初詣時期はいつまで?起源や意味・由来についても詳しく解説!

新年を迎えて、最初の行事となるのが初詣ですよね。

毎年恒例行事として行かれている方も多いと思います。

 

その年の運気上昇やさまざまな祈願の意味を込めて、

なんとなく初詣に訪れるという方が多いと思いますが、

初詣の起源や意味、由来などについては

あまりご存じないという方も多いのではないでしょうか。

 

せっかく神様にお願いしに行くわけですから、

少しでも理解してから訪れたいところです。

 

また、初詣の時期についても、

多くの方が1月1日~3日の間に神社に参拝に行っているかと思いますが、

いつまでに初詣に行くのが良い、という時期についてはいかがでしょうか。

今回は、初詣の時期や起源や由来、意味について解説していきます。

次の初詣は、意味や由来を知った上で、気持ち良く参拝に行けると思います。





スポンサーリンク







初詣の意味や起源、由来とは?

初詣には、1年の始まりに神社や寺院に出向いて参拝し、

神様に挨拶をするという意味があります。

1年間無事に過ごすことができたという感謝の意を表すとともに、

新年の飛躍や健康を祈願し、安全に暮らすことができるよう参拝するのです。

 

初詣は「年籠り」と呼ばれる日本の風習が起源とされています。

年籠りというのは、昔、大晦日から元旦にかけて、

一家の長がその地域の氏神様の社に籠もって、

家内安全や豊作を祈るという行事でした。

 

その後、一晩掛けて行われる年籠りが、

大晦日に参拝する「除夜詣」と、年が明けてから訪れる「元日詣」の2日に分けられ、

この元日詣と呼ばれているのが、現在の初詣の由来となっているのです。

 

ちなみに除夜詣は普段着のまま「一年無事に過ごすことができて、ありがとうございました」

と挨拶に行くことで、

一方で元日詣は正装でお清めをし、

「新年を迎えさせて頂いてありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします」

と挨拶に行くこととされています。

 

また、江戸時代頃まで元日詣は「恵方詣り」と呼ばれており、

その年の恵方にあたる神社に参拝するという習慣が一般的でした。

今では2月3日の節分の際にその年の恵方を耳にすることがあると思いますが、

昔は初詣の際に、恵方を意識して参拝されていたのです。

 

初詣の始まり起源としては明治時代の中期頃のようですが、

近年のように遠方の有名な神社にまで参拝するような風習ができたのは、

明治時代(明治18年)に鉄道が初めて開通したことが関係しています。

交通機関の発達とともに、初詣の文化も大きく発展していったということですね。





スポンサーリンク







初詣はいつまでに行けばいい?時期はいつでも良い?

人混みが苦手だから初詣の時期をずらしたいけど、

一体いつまでに行けば良いのか、と疑問に思う方もいるでしょう。

 

一般的には三が日を初詣とすることが多いですが、

関東では松の内の1月7日まで、

関西では1月15日までに訪れるのが良いとされています。

 

しかし、その時期を過ぎたからと言って、

マナー違反でご利益がないということは一切ありませんので安心してください。

結論としては、初詣に行く時期にいつまでという決まりは特にないということですね。

 

というのも、実は初詣とされている時期は、

時代の流れと共に大きく変わってきているというのが実状なのです。

 

昔は、1月1日の元日に参拝することを指していましたが、

その後、三が日までに行く参拝を初詣と言うようになり、

近年では松の内の1月7日までに行く参拝を初詣と言うことが多くなりました。

いつまでに参拝するという時期については、

これからも変わっていくかもしれません。

 

また、基本的には年が明けて初めてお参りに行く行事を初詣と呼ぶことも多いため、

極端に言えば2月に入ってから訪れても問題はないのです。

その人にとっては、それが初詣というだけの話です。

 

正月の時期に仕事が忙しいという場合や、

小さいお子さんがいて混雑した場所を避けたいという方もいると思います。

そういった方は、あえて少し時期をずらして初詣に訪れるのもいいかもしれません。

関連記事:鏡餅の意味を子供向けに!みかんや干し柿・ゆずりはの意味も詳しく解説!





