鏡餅を飾る場所や方角!神棚・仏壇・玄関どこに飾ればいい?会社の場合は?

毎年、年末年始の時期にはいろいろな行事ごとの準備で忙しくなりますね。

実家にいたときには、当たり前のようにあったお正月飾りなども

いざ、自分でやってみようと思うとたくさん疑問が湧き上がってきませんか?

 

お正月飾りと代表といえば、鏡餅!

自宅で餅つきをして、手作りをするところもあれば、

スーパーなどで手軽に買えるので、どこのご家庭でも飾ることが多いのではないでしょうか。

 

ですが、こういった縁起物を飾るにあたっては

飾る場所や方角などのしきたりが気になりますよね。

そこで今日は、鏡餅を飾る場所に関してまとめてみました!

ぜひ、お正月の準備をする時期には参考にしていただけると幸いです。





スポンサーリンク







鏡餅を飾る意味を理解しよう!

そもそも、鏡餅を飾る意味は知っていましたか?

お正月といえばお餅のイメージがありますし、子供の頃から見慣れているので、

あまり鏡餅が持つ意味は考えたことがないですよね。

せっかくなので、鏡餅の意味をおさらいしておきましょう。

 

まずお餅には稲の神様が宿っているとされており、本来はハレの日に食べるものでした。

若干の地域差はありますが、鏡餅の部分にはそれぞれ意味があるのです。

 

一番上に乗っている、「橙」は長く木から落ちない実。

それが転じて、家が代々栄えるようにという意味がこめられています。

 

そして「裏白」と呼ばれる、表が緑、裏が白の葉っぱには

裏返しても白いということから、身の潔白を示しています。

さらに、白髪になるまで長寿という意味もあります。

「昆布」にはよろこぶことがありますようにという願いをこめています。

 

ちなみに関西地方で見られる、「柿串」という飾りには

柿木が長寿の木であるということと、柿が外側に2個、内側に6個ついているので

「外はニコニコ、中むつまじく」という関西らしい語呂合わせもあるそうですよ。

 

こういった意味を知っておくだけでも、鏡餅を飾る気持ちが変わってきますよね!

鏡餅を買ったり、準備したりするときにも過不足なく整えることができますね。





スポンサーリンク







鏡餅を飾る場所はどこがいい?神棚、仏壇、玄関?

鏡餅の意味が分かったところで、いよいよどこに飾るかというお話です。

「リビングやダイニングなど人が一番多く集まる場所に一番大きな鏡餅を飾る」

という原則をまずは押さえておきましょう!

 

置く場所で気をつけなければならないのは、神様を見下ろすことがないよう

自分の目線よりも高いところに飾りましょう。

そしてテレビの上など騒がしい場所もNGです。

 

以前は、床の間に一番大きな鏡餅を飾るとされていましたが

最近の住宅事情では、床の間がないというお家も多いですよね。

日本独自の風習ではありますが、時代に合わせながら少しずつ変化しているので

現代での飾り方は、こちらを基本に覚えておけば問題ありません!

 

そして、神棚や仏壇があるお家はリビングのものよりも小さい鏡餅を飾りましょう。

ただし、神棚や仏壇を唯一の置き場所とする場合には、

メインとなる大きな鏡餅を飾ってもかまいません。

 

玄関に鏡餅を飾ることについては、人の出入りが激しいなどの理由で

衛生面からお餅を置くことを嫌う人も多いそうです。

しかし最近は真空パックタイプの鏡餅を使うご家庭も増えていますし、

風習として玄関に飾ることは間違いではありませんので、

スペースがあれば、玄関に飾ることは何も問題はありません。

 

こういったオブジェタイプの鏡餅なら、玄関に飾っても見ばえが良く

お客様に見られても恥ずかしくないですよね。

毎年飾るものなので、きちんとしたものがひとつあってもいいでしょう。

 

