小正月の食べ物は小豆粥!意味や由来は?レシピもご紹介!

年が明けたことを祝うために、

お正月はお酒やおせち料理などの豪華な食べ物を囲んで迎えるという方が多いと思います。

 

しかし、お正月が終わった後にやってくる小正月という行事を、

みなさんはご存じでしょうか。

あまり聞き慣れない行事かもしれませんが、

実は地域や家庭によっては毎年小正月という行事を行っているところもあるんですよ。

 

今回は、意外と知らないという方が多い、小正月の意味や由来、

さらには小正月の食べ物である小豆粥のレシピについても詳しくご紹介していきます。

来年はお正月だけでなく、小正月もお祝いして新年を迎えてみてはいかがでしょうか。





スポンサーリンク







小正月の由来や意味について解説!時期はいつ?

小正月は正月の締めくくりとされている日のことを指しており、

一般的には1月15日に行われる行事です。

地域によっては1月14日~16日というところや、

1月の最初の満月の夜という場合もあります。

 

また、小正月は地域によっても呼び名はさまざまで、

女正月(おんなしょうがつ)、花正月、二番正月などと呼ばれることもあります。

 

それでは、小正月の意味や由来を紐解いて行きましょう。

小正月は900年代中頃から始まった文化だと考えられており、

その年の最初の満月の日に行われていました。

 

当時用いられていた太陰暦は満月を基準にして月の始まりとしており、

そのため1年のうち最初に見える満月の日を元日としていました。

 

つまり、小正月とは旧暦で言うまさに正月のことを指していたのですが、

その後、明治初期に太陽暦が採用されてからは月と暦がうまく連動しなくなってしまい、

元日も月とは関係なく1月1日と規定され、現在の正月という文化が定着しました。

 

そうして、元日から1月7日の松の内までを大正月、

15日を小正月と呼ぶようになったのです。

 

ちなみに小正月が女正月と呼ばれる由来については、

元日から始まる大正月で忙しく働いていた女性たちが、

大正月が一段落する1月15日前後に一息ついてお休みを頂いていたからだ

というのが有力な説のようです。

 

現在でも、大正月は歳神様をお迎えする儀式として、

そして小正月は松の内に忙しく働いた女性をねぎらったり、

実家に帰省してゆっくり身体を休めて過ごしたり、豊作を祈るというような、

家庭的な行事となっています。

 

地域によって時期が微妙に違う由来については、

地域によって大正月の過ごし方が異なっていたことが挙げられます。

 

ちなみに、昔は男性が成人となる元服という儀式を

小正月である1月15日に行っていました。

そのことから1月15日が成人の日とされていました。

しかし、最近では小正月の馴染みも薄くなり、

成人の日も1月の第2日曜日となっています。

 

昔からの完全な形では小正月は残っていませんが、

小正月の意味や由来を知っていると、その名残が今でもあることが分かりますよね。





スポンサーリンク







小正月の行事は何をするの?

小正月の行事はいくつかあります。

まず、1月15日に食べるとされているのが小豆粥です。

小豆には邪気を払うという意味があり、小豆の朱色は魔除けの力があるとされています。

これらの意味から、小正月に小豆粥を食べることは、

無病息災を願う意味が込められているのです。

 

また、大正月には門松やしめ縄、鏡餅を飾るのが一般的ですが、

小正月には餅花と呼ばれるものを飾ります。

餅花というのは、柳の枝に紅白の丸めた餅を飾り付け、

実った稲穂に見立てて飾ることで、その年の豊作を祈願するという意味があります。

 

しだれ小玉餅花

手軽に小正月飾りを豪華に演出することができます。

安価なうえに、彩りも綺麗なので、自宅に飾るのにぴったりです。

全長85cmで素材はポリエチレンを使用しています。

1個から注文することができますよ。

 

 

正月に飾っていたものは、小正月に行われるどんと焼き、左義長という火祭り行事で

炊き上げるというのが一般的とされています。

どんと焼きの煙に乗って、正月飾りに宿った歳神様が天に帰っていくとされています。

 

どんと焼きの行事をもって正月は終わるとされており、

炎や煙によって邪気を祓う、お清め、魔除けの意味もあり、

さらには、その火で焼いた餅を食べることで病から身を守る意味もあります。

 

どんと焼きは主に小正月である1月15日に神社で行われるのですが、

地域によっては畑で行われる場合や、

松の内が終わる1月7日に行われるところもあるようです。

 

盛大にお祭りのようにして行われていることもあるので、

お住まいの地域の風習を確認するのがいいでしょう。

関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!





