鏡餅の飾り方!ゆずり葉やうらじろ・順番についても詳しく解説!

年末が近付きたくさんの準備の中の一つ

鏡餅の準備の季節がやってきました。

皆さんは毎年鏡餅飾っていますか?

 

鏡餅は飾り方に順番がある事をご存知でしょうか?

今回は鏡餅の飾り方やゆずり葉やうらじろなど

飾る物の意味や順番など詳しく解説していきたいと思います。

 

これでもう年末の悩みが一つ解消され

年越しを迎えられる事間違いなしですよ。





スポンサーリンク







鏡餅はどんな意味があるの?飾り方は?

 

鏡餅はお正月を迎える前に飾るものと何となく

飾っている方も多いと思いますが本来歳神様を

迎える為に飾る大切なお供え物となります。

 

鏡餅にはどんな意味があるの?

鏡餅と聞くと丸いお餅を二つ重ねるイメージですよね。

ではなぜ丸い餅を二つ重ねるのでしょうか?

 

実は餅は昔から神様にお供えする食べ物で

昔のお正月は毎年平らな丸いお餅を

お供えしていたようです。

 

これは訪れる一年を強く生きていく為に必要な

力を歳神様に与えて頂く為の物でした。

 

鏡餅には歳神様が宿ると言われ供えた鏡餅を

鏡開きにみんなで分け食べる事で

鏡餅に宿った力を分け一年間の健康や幸せを

願うという意味があるのです。

 

鏡餅を飾る場所や向ける方角は?

鏡餅は1つと決めず歳神様に来て欲しい

大事な場所に複数置くことをオススメします。

 

メインは床の間、小さなものは神棚や仏壇に

お供えするのが一般的と言われますが

現代では床の間がないご自宅も多いですよね。

 

その場合は家族が集まるリビングなどが良いでしょう。

しかしテレビの近くなど騒がしい場所や

鏡餅を見下ろす場所は避け

リビングボードの上などにその年の恵方か南向き、

または東向きのどれかを向けお供えしてあげて下さい。

 





スポンサーリンク







鏡餅を飾るタイミングはいつ?

現代では餅つきをする家は少なくなっているかと

思いますが昔は餅つきをする家が多く

その餅をつく日にちが関係してきます。

 

29日についたお餅は二重苦という事から

31日は葬儀が一夜飾りである事から

一夜餅と縁起が悪いとされているので避けられます。

 

その風習から鏡餅も12月29日、31日を

避ける事が一般的となっています。

 

鏡餅を飾るタイミングとしてはクリスマスが

終わった頃から12月28日までに

飾っておくか12月30日を選ぶといいでしょう。

 

鏡餅はいつまで飾るの?

鏡開きの時期は様々な説がありますが

全国的に多いのは1月11日とされています。

 

その際は丸いお餅をトンカチなどで食べやすい、

焼餅や揚げ餅などお好きな調理で頂くのが一般的です。

 

鏡開きの際お餅を扱うのに包丁など刃物を

使う事は切腹を連想してしまうので

トンカチなどを使うようにして下さい。

 

またお餅はカビが生えやすく鏡開きの際にはカビを

取り除く作業が必要になる事が多いので

カビ防止の為にお餅に焼酎を塗っておくことで

カビの繁殖を抑える事ができますよ。

 

鏡餅の飾り方は?

時代により変わってきた鏡餅の飾り方は

地域によっても違いがありますが

正式な飾り方は白木の三宝に半紙を敷いて

丸い餅を重ね載せ、橙、うらじろ、ゆずり葉、

昆布、縁起が良い海や山の幸を飾ります。

 

ご自宅で飾る際には上記の通りではなくても

基本を抑え飾っていきましょう。

 

こちらの商品は組み立て式で簡単に

鏡餅を飾れるだけでなく

お餅は中に個包装で入っているので

食べたい分だけ使えお餅が無駄になりません!

 

国内産水稲もち米100%使用のお餅は

味も美味しく立派な飾りと鏡開きの手間いらずの

鏡餅をお探しの方にオススメです!

 

現代では生活スタイルにより鏡餅を飾らない方も多いですよね。

 

1人暮らしで鏡餅を飾る予定がない方や

せっかく飾ってもお餅が食べられない方などには

こんな形の鏡餅もあるのでぜひ覗いてみて下さい。

 

手のひらサイズの可愛い鏡餅の飾り物です。

和紙やレーヨンちりめん素材で製作されていて

箱に収納することができます。

 

玄関や子供部屋などに小さいながらも

しっかりした作りでとってもオシャレです。

 

ガラス細工でできたオシャレな鏡餅!

