寒冷蕁麻疹の対策や治し方は?漢方薬は効果がある?

寒冷蕁麻疹というのを知っていますか?

寒冷蕁麻疹は「寒いと出る蕁麻疹の事」です。

 

普通蕁麻疹と言うと

何かアレルギーのものを食べたと、毒のあるものに触ったとかで出るイメージですよね。

 

でも、実は寒いだけで出るという場合もあるんです。

そしてそれは、誰でもなる可能性がある病気です。

 

ではもし寒冷蕁麻疹になったらどう対策すれば良いのでしょうか。

ここでは寒冷蕁麻疹の治し方や効果のある漢方薬、ならないようにする対策などについて詳しく説明します。

 

寒冷蕁麻疹について興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね。





スポンサーリンク







寒冷蕁麻疹って?

蕁麻疹(じんましん)という言葉はよく聞きますよね。

肌にぶわっとぶつぶつができる症状です。

蕁麻疹はアレルギーのあるものに触れた、ストレスが溜まり過ぎたなど

色んな事が原因で起きます。

 

その中に、「寒い」という理由で起きる蕁麻疹があります。

それが寒冷蕁麻疹です。

 

でも、寒いだけで蕁麻疹が出るなんて不思議ですよね。

どうして寒いと蕁麻疹が出てしまう事があるのでしょうか。

 

人は周りの気温を「寒い」「暑い」と判断する事ができます。

それは肌に温度を感じるセンサーがついているからです。

 

そしてその肌が急激に寒さを感じると、

時に皮膚が危険を感じて体を守る免疫機能を活発化させる事があります。

 

免疫機能が活発化するとヒスタミンという物質が体の中に放出されますが、

このヒスタミンは肌をかゆくさせたり血管を拡げて肌を真っ赤にさせます。

これが寒冷蕁麻疹です。

 

寒冷蕁麻疹は冬だけでなく例えば裸足で冷たい床を歩いた、

氷を触った、熱い外から冷房ガンガンの店内に入ったなど

とにかく急に肌が冷える時に起こりやすくなります

 

体の一部が冷えた時はその場所だけ、

全身が冷えた時は全身に蕁麻疹が出ます。

寒冷蕁麻疹の治し方は?

では、寒冷蕁麻疹の治し方はあるのでしょうか。

寒冷蕁麻疹の治し方は主に2種類あり、その2つを組み合わせて治します。

 

一つ目は「急激な寒さを避ける」治し方です。

 

蕁麻疹は命にかかわるような病気ではないですが、出続けると悪化する事があります。

また、蕁麻疹はかゆいのでつい掻いてしまいがちですが、

そうすると肌に傷がついてしまいます。

 

同じところに蕁麻疹が出てその度に掻いて傷を作ってしまうと

そのうち皮膚が黒ずんでしまったり傷が治りにくくなります。

 

ですから、蕁麻疹はできるだけ出さないようにするのが大切です。

その為に大事なのは「蕁麻疹がでる原因に触れないようにする」事です。

 

寒冷蕁麻疹の場合は「急激な寒さ」が原因です。

逆に考えれば、急激な寒さを体が感知しなければ、蕁麻疹はないのと同じです。

 

例えば冷たい床を歩いて蕁麻疹が出る方は常に温かい靴下を履いておく、

熱い所から寒い所に行くと蕁麻疹が出る方は、

寒い所に入る時はストールなどを身にまとい急激に体が冷えないようにするなどで

対処します。

 

二つ目は「病院で抗ヒスタミン薬などをもらう」治し方です。

 

これは蕁麻疹を引き起こしているヒスタミンの働きを抑える薬を飲む事で

蕁麻疹を抑えます。

 

蕁麻疹が何度も出る場合は一度自分の体の状態をしっかり知っておく為にも

病院へ行ってみる事をオススメします。

 

この2つの治し方を組み合わせて、

できるだけ蕁麻疹が出ないようにしましょう。





スポンサーリンク







寒冷蕁麻疹に効く漢方薬は?

寒冷蕁麻疹は結局の所「冷え」から始まります。

「冷え」というと、体を温める漢方薬が効果がありそうな気がしますよね。

 

例えば気温が低くても自分の体が内側からポカポカしていれば寒さに浸食されず、

体も「冷え」を認識しません。

 

では寒冷蕁麻疹に効果のある漢方薬はあるのでしょうか。

 

さて、漢方薬といえば「ツムラ」がメジャーです。

ツムラとは漢方薬を扱っている民間会社ですが、

普通の病院でも処方されるほど信頼の厚い薬のひとつです。

 

しかしながらさらにツムラのすごい所は、そんな医師から処方される薬でもあるのに

「処方箋なしで薬局やネットで買える」事です。

 

皆さんは風邪を引いた時に「葛根湯」を飲んだ事がある方も多いと思います。

あれもツムラの漢方薬の一つです。

 

漢方薬なので普通の薬より体に優しく、効果も高い漢方薬です。

 

せっかく良い漢方薬を紹介しても、

とても高かったり手に入れにくかったりしては意味がないですよね。

 

そこでここでは寒冷蕁麻疹に効果のある

簡単に手に入るツムラの漢方薬をいくつか紹介します。

 

ひとつめは「葛根湯(かっこんとう)」という漢方薬です。

風邪の時に飲んだ方も多いと思いますが、

葛根湯には体の腫れをひかせる効果もあるので蕁麻疹に効果があります。

 

ふたつめは「消風散(しょうふうさん)」という漢方薬です。

こちらも体の腫れを引かせるほか、痒みを改善させる効果があります。

 

みっつめは「十味敗毒湯(じゅうみはいどくゆ)」という漢方薬です。

毒という字が入っている為ぎょっとする漢方薬です。

 

ですがこの毒というのは、10種類の薬草の力で「毒を消す」という意味の毒です。

10種類の薬草が幅広い皮膚疾患を改善させるので、

皮膚トラブルである蕁麻疹にも効果があります。

 

どれも効果の高い漢方薬ですので、

蕁麻疹が気になったらぜひ試してみてくださいね。

寒冷蕁麻疹を予防する対策は?

