小正月の意味や由来!行事についても詳しく解説!

小正月(こしょうがつ)というのを知っていますか?

もしかしたらニュースなどでアナウンサーがちらっと言ってるのだけ

聞いた事がある人も多いかもしれません。

 

知らない人が聞いたら、「小正月って何?正月とは違うの?」と思いますよね。

小正月も古くから伝わる日本の風習なのですが、

その意味や由来を知る人は少なくなっています。

 

そこでここでは小正月の意味や由来、

どんな事をするかなどの行事についても詳しく解説します。

 

小正月について知りたい方、今年は小正月の行事を何かやってみようと考えている方は、

ぜひ参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







小正月はいつ?

小正月は「こしょうがつ」と呼びます。

 

「小さい正月」という言葉から、「お正月の前に来るのかな?」と思われがちですから

実は小正月は正月より後に来ます。

 

小正月は「1月15日」です。

また、地方によっては「1月14日~16日」、「1月1日~15日」とするところもあります。

 

また、「小」正月があるなら「大」正月もあるのかと予想されますが、

その通りで大正月もあります。

 

実は大正月が元旦とも呼ばれる「1月1日」なんです。

つまり、日本には正式なお正月が1月の間に2回あるんです。

 

ただ、元旦である大正月は初詣に行ったり新年の挨拶をしたりと多くの人が祝いますが、

1月15日を特別に祝うという人はけっこう少ないのではないでしょうか。

小正月の由来は?

では、なぜ正月が2回もあるのでしょうか。

お祝いをするなら元旦だけでいい気がしますよね。

 

実は1月の間にお正月が2回あるのにはちゃんと理由があります。

ここでは小正月がどうしてできあがったのか小正月の由来について説明します。

 

現在日本の暦は「太陽暦」と言って、太陽の動きを元に計算されています。

一方月の動きを元に計算された歴を「太陰暦」と言うのですが、

日本ではその太陽暦と太陰暦を組み合わせた「太陰太陽暦」というのを使用していました。

 

具体的に言うと、旧暦を利用していた日本の1ヶ月は

「新月から次の新月の直前」とされていました。

 

太陽暦と太陰太陽暦は基準が少し違うので、だんだんズレていきます。

 

そして日本の1年は立春の日から始まるとされていますが

立春の日は節分の日でだいたい2月3日です。

 

そして日本では満月はとてもありがたいものとしていました。

 

そこで、立春の日を過ぎて初めて迎える満月の日を「正月」と呼びお祝いをしていました。

それがちょうど1月15日で、これが小正月の由来です。

 

つまり、日本人にとって元々からあった正月が「小正月」の方なんです。

由来から見ると、小正月の方が古いんですね。

 

しかしその後暦が太陽暦に変更されると同時に、日本の暦も大きく変わりました。

そして1年の始まりが1月1日になり、これを正月と呼ぶようになりました。

 

こうして正月は1月1日になった事で小正月は消滅したように見えますが

小正月の風習も残り、1月1日を大正月として、

1月15日は小正月として個別にお祝いをするようになったのです。





スポンサーリンク







小正月の意味は?

では、小正月にはどんな意味があるのでしょうか。

 

元々は小正月しか正月はなかったので、元旦にするような事を小正月にしていました。

ですが、太陽暦で1月1日が正月になった事で、

新年のお祝いは元旦にする事が多くなりました。

 

では小正月は何をするようになったかというと、

大正月が「歳神様を迎える」という大きな行事になったのに対し、

小正月は「家族のお祝いをする」「農業の豊作を願う」など

より家庭的なお祝いをするようになりました。

 

また小正月は「女正月」と呼ばれ、

大正月に忙しく働いた女性が休む日だともされていました。

 

お正月はやれお祝いだおめでたい行事だと

女性はむしろいつもより忙しく働いていましたが

この日は「休める日」としてのんびりしたり里帰りをしたりしたそうです。

 

小正月は元々の正月としての行事は大正月に成り代わられてしまいましたが、

小正月はより人の生活に密着したお祝い行事として

今でも大切に残されています。

 

こうして小正月の意味や由来を考えると、

「大正月(元旦)があるから小正月はいらないんじゃない?」とは言えませんよね。

どちらにも大切な意味があるんです。

小正月はどんな行事をするの?

