考えてしまうからです。

そう考えると、お返しのことを考えなくても良い義理チョコを渡すことで、

男性社員も喜んで受け取ってくれると思います。

 

では、どのような義理チョコがいいかというと、大人数に渡す場合には、

小分けのチョコがたくさん入っているものを配り歩くのが良いでしょう。

一人一人声をかけながら渡すことで感謝の気持ちを伝えることができますし、

本命チョコと勘違いされることもありません。

 

男性側も全員に配っている義理チョコだということは明らかにわかりますし、

お返しを渡さなくてもいい、もしくは簡単なものでいいと思えるでしょう。

 

ただ、特に日頃からお世話になっている上司の方には、

失礼のないように個包装で渡すのもおすすめです。

しかし、手作りチョコや包装が派手で煌びやかなものにしてしまうと、

勘違いされてしまう場合やお返しが負担になってしまうこともあるので気をつけましょう。

 

手作りのものを食べるのが苦手な方もいますし、

奥さんに浮気を疑われてしまう、なんてこともありそうですよね。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク







今年おすすめの義理チョコをご紹介!

では、どんな義理チョコを渡すのがいいのでしょうか。

会社で渡すバレンタインデーの義理チョコは、

渡す人数や相手によっても違うと思いますので、

シーン別に詳しくおすすめのチョコをご紹介していきます。

 

大人数に渡す場合

〇Gallerチョコレート ミニバーギフトBOX(24本入)

カラフルで可愛らしい包装になっている、ベルギーチョコです。

見た目も楽しく、オシャレな11種類のチョコが入っています。

会社で配りながら渡すにはちょうど良いサイズと個数ですよね。

とろけるような口溶けと、ピュアカカオバターを使用したほどよい甘さが魅力の一品。

高級感のあるパッケージで同僚、部下、上司どなたにでも渡せる義理チョコです。

 

〇感謝を伝えるチョコ メッセージハートチョコレート(いつもありがとう)

かわいいハート型のチョコレートを、

メッセージ入りの和紙風フィルムで個包装された商品です。

パッケージには「いつもありがとう」というメッセージが記載されており、

大容量という点でも、会社で義理チョコを配るには最適のチョコですよね。

 

上司に渡す義理チョコ(1000円以内)

〇ちょこれーとまんじゅう(5個入)

バレンタインデーと言えば、チョコレート。

しかし、上司の中には洋菓子はあまり食べないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方に渡すのにおすすめなのが、このちょこれーとまんじゅうです。

上質な白あんにチョコレートを練り込んだ、上品な味のおしゃれなお菓子です。

 

ラッピングは、シンプルかつ上品で光沢のある赤い箱になっているため、

手渡す時に気になる見た目も及第点です。

値段は税込で729円と上司に渡すにはお手頃な価格になっています。

 

〇最高級プラリネショコラ3個入

熟練のショコラティエが丁寧に手作りしている高級チョコレート。

オレンジリキュールを使用したガナッシュ、果肉入りストロベリーガナッシュ、

クラッシュアーモンドジャンドューヤの3種類が入った大人のためのチョコレートです。

上司に渡すには最適ですよね。

トッピングに豪華な金箔があしらわれており、

上司へ渡すチョコレートとしてはおしゃれで大人な最高のチョコレートですよね。

 

500円以内の義理チョコ

〇マカロン詰め合わせ(2個入)

男女ともに大人気のマカロン。

ショコラマカロンと、レギュラーマカロンの2種類が入っています。

レギュラーマカロンのフレーバーはランダムです。

 

マカロンは見た目も可愛く、ギフトとしても大人気なため、

バレンタインデーに義理チョコとして渡すと喜ばれること間違い無し。

値段も税込486円とワンコインで購入できるので、予算内に収まるのではないでしょうか。

 

〇バレンタイン義理チョコ 不織布巾着袋

ハートがデザインされた巾着袋に個包装の生チョコが入っています。

税込367円とお得で可愛い義理チョコですよね。

プレゼントとして渡せるようにラッピングも丁寧にされているので、

会社で渡しても安心です。

上司から同僚、部下までどなたにでも配ることができますよね。

関連記事:ディズニーランドにお金はいくら必要?予算の平均は?日帰りと泊まりについて解説!





スポンサーリンク







最後に

毎年面倒に感じることもある義理チョコ選びですが、

日頃の感謝の気持ちを伝えるには絶好の機会です。

 

新入社員や部署が変わったばかりで、その職場の環境に馴染んでない方にとっては、

毎年どのように行われているのだろうと悩む方も多いと思います。

そんな時には、まず同じ会社の女性社員に聞いてみるのが良いと思います。

 

バレンタインデーは男性も女性も楽しみにしているイベントですよね。

当然もらう方も嬉しく感じるのですが、

男性側がもらって負担にならないような義理チョコ選びを意識しましょう。

 

会社で義理チョコを渡すという習慣は、義務のようになっている部分もありますが、

渡す側は面倒と思いながら渡すのではなく、

相手に対する感謝やねぎらいの気持ちを添えることで、

お互い気持ち良く楽しむことができるのではないでしょうか。

バレンタインデーの義理チョコ選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:雛人形の処分や供養の仕方!時期や無料の方法についても詳しく解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