スポンサーリンク







小正月の食べ物は小豆粥!誰でも簡単に作れるレシピをご紹介!

1月7日に七草粥を食べ、15日に小豆粥を食べるというのが一般的なお正月の風習です。

小豆粥が小正月の食べ物という風習は、昔、中国で行われていた、

家族の健康を祈願して小豆粥が食べられていたことが日本にも伝わったと言われています。

枕草子や土佐日記にも小豆粥のような食べ物について書かれており、

その歴史は1000年以上とも言われています。

 

地域によっては、粥占いという米の出来高を占う習慣があるところもあるようです。

小豆粥を炊く際に、竹筒を入れ、そこに小豆がいくつ入っているかを占うものです。

 

現実的にも小豆にはデトックス効果があり、年末年始に暴飲暴食してしまったという方も、

小正月に小豆粥を食べて食生活をリセットする意味としても相応しいと思います。

 

小豆を調理するとなると、難しく感じる人も多いと思いますが、

作り方は簡単ですので、まずは以下にレシピを紹介します。

 

1、お米1合に対して、小豆を50g程度の割合で使用します。

(小豆の分量はお好みで調整して問題ありません)

2,洗った小豆を大きめの鍋にたっぷりの水を入れて下茹でします。

3,強火にかけて、沸騰したら弱火に戻し、30~40分程煮てください。

(甘めの小豆がお好みであれば、きび砂糖を少量加えると良いでしょう)

4,そこにお米と水を加えます。(水はお米1合に対して1L)

5、強火にかけて沸騰させ、お米1合に対して塩小さじ1~2を加えます。

6、再び沸騰したら、弱火に戻してお米がお好みの柔らかさになるまで煮ます。

 

レシピは以上です。

お正月に残ったお餅を最後に加えても美味しく召し上がれますよ。

 

また、鍋でお米を炊き、小豆を下茹でして・・・

という工程が面倒と思う方におすすめなのが、炊飯器を使用して作るレシピです。

小豆は市販のゆで小豆を使うと良いでしょう。

赤飯用の小豆はゆで汁も一緒になっているので、大変便利です。

以下にレシピを紹介します。

 

1,購入した茹で小豆は、茹で汁を出して分けておきます。

2、炊飯器にといだお米と茹で汁を入れます。

3、茹で汁を入れた後、足りない分の水をお粥の分量の線まで加えます。

4,お米1合に対して小さじ1程度の塩を加えておかゆコースの炊飯機能で炊きあげます。

ここではまだ小豆は入れません。

5、炊きあがったらすぐに、分けておいた小豆を入れて、10分程度蒸らすと完成です。

 

レシピは他にもあり、余り物のご飯を使っても簡単に作ることができます。

茶碗約1杯分に対してお水を2カップ程入れて、鍋で中火にかけます。

お粥状になったら、ゆで小豆と汁、塩を少々加えて混ぜるだけです。

 

わざわざお粥を炊かずとも、前の日に残ったご飯などでも簡単に作ることが出来るので、

ぜひこれらのレシピを参考に、小正月の食べ物、小豆粥を楽しんでみて下さい。

 

井村屋 ゆであずき2号缶

北海道産小豆100%使用の安心安全品質です。

容量たっぷりで、ゆで汁も入っているので、ご飯と一緒に入れて炊くだけで、

美味しい小豆粥を作ることができますよ。

砂糖、塩分も含まれているので、味付けせずにそのまま加えるだけで良いです。

 

味の素 小豆がゆ

袋のまま熱湯で5分程度茹でるだけで、簡単に美味しい小豆粥を食べることができます。

自宅で作るのは面倒と思う方には最適です。

袋から出して、電子レンジで温めて食べることもできますよ。

北海道産の小豆が使用されており、

粒もしっかりしているので美味しく召し上がることができるでしょう。

関連記事:忌中の期間にしてはいけないことは?飲み会や結婚式に出席してもいい?





スポンサーリンク







最後に

いかがでしたでしょうか。

小正月とは小さい正月と書くことから、

正月のおまけのようなイメージをもっている方も多いかもしれません。

しかし、古来の日本の伝統や風習を感じることができる、

大切な行事でもあります。

その意味や由来を知るだけでもその奥深さを実感することができますよね。

 

ぜひ今年は、簡単レシピを活用した小豆粥とともに正月の締めくくりを、

家族一緒に迎えてみてはいかがでしょうか。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