寒中見舞い喪中時の文例!喪中の方へ送る場合の例文もご紹介!

年の瀬を迎えると始めなければいけないのは、年賀状を準備ですよね。

年賀状は新年最初のご挨拶として利用されますが、

身内で不幸があり喪中となると出せなくなりますよね。

 

喪中の場合には、事前に欠礼の旨を表すために喪中ハガキを出しますが、

出し忘れてしまった方から年賀状が届いてしまったということもあると思います。

そんな時、マナー違反にならないように

時期を遅らせて寒中見舞いを出すという方法がありますが、

そのタイミングや文例なども悩んでしまいますよね。

 

今回は、喪中の時の寒中見舞いの出し方や文例、

さらには逆に喪中の方へ寒中見舞いを送る場合についての例文もご紹介します。

喪中ハガキを出すということは、頻繁にあることではないですが、

知っておくといざという時に役に立つことと思います。





スポンサーリンク







喪中の時の寒中見舞いの出し方!

寒中見舞いとは、厳しい寒さを迎える中で、

相手の健康を気遣うことや、近況報告などに用いられる挨拶状のことです。

自分が喪中の場合だけでなく、送る相手が喪中だった場合や、

年賀状を出し忘れてしまったときなど様々な場面で寒中見舞いを送ることができます。

 

寒中見舞いを出す時期というのは、

1月7日の松の内が明けた後から、2月4日の立春までですが、

余裕をもって、1月末あたりまでに出すのが良いでしょう。

また、相手が喪中の場合にはおめでたい言葉を使うと失礼に当たってしまいますので、

文面には十分注意しましょう。

 

ただ、事前に喪中ハガキを出して欠礼の旨を報告している場合には、

寒中見舞いを出さなければいけないということはありません。

喪中ハガキを出した相手から年賀状が届いた場合も、

相手が間違ってしまった可能性もあるので、寒中見舞いは出さなくても良いです。

 

しかし、喪中ハガキを出しそびれてしまった方から年賀状が届いた場合には、

寒中見舞いを送り、失礼した旨をお伝えするのが良いでしょう。

このような場合も、お祝いの言葉は使わずに、

お詫びを含めた内容にして送るのがマナーです。

 

知らないと恥をかく 年賀状マナーブック

1冊あると大変便利な年賀状のマナーブックです。

年賀状だけでなく、寒中見舞いや喪中の際の書き方まで詳しく紹介しています。

書くときに悩んでしまう締めの言葉や時候についても書かれているので、

普段書かない文面でも、悩むことなく書くことができます。





スポンサーリンク







喪中の時に出す寒中見舞いの文例をご紹介!

喪中の場合、寒中見舞いを送る際に注意しなければいけないことがいくつかあります。

まずは、ハガキの種類です。

余っているからといって年賀ハガキを利用するのは避けましょう。

切手の部分が派手で御祝色になっていることも多いので、

場合によっては失礼にあたります。

 

可能ならば、官製ハガキや私製ハガキを使うのが良いです。

官製ハガキや私製ハガキは切手の部分が落ち着いたデザインであることもあり、

喪中欠礼にも一般的に利用されます。

 

寒中見舞いは季節の挨拶状となるので、

お正月のめでたいイメージを連想させるような、

日ノ出や干支などのイラスト、写真は控えるのが無難です。

 

では、喪中の際に出す寒中見舞いの文例をいくつかご紹介します。

構成の例としては、お見舞いの言葉、相手の健康を気遣う言葉や時候の挨拶、

喪中のお知らせや近況報告、締めの挨拶という流れが一般的です。

 

文例①

寒中見舞い申し上げます。厳寒の折、皆様いかがお過ごしでしょうか。

おかげさまで家族一同、変わりなく過ごしております。

本年も変わらぬお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。

 

文例②

寒中お伺い申し上げます。厳寒の折、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

喪中のため、年頭のご挨拶を遠慮させていただきました。

まだまだ寒い日が続いておりますが、お風邪など召されませぬようお過ごしください。

 

また、喪中ハガキを出す時期が過ぎてから身内に不幸があった場合や、

その他の理由で喪中ハガキを出せずに、相手から年賀状が送られてきた場合は、

お見舞いの言葉、年賀状へのお礼の言葉の後に、喪中の知らせや、

喪中ハガキを出せなかったことに対するお詫びの文章を加えるようにしましょう。

文例としては以下のようなものが良いでしょう。

 

