雛人形の処分や供養の仕方!時期や無料の方法についても詳しく解説!

女の子がいるご家庭なら、雛人形を持っているお家が多いですよね。

しかし、こういったお人形の処分に関しては、どのようにしたらいいのか

わからないという方も多く、押入れやクローゼットにしまいっぱなしという

ご家庭もあるのではないでしょうか?

 

長く飾ってきた雛人形であれば、なおさら処分するにしても、

供養をするにしても心を込めて行いたいですよね。

今日は、大切な雛人形の処分や供養の方法と処分に適した時期、

かかる費用などに関してまとめてみましたので、ぜひご参考にどうぞ!





スポンサーリンク







雛人形を処分の仕方は?

小さい頃には毎年飾っていた雛人形も、自分が大人になったり

娘さんが大人になって、結婚して家を出てしまったりなど、

どうしても雛人形の出番がなくなってしまうタイミングというのはありますよね。

 

家族の思い出が詰まっている雛人形なので、飾らなくなったとは言え

手放したくない気持ちもありますよね。

ですが、いつまでも押入れのこやしにしておくのも雛人形がかわいそうですし、

その分のスペースができることで、自宅の収納スペースも広がり有効活用できます。

 

では、どのような処分方法があるのでしょうか?

ここでは代表的な方法をいくつかご紹介します!

 

まず、ひとつめは一番簡単な方法で粗大ゴミとして出すこと。

大きさによっては、一般ゴミとして出すこともできるので、お住まいの自治体に

確認してみるのが良いでしょう。

粗大ゴミとして出す場合には、料金もかかるのでご注意くださいね。

 

そしてふたつめは、リサイクルショップに持って行くこと。

保存状態によっては高値で引き取ってもらえることがあります。

さらに珍しいお人形であったり、アンティークのような歴史のあるお人形であれば

一般的なリサイクルショップよりは、人形を専門に扱っている業者に

引き取ってもらう方が、さらにいいお値段を期待できるかもしれません。

 

もし手間を惜しまないのであれば、オークションに出すという方法もあります。

キレイに写真を撮って、人形の詳細などできる限り丁寧に記載して

サイトに掲載しておけば、こちらもタイミングによってはいい値段で取引できるでしょう。

 

そして最後にご紹介するのは、寄付です。

自分が大切にしていたお人形を、他の誰かにまた大切にしてもらいたいという方は

寄付が一番いいかもしれませんね。

ケースの有無はあまり関係ないようなので、問い合わせをしてみましょう。





スポンサーリンク







雛人形の供養方法は?無料でできる?

たくさん家族の思い出が詰まった雛人形を、捨てたり売ったりすることに

抵抗があるという方も、もちろんたくさんいらっしゃることでしょう。

そういった方には、供養という方法がおすすめです。

では、供養にはどのような手段があるのか解説していきます!

 

一番身近でお手軽なのが、神社に相談してみることです。

神社では、お人形のほかお守りなど粗末にできないものの処分を行ってくれています。

もし最寄の神社で供養を引き受けてもらえない場合にも、供養の方法や

ほかに引き受けをしてくれる神社を紹介してもらえることもあります。

 

郵送で供養の引き受けをしてくれる神社もあるので、遠方でもお願いできるので安心です。

ちなみに供養にかかる費用は5,000円ほどが目安になります。

 

次に、人形供養際や感謝祭に参加するという方法もあります。

意外と知らない人が多いのですが、

人形の供養祭は1年を通して、日本全国で行われているんです!

こういったイベントに雛人形を出せば、

きちんとした僧侶による供養を受けることができます。

 

これは雛人形だけでなく、汚れてしまったぬいぐるみや

手放さなければならなくなったほかの人形なども参加することができますよ。

こういった人形供養祭や感謝祭では、「魂抜き」という読経をしてもらえるので、

安心して手放すことができるでしょう。

 

このような人形供養祭はたくさんあるので、どこに参加したらいいか迷う・・・

と言う方には、「日本人形協会」という団体が行っている

人形供養の代行サービスを利用することをおすすめします。

申込んで梱包するだけでいいので、とっても簡単です。

 

日本郵政と提携しているので、梱包した人形は郵便局員の方が自宅に

取りに来てくれるので、引き渡すだけ!

こちらも人形やぬいぐるみ全般引き取ってくれるので、

大切にしていたものを手放すときには、最適な方法でしょう。

関連記事:ディズニーランドにお金はいくら必要?予算の平均は?日帰りと泊まりについて解説!





スポンサーリンク







雛人形の処分、供養の時期は?自分でもできるの?

雛人形の処分や、供養の方法について分かったところで、

次に湧いてくる疑問は、いつ処分や供養をすればいいの?

ということではないでしょうか。

 

そもそも雛人形の役割は、女の子の健やかな成長を願い飾りますが、

人形がその子の代わりとなって、厄を引き受けてくれるという

「身代わり信仰」に由来するものです。

 

そして雛人形のまつわる話として、

「雛人形を早くしまわないとお嫁にいきおくれる」という言葉を

ほとんどの方が聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは「片付く」という言葉が「お嫁に行く」という意味にかけられています。

 

このことから、雛人形の処分の時期というのは「結婚」と考えられています。

結婚したのだから、自分のことは自分で引き受けるという考え方や

結婚して幸せになったのだから、雛人形は役目を終えたという考え方ですね。

 

身代わり信仰の考え方から、お母さんの雛人形を娘さんに引き継ぐというのは

あまりよくないとされているのですが、最近の住宅事情や経済事情などから、

お母さんの大切にしていた雛人形を娘さんに譲るということもあるようです。

 

ちなみに、人形供養というのは自分でもできることをご存知でしょうか?

供養にかかる費用は、多くの場合送料や事務手数料のみの場合が多いですが

雛人形の大きさによっては、送料がかなり高くなってしまうこともありますよね。

もしくは、大切な人形だからこそ自分の手で

供養したいという気持ちもあるのではないでしょうか?

 

そういった方のために、自宅でできる人形供養の方法をご紹介します。

用意するものは、清潔な布と和紙、そして塩だけです。

まずは、人形の顔を布で優しく拭いて綺麗にしてあげましょう。

そして、和紙の上に人形を置きます。

感謝の気持ちを込めて、塩を振りかけて丁寧に包みます。

 

その後は、お炊き上げをすることが望ましいですが、なかなか難しいでしょう。

その場合には、ゴミとして処分することも可能です。

 

せっかくなので、本格的な和紙を用意してみませんか?

供養以外にも、ハンドメイドがお好きな方はランプシェードやブックカバーを

作ったり、様々な使い道があるので、好きな色を揃えてみましょう。

 

和紙を揃えたら、お清め用の塩もちゃんとしたものを使いたいですね。

こういった質の良い塩なら盛り塩にも使えるので、

玄関や台所、洗面所などに置いて厄払いをしましょう。

引越しをした時や家での揉め事が気になっている時に使うと効果を感じられるでしょう。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたか?

今回ご紹介した、処分や供養の方法は

雛人形だけでなく、五月人形や日本人形、フランス人形、ぬいぐるみなど

魂が宿るとされているもの全てに適用できますよ。

 

長く飾れるに越したことはありませんが、

飾れなくなったら雛人形のためにも、きちんと処分・供養をしてくださいね。

今まで処分するにしきれなかった雛人形の処分に踏み切ってみましょう!

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