お年玉は何歳から何歳まであげる?あげる範囲は?

お正月中には初詣、正月遊びなど色んな風習がありますが、

多くの人が意外に悩んでいるのが「お年玉」ではないでしょうか。

 

お年玉は大人が子供にお金を渡す行事ですが、

例えば相手が0歳だと幼過ぎて相手が受け取ってくれませんよね。

 

じゃあ何歳からなら渡すのでしょうか。

また、大学生は学生ですからお年玉を渡して良い気がしますが、

同い年でも高卒ですでに社会人として働いている子に渡すのはちょっと迷いますよね。

 

そこでここでは、お年玉は何歳から何歳まであげるのか、

あげる範囲は誰までなのかを説明します。

 

お年玉を渡そうか、いくら渡そうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。





スポンサーリンク







お年玉って何?

お年玉を何歳から何歳まであげるのか、あげる範囲はいくらなのかを説明する前に、

「お年玉」ってそもそも何なのでしょうか。

 

まずはお年玉について簡単に見ていきましょう。

 

お年玉の由来は、「御歳魂」と呼ばれるお餅だとされています。

昔日本ではお正月に新年の神様と呼ばれる「歳神様」にお餅をお供えしていました。

 

そのお餅は神聖なものなので魂が宿っているとされ、

そのお供えした魂が入っているお餅を、

今年1年神様に守ってもらえるように子供に分け与える伝統を「御歳魂」としていました。

 

米で作られたお餅は昔は高級品で物々交換にも使えるほど大事なものでしたが

次第に物の価値は「お金」に移行し、

御歳魂もいつしかお餅ではなくお金を渡すようになり、

呼び方も「お年玉」という呼び方になったとされています。

 

ですからお年玉はただ「お正月にお金を渡す」という行事ではなく、

もともとは「神様の魂が入ったものを子供に分け与えて1年の無病息災を願う」という

神聖な風習なんです。

お年玉は何歳からあげる?

時間が経つのは早いものです。

 

まだ自分は子供だと思っていたのに、

高卒で働き始めると周囲からは未成年だけど「成人」扱いされたり

兄弟が先に結婚して子供ができたりしてふと気が付くと

お年玉を「もらう立場」から「あげる立場」になっている事があります。

 

特に、自分が大人になってから親戚や兄弟に子供が産まれると

子供が0歳の時から知っているという事になりますから、

「お年玉を何歳からあげるか」はけっこう気になりますよね。

 

ではお年玉は何歳からあげるべきなのかというと、

正式なマナーというのは実はないんです。

 

そもそもお年玉はお餅を子供に食べさせるという風習でしたから、

昔は「なんとなく」食べられるようになった年から

渡していたという事も多いのではないでしょうか。

 

ただ、そうは言っても何歳からなのかというのは具体例が欲しいですよね。

 

実は、現在のお年玉は「0歳の赤ちゃんにも渡す」事が多いです。

 

ただその場合は子供に渡しても理解できませんから、例えば

お年玉袋には「〇〇ちゃんへ」と子供の名前を書いていても

「赤ちゃんのミルク代にして」や「おむつ代の足しにでも」という言葉を添えながら

親に渡します。

 

子供に渡すというより、世話をする親をねぎらう気持ちで渡すという感じですね。

気になる金額ですが、赤ちゃんの場合は500円~1000円くらいが相場です。

 

ただ、お年玉やお金の意味が理解できない0歳の赤ちゃんに渡すのは

赤ちゃんの祖父母や懇意にしている親戚が多いです。

 

あまり接点がない場合は渡さない事もあります。

 

子供が成長し「お年玉は?」と自分から聞けるような年齢

(言葉が話せるようになる2歳~)になるとこちらも何も渡さないとなると

決まりが悪いですから多少縁が遠くても準備している人が増えてきます。





スポンサーリンク







お年玉は何歳まであげる?

お年玉を何歳からあげるかが分かったら、

次に気になるのは「何歳まであげるか?」という事ですよね。

 

お年玉は基本的に「子供」に渡すものなので、成人になったら渡す必要はありませんが

例えば成人していたとしても、大学生でまだ学生だとお年玉はあげたいですし、

逆に高校を卒業してバリバリ働いている子にお年玉をあげたら失礼のような気もします。

 

実際、お年玉は何歳まであげているのでしょうか。

こちらも「何歳まで」というのは明確に決まっていません。

 

そこでお年玉を何歳まであげるかの平均を見ると、

「確実に渡す」という年齢は、「高校生まで」が一番多いです。

 