文例③

寒中見舞い申し上げます。年頭のご挨拶をいただきありがとうございました。

昨年〇月に〇〇を亡くし、喪服中であったため新年のご挨拶ができず、

大変申し訳ございませんでした。

ご通知が遅れましたこと、お詫び申し上げます。

本年もご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。

 

どのような場合でも、冒頭にくるお見舞いの挨拶や、締めの言葉は入れるようにしましょう。

それに加えて、喪中であることを知らせる一文や、

相手を気遣う言葉を入れるのが一般的をされているので、

時候や締めの挨拶に悩んでしまうという場合にはこれらの文例を参考にしてみてください。

 

寒中見舞いはがき印刷(官製ハガキ)5~500枚セット

喪中の際の寒中見舞いのハガキを様々な定型文から選んで作成することができます。

セットで購入することで、値段もお得になっており、

はがきの種類も3種類から選ぶことができます。

4種類の文例から状況に合ったものを選ぶことができますし、

ワンポイントで印刷できる絵柄は50種類以上にもなります。

オリジナル文章を追加料金なしで印刷することも可能です。

関連記事:忌中の期間にしてはいけないことは?飲み会や結婚式に出席してもいい?





スポンサーリンク







送る相手が喪中の場合はどのように出す?喪中の方への寒中見舞いの例文も紹介!

相手が喪中の場合でも、寒中見舞いは利用することができます。

喪中の相手から欠礼のハガキが届いた場合は、年賀状による新年の挨拶ができません。

また、相手が喪中と知らずに年賀状を出してしまったという場合もあると思います。

そういった時にも、

後に寒中見舞いを送ることで失礼した旨を一筆記して送ることができます。

 

喪中の方へ送る場合には、自分が喪中である場合と同様に、

明るいデザインのハガキは控え、官製ハガキや私製ハガキを利用しましょう。

 

それでは、具体的に喪中の方へ送る寒中見舞いの例文をご紹介していきます。

一般的な構成としては、お見舞いの言葉、相手の健康を気遣う言葉や時候の挨拶、

故人を偲ぶ言葉、締めの挨拶の順です。

 

例文①

寒中見舞い申し上げます。

ご服喪中のことと存じ、年始の挨拶はご遠慮させていただきましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

〇〇様がご逝去され、ご家族皆様お寂しくお過ごしのこととお察しします。

心からご冥福をお祈りしております。

厳寒の折、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

 

また、喪中であることを知らずに年賀状を出してしまった場合には、

挨拶文の後に年賀状を出したことに対する謝罪文を入れます。

 

例文②

寒中謹んでお見舞い申し上げます。

このたびは、ご服喪中と存じ上げず、新年のご挨拶を申し上げ大変失礼致しました。

〇〇様のご逝去を心からお悔やみ申し上げます。

寒い日々が続きますが、皆様お身体に気をつけてお過ごしください。

 

寒中見舞い/喪中の方へ ピンクぼたん5枚入り

寒中見舞い用のはがきが5枚セットで入っている商品です。

ピンク色のぼたん柄で優しい雰囲気のデザインなので、

喪中の方で年賀状を出すことができない方へ、

年始の挨拶の代わりに出すにはぴったりの商品です。

はがきの文には定型文が入っているので、文面に困ってしまうこともないですよね。

関連記事:喪中に神社やお寺で厄払い・厄除けできる?初詣は?





スポンサーリンク







最後に

寒中見舞いは、主に喪中の際の挨拶状として用いられることが多いです。

しかし、喪中の場合の寒中見舞いは書く機会も少ないため、

文章の内容や出すタイミングなどよくわからないと思う方も多いと思います。

 

友人であれば、そこまで気を遣わなくてもいいという場合もありますが、

上司など目上の方に対して送るのであれば失礼に当たらないようにしなければなりません。

また、喪中の方へ送る場合には、おめでたい言葉は控え、

使用するハガキの種類にも気を配る必要があります。

 

喪中となり、年賀状で新年の挨拶が出来ない場合にも、

寒中見舞いを利用することで、相手にしっかりと新年の挨拶をすることができます。

寒中見舞いを送る機会は少ないかもしれませんが、

そういった場面に遭遇した際には少しでも参考にしていただければ幸いです。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