お年玉の金額相場!年齢別や総額の平均を詳しく解説!

年末の準備の一つにお年玉を忘れていませんか?

新年の挨拶をして回る時お子さんのいる家庭では

必要になってくるお年玉ですが

皆さんお年玉の相場はご存知でしょうか?

 

今回はお年玉の金額相場を年齢別で

詳しく解説していきたいと思います。

気になる総額の平均もご紹介します!

 

年齢別の相場を知っていれば我が子はもちろん

親戚の子や近所の子にあげる時でも慌てないように

準備をする事ができ役立つ事間違いなしです。





スポンサーリンク







お年玉の金額相場はどれくらい?

我が子であれば気持ちの金額でいいのですが他の子に

渡すお年玉は金額が少なすぎても多すぎても気になりますよね。

 

例えば自分の子より年上の甥っ子にあげたお年玉が

我が子がもらったお年玉より少なかったなんて事になったら

何だか申し訳ない気持ちになってしまいます。

 

お金の価値が分からない子にはお菓子の詰め合わせや

500円玉が喜ばれたりしますが基本的にお年玉は

1000円~10000円が金額の相場になります。

 

お年玉をあげる子の人数や年齢によって

金額を変えるという方も多いのではないでしょうか?





スポンサーリンク







お年玉の金額相場、年齢別でご紹介!

年齢でお年玉の金額相場は変わってくるので

しっかりリサーチして損はありません。

 

また関係性でも変わってくるので要チェックです!

 

未就学児のお年玉の金額相場は?

未就学児とは0歳から小学校入学までの子を言います。

 

0歳や1歳なんて本人は貰ったなんて

分からないし渡す必要あるのかな?と

思われる方もいるかもしれません。

 

しかし親戚などご自身のお子さんが貰っている場合や

付き合いの深いご友人の子には渡した方がいいでしょう。

 

我が家の場合うちの子が産まれる前から

義姉の子にお年玉をあげていたからか

我が子が産まれた時は首もすわらない内から

お年玉を頂いていました。

 

未就学児の金額の相場は1000~2000円!

 

0歳、1歳児はお年玉を貰ったら親が管理する事が

多いと思うので1000円が良いかと思いますが

2、3歳児は本人が喜ぶお菓子の詰め合わせや

紙のお金よりも目を引く500円玉でもいいでしょう。

 

4歳以降は少しずつ欲しいものもでき

お金の価値を理解し始めるので

1000円~2000円がオススメです。

 

好きな物が買える点ではお金と一緒ですが

お年玉に図書カードをあげるのも喜ばれます!

 

お菓子をあげるとお子さんは喜びますが0歳と6歳では

食べられるお菓子が全然違いますし親の意向によっては

食べさせていないお菓子を貰って困る場合も・・

 

しかし図書カードならお子さんの好きな本を

選んで買う事ができるので親子で嬉しいですよね!

 

お年玉としてこちらのピーターラビットが書かれた

可愛い図書カード、オススメです。

 

小学生のお年玉金額相場は?

小学生と一言で言っても1年生と6年生では

全然違うので金額相場が気になりますね。

 

小学生は欲しい物の金額も上がりお年玉を

心待ちにしている子も多いかと思います。

 

小学校低学年(1~3年生)

低学年のお年玉金額相場は2000~3000円!

小学校高学年(4~6年生)

高学年のお年玉金額相場は3000~5000円!

 

兄弟は何かと張り合う事が多くお年玉の金額でも

揉めることがあるようなのでそれを避けるために

お年玉をあげる子供の人数が少ない場合は

「年齢÷2×1000円」という額にしている方もいるようです。

 

小学生には見た目も可愛らしいポチ袋がオススメ!

こちらの商品はディズニーのトイストーリー柄なので

男の子にも女の子にも使う事ができます。

 

キャラクターが立体的になりカラフルなポチ袋は

子供たちが大喜び間違いなしです。

ミニシールも付いているので封をするのも簡単です。

 

中学生のお年玉金額相場は?

中学生になるとお年玉を自分で管理し

使い道も自分で考える子も増えてきます。

 

未就学児や小学生とは差を出さなければと

高額になるケースが多いですよね・・

 

中学生のお年玉金額相場は5000~10000円!

