恵方巻の起源や由来は?いつから流行ったの?

2月3日は節分です。

節分と言えば、「鬼は外、福は内」となど言いながら、

豆まきをするのが恒例行事となっていますよね。

それに加えて、その年の恵方の方角を向いて食べると縁起が良い、

恵方巻を食べるという家庭も多いと思います。

 

話題になっているからとりあえず食べるという方も多いとは思いますが、

恵方巻の意味、起源や由来についてはご存じでしょうか。

また、恵方巻きが流行りだしたのはいつからなのか、という疑問もありますよね。

 

今回は、そんな恵方巻きに関する素朴な疑問をわかりやすく解説していきます。

昔は恵方巻を食べる習慣なんてあまりなかったはずなのに…なんて思う方も

これを読めば納得ですよ!





スポンサーリンク







恵方巻の起源や由来を解説!

節分に恵方巻きを食べるという行いは、

その年に決められた恵方を向いて太巻きを食べると縁起が良いとされる風習が起源です。

 

実は、恵方巻の由来には諸説あり、正確な起源は定かではありません。

そこで今回は、昔から言い伝えられている説をいくつかご紹介していきますね。

 

1つ目の由来は、

江戸時代末期から明治初期にかけての大阪の商人が、商売繁盛、無病息災を願って、

立春の前日にあたる2月3日に太巻きを食べ始めたことが起源とするものです。

その頃は、幸福巻き寿司と呼ばれていました。

商人にもかにも、芸子さんなどが節分に芸遊びをしながら、

丸ごとかぶりついていたという記録もあります。

 

しかし、この頃の恵方巻きは庶民には全く浸透しておらず、

一部の上流階級での縁起担ぎとしての役割しかありませんでした。

 

2つ目の由来は、

節分の日に大勢が集まって巻き寿司を食べるときに、

切り分けるのが面倒で、1本丸かぶりするようになったというのを起源とするものです。

これも大阪近郊の村で行われていた風習です。

 

豊臣秀吉の家臣が、出陣前に海苔巻きを食べたらたまたま快勝したということで、

海苔巻きを縁起物として食べるようになったという由来もあるようですが、

板海苔が浸透した時期よりも海苔巻きを食べたのが先になってしまうので、

信憑性は怪しいところです。

 

恵方巻きの由来と考えられる代表的な起源を紹介しました。

海苔巻きを縁起物とする考え方から、

ただ切り分けるのが面倒だっただけというものまで、様々ですね。

 

また、もともとはお新香(2月はお新香がつけあがる時期)を巻いただけのものだった

恵方巻きも、縁起が良いものとされるにしたがっていつからか具材も様々になりました。

地域によって何を入れるかは変わりますが、

基本的なルールとしては7種類の具材を入れるということ。

 

これは、七福神に由来し、縁起を担いでいます。

現代ではラッキーセブンなどとも言いますが、

昔から7という数字には良い意味があるというわけです。

 

すしらんど ご飯がくっつきにくい巻きす<小>

恵方巻きを自宅で作ってみたい、となると必要になるのが巻きすです。

竹製のちゃんとしたものを用意するのも良いですが、

こういった便利グッズもオススメです。

ポリプロピレンで出来ており、巻きやすく洗いやすいのが特徴です。

 

ご飯がくっつきにくいダブルエンボス加工になっているのも、

使いやすくて良いですよね。

 

焼き海苔、桜でんぶ、かんぴょうのセット

恵方巻きの基本セットである、焼き海苔・桜でんぶ・かんぴょうが

まとめて買えるお得な商品です。

節分時期には注文が殺到する可能性もありますので、

早めに押さえておくのがオススメです!

賞味期限も製造日より6ヶ月あるので安心ですよ。





スポンサーリンク







恵方巻はいつから、どのように流行ったの?

