ロタウイルス大人の出勤はいつから?薬はビオフェルミンが効果的?

ロタウイルスはノロウイルスと同様冬場に感染者のピークを迎える、

感染力の非常に強いウイルス性胃腸炎の一つです。

また、ロタウイルスは免疫力の低い小さいお子さんにかかりやすい病気とされていますが、

大人が感染しないというわけではありません。

 

大人が感染しても比較的症状が軽いと言われていますが、

下痢や嘔吐、腹痛、脱水症状などのさまざまな症状が現れます。

また、ロタウイルスは人から人へ、経口・接触感染してしまうため、

感染してしまったときには人と接触しないよう安静にしている必要があります。

 

つまり、学生であれば出席停止、大人であれば出勤停止です。

今回は、大人がロタウイルスにかかったときにはいつから出勤して良いのか、

そして腹痛薬として名高いビオフェルミンが

ロタウイルスに効果的かどうかを解説していきます。





スポンサーリンク







ロタウイルスの症状や特徴!

ロタウイルスは、本来免疫のない乳幼児が感染しやすいと言われています。

しかし、大人でも、ロタウイルスに感染した子どもの面倒を見ていたら

自分も感染してしまったなんていうことも十分あり得るのです。

 

ノロウイルスとの違いとしては、

ロタウイルスにはワクチンが開発されているということです。

 

そのため、子どものうちに予防接種で免疫を作ることもできますが、

任意接種のため、予防接種を受けている人とそうでない人がいます。

しかし、子どもの頃に何度かロタウイルスに感染してしまうのが普通なので、

大人になるころにはすでに免疫ができあがり、過去にワクチンを打っていようがいまいが、

大人では重症化する可能性は低いと言われています。

 

しかし、免疫があれば感染しないというわけではありませんし、

疲労やストレスなどの蓄積で免疫力が低下しているときに感染すると、

重症化してしまう場合もあるので油断はできません。

 

ロタウイルスの主な症状は腹痛、発熱、下痢、嘔吐です。

また、下痢嘔吐症状の前に微熱が出ることがあるのも特徴で、

ただの風邪かな、と思っていたら次第に消化器症状が現れることも珍しくありません。

発熱の程度にも個人差があり、ときには高熱が出る場合もあります。

 

さらに、ロタウイルスの一番特徴的な症状が白色の下痢です。

白色の下痢が出ている間はウイルスが体外へ排出されているというサインで、

ウイルスが体内から出きった目安として、便の正常を観察するといいでしょう。

下痢は続いていたとしても、白色から徐々に茶色へと変わっていれば、軽快傾向です。

 

また、嘔吐や水様便が続くと、脱水症状になってしまうため注意が必要です。

こまめに水分を摂取することを心掛けましょう。

おすすめは経口補水のような塩分の入った、

電解質のバランスを整えてくれるものを摂取することです。

 

経口補水ゼリー OS-1

下痢や嘔吐の症状で水分摂取も苦痛という方におすすめなのが、

ゼリータイプのOS-1です。

少量の摂取でも、糖質や塩分などを素早く簡単に補うことが可能です。

下痢や嘔吐が頻回なときには、まず脱水に注意を払わなければいけません。

簡単に摂取できるので、胃腸炎にかかったときにあると安心です。





スポンサーリンク







大人がロタウイルスに感染したらどのくらい休む?いつから出勤しても良い?

大人がロタウイルスに感染した場合には子どもほど症状が強く出ないとされていますが、

その症状の出方や程度は人それぞれです。

 

下痢や嘔吐の症状が無くなったら完治の目安とし、

感染からおおよそ1週間~10日程続きます。

脱水症状が続いて重症化すると、さらに長引く場合もあります。

ちなみに、ウイルスの潜伏期間は約2~3日と言われています。

 

感染経路は経口、接触感染であり、

同じ空間で生活しているだけでも、感染するリスクは非常に高いです。

まだ症状が出ているうちはロタウイルスを周囲に撒き散らしている状態なので、

出勤は避けるのが賢明でしょう。

 

