立春の候の時期や意味は?読み方や時候の挨拶の例文もご紹介!

「立春の候」という言葉、みなさんも一度は目にしたことがあると思います。

立春の候とは、時候で使用される季語です。

イメージとしては、春の始まりという感じではないでしょうか。

 

時候の挨拶は、ビジネスや畏まった手紙を書く際に用いられることが多いですよね。

しかし、時候の挨拶にもたくさん種類があり、どの時期にどの時候の挨拶を使用するべきか、

よくわからないという方も多いと思います。

 

挨拶文と聞くと、堅苦しいイメージを抱くでしょうが、

意味もわからず臆してしまうのは非常に勿体ないです。

知っておくと、便利で役立つ言葉がたくさんありますよ。

 

今回は、時候の挨拶の中でも特に多く使われる「立春の候」について、

その意味や読み方について挨拶の例文も交えてご紹介していきます。





スポンサーリンク







立春の候は何と読む?意味は?

「立春の候」の読み方は「りっしゅんのこう」です。

立春という文字は目にすることも多く、読み方については問題ないと思いますが、

時々、「しゅん(春)」を「しゅう(秋)」と読み方を間違ってしまう人もいます。

また、「候」は音読みのままでいいのですが、

「そうろう」と読んでしまうこともあるので、気をつけましょう。

 

では、立春の候とはどのような意味なのでしょうか。

昔は、1年間を太陽の動きに合わせて24に分けていました。

それを二十四節気と言います。

 

立春は、新しい年が明けて、冬が終わり春が始まる季節として使われていました。

ですから、1年を24等分した二十四節気で考えると、第一にあたります。

立春だけでなく、立夏、立秋、立冬というのは、

四季のそれぞれの始まりを意味しているのです。

 

春の始まりという意味の立春は実際にはだいたい2月4日頃なのですが、

2月の上旬ならまだ冬の真っ只中ではないか、と思う方もいると思います。

なぜ2月の上旬という、冬の寒さが一番厳しい時期に

立春の候という言葉を使うか、疑問に思う方もいるでしょう、

 

しかしそれは逆で、2月の初旬が冬のピークを迎える、からこそなのです。

この日を境に、徐々に寒さも落ち着き始め、

春に向かっていくという意味があるということです。

立春の候とは、これから春が来ますよという節目の言葉でもあるというわけですね。

 

さらに、候というのは、昔の中国の暦で1年の365日を72等分し、

その中で分けた5日間のことを指しています。

候が2つ合わさると旬になり、今でも馴染みのある上旬、中旬、下旬というのは、

これらの言い方から来ているものということなのです。





スポンサーリンク







立春の候の時期は?いつからいつまで?

昔は、1年を24等分して考えていたということはお話しましたが、

実際に立春の候とはいつからいつまでを指しているのでしょうか。

 

立春の候という時候の挨拶を使用する時期のきまりはざっくりとしたものです。

ちなみに第一の節気を立春と言い、第二の節気は「雨水」と言います。

雨水は2月の中旬(2月18日頃から)を指しているので、

立春が使われる時期は2月4日頃~18日頃までということになりますね。

 

もちろんその年によって前後1日程度の変動はありますので覚えておいてください。

ちなみに、雨水とは、空から降る雪が溶けて雨に変わり始める時期のことを言います。

立春を過ぎてすぐの時期なので、暦の上では春ということになりますね。

カレンダーにも書いてあるものがあるので、見てみてください。

 

2018年カレンダー和の歳時記

壁掛けができ、スケジュール管理にも最適の2018年カレンダーです。

行事や祝日、六曜、二十四節気が表示されており、

それぞれのページに年間カレンダーもついているので使いやすさも好評です。

 

サイズは380mm×515mmになっています。

カラーも3種類あり、和テイストのデザインが可愛らしいですよ。

自分のスケジュールやイベントを書くスペースもあります。

 

2018年 卓上カレンダー 歳時記

旧暦や歳時記の情報が満載の卓上カレンダーです。

職場のデスクに置いておくと便利ですよね。

新暦と旧暦の日付や二十四節気、雑節と解説等々様々な情報が書かれていて、

毎月めくっているだけで勉強になりますよね。

横210mm、高さ170mmとサイズもどこに置いても邪魔しない程度でちょうど良いです。

関連記事:恵方巻の方角2018年は?決め方や意味についても詳しく解説!





