節分の由来や意味を子供向けに簡単に!起源はいつから?

2月のイベントと言えば、最初に来るのが節分ですよね。

節分では「鬼は外、福は内」と言いながら、親子で豆をまく家庭も多いと思います。

 

ところで、子供に節分の意味や由来について聞かれたら、あなたならどう答えますか?

昔からやっているからだよ、なんて答えでは物足りないですよね。

大人がきちんと由来や意味を知らなければ、

分かりやすく子供向けに教えてあげることはできません。

節分を家族みんなで楽しみながらも、

子供にもしっかりと意味や由来を教えてあげたいものですよね。

 

今回は節分の意味や由来、起源などについて、

大人も子供もわかるように簡単にお話していきたいと思います。





スポンサーリンク







節分とは?意味や由来を子供向けに簡単に解説!

節分はその文字の通り、季節を分けるという意味があります。

日本には、春夏秋冬と1年が4つの季節に分かれていますが、

実は、それぞれの季節の始まりを節分と言うのです。

 

しかし、現在行われている節分の行事は

立春の前日である2月3日のみですよね。

これは一体なぜなのでしょうか。

 

これは、昔は立春が1年の始まりとされていたことに由来します。

その1年の始まりを迎えるイベントとして、節分が行われていたというわけなのです。

今で言うと、12月31日の大晦日を節分として、元日が立春ということですね。

新しい1年を迎える前に鬼を払い、福を呼び込むために、

行われていたのが節分の由来というわけです。

 

節分の由来を子供向けに簡単に説明するなら、

例えば、昔は寒い冬が終わって暖かい春が来る日を1年の始まりとしていました。

新しい年を迎える時に、悪い鬼が近づいてこないように、

鬼を追い払うおまじないとして、豆をまいていました。

なんて話ができると思います。

 

せつぶんだ まめまきだ

この本は、節分の意味や由来を子供向けに簡単に絵本にしたものです。

この本を子供が読むことで、なぜ節分に豆まきをするのか、

鬼を退治するのかなど、子供でも意味を理解することできます。

幼稚園くらいのお子さんでも読んでわかるような内容になっているので、

節分の前にこの本を読むと、よりいっそう楽しく節分行事が家庭でできると思います。

 

せつぶんワイワイ まめまきの日!

こちらの本も子供が節分の意味を理解するにはぴったりの絵本です。

節分をテーマにしたお話に加え、節分の由来や豆知識、風習、

さらには恵方巻などのレシピやお面、豆かごなどもセットになっており、

節分を楽しむためのアイテムが盛りだくさんです。

 

この本1冊あれば、読むだけで節分の意味や由来を理解するだけでなく、

節分当日もおまけのグッズで楽しむことができますよ。

 

現在でも、大晦日には新しい年を気持ち良く迎えるために、

様々な行事が行われていますよね。

1年の変わり目を重要なイベントとして捉えていたのは、

今も昔も同じということが、節分の由来からわかりますよね。





スポンサーリンク







節分の起源はいつから?なぜ鬼に豆を投げるの?

では、節分に豆まきをするという行事はいつからどのように広まったのでしょうか。

ここからは節分の起源がいつからかということについてもお話します。

鬼退治をするという行事は、飛鳥時代に遣唐使によって中国から伝わり、

それが、いまの日本独自の方法に変化していったと言われています。

 

中国では、追儺(ついな)という、厄払いの行事が行われていました。

追儺を行うことで、疫病などをもたらす悪い鬼を退治するとされていたのです。

その行事が日本で最初に行われたのは、奈良時代と言われており、

当時は、陰陽師などによって執り行われていた厳粛なものでしたが、

室町時代になると、豆まきをするという風習も徐々に浸透し、

いつからか一般家庭でも行われるようになりました。

 

今では、知らない人はいない程の節分の豆まき行事は、

昔から行われ続けていた伝統ある行事ということですね。

 

起源がいつからかということは理解されたと思いますが、

そもそも、なぜ節分に鬼がやってきて豆まきをするのでしょうか。

 

鬼というのは、昔から目には見えない悪い意味という「陰(おん)が」変化した、

または、隠れていて目に見えない災いや怖いものという意味の、

「隠人(おんにん)」という言葉が変化して呼ばれるようになったと言われています。

 