こんな鏡餅を気軽に飾って新しい年を迎えてみませんか?

 

お餅は透き通ったガラスで大きめの橙と

水引がとっても本格的!

 

お餅の下部分には年を追うごとに表情を変える

銀箔がかけられているので長く愛用できそうですね。





スポンサーリンク







ゆずり葉やうらじろなど飾りの意味は?

鏡餅に飾る物にはそれぞれ意味や由来があります。

ここではそちらを一つずつご紹介していきます。

 

ゆずり葉

葉は若葉が出てから古い葉が落ちることから

子孫に家督を譲り家系が続くとされています。

 

うらじろ

ウラジロ科常緑性の大形のシダで

表が緑色で裏が白色な事から心の潔白を表します。

 

葉の模様が対になっているので

夫婦が仲良く白髪になるまで長生きするとされています。

 

飾る際には必ず葉が白い方を上にし

葉はできるだけ対にする事が大切です。

 

橙とは実を落とさず次の年もその次の年にも

新しい実をつけ4~5年身を落とさない事から

家系の長寿や繁栄を願う縁起のいいものとされています。

 

見た目が似ているため橙の代用にみかんを

飾る方も多いですが意味を考えると鏡餅の上には

やはり橙を飾る方がいいでしょう。

 

見た目通り扇は末広がりから末永い繁栄の願いを

込められ使われます。

 

飾り扇は折り紙でお子さんでも簡単に作る事ができます。

 

<飾り扇の作り方>

1折り紙を8等分に山折り谷折りが交互になるように折る

2折り紙を束ね真ん中で折る

3折った内側に糊を付けくっつける

4真ん中の底部分にセロハンテープを輪っかにして付ける

5扇を広げ、形を整えて完成

 

御幣

白いものを四手と呼ばれ

赤い色が魔除けの意味を持ちます。

 

大きく四方に手を広げ繁盛を願うものです。

 

海老

腰が曲がるまで長生きできる長寿の意味が込められます。

 

鶴、亀

どちらも長寿の象徴です。

 

昆布

よろこぶの語呂合わせです。

子生(こぶ)で子供が生れる意味もあります。

 

串柿

柿は「嘉来」と言われ喜びや幸せがくる

とても縁起の良い長寿の木とされています。

 

外側に2個、内側に3個を2つ飾りますがこれは

「外はにこにこと仲むつまじく」という

語呂合わせの意味が込められています。

 

また串に刺した串柿を剣とし鏡餅を鏡、

橙を玉として三種の神器を表すとも言われています。

関連記事:鏡餅の意味を子供向けに!みかんや干し柿・ゆずりはの意味も詳しく解説!

鏡餅飾り方の順番は?

では鏡餅の飾り方の順番を詳しく解説していきます。

<鏡餅基本の飾り方、順番>

三宝に半紙を端から垂れるように敷く

 

鏡餅を台に載せ捧げる神様への礼儀とし

三宝又は三方と言われる鏡餅を置く台を使います。

 

周りが赤色になっている半紙、四方紅を使い

端から垂れるように敷きます。

 

これは災いを払い無病息災・繁栄を祈ります。

 

うらじろ・ゆずり葉・御幣を飾る

うらじろは白い方を前に向け飾り

御幣は四方に大きく広げるように飾ります。

 

上に丸いお餅を2つ載せる

2つ重ねるのは意味があり「太陽と月」、

「夫婦和合」「年を重ねる」などがあります。

 

餅の上に橙を載せる

実が落ちず大きく育つなり方にあやかり

橙又はみかんを餅の上に載せ飾ります。

 

扇を飾る

末に向かって大きく広げた扇を飾ります。

 

地域や風習で違いも多くあるかと思いますが

ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!





スポンサーリンク







最後に

今回は鏡餅の飾り方!ゆずり葉やうらじろなど

飾る物の意味や由来、飾り方の順番などを

徹底的に解説させて頂きました。

 

いかがでしたでしょうか?

これで今年の鏡餅を飾る際の不安は解消されましたね。

 

毎年鏡餅は飾らなければいけない物として

義務感で鏡餅を飾っていましたがこんなにも

奥深いお供え物としての意味が

あった事に少し驚きました。

 

鏡餅に付いている一つ一つの飾り物にも

意味や由来がありそれを日本が今でも伝統として

守られてきている事もとても素敵な事ですね。

 

鏡餅をきちんと飾り歳神様に感謝し

来年も皆様にとって素敵な年になりますように。

関連記事:正月飾り玄関での位置や付け方は?名前やマンションでの飾り方についても詳しく解説!





スポンサーリンク






サブコンテンツ