寒中見舞い時期はいつまで?過ぎたらどうする?

寒中見舞いというのは出す時期が地方によって曖昧ですし、

割と目立たない風習なのですぐに忘れてしまいます。

 

ですから、引っ越しや挨拶のハガキを寒中見舞いとして出そうと思っていたら

いつの間にか時期が過ぎてしまったという事もよくあります。

 

では、寒中見舞いはいつまでの時期に出せばセーフなのでしょうか。

また、時期を過ぎたらどうすれば良いのでしょうか。

 

ここでは、寒中見舞いを出せる時期はいつまでなのか、

時期を過ぎたらどういう風に対処するのが理想かなどを詳しく説明します。

 

寒中見舞いについてよく分からないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。





スポンサーリンク







寒中見舞いって何?

寒中見舞いの時期がいつまでなのかを説明する前に、

まずは寒中見舞いについて見ていきましょう。

 

寒中見舞いとは、寒い時期に「寒いですが元気ですか?」と

相手を気遣う挨拶文を贈る風習です。

 

寒い時期というのは、1月~2月を指します。

 

でも、この時期に送る日本の風習の挨拶文としては、

もっと有名なものがありますよね。

 

それは「年賀状」です。

 

「1月~2月ならまた年賀状を送ったばかりだから

さらに寒中見舞いでわざわざまた挨拶文を送るなんてちょっとうっとうしくない?」

と思う人もいると思いますが、実は両者にはちゃんとした別の役割があります。

 

まず、寒中見舞いは基本的に年賀状を出す時期が終わった後に出します。

 

年賀状と言うのはだいたい1月1日から1月7日あたりまでに

相手に届くように送る季節の挨拶状です。

 

ですが、年賀状を出せる期間と言うのは意外に短いので、

忘れていて時期を逃してしまう人は意外に多いです。

 

加えて今は年末年始も関係なく働いている人も多いですから

出さなきゃとは思っていたけど仕事や勉強で忙しくて

結局年賀状を出せないまま正月が開けてしまったという事はよくあります。

 

でも、「年賀状を出しそびれてしまったけど、年賀状的なものを送りたい!」

という場合がありますよね。

 

そんな時に便利なのが寒中見舞いです。

 

年賀状が出せる正式な時期と言うのは、一応「松の内」と呼ばれる1月7日までです。

1月7日が過ぎたら寒中見舞いが出せる時期なので、

期間内に年賀状を送れなかった場合、寒中見舞いとして改めて挨拶状を出しましょう。

 

また、寒中見舞いには喪中の相手に年賀状の代わりとして出す挨拶状としても使えます。

 

喪中だけど新年に相手に挨拶文を送りたい場合、

もしくは逆に喪中なのに相手から年賀状をもらってしまい、

その返事を出す時などは寒中見舞いを使うと良いですよ。

 

年賀状が出しにくい場合・出せない場合に代わりに使うのが寒中見舞いなんです。





スポンサーリンク







寒中見舞いの時期はいつまで?

では、寒中見舞いの時期をもう少し詳しく見ていきましょう。

 

先ほども説明した通り、寒中見舞いを出せるのは年賀状の時期を過ぎた1月8日からです。

では、寒中見舞いを出せる正式な時期はいつまでなのでしょうか。

 

寒中見舞いは文字通り「寒い中出す」ものです。

 

ということで、寒中見舞いを出せる正式な時期は、大寒の最終日までとなっています。

大寒とは、昔から「日本で最も寒い時期」とされている期間です。

 

大寒が終わるのは毎年立春である節分の日なので、

寒中見舞いが出せる時期は1月8日~節分(2月4日頃)までとなります。

 

2月4日頃、としているのは、実は節分の日は

2日だったり3日だったり4日だったりと年によって少し変動するからです。

 

ですから「きっかり時期を見極めたい」という方は、

事前にチェックしておいてくださいね。

寒中見舞いの文面は?

年賀状の場合は、

頭に「謹賀新年」や「あけましておめでとうございます」という新年の挨拶が来て

後ろに「今年もよろしくお願いします」という締めの言葉、

最後に平成〇年元旦、など日付がきます。

 

季節に送る挨拶分は、「定型文」が決まっている事が多いですよね。

 

では、寒中見舞いはどのような文面になるのでしょうか。

寒中見舞いの場合は、頭に「寒中お見舞い申し上げます」と来ます。

 

そして相手や自分の事を書き、

後ろに「どうぞ風邪など召しませぬようお体を大切にお過ごしください」

などのような決まりの文が来て、最後に「平成〇年1月」という日付が来ます。

日付は日にちまで入れる場合もありますし、月まででとめる場合もあります。

 

こちらのサイトには年賀状を出しそびれた場合も寒中見舞い、

喪中の場合の寒中見舞い、引っ越しの挨拶のついでの寒中見舞いなど

色んな場合に対応する寒中見舞いの文例が載っていますので参考にオススメです。





スポンサーリンク







寒中見舞いの時期を過ぎたらどうする?

