節分の柊鰯はいつまで飾る?地域や作り方についても詳しく解説!

節分と聞いて一番にイメージするのは、豆まきや恵方巻きですよね。

しかし、実は節分には昔からもう一つ、

柊鰯を玄関に飾るという風習があるのをご存知でしょうか。

 

地域によっては、子どもの頃からよく目にしていた風景かもしれませんし、

見たことも聞いたこともないという方もいるかもしれません。

なぜ節分に鰯?と思う方も少なくないと思います。

 

そこで今回は日本の古くからの風習である、

節分に柊鰯を飾るという文化についてお話していきます。

柊鰯はいつからいつまで飾るのが正しいのか、

そして柊鰯の作り方も詳しく解説していきますので、

ぜひ次の節分には手作りの柊鰯を飾ってみてください。





スポンサーリンク







なぜ柊鰯を節分に飾る?飾っている地域は?

みなさんは、節分に柊鰯が飾られている光景を目にしたことがあるでしょうか。

節分に飾る柊鰯は古くから日本に伝わる風習で、魔除けや厄除けとしての意味があります。

柊鰯は、枝に鰯の頭を刺して作るのですが、その由来は平安時代まで遡ります。

その頃は、柊の枝とボラの頭をしめ縄に刺しており、

その様子は土佐日記にも書かれています。

ただ、その後実際に民衆に広まったと言われているのは江戸時代からのようです。

 

昔から臭いの強い物や先の尖った物には魔除けの効果があるとされています。

節分では鬼を魔としており、尖った柊の葉と臭いの強い鰯の頭でそれを除けるのです。

柊鰯を玄関に飾ることで、家の中に鬼が侵入するのを防ぐことができるということですね。

尖った柊の葉の先端は、寄ってきた鬼の目を刺すとも言われています。

 

ですが、この節分に柊鰯を飾るという風習は、

必ずしも全国各地で行われているものではないようです。

場所によって呼び方も様々で、柊鰯の他に、

焼嗅(やいかがし)、ややきさし、やいくさし、やっかがしとも呼ばれているようです。

 

柊鰯が風習として広まっているのは主に西日本で、関西地方が発祥と言われています。

特に奈良県では多くの家庭で柊鰯を飾る習慣が根付いています。

柊に焼いた鰯の頭を刺すというのが一般的ですが、

奈良県の一部の地域では頭では無く、尻尾を使うこともあるようです。

また、臭いが強い物として鰯の頭の代わりに、

にんにくやらっきょうが使われている地域もあります。

 

関西で行われている柊鰯の習慣では、鰯を飾るだけでなく、

実際に食べることで体内の邪気を払うという意味合いもあります。

さらに、鰯を焼くことで、

臭いと煙で鬼を寄せ付けないようにするためとも言われています。

地域によってもその風習がそれぞれというのは驚きですよね。

 

今年の節分はたまごボーロで!

柊鰯も節分の大事な風習ですが、節分で忘れてはいけないのは豆まきですよね。

一般的には大豆や落花生を使用すると思いますが、

小さいお子様やご高齢の方がいる家庭では、

なかなかその後に食べづらいという悩みもありますよね。

こちらの豆まきセットは、大豆の代わりにたまごボーロが使用されているので、

その後も美味しく食べやすいのが特徴です。

 

赤鬼の入れ物も可愛いので、ギフトとしても人気が高い一品ですよ。





スポンサーリンク







柊鰯はいつからいつまで飾る?終わったあとの処分方法は?

