しめ縄の飾り方!玄関・神棚や向きについても詳しく解説!

日本にはお正月に門松や鏡餅など、

「今年一年が良い年であるように」と願いをこめて縁起物を飾る風習があります。

 

そのお正月の縁起物として有名な物のひとつが「しめ縄」です。

皆さんも、家でなくとも店やバスなどの公共の乗り物に

飾られているのを見たことがあると思います。

 

でも、しめ縄って何なのか知っていますか?

また、しめ縄は玄関や神棚に飾ってある事が多いですが、

ちゃんとした飾り方や向きがあるのを知っていますか?

 

ここではそんな意外と知らないしめ縄の玄関や神棚に飾る場合の

飾り方や向きについて説明します。

 

今年は家にしめ縄を飾ろうかな~と考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。





スポンサーリンク







しめ縄って何?

しめ縄って、ぱっと見

「ただ藁を編んだ縄にみかんとか紙がくっついてるだけ」に見えますよね。

 

どうしてそんな縄が、縁起物になっているのでしょうか。

 

実はしめ縄には

「神聖な場所とその他の場所を区別する為の境界線」の意味があります。

 

しめ縄はよく神社やご神木に巻かれている事が多いですが

しめ縄を張られた内側は、

「清められた場所」、「穢れていない場所」という事になります。

 

しめ縄はただの縄ではなく、神聖な意味があるんです。

 

しめ縄の縄は昔から私たちの主食であった米が実る稲穂から作られます。

古代から私たちの命を繋いできた稲穂が、結界としても使われるようになったんですね。

 

では、なぜお正月にしめ縄を飾るのでしょうか?

それにもちゃんと理由があります。

 

お正月の前には「大掃除」として掃除をする風習がありますよね。

 

お正月の前に掃除をして汚れや穢れを落とし、新年を迎える準備をします。

そうすると家が綺麗になり神聖なります。

 

さきほどしめ縄は「神聖な場所とその他の場所を区別する境界線」と書きましたよね。

 

日本では、新年には「歳神様」と呼ばれる新年の神様が家に来て

福を呼んでくれるとされています。

 

掃除を終えた家は神聖なものとなるので

「ここはお正月を迎える準備ができました。ぜひうちに来て家を守って下さい」と

神様に伝える為にしめ縄をするのです。

 

ただ、神社やご神木に巻かれているしめ縄と

お正月に家などに飾るしめ縄には少し違いがあります。

 

神社やご神木に巻かれているしめ縄は

縄と紙垂(白い四角い紙が連なったようなもの)のみですが、

家で飾るしめ縄には、みかんや葉っぱ、扇などがくっついていますよね。

 

これは「しめ飾り」と言って、神聖なしめ縄に他の縁起物をくっつける事で

さらに福を呼ぶという意味合いがあります。

 

ではしめ縄にくっついている縁起物で有名なものを見てみましょう。

 

橙(だいだい)

多くの人が「みかん」と思っているかもしれないあのみかんっぽい果物ですが、

あれは橙です。

 

「だいだい」という名前から、「“代々”家に福が訪れますように」という意味があります。

 

扇は上に向かうほど広がっているという形から、

「末広がりに良い事が続く」という意味があります。

 

裏白(うらじろ)

裏白とは、細長い葉が連なった植物で、裏が白いのが特徴です。

 

裏が白い=「心の裏表がなく清く美しい精神が宿る」という意味や

「家族に白髪が生えるまで幸せに暮らせるように」という意味があります。

 

なんとなく見ていたしめ縄の飾りも、意味が分かると見る目が変わりますね。





スポンサーリンク







しめ縄はいつ飾る?

では、しめ縄はいつ飾るのが正しいのでしょうか。

 

昔は日本にはクリスマスという行事はありませんでしたので、

12月は「お正月を迎える準備をする月」でした。

 

そして12月13日がお正月の準備を始める「すす払い」と呼ばれる日で、

この日からお正月の準備をして、準備ができたらしめ縄を飾るというのが流れでした。

 

ですが、今は12月はどちらかというとクリスマスの時期という印象が強いですよね。

 

クリスマスが終わらないと、しめ縄を飾ってもなんとなく締まらない気がします。

また、しめ縄と言うのは本来

「年を越す準備ができました」と神様に報告をする物でもあるので、

今年のクリスマスを祝っている内は来年の神様を呼ぶ準備ができたとも言えません。

 

ですので、一般的な家庭でクリスマスもお祝いをするというのであれば、

早くて12月26日から飾るのが良いでしょう。

 

また、「この日から飾らない方が良い日」というのはあります。

それは12月29日と12月31日です。

 

29日は、「二重苦」という読み方にも取れて縁起が悪いとされ、

31日は「当日にバタバタ飾った感じが出て神様が怒る」とされています。

 

もししめ縄を飾るなら、29日と31日を抜いた、

クリスマスが終わった日のいずれかの日から飾ると良いですね。

しめ縄の飾り方や向きは?

クリスマスも終わり、掃除も済んだらいよいよしめ縄を飾ります。

では、しめ縄に飾り方や向きはあるのでしょうか?