ちなみに、その他に鏡餅を飾るとよいとされている場所は

キッチンや水回り、寝室や子供部屋、書斎など家族にとって

大切な場所全てに、メインの鏡餅より小さめのものを飾りましょう。

 

意見が分かれるのはトイレです。

トイレは不浄な場所という考え方もあれば、

むしろ年神様が宿ることで清められるという考え方もあるのです。

このあたりの考え方や風習は地域や家庭によって、

差があるのでそれに従えばよいでしょう。

 

これは、日本独特の様々な場所や道具、食べ物から自然現象まで神様が宿る

「八百万の神」(やおよろずのかみ)という考え方に由来するものです。

この考え方から、トイレには厠神(かわやしん)という神様が宿られ

女性の出産に関する大切な神様がいるという見方もできます。

出産に関心や心配事があるご家庭は鏡餅を飾るといいかもしれませんね!

 

そしてキッチンには荒神さん(こうじんさん)や竈神(かまど神)という

火の神様が宿ります。

台所など火を使う場所は神聖な場所として鏡餅を供えてその年の家内安全を願います。

お料理をよくする主婦の方は、ぜひ飾っておきたいですね。

 

また、お供えする方角は、その年の恵方または南向き、東向きが一般的なので

自宅の間取りにあった方角をチェックしておきましょう!

ネットでその年の恵方を調べられるので、とっても便利ですよ。

節分の恵方巻きを食べるときにも使えますよ。

 

鏡餅とセットで準備したいのは、しめ縄ですよね。

しめ縄というと古風なイメージがありますが、こんなにオシャレな飾りがあるんです。

デザイナーズお正月飾りで、ファッショナブルな雰囲気を作ることもできますよ。

いつもと違ったお正月を楽しんでみるとのもいいですね。

関連記事:初詣時期はいつまで?起源や意味・由来についても詳しく解説!





スポンサーリンク







会社で鏡餅を飾る場合はどうする?

最後に、会社で鏡餅を飾る場合について見ていきましょう。

自営業のお宅や、小さな営業所などの場合は社員さん同士で

鏡餅の準備を進めることもありますよね。

 

ですが、心配は無用です!

基本的に考え方は家庭と同じなので、社内の一番重要な場所にメインの大きな

鏡餅を飾り、次に重要な場所に小さめの子餅を飾っていきましょう。

会議室なのか、作業場なのか、来客スペースなのか・・・

その会社で一番大切なところはどこか?を考えるといいでしょう。

 

厨房や給湯室、お手洗いなども飾るスペースとして候補に挙がってきますね。

会社の鏡餅で気をつけなければならないのは、

年神様をお迎えするにあたっては、

12月の最終営業日までに飾り終えなければなりません。

 

そして、懇意にしている和菓子屋さんなどにオーダーしているという

会社もあるので、そのあたりもしっかり確認しておく必要がありますね。

よくあるのは、オーダー品の鏡餅だと、他の飾りが既製品ではサイズが合わない

こともあるので、サイズもよく確認しておかないと

いざ鏡餅が手元に届いたときに、大慌てになることもあるので注意です!

 

鏡餅もさることながら会社の玄関には、門松があるのとないのでは印象が大違いです。

新年はなにかと人の出入りが多いので、

一番目に付く玄関先はきちんとしておきたいものです。

会社の玄関の規模に合ったサイズが選べるので、じっくり吟味しましょう。

関連記事:鏡餅の意味を子供向けに!みかんや干し柿・ゆずりはの意味も詳しく解説!





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたでしょうか?

今まで間違った飾り方をしていた!という方はいませんか?

年末の忙しい時期に、こういった準備ごとは大変かもしれませんが

新しい年を気持ちよく迎えるためには、絶対にやっておいて損はありません!

 

お子さんのいらっしゃるご家庭なら、お子さんと一緒に準備をしてみませんか?

年末の準備から年始を迎えて鏡開きまでの一連の流れはセットになります。

こういった日本の風習や伝統を伝えていきたいものですよね!

関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!





スポンサーリンク






サブコンテンツ