寒冷蕁麻疹は花粉症やアレルギーと同じように誰にでも起こる可能性のある病気ですが、

寒さに関係する病気ですので中でも「寒さに弱い」方はなりやすいとされています。

 

例えばすぐ体が冷えてしまう人、脂肪が少なく痩せている人などは

例え寒冷蕁麻疹を発症していなくても

いつか発症する可能性が高いですので注意が必要です。

 

では、どうすれば寒冷蕁麻疹を予防する対策はどうすれば良いのでしょうか。

それは「体を急激な温度変化に晒さない」という事です。

 

寒冷蕁麻疹は急激な寒さを体が感じると発症します。

一度発症すると慢性的に発生する事があるので、一度も発症させない事が大事です。

 

その為には、

例えば冬のお風呂は脱衣所が冷えやすいですが

脱衣所も温かくして「寒い!」と感じないようにする、

靴下を履いて足先が冷えないようにする、食生活を改善して体温を上げるなどがあります。

 

また、寒冷蕁麻疹は暑さと寒さの大きな差で引き起こされるので

暑い時はできるだけ体を冷まし、適温を保つ事も大事です。

 

色々書きましたが、要は自分が急に「寒い」と感じなければ良いだけなので、

対策を考えるのは割と簡単だと思います。

自分の体に合わせて対策を練ってみてくださいね。





スポンサーリンク







寒冷蕁麻疹にオススメアイテム!①

上でも説明しましたが、

蕁麻疹が出てしまった場合その対策には漢方もオススメです。

 

どれもネットで購入できますが、

代表してこちらのツムラから出ている「十味敗毒湯」を紹介します。

漢方薬と言うのは、自然に生えている草や木などをそのまま使った生薬でできています。

 

そしてこの十味敗毒湯はその名の通り10種類の生薬から作られていて、

その10種類は「荊芥、防風、柴胡、桔梗、川キュウ、茯苓、甘草、生姜、撲ソク、独活」

というものです。

 

主に皮膚の炎症に効果があり、蕁麻疹の他に湿疹や可能性の皮膚炎にも効果があります。

 

ネットや薬局で気軽に買える漢方薬なので、

もし寒冷蕁麻疹が気になる方は、ぜひ使ってみてくださいね。

関連記事:寒冷蕁麻疹に効く市販薬は?飲み薬と塗り薬について徹底解説!

寒冷蕁麻疹にオススメアイテム!②

部屋にはエアコンを置いている方は多いと思いますが、トイレや脱衣所に

エアコンを置いているという方は少ないのではないでしょうか。

 

トイレや脱衣所は

「別に暖めなくても、少しの間しかそこにいないから」と思いがちですが、

暖房器具を置かないところはかなり温度が下がります。

 

特に冬は、温かいリビングなどから

暖房器具を何も置いていないトイレや脱衣所へ入るとかなりの寒暖差になり、

そうなると寒冷蕁麻疹も出やすくなってしまいます。

 

ですから短い間しかいなくても、寒暖差が特に激しくなる冬だけは

トイレや脱衣所もそこそこ温めておきましょう。

 

そこでオススメなのが、このスリムセラミックヒーターです。

 

このヒーターは電源ボタンを押せばすぐ温かくなりますし、

小さくてスマートなのでトイレや脱衣所などの狭い所でも置くことができます。

 

家は体をリラックスさせる場所でもあります。

今は電気代と言っても、そこまで高くありません。

 

それよりもやせ我慢をして健康を害し病院へ行く方が高くついてしまいます。

家の中はどこも温かくして快適に過ごせるようにしましょう。

関連記事:蕁麻疹が治らない!長引く原因は?柔軟剤やストレスがよくない?





スポンサーリンク







最後に

寒冷蕁麻疹は、寒さが原因で起きる蕁麻疹ですが、

寒さが原因であるが故に誰でもある日突然起こる事があります。

 

ですから、寒冷蕁麻疹を発症しないように

体を急激な寒さに晒さないようにする事が大切です。

 

例えば寒い時はしっかり厚着をする、

暑い所から寒い所へ急に移動しないようにする、

食生活を改善して体温を上げ、寒さを感じにくくするなどです。

 

ただ、もし寒冷蕁麻疹を発症したとしても治し方はありますし、

発症してからの対策もあり効果のある漢方もあります。

現在ある道具をうまく使って、寒冷蕁麻疹に対処してくださいね。

関連記事:手の甲に蕁麻疹が!原因はストレスや疲れ?かゆくないのは別の病気?





スポンサーリンク






サブコンテンツ