1月、2月というのは時間が経つのが早いものです。

 

「相手に年賀状のお礼を書きたい」、

「喪中なのに年賀状を送ってしまった事の詫びを入れたい」と計画をしていたけど、

色々していたら時間が過ぎてしまって寒中見舞いの時期を過ぎてしまった!

という場合はよくあります。

 

季節物と言うのは何かアクションを取るのに都合が良い反面、

その季節が過ぎてしまうと途端に身動きができなくなってしまうのが難点ですよね。

 

では、寒中見舞いの時期が過ぎたらどうすれば良いのでしょうか。

その場合は「余寒見舞い」として送れば大丈夫です。

 

余寒見舞いという言葉は聞いた事がない人も多いかもしれませんが、

ちゃんとした日本の風習で、寒中見舞いの時期である

大寒の最終日(2月初旬頃)以降、寒い時期であれば出せる季節の手紙です。

 

大寒が過ぎてひどい寒さが過ぎたとはいえ、

まだ「寒さが余っている」時期だから、「余寒」見舞いなんです。

 

寒中見舞いの時期が過ぎても、日本は実際寒い日がまだまだ続きます。

ですから、余寒見舞いという風習もあるんです。

 

余寒見舞いの書き方としては寒中見舞いと同じで、

まず頭に「余寒お見舞い申し上げます」が来ます。

その後は時候の挨拶が来ます。

 

時候の挨拶は例えば

「向春の折、ご家族の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます」

のような感じです。

 

そして、年賀状のお礼や非礼の詫びなど、自分の書きたかった事を書きます。

最後に、お決まりの締めの挨拶を書けばOKです。

 

締めの挨拶は例えば

「余寒厳しき時節ではございますが、

何卒ご自愛専一に、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」

などです。

 

最後に、日付として「平成〇年、〇月」と書けば終了です。

 

見て分かったかと思いますが、寒中見舞いも余寒見舞いも文面がやや変わるだけで、

書き方の様式は全く同じなので身構える必要はありません。

 

余寒見舞いの時候の挨拶や締めの挨拶はネットにも文例がありますので

例えばこちらなどを見て自分が気に入ったものを見つけてください。

寒中見舞いはハガキのデザインで年賀状とは区別を!

年賀状と寒中見舞いは出す時期が似ています。

ですが、どちらも似たようなハガキだとちょっとつまらないですよね。

 

せっかく寒中見舞いとしてハガキを出すなら、

ハガキのデザインを年賀状とはちょっと差をつけてみましょう。

 

例えはこちらのデザインなんかいかがでしょうか?

年賀状とはずいぶん違う、ゆる~い感じですよね。

 

もし「年賀状を出し忘れてた!」という場合に寒中見舞いを送る時

こんなハガキにすると相手も笑って許してくれるかも!?

 

「寒中見舞い、こんなゆるいデザインでいいのかなあ」と思う方もいるかもしれませんが、

寒中見舞い申し上げますとしっかり印字されているので問題ありません。

 

「年賀状ではないけど、これはこれでいいよね!」

と思えるかわいらしいデザインなのでオススメですよ。

関連記事:神社にお参りする意味や頻度は?お賽銭の作法は?

寒中見舞い多い場合は業者に委託がおすすめ!

上でも説明しましたが、寒中見舞いは年賀状を出しそびれてしまった時に

使えるだけであなく、喪中の時に年賀状の代わりとしても使えます。

 

ですが、本来年賀状を送る予定だった方全員へ寒中見舞いを送るとなると

かなりの量になる方が多いと思います。

 

さらに、どこまで情報を乗せるかや寒中見舞いの文面を考えるのも大変です。

 

また、家族や親せきが亡くなって悲しいのに、

ハガキ作りに追われるなんてちょっと切ないですよね。

 

そんな時は、静かに悲しむ時間を作る為にもポンと業者へ委託してしまいましょう。

 

こちらの業者なら、特に面倒なイラスト選びや全体のレイアウト、

そして文例も選択肢の中から選ぶだけなので、

簡単に寒中見舞いのはがきを作る事ができます。

 

お金で時間を買う事は大事です。

自分にあまり負担がかからない方法で、寒中見舞いのハガキを作成してくださいね。

関連記事:忌中の期間にしてはいけないことは?飲み会や結婚式に出席してもいい?





スポンサーリンク







最後に

寒中見舞いは、年賀状を出す時期が過ぎたら出せるようになります。

 

内容や出す時期は年賀状と寒中見舞いではややかぶっているように思えますが、

寒中見舞いは年賀状を出し忘れた時に堂々と相手に出せるのが便利ですし、

喪中の時にはそれこそ大活躍します。

 

寒中見舞いは節分までですから節分を過ぎたら出せなくなりますが、

寒中見舞いの時期が過ぎたら、

今度は余寒見舞いとして少し文面を変えれば相手に出す事ができます。

 

一年の初めは特に時間の流れが早いように感じますが、

年賀状、寒中見舞い、余寒見舞いとちゃんと時期に合わせた挨拶状がありますので

うまく利用してくださいね。

関連記事:同窓会欠席の場合の例文!近況報告などのハガキの返信の書き方は?





スポンサーリンク






サブコンテンツ