では、今は小正月にはどんな行事をするのでしょうか。

ここでは小正月に行われるメジャーな行事をいくつか紹介します。

 

豊作祈願

日本は昔から畑を耕して生活する農耕民族でした。

畑の収穫具合によって生活が大きく変わりますから、

作物がちゃんと育ってくれるかどうかはまさに死活問題でした。

 

そこで、大正月で歳神様を迎えた後は、

小正月によく豊作祈願の行事が行われていました。

 

具体的にはどんな事をするのかというと家に「餅花」を飾ります。

餅花は皆さんも見たことがあるかもしれません。

 

しなる木の枝に紅白の丸めた餅を団子のように刺したものです。

これは大きく実った稲穂を見立てており、

今年も稲穂がしっかり育つようにと願ったそうです。

 

今は餅花を飾る風習だけが残り、

農家でなくても「福が来ますように」と餅花を飾っている所もあります。

 

吉凶占い

皆さんは初詣に行った時に、

その年の運勢を知りたくて思わずおみくじを引いてしまう人も多いと思います。

 

小正月でも、

今年の農作物がどれくらい収穫できそうかや、

今年がどんな年になりそうかなどを占う風習があります。

 

そしてそれを占う媒体はお粥で、「お粥占い」と呼ばれています。

お粥で占うなんて、庶民に密着した占い方ですね。

 

しかもこれは今も神社で行われている行事であり、

「筒粥神事」・「粥占神事」と呼ばれている公式な占い方法なんです。

 

悪霊払い

小正月は知らなくても、悪霊払いはした事がある人は多いと思います。

こう書くと「え?そんなの知らないよ」と思うでしょう。

 

悪霊払いとは、神社などで正月の飾りや前の年のお守りを燃やす儀式です。

そう言われると、「あー、あれね!」と合点がいきますよね。

 

悪霊払いは元旦の初詣のついでに行う事もありますが、

神社では元旦だけでなくけっこう長い間燃やすものを受け付けていますよね。

 

それは小正月の行事を含んでいるからなんです。

地方では「どんと焼き」・「どうそじん祭り」とも呼ばれています。

 

小豆粥を食べる

大正月に食べるものと言えば「お雑煮」「おせち」「オードブル」など色々ありますよね。

日本には色んな行事がありますが、

その行事それぞれに「その行事に食べるもの」というものがあります。

 

そして、実は小正月にも「特別に食べるもの」があるのです。

それが小豆粥です。

 

小豆粥は粥に小豆をいれたものです。

小豆はおめでたい時に食べる「赤飯」にも使われるように、

「おめでたいもの」として日本で古くから食されてきました。

 

その小豆をお粥に入れて小正月に食べる事で、

今年一年の無病息災を願うのです。





スポンサーリンク







小正月にオススメのアイテム!①

1月1日より古い日本のお正月である小正月。

 

お正月の飾りと言えば門松や鏡餅ですが、

より身近な行事である小正月の飾りを飾っていてはいかがでしょうか。

 

餅花は昔は手作りで作っていましたが、今はネットでも簡単に購入できます。

 

さらに今は、紅白の餅だけでなく小判やまねき猫など

他の縁起物も一緒に飾る事でさらに福を呼び寄せるようにと

見た目もにぎやかな飾りになっています。

 

餅花を飾れば部屋もさらに正月らしくなりますよ。

小正月のお祝いを飾り昔の日本の情景を思い浮かべながら

小正月を過ごしてみてはどうでしょう。

関連記事:寒中見舞いで結婚報告!喪中でもできる?文例もご紹介!

小正月にオススメのアイテム!②

小正月に食べる小豆粥。

でも、小豆粥というのは赤飯と同じで基本味が薄く

味付けが少し難しいのが難点です。

 

また、小豆は使う前に下準備が必要なので

「そこまでする暇はない」という方もいると思います。

 

そこでオススメなのが、このレトルトの小豆粥です。

こちらは湯煎か電子レンジで温めるだけで食べる事ができます。

 

とても簡単なので、さっと用意するのにとても便利です。

また小豆粥自体を食べた事がないという方も多いと思います。

 

ですからもし小豆粥を自分で作ったとしても

本来の小豆粥の味が分からないので

「おいしいけど、小豆粥ってこの味であってるのかな?」と心配になりますよね。

 

そんな小豆粥を食べた事がないという方は、

まず「基本的な味を知る」という意味でもオススメの商品ですよ。

関連記事:恵方巻の方角2018年は?決め方や意味についても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

今は大正月(1月1日)が有名になり過ぎて、

古くからある小正月について知っている人も少なくなりました。

 

ですが、その言葉は知らなくても

餅花やどんと焼きなどを見た事がある人は多いと思います。

小正月は今でもちゃんと生き続けている日本の大切な風習の一つです。

 

もし通り道に餅花を飾ってあったり神社で前のお守りを燃やす時は、

“これが小正月の儀式なんだな”とちょっと小正月の事も思い出してみて下さい。

 

また、小正月の意味や由来を知って興味を持った方は小正月の飾りも飾ってみましょう。

いつもの正月とはまた違った正月を迎えられる事間違いなしですよ。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?





スポンサーリンク






サブコンテンツ