インフルエンザ解熱後も頭痛と吐き気が!原因は?ロキソニンは効果ある?

毎年冬場に流行するインフルエンザですが

感染したことはありますか?

 

1度でも感染したことがある方は

ご存知かもしれませんがインフルエンザは

高熱が辛いだけでなく解熱後も

体調不良が続くことがあります。

 

今回はそんなインフルエンザ解熱後の

頭痛や吐き気などの症状の原因は?

ロキソニンは効果があるのか?をご紹介したいと思います。

 

インフルエンザは誰もが感染の危険があるので

知識を身に付けて損はありませんので

ぜひ参考にしてみて下さい。





スポンサーリンク







インフルエンザ解熱後も頭痛や吐き気が続く?

インフルエンザは高熱が続くだけでなく

倦怠感などとっても辛い時間が続きますが

熱さえ下がれば大丈夫と思っていませんか?

 

解熱後も頭痛や吐き気など症状が続く事があり

それはなぜ起こるのでしょうか?

 

インフルエンザは毎年12月~3月の間に

流行しワクチンなど予防処置を行う方も多いかと思います。

 

しかし予防接種を受けていてもかかると

言われているので誰もが感染する恐れがありますよね。

 

インフルエンザ解熱までの経過は?

急激な発熱、咳や関節痛など風邪の症状と

似ていますが風邪よりも症状が強く出やすく

合併症などの心配があり早めの処置が必要です。

 

個人差はありますが潜伏期間は1~3日と言われ

38℃以上の高熱が3~5日続き関節痛や

頭痛、食欲がなくなるなどの症状が現れます。

 

体温計は簡単に測定できるととっても楽ちんです!

こちらの商品は約30秒で予測測定をしてくれるので

身体が辛い時やお子様の発熱時などに最適です。

 

病院でも使用されていて本体もケースも

水洗い可能でとっても衛生的なんですよ。

アルコール消毒も可能なのでぜひ使ってみて下さい。

 

インフルエンザかな?と思われる症状が

出た際には必ず病院へ行き検査を受けましょう。

 

しかし発熱後すぐの検査では結果が出ない事があるので

正確な検査結果は発熱後12時間以上経っている方がいいようです。

 

ここで大切なのは抗インフルエンザ薬とタミフルやイナビルは

インフルエンザ発症後48時間以内に服用する必要が

あるので病院への受診が遅すぎてもいけません。

 

しかし発症後48時間を過ぎていたとしても

自己判断せず適切な処置を受ける為受診は必要です。

 

またインフルエンザは早く治すためにも休養が必要です。

水分補給はこまめに行い脱水症状や

意識障害などにも注意が必要です。

 

高熱時や下痢、腹痛などが目立つ時には

水分が不足している症状と捉え水分補給に注意をして下さい。

 

その際にも嘔吐などが心配ですのでこまめに

少量の水分を摂るようにしましょう。

 

発熱時の水分補給には「OS-1」がオススメです。

電解質と糖質のバランスを考えられた経口補水液で

下痢や嘔吐が続く発熱時に最適です。

 

スポーツなどでたっぷり汗をかく時も

脱水症状の心配がありそんな時にもオススメですよ!

 

またインフルエンザウイルスは乾燥した冷たい空気の中で

繁殖を続けますのでお部屋の湿度や温度にも気を付けて下さい。

適切な温度22℃、湿度50%以上と覚えておきましょう。

 

体調管理の為に湿度・温度計は必需品!

湿度や温度をコントロールできると

お肌の潤いやカビ対策にも有効なのです。

 

こちらの商品は大きな数字が一目で分かるデジタル表示!

湿度の快適度はアイコンが表示され

とっても分かりやすいのも嬉しいですね。

カラーも3色ありお部屋に合わせて選んでみて下さいね。

 

解熱後も続く症状とは?

インフルエンザの場合高熱から解放された解熱後も

咳や鼻水、喉の痛みなど上気道炎症状が続きます。

 

解熱後にも感染力が強く多くの場合

「発症から5日、解熱から2日経過」の規定がされ

会社や学校へ行くことを止められます。

 

また発熱がぶり返したり、頭痛や

吐き気などが続くこともあるようです。





スポンサーリンク







インフルエンザ解熱後の頭痛や吐き気の原因は?

