寒中見舞いで結婚報告!喪中でもできる?文例もご紹介!

結婚の報告は突然普通のハガキを出すよりも、

暑中見舞いや年賀状など季節の挨拶のハガキに乗せて一緒に報告する方が

スムーズでいいですよね。

 

例えば色々な理由で結婚報告が遅れたとしても、

「季節の挨拶のハガキが出せる時期を待っていた」という言い訳が立つので、

お互いに角も立ちません。

 

では、季節の挨拶ハガキの一つである寒中見舞いで

結婚報告をする時はどんな文面にすれば良いのでしょうか。

 

また、寒中見舞いは相手が喪中の場合でも出していいのでしょうか。

 

ここではそんな、寒中見舞いで結婚報告をする場合の文例や、

喪中の時の取り扱いについて説明します。

 

寒中見舞いで結婚報告をしようとしている方は、ぜひ参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







寒中見舞いって?

寒中見舞いで行う結婚報告や文例について説明する前に、

まずは寒中見舞いについて簡単に見ていきましょう。

 

寒中見舞いとは、その名の通り「寒い中(時期)に出す季節のハガキ」です。

暑中見舞いの逆バージョンだと思ってください。

 

暑中見舞いは「暑いですがお元気ですか?」と相手を気遣うのに対し、

寒中見舞いは「寒いですがお元気ですか?」という気遣いになります。

 

では、具体的に寒中見舞いはいつ頃出すものなのでしょうか。

 

寒中見舞いは年賀状の後に出すものなので、

初七日後からだいたい出すようになります。

 

また、日本には昔から「大寒」と呼ばれる最も寒い時期という暦があり、

その大寒が終わるのが節分の日である2月3日になります。

 

ですから、寒中見舞いはが出せる時期というのは1月7日~2月3日頃までです。

 

ただ節分の日は年によって3日だったり4日だったりするので、確認しておきましょう。

 

また、節分の時期を過ぎ寒中見舞いを出す期間が終わったら

その次は「余寒お見舞い」という季節のハガキがあります。

 

「まだ寒いから寒中見舞いでも大丈夫だよね」と油断していると

「あらあら」と相手から思われてしまう事もありますので

もし寒中見舞いを出す時期を逃してしまったら

余寒お見舞いに切り替えるようにしましょう。

寒中見舞いで結婚報告はOK?

寒中見舞いは季節の挨拶ハガキです。

 

挨拶ハガキというと、結婚や出産、転職など

「相手を気遣うついでに自分の事を報告をする」時に役立ちますよね。

 

わざわざ普通のハガキで自分の事を知らせると相手も

「そんなにいちいち知らせなくていいのに」と思う事もありますが、

季節の挨拶と一緒だと「ああ、もうそんな季節か」とそんなに気を遣いません。

 

特に新年の挨拶ハガキである年賀状には「結婚しました、よろしくお願いします」

など結婚報告が記載されている事も多いですよね。

 

では、寒中見舞いには「結婚しました」などの文面を入れて

結婚報告をしても大丈夫でしょうか。

 

答えは「大丈夫」です。

ただし、他の季節の挨拶ハガキもそうですが、

寒中見舞のメインはあくまで「寒中見舞い」なので、

結婚についてはあまりダラダラ書かず、サラリと流すように書いた方が良いです。

 

また、結婚式の写真などを乗せたいという方もいるかもしれませんが、

寒中見舞いは相手を気遣うハガキですので、

自分のプライベートを押し出し過ぎるのはよくありません。

 

寒中見舞いは「相手メインのハガキ」という事を忘れないようにしましょう。

 

どうしても結婚報告をたくさん書きたい、大きな写真を乗せたいという方は

寒中見舞いではなく、普通のハガキで「結婚報告」として相手に送った方が

逆に失礼になりません。





スポンサーリンク







寒中見舞いで結婚報告する時の文例は?

では、寒中見舞いで結婚報告する時の文例についていくつか紹介します。

 

・寒中お見舞い申し上げます。寒さの厳しい日が続いていますが皆様におかれましては

ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

私たちは昨年〇月〇日に結婚式をあげ、新しい生活をスタートしました。

未熟な二人ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

まだまだ寒さ厳しき折、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

 

・寒中お伺い申し上げます。松の内のにぎわいも過ぎ、寒さが一段と身に染みる毎日でございましが、

元気でお過ごしでしょうか。

 

この度私たちは結婚して初めての新年を迎える事ができました。

これからも二人で温かい家庭を築いていきたいと思います。

 

今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 

文例はこんな感じになります。

最後に〇年〇月と日付を入れる場合もありますが、そこはお好みで決めて大丈夫です。

 

季節の挨拶の文例は定例のものがほとんどですが、

寒中見舞いもそれは同じです。

 

結婚報告は定例の文例の中にちょこっと混ぜるだけなので、

そんなに頭を悩ませる必要もありません。

 

ですからサラリと書いてしまいましょう。

相手や自分が喪中の時は寒中見舞いを出せる?