恵方巻きの起源を紹介する中でも触れましたが、

恵方巻きはもともと大阪を中心に風習として食べられていました。

 

その恵方巻がいつから全国に広まり始めたのかというと、

1983年にファミリーマートで販売が始まったことがきっかけです。

その当時は、関西地方のみの販売だったのですが、

1989年にセブンイレブンが「恵方巻」という名で全国での販売を開始しました。

 

いまでも、2月3日にはセブンイレブンを始めとして

その他大手コンビニチェーン店の前には、大きな広告が掲げられており、

恵方巻が販売されているのを目にしますよね。

 

元々は、「節分巻き寿司」や「幸運巻き寿司」という名で、

太巻きに名前が付けられて販売されていたのですが、

セブンイレブンで全国販売が開始される際に、

節分に食べる縁起のいい太巻きとして紹介され「恵方巻」と名前が付けられました。

 

ですから、節分に恵方巻を食べるという風習は、日本古来の伝統というよりは、

ハロウィーンやクリスマス、バレンタインなどのように、

商業的な販売促進を目的としたイベントとして広まったのですね。

 

現在では、元々恵方巻を食べる習慣がなかった地域でも、恵方巻が販売されていますし、

定番の太巻きに限らず、

様々な具材を巻いてアレンジされた巻き寿司も多く販売されていますよね。

 

穴子の恵方巻き

テレビや雑誌などでも取り上げられることの多い橘家が送る恵方巻きです。

穴子をメインに据え、卵焼きや高野豆腐、

かんぴょうなどが入った豪華な恵方巻きになります。

シャリも福井・新潟のコシヒカリを厳選して使用するなど、

細部までこだわっているので、味は間違いありません。

 

また、穴子の他にも、うなぎやかにの恵方巻きもあります。

今年の節分はちょっと豪華な恵方巻きを食べてみるのも良いでしょう。

関連記事:寒中見舞い時期はいつまで?過ぎたらどうする?





スポンサーリンク







恵方巻の食べ方としゃべってはいけない理由!

恵方巻を食べ際に、様々なルールを耳にしたことがあると思います。

例えば、恵方巻は切らずに1本丸ごと食べる、恵方を向いて食べる、

食べ終わるまで話しをしてはいけない等々。

なぜそのようなルールがあるのでしょうか。

 

①食べ終わるまで話をしない

食べている最中に話をしてしまうと、口から運が逃げてしまうとされているため、

このような謂われがあります。

また、食べている最中には願い事をするという風習もあります。

 

②恵方を向く

恵方とは、その年の福徳を司っている歳徳神がいるとされています。

歳徳神のいる方角はその年の干支によって変わるため、毎年違います。

ちなみに2018年の恵方は「南南東」になります。

 

③切らずに1本丸ごと食べる

7つの具材の入った恵方巻きそのものが縁起物とされているので、

福を切らないという意味で、恵方巻きは切らずに丸かじりするのが良いとされています。

そのため、恵方巻きは一人1本食べるというのが基本です。

 

もちろん、子供やお年寄りなど、太巻き1本は食べられないという方の場合には、

最初に食べられる分だけ切って食べても良いとされています。

無理して喉に詰まらせたりすることのないよう、注意しましょう。

関連記事:ディズニーランドにお金はいくら必要?予算の平均は?日帰りと泊まりについて解説!





スポンサーリンク







最後に

恵方巻きが私たちの身近になったのはいつからなのかといえば、

その起源を紐解くと実はここ10年程のことだったのです。

もともとは一部で行われていた縁起事が、

商業目的での販売促進の一環として広まったということで、

日本古来の伝統的な文化というわけでは残念ながらありませんでした。

 

もちろん恵方巻の歴史は長いですが、

コンビニの商業戦略がなければここまで流行ったかどうかは微妙なところでしょう。

 

恵方巻の食べ方にも細かいルールがありますが、

必ずしもそうしなければ幸せが訪れないと言うわけではありません。

あまり深刻に考えず、楽しみながら食べて下さい。

今年の節分は、好きな具材を好きなように入れて、思い切り丸かじりしましょう!

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?





スポンサーリンク






サブコンテンツ