インフルエンザに感染すると解熱後も

頭痛や吐き気などが治まらないことがあります。

 

それは何が原因で起こるのでしょうか?

考えられる原因をご紹介していきます。

 

体内に残ったウイルスが原因

 

原因の一つとして体内にインフルエンザウイルスが

残っている可能性が考えられます。

 

体内に残ったウイルスに対抗する為

サイトカインが体内で分泌されこの物質が

過剰分泌される事を防ぐ為に更にプロスタグランジンという

物質が体内で分泌されてしまします。

 

こちらのプロスタグランジンが身体に痛みを

引き起こし頭痛や筋肉痛などが

継続する原因になると言われています。

 

また高熱はインフルエンザウイルスに対抗する

症状と言われているので解熱後もウイルスは

悪さを続けウイルスが胃腸まで来てしまうと

解熱後も吐き気や腹痛、下痢などの症状が続きます。

 

合併症による症状

 

インフルエンザウイルスに感染し身体の免疫が下がると

他の細菌などによる感染症にかかりやすくなり

アレルギーが強く出てしまう事があると言われ

インフルエンザの合併症として髄膜炎があげられます。

 

脳と脊髄を保護している髄液に細菌が侵されると

炎症を起こし首の痛みや嘔吐などの症状がみられます。

 

頭痛を感じる際には前頭部や目の奥側が痛み

光がまぶしく感じる事があるようなので気を付けて下さい。

 

また花粉症の方はインフルエンザ中に

飲んではいけない禁忌薬があるので

むやみに花粉症薬の服用はやめましょう。

 

肩こりや目の疲れからの症状

 

インフルエンザウイルスや細菌などとは関係なく

肩こりや目の疲れなどから頭痛を感じる事もあります。

 

インフルエンザで発熱し体力の低下が起こり

普段通りの生活でテレビやスマホを触ってしまうと

身体への負担が大きくなる事を覚えておいてください。

 

目の疲れにはアイマスクがオススメです。

こちらの商品はレンジで温めてぽかぽかリフレッシュ!

冷蔵庫で冷やせばクールにリフレッシュ出来ちゃいます。

 

カバーは洗う事ができ衛生的で

繰り返し使えて経済的!一つあると毎日リフレッシュ

できるお得さ満点の商品です。

 

またラベンダーの香り付きですが薄くなってきても

お好きなアロマオイルを足すことができますよ!

 

休養の際に身体を休め身体が硬くなり

回復後肩こりを感じる事により頭痛を起こすこともあります。

関連記事:インフルエンザ流行時期はいつまで?冬に流行する理由についても詳しく解説!





スポンサーリンク







インフルエンザ解熱後の症状、ロキソニンは効果ある?

ちょっとした頭痛や発熱時、咳がひどい時など

鎮痛剤であるロキソニンは自宅に常備している方も多く

インフルエンザとはいえ熱も下がったし

ロキソニンで済ませてしまおうと考える方もいるかと

思いますが一度ストップして下さい!

 

インフルエンザウイルスが体内に残っている状態で

安易に薬を入れてしまうと命に関わる病気を招く

恐れもありとっても危険なケースもある為

辛い症状が続く場合など気になる事は病院を受診しましょう。

 

インフルエンザ発症中にロキソニンを服用すると

おきる副作用として腹痛、嘔吐、口内炎、動悸、

しびれ、めまいなどがありますので

特に免疫力の低い子供やお年寄りなどは

飲まないようにして下さい。

関連記事:インフルエンザ陰性でも高熱が!再検査で陽性になることはある?





スポンサーリンク







最後に

今回はインフルエンザの解熱後にも続く

頭痛と吐き気の原因について詳しくご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

インフルエンザは感染するとせっかく熱が下がっても

出勤や登校が規制される事が多いですが

その後も様々な要因で頭痛や吐き気が続く事があり

その原因はむやみに判断できるものではなく

安易に市販の薬を服用せず病院を受診し

服用する薬はしっかり相談をしましょう。

 

毎年流行し感染しないか心配になるインフルエンザですが

感染してしまっても休養をしっかり取り

医師の指示を守っていれば解熱はウイルス量が減り

回復に向かっている証拠なのであと少し頑張って下さいね。

関連記事:インフルエンザ解熱後に咳が続く時は出勤可能?感染力はあるの?





スポンサーリンク






サブコンテンツ