さて、寒中見舞いで結婚報告はしても良い事が分かりました。

では、もし相手や自分が喪中の場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

喪中の場合は、年賀状などおめでたい報告ハガキを出すのはマナー違反だとされています。

ですから、寒中見舞いも出したらよくないと思ってしまいますよね。

 

でも実は、喪中でも出せるのが寒中見舞いなんです。

 

寒中見舞いはむしろ、喪中で年賀状が出せない時に

「年賀状の代わりに出す事ができるハガキ」なんです。

 

ですから、相手や自分が喪中でも、寒中見舞いは出して大丈夫です。

結婚報告も、寒中見舞いの「ついで」なので

上記のようなサラリと書く程度であれば問題ありません。

 

ただ、「〇〇が亡くなりました」という悲しい報告と

「結婚しました」というおめでたい報告は、同じハガキには載せない方がいいです。

 

自分が喪中の場合で喪と結婚の両方を報告しなければならない場合は、

喪中ハガキと結婚報告のハガキを別々にして送りましょう。





スポンサーリンク







オススメの寒中見舞いアイテム!①

いい事と悪い事というのは重なる事も多々あります。

 

孫が結婚したのを見て安心したのか、その後すぐに祖父母が

眠るように息を引き取ってしまったというのはドラマの中だけでなく、

実際現実にもよくある話です。

 

先ほど、もし喪の報告と結婚報告が重なったらハガキを分けた方が良いと書きました。

という事は、喪中ハガキと結婚報告ハガキを出さなければいけないので

普通に考えると手間が倍になります。

 

特に喪関係はあなた自身も参ってしまっている事も多いので、

できるだけ少ない工程でハガキは作るようにしましょう。

 

そこでオススメなのがこちらの業者です。

こちらはまず喪のプロが揃っていますので

「何親等までハガキを出せばいいの?」「レイアウトや文例が分からない」などの

基本的な事にも答えてくれます。

 

ですから一人でうんうん悩まなくても、間違いのないハガキを作る事ができます。

 

さらにこちらは文章の印刷だけでなく、宛名の印刷までしてくれます。

そしてなんと1枚からでも大丈夫なんです。

 

正直喪のハガキは量が多いので印刷するとなると裏も表も面倒ですから、

何気に葬式の準備や喪主のフォローなど色んな事で忙しい喪では

ハガキ作りを一括してして請け負ってくれると非常に助かりますよ。

 

極力手間を省く事ができるので、「喪中はよけいな事で自分を煩わせたくない」

「喪主の負担を減らしたい」という方にはぜひオススメです。

関連記事:寒中見舞い時期はいつまで?過ぎたらどうする?

オススメの寒中見舞いアイテム!②

自分の結婚となると「皆!聞いて聞いて!私結婚したの!」と

色んな人に大々的に伝えたい人と

「あ、そういえば私結婚したんだよね。忘れてた」とかなりアッサリしている人がいます。

 

特に後者の人の場合は、

あまり自分の結婚の事で周りを騒がせたくないと思う方も多いです。

 

中には結婚報告をするのでさえ面倒くさいという方もいます。

そんな方にオススメの寒中見舞いがこの「文面入り寒中見舞いハガキ」です。

 

このハガキはすでに文面が記載されているのでレイアウトを考える必要がありません。

印刷された文章の下に少しスペースがあるので、

ここに「昨年結婚しました」など一言入れるだけで済みます。

 

結婚報告はあっさりあまり目立たずやりたいという方には

ぜひオススメのハガキですよ。

関連記事:余寒見舞い時期はいつまで?過ぎたら次は?





スポンサーリンク







最後に

寒中見舞いには自分の結婚報告を載せても特に問題はありません。

ただ、あくまで寒中見舞いは「相手への気遣い」であり、「結婚報告はついで」なので、

その辺を忘れないようにしましょう。

 

その事にさえ気を付けていれば、

文例も様式美に従うだけなので失敗はありません。

 

また、寒中見舞いは喪中でも出す事ができます。

 

ただ、自分の側に喪中の報告と結婚の報告が同時にある場合は

一緒に書かず別々のハガキにそれぞれ記載するのがマナーです。

 

寒中見舞いは便利なハガキなので、うまく利用してくださいね。

関連記事:寒中見舞い喪中時の文例!喪中の方へ送る場合の例文もご紹介!





スポンサーリンク






サブコンテンツ