確かに大学生となると「子供?」と疑問符がつきますが、

高校生は明らかに子供ですよね。

 

高校を卒業すると大学生になって本格的にアルバイトをする子もでてきますし、

大学に行かず就職して社会人になる子もいます。

 

大人の乗り物である車の免許も取れる年齢です。

 

すでに「子供」ではなく大人になりつつあるので、

大人からの庇護である「お年玉」はもう必要ないと判断する人も多いそうです。

 

ただ、「大学生活をもっと楽しんでほしい」「自分は大学生の時にお年玉をもらっていた」

という考えもあり、お年玉を渡す人もいます。

 

この辺は、お年玉を渡したいと思う子と

あなたの関係性やあなたの考えで決めていいと思いますよ。

お年玉をあげる範囲は?

大人になるほど「自分に繋がりのある子ども」というのは、意外に増えていきます。

 

自分の子供、子供の友達、友人の子供、兄弟の子供、親戚の子供、

近所の顔見知りの子供…。

 

皆お正月に顔を合わせる機会のある子供たちです。

 

でも、会う子会う子全員にお年玉をあげていたら大変な事になってしまいますよね。

では、お年玉をあげる範囲はどこまでなのでしょうか。

 

平均を見ると、お年玉をあげる範囲は「血縁のある子まで」というのが一番多いです。

つまり、

自分の子供、

兄弟の子供

親戚の子供

という事になります。

 

また、親戚の子でも「正月に会う子だけ」と限定している方も多いです。

 

確かに、正月を過ぎてお年玉袋だけ持ってウロウロしているのは変ですよね。

お年玉は季節に渡すものなので、時間が経ってしまってから渡すと

相手の親も「そこまで気を遣わなくても」と逆に恐縮してしまいます。

 

また、それとは別に「お世話になっている人の子供に渡す」という場合もあります。

親戚ではありませんが、あなたが「とてもお世話になったので恩義を返したい」と

思っているなら全く問題ありません。

 

そこでひとつ注意なのですが、

お世話になった人の中にはあなたより目上の人もいると思います。

 

目上の人の子供にお年玉を「お年玉」として渡すのは失礼になります。

 

この場合はお年玉を「お年賀」として渡すのがマナーです。

お年賀という名称であれば中身はお年玉と一緒でも問題ないので、

もし目上の人の子供にお年玉を渡す場合は「お年賀です」と言って渡しましょう。

お年玉の金額の相場は?

ではここで、お年玉の金額の相場がいくらくらいなのかまとめてみましょう。

 

赤ちゃん(0歳~2歳くらいまで)にあげる場合の金額相場

500円~1000円。

お年玉やお金を理解できない子供には親に渡します。

その子欲しいものの為というよりは、

赤ちゃんのちょっとしたおやつ代や、オムツ代の足しなど雑用費という感じです。

 

言葉が喋れる小学生以下の子(2歳~5歳)にあげる場合の金額相場

500円~1000円。

親に渡すなら1000円、子供に直接渡すのなら、500円がいいですね。

特に子供は紙幣よりも硬貨の方が喜ぶ事が多いので、

大きな硬貨の500円玉の方は特に嬉しいと思います。

 

小学校低学年(1年生~4年生頃)にあげる場合の金額相場

1000円。

例えば小学1年生に1000円は少し高いような気がしますが、

この年になると子供自身が欲しい物がはっきりしてきます。

 

それはぬいぐるみだったりゲームだったり色々ですが

1000円を超えてくるものがほとんどなので

正月のボーナスという気持ちで渡すと良いでしょう。

 

1000円という高額なお金をどう使うかの勉強にもなります。

 

小学校高学年(5年生~6年生)にあげる場合の金額相場

2000円~3000円。

この年になると成長が早い子は大人っぽい事も言い出しますが

高学年と言えど小学生はまだまだ子供です。

 

「お金は簡単には手に入らない」という事を教える為にも

高くても3000円くらいまでが良いでしょう。

 

 

中学生にあげる場合の金額相場

3000円~5000円。

中学生になると友人と遊ぶ為の「交際費」というのがやや高めになってきます。

また、オシャレにも目覚める時期です。

 

どんどん増える自分の欲求と持っているお金のバランスを考える重要な時期です。

一回の映画代くらいは必要でしょう。

少なくとも3000円は渡した方が良いですね。

 

高校生にあげる場合の金額相場

5000円~10000円。

高校生になると、部活動費や食費、ファッションでますますお金がかかるようになります。

 

「お年玉は高校生まで」と決めている家庭にとっては

お年玉を渡す最後の3年間になりますので、

お金の大切さをしっかり説明しながら渡すのも良いですね。

 

高校1年生から10000円をあげるときついので、

1年生は5000円、2年生は8000円、と徐々に値上げしていくのもオススメです。

 

 

大学生、成人前の社会人にあげる場合の金額相場

10000円~。

大学生や未成年の社会人にお年玉をあげるかどうかは

個々の家庭や親族の事情や方針によって異なりますが、

やはり大人の一歩手前という事でお年玉も高めの金額です。

 

この辺は上限があまりなく例えば「一人暮らしで入り用」だから、や

「飲み会が多いだろうから」とその子の生活スタイルに合わせて渡す人も多いようです。

 

いかがでしたか?