1~3年生で金額の差は出さず一律が多いようです。

 

周囲の意見を聞いても中学生は

5000円が妥当かと思いますが

小学生高学年で5000円出していた場合

10000円というケースもあるようです。

 

また甥っ子や姪っ子には5000円だけど

いとこや友人の子には3000円、4000円という

方もいるようなので関係性でも金額はだいぶ変わりますね。

 

中学生のポチ袋には笑いを加えたこちらがオススメ!

 

貰った時に中学生ならきっと

笑ってくれる事間違いなしです!

 

シールまでこだわっている面白さなので

ちょっと大人になった中学生には

ピッタリのポチ袋です。

 

高校生のお年玉金額相場は?

高校生になるとバイトを始める子も居たり

親戚の中では義務教育が終わるので

進学を選ばず就職する子もいるかもしれません。

 

そうなると高校生はあげなくてもいい?と

考えるかもしれませんが一般的には

「学生の間はあげる」という意見が多いようです。

 

高校生のお年玉金額相場は5000円~10000円!

参考書も高いしお友達とのお付き合いも

お金がかかる年頃なので10000円がオススメです。

 

お年玉をあげるのもあと少しと思うとお札の中の

最高額がポチ袋に入るわけですね。

 

しかしこちらも付き合いや関係性、血縁関係の差で

5000円という意見もありました。

 

高校卒業後のお年玉相場は?あげるもの?

高校卒業後は大学生や専門学校、就職など進路はそれぞれ違う

人生を歩み始める子供たちですがその時はお正月に集まる

ご親戚の中であげるかあげないかを決めた方がいいと思います。

 

ちなみに私はいとこの中で一番年下でしたが

我が家の集まりは高校3年生のお正月でお年玉最後!という

ルールがあり私が終わるとお年玉イベントはなくなりました。

 

しかしその代わりに叔父さんが次の年から準備してくれたのが

ビンゴゲームで親戚一同お正月からビンゴを楽しみました。

 

当たった景品はお年玉同様お金で

10000円、5000円、3000円、

2000円、1000円と用意され上位5名が

順番に封筒を選ぶという形で最後まで

大人も子供も楽しめるお正月イベントでした。

 

話が反れてしまいましたが特に親戚間での

決まりがない場合高校卒業後も学生の子には

お年玉を渡すケースはあるようです。

 

その場合金額は10000円が妥当!

むしろそれ以下ならあげないという意見もありました。

 

ちなみに社会人でも20歳までは子供という事で

お年玉をあげるケースもありその場合の金額相場は

10000~30000円のようです。

関連記事:正月飾りの処分!神社や自宅での方法やいつ処分するのかについても詳しく解説!





スポンサーリンク







お年玉の総額の平均はどれくらい?

お年玉の総額は渡す人数によっても

大きく変わってきます。

その金額は子供の成長に伴い年々上昇しますしね。

 

しかし引越し侍さんが出されたリサーチ結果によると

県でも差があるらしくお年玉の平均総額が多い県は

第1位 大分県 32875円

第2位 山梨県・福井県 32500円

第4位 鹿児島県 32400円

第47位 岩手県 11333円

となっているようです。

 

一年に1回とはいえしっかり準備が必要な

金額になってくるので皆さんぬかりなくご準備を!

関連記事:鏡餅の食べ方!いつ食べる?パックの開け方についても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

今回はお年玉の金額相場を年齢別に

ご紹介していきました。いかがでしたでしょうか?

 

ちなみに我が家の今年は高校生に10000円、

中学生に5000円、小学5年生に3000円、

小学3年生に2000円、未就学児には1000円を

予定してお正月までに新札を準備予定です。

 

なぜ新札?と思われますよね!ご祝儀には新札を準備する事が

マナーとされているのでお年玉はいわば新年のご祝儀なので

新札であげるとあなたの為に準備したという気持ちが伝わると言われます。

 

何かと物入りのこの時期に大きな金額が

かかるお年玉ですが子供たちはとても楽しみにしているので

なるべく期待に応えてあげたいですね。

関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!





スポンサーリンク






サブコンテンツ