スポンサーリンク







立春の候を使用した時候の挨拶の例文をご紹介!

立春の候の意味や読み方についてはご理解いただけたと思います。

では、最後に実践です。

立春の候を使った例文をご紹介していきます。

 

まず、正式的な手紙の構成は

1,頭語

2,時候の挨拶

3,本文

4,結びの言葉

5,結語

という流れになります。

 

今回は、ビジネスで使用される文章と

親しい方へ送る手紙などに使う例文を分けてご紹介します。

 

基本の型としては、まず頭語で、拝啓や謹啓を使います。

その後に立春の候~という文章が続いていきます。

例文1

謹啓 立春の候 貴社益々ご繁栄のこととお喜び申し上げます。
~本文~
立春とは名ばかりの寒さですが、何卒ご自愛専一にてお過ごしください。
謹白

 

例文2

拝啓 立春の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
~本文~
残寒の時節柄、お身体にお気を付けてお過ごしください。
敬具

 

頭語と結語はセットで使用されるため、「拝啓」を使用する際は、

「敬具」や「敬白」で終わり、「謹啓」を頭語とするのであれば、

結語は「謹白」や「謹言」となります。

拝啓と謹啓の違いはほとんどありませんが、謹啓の方がやや丁寧な印象を与えます。

 

続いて、親しい相手に対する手紙や挨拶文の場合についてご紹介します。

 

例文1

拝啓 立春の候、皆様ご清栄のこととお喜び申し上げます。
~本文~
春を待ちわびる今日この頃、お身体にお気を付けてお過ごしください。
敬具

 

より親しい間柄の場合には立春の候というのを、

「立春の折」や「立春のみぎり」と言い換えると少し柔らかい雰囲気になります。

また、同様に敬具はかしこと言い換えます。

 

例文2

拝啓 立春のみぎり 皆様いかがお過ごしでしょうか。
~本文~
暦の上では春ですが、余寒身に染みる季節です。ご自愛ください。
かしこ

 

「立春の候」は使用できる時期が明確に決まっていますが、

2月に使える時候の挨拶は他にも様々なものがあります。

余寒の候、節分の候、向春のみぎり、厳寒の候、春まだ浅く、余寒厳しき折柄、

春先に使える時候の挨拶は多くあります。

 

「こころ」が伝わる手紙の書き方とマナー文例集

改めて、挨拶文や手紙を書くとなると少し戸惑ってしまうこともありますよね。

季節の挨拶状から御祝、冠婚葬祭関係など様々な場面があります。

自分が伝えたいことを失礼のないように伝えるためには、

どのように書けば良いのでしょか。

この本を1冊持っておけば、

そういった場面に遭遇しても問題無く対応することができますよ。

 

手紙を極める ビジネス文書プロのフレーズ

時候の挨拶だけでは、綺麗な文章の手紙は書けません。

この本には、日本語の美しい手紙言葉がわかりやすく書いてあり、

同じ意味の言葉でもより丁寧で当たり障りの無い言葉や、

婉曲な言葉を例文を用いながらまとめています。

 

伝えたい内容を手紙に一番合った言葉で書けると、

より素敵な大人になった感じがしますよね。

関連記事:節分の柊鰯はいつまで飾る?地域や作り方についても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

携帯電話やインターネットの普及により、手紙を書くという機会は少なくなりましたよね。

しかし、季節毎に用いられる季語は昔からの奥ゆかしさや風情も感じられ、

改めて意味を知ることで、その奥深さを実感することができると思います。

 

様々な場面で使用される季節の挨拶は、

ビジネスの場面でも、常識の一つとして知っていて損はないと思います。

ぜひ、この機会に覚えておきましょう。

そして、機会があればこの記事を参考にしながら使用してみてくださいね。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