あくまで平均の相場ですが、お年玉をあげる時の参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







お年玉に迷った時は?

お年玉をあげる歳がだいたい何歳から何歳までなのかは分かったし

お年玉をあげる範囲(金額の相場)も分かったけど、

「でもな~!うちの場合はちょっと事情が違うんだよ」という事はありますよね。

 

例えば兄弟の子や親戚の子がすごく多い家庭は、

その子供全員に相場通りのお年玉を平等に与えるとなると

それだけで家計を圧迫してしまいます。

 

そうなると、「めでたい」という気持ちより先に

「またお金が飛んでいく」とブルーな気持ちになってしまいますよね。

 

お正月のお年玉はクリスマスのプレゼントと同じで、

本来渡す側もウキウキして渡したいものです。

 

では、自分の家庭の事情が相場から離れてしまっている時は、

どうしたら良いのでしょうか。

 

その時は、「その子の親に相談」してみましょう。

 

兄弟の子が多い場合は、一度兄弟全員で話し合って

その家族「独自の相場」を決めてしまうと良いかもしれません。

 

そうすると、「弟は〇〇円くれたのに、兄は〇〇円しかくれなかった」という

気まずくなる行き違いもありません。

 

お年玉はあくまで「子供の成長を祝う気持ち」が大事ですので、

あなたが負担なく気持ちよく渡せる額が最適な金額ですよ。

お年玉にオススメグッズ!①

お年玉を渡す時はお年玉袋に入れて渡しますが、

最近は色々なデザインのお年玉袋が増えました。

 

その中でオススメのひとつなのが、この「クイズ付きのお年玉袋」です。

お年玉も嬉しいですが、クイズをする楽しみも増えます。

 

お年玉を渡す子には、正月と盆しか会わないという

「普段喋らないから何を話せばいいか分からない」

という場合もありますよね。

 

また、子供がいない人はお年玉をあげたくても

「子供とどう会話すればいいの?」と戸惑う方も意外に多いです。

 

そこで、このクイズ付きのお年玉袋を使えば

「ねえ、クイズしない?」と話すきっかけができますし、

小さい子なら喜ぶ事間違いなしです。

 

口下手で子供とうまく話せない、という方もこのお年玉袋を使えば

良い会話のきっかけになりますよ。

関連記事:お年玉の金額相場!年齢別や総額の平均を詳しく解説!

お年玉にオススメグッズ!②

お年玉を渡したいけど、「袋はあまり派手なのはちょっと…」「狙ったようなものは嫌」

「でも少しはかわいい方が良いな~」と思う方もいると思います。

 

そんな「割とオーソドックス」を求める方にオススメなのが

このお年玉袋です。

 

派手ではないものの、おとしだまというフォントはかわいいですし

イラストも和やかなものになっています。

 

子供っぽすぎず、低学年の子から大学生まで誰にでも喜ばれるデザインなので

とても使いやすいお年玉袋ですよ。

 

「誰に渡すか分からないけどとりあえず準備しておく」という時にも使える

便利なお年玉袋なので、お正月に親戚と会う予定の方は持っておくと助かるかも!?

関連記事:正月飾りの処分!神社や自宅での方法やいつ処分するのかについても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

お年玉は「何歳から何歳まであげる」というあげる範囲は決まっていません。

ですから今は0歳からあげる方もいます。

 

ただ、お年玉は年齢に合わせて基本的には増額されていくものですので

中身は計画的に決める必要があります。

 

どうしても迷う場合は、「いくらくらい渡せばいい?」とその子の親に相談するのも手です。

 

大切なのは、お年玉はその子の1年の無病息災を願う風習から来たものだという事です。

 

お年玉を渡す時も、「ただお金を渡す」のではなく、

それを知った上で一言「健康に過ごしてね」など言いながら渡すと良いかもしれませんね。

関連記事:初詣時期はいつまで?起源や意味・由来についても詳しく解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