柊鰯をいつからいつまで飾るのかという期間やタイミングにも地域差があります。

ですから、どれが正しいということはありませんが、

一般的なのは節分当日に飾るというものです。

お正月に縁起物を飾る場合、一夜限りは縁起が悪く良くないとされているので、

避けられますが、節分では当日限りでも問題ありません。

 

その他には、節分の日から2月下旬までという場合や

小正月の1月15日から立春の2月4日まで、

さらには次の節分まで1年間飾り続けるという場合もあります。

また、魔除けなので、いつまで飾るという決め事をせず、

猫がとって行くまで飾っておくというユニークな風習がある地域もあるようです。

 

ここまでいつまで柊鰯を飾れば良いのかという一般的な期間をご紹介しましたが、

どのようにしたら良いという完全な正解はもちろんありません。

いつ取り付けていつまでに外すという時期は、

住んでいる地域の風習に沿って行うのが良いでしょう。

 

また、飾ったあとの処分方法にもいくつか方法があります。

前述したように、1年間飾っておくという地域もありますが、

多くはその日限りか2月いっぱいというところが多いでしょう。

役目を終えた柊鰯は、適切に処分してください。

 

魔除けとして作ったものですから、粗末に処分するのはやはり良くありません。

処分の方法としては、焼いて灰にしてから玄関先に埋める、

神社での焚き挙げの際にもっていく、

お清めをしてからゴミとして捨てるという方法です。

 

柊鰯は縁起物なので、家庭で捨てる場合には

半紙などの白い紙の上にのせ、全体に塩を振りかけてお清めを済ませてから捨てましょう。

また、ゴミに出す場合には、他のゴミと一緒に入れるのではなく、

別の袋に入れるようにしてくださいね。

関連記事:ディズニーランドにお金はいくら必要?予算の平均は?日帰りと泊まりについて解説!





スポンサーリンク







柊鰯の作り方や飾り方を紹介!

柊鰯の作り方は非常に簡単です。

用意するのは、葉が付いた柊の枝と鰯の頭だけです。

柊の枝は、鰯の頭がしっかりと刺しておけるぐらいの大きさのものを選ぶと良いでしょう。

 

オニヒイラギ

柊鰯を作るのには欠かせないのが、やはり丈夫な柊です。

慣習として飾っていくなら、いっそ1本の苗木を育てていくというのもおすすめです。

柊の木はそのままでも魔除けの木としての効果もありますし、

寒さや害虫にも強いので非常に管理も簡単です。

節分の時期になったら枝を剪定して使えば、その後の材料費もかかりません。

 

イワシ

イワシを柊鰯のためだけにスーパーで数匹買ってくるのも良いですが、

折角なら美味しく食べられる立派なイワシを買って、

柊鰯の前にイワシ料理を楽しんじゃいましょう。

こちらのイワシは国内有数の水揚げ量を誇る青森県八戸産で、

冷凍ながらも生食を堪能できる鮮度がウリです。

1kgで1000円というお手頃価格も嬉しいですよね!

 

鰯は焼いてから頭だけ切り落とします。

身の部分は美味しく召し上がってください。

刺し方は、鰯の頭の柄の部分から目の方に向かって突き刺すようにしましょう。

この際、柊の枝の先で手を傷つけてしまわないよう注意してください。

 

飾る場所は家の外玄関か軒下です。

内玄関でも良いのですが、やはり臭いが気になってしまうと思いますので、

屋内に飾ることは避けた方が賢明でしょう。

 

飾り方にも決まりはありません。

吊るしている家庭もありますし、玄関に立てかけてあるところもあります。

玄関先の植木鉢に刺しておくのも良いと思います。

地域によっては、鰯を頭だけでなく、一匹丸ごと飾るところもあるようです。

比較的自由に、自分の飾りやすいように飾るのが良いでしょう。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?





スポンサーリンク







最後に

柊鰯は地域によって呼び方も様々で、

その風習は、日本でも限られた地域でのみ行われていることがわかりました。

これまで柊鰯に馴染みがなかった方も、

鬼を寄せ付けず邪気を払うという意味があるということは理解できたと思います。

 

魔除けとしてという漠然とした効果だけでなく

鰯を食べることは身体にもいいとされています。

鉄分やタウリン、DHAが豊富に含まれていることから、

節分の寒い季節に風邪など引かないようにするためにも、ぜひ食べると良いと思います。

 

このような古くからの日本の風習を大切にして、

縁起物である柊鰯がこれからも受け継がれていくと良いと思います。

作り方も簡単ですので、ぜひ今回紹介した作り方を参考にしながら、

あなたの家庭でも柊鰯を飾ってみてくださいね。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