 

しめ縄に飾り方や向きは基本的にはありません。

どこに飾っても、南を向こうが北を向こうがかまいません。

また、「ここには飾ってはいけない」という事も特にありません。

 

公共の乗り物では、よくバスや電車の頭に飾ってある事もありますよね。

ですから「ここに飾りたい」と思った所に飾って大丈夫です。

 

ただ、皆さんがよく見かけるしめ縄は丸い形をしていますが

中には「ごぼうじめ」という細長いしめ縄があります。

このしめ縄は形が線対称ではなく、片方が細くなっています。

 

神道の考えでは「左側」が上位になりますので、

神様側から見て左側に太い縄が来るようにしましょう。





スポンサーリンク







しめ縄を玄関に飾る場合の飾り方や向き

一般的に、家でしめ縄を飾るとしたら玄関か神棚に飾る方が多いと思います。

ではしめ縄を玄関に飾る時の飾り方や向きを詳しく見ていきましょう。

 

先ほども説明した通り、しめ縄には飾り方や向きは特にありません。

 

ただ、しめ縄にはいくつか種類があり、若干向きを気にしなければいけない

しめ縄があります。

まずはしめ縄の種類を見てみましょう。

 

ごぼうじめ

しめ縄が横に広がっているタイプで、片方が細くなっているのが特徴です。

 

大根じめ

ごぼうじめより太い縄で作られたしめ縄で、こいらも片方が細くなっています。

 

玉飾り、輪飾り

一番目にするのが多いしめ縄で、ぐるりと輪になっているしめ縄です。

玉じめの方が少し豪華です。

 

玉飾りと輪飾りは線対称なので向きは特に関係ありませんが、

ごぼうじめと大根じめは片方が細くなっています。

ですから、向きというか縄の方向を間違えないようにしましょう。

 

玄関にごぼうじめや大根じめを飾る場合、

「外側から神様が入ってくる」という事になりますから

外側から見て左側に太い縄が来るようにします。

 

ただ、玄関に飾る場合は玉飾りや輪飾りを飾る事が多いです。

しめ縄を神棚に飾る場合の飾り方や向き

しめ縄を神棚に飾る場合の飾り方や向きについて説明します。

 

神棚にしめ縄を飾る場合、

玉飾りや輪飾りよりもごぼうじめや大根じめを飾る事が多いです。

 

この場合、神棚(内側)に神様がいる事になりますから、

人間から見て右側に太い方をおけば神様側から見て左側に太い縄が来ます。

 

ただ、地域によっては全く逆という事もありますから、

一度自分の地域の風習を調べてみるのも良いですね。

しめ縄を飾ろう!オススメグッズ♪①

最近、「いかにも日本家屋」という家は少なくなってきました。

 

「玄関にしめ縄を飾りたいけど、玄関の扉がモダンな作りで

よく見る橙が真ん中にでーんとあるしめ縄がいまいち似合わないから迷っている」

と思う方いると思います。

 

そこでオススメなのが、アレンジしめ縄です。

こちらの輪飾り(玉飾り)は今風の家にも合うようにかなりオシャレに作られています。

 

まるで女性のドレスにつけるコサージュみたいですよね。

胡蝶蘭の花がお正月らしいゴージャスさを出しています。

 

少し変わったしめ縄を飾りたいと思っている方や

ちょっとオシャレにお正月を祝いたいという方にはぜひオススメのしめ縄です。

関連記事:しめ縄は来年も使い回してOK?再利用しない場合の処分方法についても詳しく解説!

しめ縄を飾ろう!オススメグッズ♪②

最近の日本の家は住みやすく手入れが簡単なものにどんどん進化しています。

 

屋根は瓦からフラットなものに、襖や障子はただの仕切りに変わったりと

色々変化していますが、神棚はあるという家はまだまだ多いのではないでしょうか。

 

家の中はモダンに変わっても「神棚はないとね」と思うのが日本人です。

もししめ縄を飾りたいなら玄関もオススメですが、神棚も良いですよ。

 

何しろ神棚にはその家を守ってくれる神様がいるのですから、

日ごろの感謝もこめてお正月に飾りつけをしましょう。

 

神棚に飾るには、輪飾り(玉飾り)のしめ縄より、

ごぼうじめや大根じめのしめ縄の方がしっくりきます。

 

そこでオススメなのが、こちらのミニごぼうじめです。

小さいので家庭の小さな神棚にもぴったりです。

神棚にしめ縄をすると、ミニ神社のようでとてもかわいいですよ。

 

もし家に神棚がある方は、ぜひこちらのごぼうじめのしめ縄をオススメします。

関連記事:鏡餅の食べ方!いつ食べる?パックの開け方についても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

お正月に飾るしめ縄には神様に

「1年の汚れを落とし、新しい神様を迎える準備ができました」と伝える大切なものです。

 

しめ縄には難しい飾り方もなく、向きもほぼ関係ありません。

玄関でも神棚でもどこでも自分の好きな所に飾って構いません。

 

またしめ縄自体も、昔ながらの伝統のデザインもありますが

今風に合わせたモダンでおしゃれなものも増えて、

現代人の感性に合うように進化しています。

 

しめ縄を飾ると「お正月がきたなあ!」と心も引き締まりますよ。

それまで飾った事のない方も、今年はぜひしめ縄を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事:正月飾りの種類と意味!玄関には何を飾る?





スポンサーリンク






サブコンテンツ