ただし、インフルエンザやノロウイルスに感染した場合には、

出勤停止が規定されていることが多いのですが、

ロタウイルスの場合には出勤してはいけないという決まりがないことが多いです。

そのため、とりあえず症状があるから出勤を見合わせたところで、

一体いつから出勤してもよいのかわからないというケースがよく見られます。

 

いつから出勤するかという目安は、症状が出ているかどうかです。

下痢や嘔吐の症状が出ている間はうつしてしまう可能性が高いので、出勤はやめましょう。

また、症状が治まったとしても、数日のうちはマスクをする、

手洗いやうがい、手指消毒を念入りに行うなどして、

感染を広げないようにするということも大切な対策の一つです。

 

サラヤ 手指消毒ハンドジェル

持ち運びに便利なサイズの手指消毒ハンドジェルです。

カバンに一つ入れておくだけで、いつでもどこでも手指消毒が可能で、

無香料なので、アルコールのような強い臭いも気になりません。

幅広いウイルスや細菌に対応しており、

リン酸でpHを酸性にして、エタノールの効果をより高めた消毒、除菌用ジェルです。

関連記事:ノロウイルス予防の食べ物!ヨーグルトやヤクルトがいい?





スポンサーリンク







大人がロタウイルスに感染したときの効果的な薬は?ビオフェルミンが良い?

大人がロタウイルスに感染した場合、

予防接種や抗ウイルス製剤などの治療方法は一切ありません。

対症療法で様子を見ながら、

ウイルスが体内から排出されるのを待つしかないということです。

 

病院を受診した場合でも、

脱水症状がひどいときには点滴などで電解質の補給、維持が行われる場合がありますが、

そのほかの特に治療方法はありません。

 

下痢症状がひどいと、止痢薬を使いたくなるかもしれませんが、

逆にロタウイルスの排出を妨げてしまうためおすすめできません。

 

しかし、大人の場合症状が軽度である場合が多いです。

そのため、ビオフェルミンなどの整腸剤で腸内環境を整えることだけで

症状が軽快する場合もあります。

 

ビオフェルミンには、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、

フェーカリス菌という乳酸菌が含まれており、効果的に善玉菌を増やしてくれます。

ロタウイルスは菌による胃腸炎であるため、

体内の乳酸菌を増やすことで効果的に排出することができるのです。

 

もちろん、ビオフェルミンを内服したからと言って、

すぐに良くなるという即効性があるわけではありません。

しかし、強力な止痢薬は回復を遅らせてしまうので、

大人がロタウイルスにかかった場合には

ビオフェルミンなどの整腸剤が効果的な場合があります。

 

新ビオフェルミンS錠(540錠)

3種類の乳酸菌が生きたまま腸まで入り、お腹の調子を効果的に整えてくれます。

錠剤独特の苦みなどは無く、むしろ少し甘みがついているので、

小児から大人、高齢者まで幅広く使用することができるでしょう。

薬ではなくあくまで整腸剤ですので、ウイルス性胃腸炎に感染したときだけでなく、

普段の腸内環境改善にも効果がありますので、習慣として飲んでおくのもオススメです。

関連記事:ノロウイルスの予防法!加熱が有効?消毒方法についても詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

ロタウイルスは必ずしも子どもだけに感染するウイルスではありません。

特に、冬場や免疫力が低下しているときには大人も注意が必要なウイルスです。

大人が感染した場合、重症化するケースは少ないと言われていますが、

それでも下痢や嘔吐という症状は苦しいものです。

 

ロタウイルスに感染した場合、必ずしも出勤してはいけないという決まりはありませんが、

感染力も高く、重症化してしまうと長引くことも考えられるので、

大事をとって仕事を休むのが良いでしょう。

いつから出勤するかどうかの目安は、症状が出ているかどうかです。

また、薬を飲むとしたら、下痢止めではなくビオフェルミンのよな整腸剤が効果的です。

 

家族や同僚などの周りに迷惑をかけないよう、

ロタウイルスの症状や感染力の特徴、

いつから出勤可能かどうかの基準は押さえて起きたいところですね。

関連記事:胃腸炎で頭痛が治らない原因は?ロキソニンなどの頭痛薬は有効?





スポンサーリンク






サブコンテンツ