目に見えないような災いや悪いことが具現化して、

鬼と呼ばれるようになったと言うことなのです。

よく、子供の頃は悪いことをすると「鬼が来る」と言われていましたよね。

 

さらに、その鬼に豆をまくという行為の由来は、

その昔、京都の鞍馬山に鬼が現れた際に、大豆を鬼の目に投げて退治したという話からです。

穀物は昔から日本人の主食とされており、

特に豆は生命力を高め、悪い気を退けると考えられていたことからも、

豆は大切なものとして扱われていたということがわかりますよね。

 

また、豆を「魔物の目」、「魔滅」と語呂合わせできることから、

縁起の面でも良いとされていました。

 

豆をまく意味を子供向けに説明するなら、

昔京都に悪いことをする鬼が現れたとき、鬼の目に豆をまいて退治することができました。

そして、昔は病気になったり作物が実らないなどという悪いことが起こるのは、

鬼のせいだとされていたので、その鬼をやっつける方法として、

庶民の間でも豆まきが行われるようになったのです。

 

このように、なぜ鬼がきて、それを豆まきで退治するのか説明すれば、

子供でも簡単に節分の豆まきの意味や起源を理解してくれると思います。

関連記事:節分の柊鰯はいつまで飾る?地域や作り方についても詳しく解説!





スポンサーリンク







節分に行う豆まきの正しいやり方!

みなさんの家庭では、どのように豆まきをしていますか?

節分に意味や由来があるように、

豆まきの手順にも意味がありますので、簡単にご紹介していきます。

 

まず、豆は炒ったものを使用します。

これは、魔物の目を射るという語呂合わせからきています。

また、まいた豆から芽が出るのは縁起が悪いとされているので、

芽の出る心配の無い炒り豆を使用します。

スーパーなどで販売されている豆は炒っているものがほとんどなので、心配はいりません。

 

そして、意外かも知れませんが、豆まきを行う時間は夜が良いとされています。

鬼は夜に出てくるという謂われがあるためです。

節分の豆まきは、その日の夕方から夜にかけて行うのが良いです。

 

また、多くの家庭では親が鬼となって、子供が豆をまくということが多いと思いますが、

本来は豆をまくのはその家の主が行うものとされています。

 

豆まきは玄関から外に向かって、「鬼は外」とかけ声を出しながらまきます。

さらに、各部屋の窓側から外に向かっても同じように言いながら行います。

この時、鬼を追い出すためにも、玄関や部屋の窓は開けながら行うのが良いでしょう。

次に、玄関から家の中に向かって「福は内」と言いながらまきましょう。

各部屋でも同様です。

この時は、鬼が外から戻ってこないように、玄関のドアや窓は閉めた状態で行います。

 

そして、豆まきが終わったらまいた豆をその1年の厄除けや幸福を願いながら、

自分の年齢+1個食べるというのが豆まきの最後です。

年齢より一つ多く食べるのは、新しい年の分もお願いするためと言われています。

 

赤鬼スーツセット

節分に大活躍する赤鬼コスチュームセットです。

全身スーツだけでなく、こん棒にかつら、

鬼のパンツまで揃った節分には欠かせないアイテムがセットになっています。

これを着るだけで、お父さんが鬼になりきって、

子供と一緒に楽しく豆まきできること間違い無し。

 

こんぺいとう入り三角福豆(20袋入り)

豆まきのあとの掃除って大変ですよね。

こちらの豆は個包装になっているので、豆まきのあとのお掃除が不要です。

甘い金平糖入りで美味しく、国産大豆100%使用のため、品質も安心安全の商品です。

包装には、耐久性の強い特殊な和紙が使用されているので、

子供がめいっぱい投げても破れたり散らかる心配はありません。

関連記事:余寒見舞い時期はいつまで?過ぎたら次は?





スポンサーリンク







最後に

節分は古くから伝わる大切な行事だということがわかったと思います。

節分を理解する上で大切なのは、昔、節分は大晦日だったということ、

新しい年を迎える際に、悪いことが起きず、福を呼び込むという意味があるということ、

豆まき悪い鬼(邪気)を払うために行うということ、

これらのポイントを子供にもぜひ伝えてあげたいですよね。

 

「節分って何?」「何で豆まきをするの?」と子供に言われた時、

一緒に学び、節分の意味を知った上で、子供向けに簡単に説明できたら、

親子でもっと楽しく豆まきができるでしょう。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