スポンサーリンク







初詣は神社に行くのが正しい?初詣の作法も紹介!

初詣のシーンを思い浮かべると、

やはり鳥居のある神社が一番に来るという方も多いでしょう。

しかし、別に初詣をお寺でしては行けないということはありません。

回数や時期についても決まりはないので、

行きたいと思う神社、お寺に初詣に行くのが良いでしょう。

 

また、初詣に多数の神社仏閣で参拝しても問題はありません。

その地域や家庭によって風習や考え方も違うと思いますが、

多数の神社仏閣に参拝することで、

さまざまなご利益を得ることができるという説もありますよ。

 

それでは、神社、お寺それぞれでの初詣の作法を簡単に紹介します。

必ずしも行わなければいけないということではありませんが、

知っておくとよりご利益が得られる気がしますよね。

 

神社での参拝は鈴を鳴らして、二礼二拍手一礼の作法で行います。

お寺の場合は、祈願する際には合掌と言い、静かに手を合わせるだけです。

 

また、初詣に訪れる場合には前の年に購入したお札やお守りを奉納しましょう。

すると松の内を過ぎた時に行われるどんと焼きの際に、焚きあげてもらうことができます。

縁起物の処分に困ったときは、このように神社に預けてしまうというのがおすすめです。

 

絵馬を奉納したり、おみくじを引く、初正月の縁起物を購入するのも良いでしょう。

絵馬は願い事を書いて奉納すると、願いが叶うとされています。

おみくじは、訪れた神社に結んで帰る人も多いですし、

吉のおみくじは持ち帰った方が良いと言われることもあります。

 

持ち帰るべきか結ぶべきかかというのは、

どちらが良いということはありませんし決まりもないですが、

結んで帰る際には境内の決められた場所に結び、マナーを守るようにしましょうね。

 

そして、初詣の帰りは寄り道しないで帰るのが良いとされています。

諸説ありますが、神社仏閣に初詣をした帰りは、

福を落とさないようにするために真っ直ぐ帰るのが良いと言われています。

 

無地着物ケープ 羽織

初詣に訪れる際に着物を着て少しいつもと違った装いをするのも良いですよね。

初詣は真冬の時期ですので、参拝時の寒さ対策も大切になります。

こちらの着物ケープはシンプルでどんな着物にも合わせやすい商品になっています。

普段着の上の羽織りとしても利用できますよ。

 

後ろ丈が長く、気になるお尻もすっぽりと隠れるので安心ですよね。

ウールが含まれていて、とても暖かい素材になっているので、

初詣に行く際にも活用できること間違いありません。

 

タビシューズ

 

メタリックのラインが入った足袋風のデザインシューズです。

路面状況によっては初詣の際の履き物選びが難しくなることもありますが、

こちらのタビシューズは厚底のシューズタイプなので履きやすく、

安全に初詣に出かけられますよ。

足長効果も期待できるので、一石二鳥です。

関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!





スポンサーリンク







最後に

初詣には、いつまでにいかなければ御利益がないという明確な時期の規定はありません。

どの時期に訪れても、自分にとっての初詣ということになります。

ただし、出店などの賑わいは3が日や松の内までという神社も多いので、

そういったものを楽しみたい方はそれまでに初詣に行きましょう。

 

また、初詣の起源や由来を振り返りながら、

その年の恵方を確認して神社に訪れてみるのもいいと思いますし、

少し遠方でも有名な神社に訪れてみるというのも良いですよね。

 

初詣は、新年を迎えるにあたって、日頃の感謝やその年の健康を祈願する行事です。

訪れる時期を気にするよりも、その気持ちが大事ということですね。

新年を迎えたら初詣に訪れて家族の多幸を祈り、幸せな1年のスタートを切って下さい。

関連記事:喪中で神社の参拝はいつまでダメ?お寺ならいいの?





スポンサーリンク






サブコンテンツ