鏡餅の食べ方!いつ食べる?パックの開け方についても詳しく解説!

毎年12月になると、年末年始の準備で忙しくなりますよね。

気持ちよく新年を迎えるための準備にどれくらい手間をかけていますか?

 

家族総出で大掃除をしたり、少し豪華なおせちをオーダーしたりなどなど

それぞれの家庭で過ごし方があるかと思いますが、

お正月といえば、欠かせないのはお餅ですよね!

 

お餅と言っても、習慣として餅つきがある地域や家庭もあれば

市販の鏡餅を買って飾る家庭もあるでしょう。

しかし、意外と知らない鏡餅にまつわる知識。

いつから飾って、いつ食べればいいのか、鏡開きっていつ?など

今日は鏡餅を食べるタイミングについて気になることをまとめてみました!

 

ぜひ、来年のお正月の準備に向けて読んでみてくださいね!





スポンサーリンク







鏡餅はいつまで飾る?いつ食べる?

まずは、鏡餅を下げる日を考える前に、鏡餅を飾る日から確認しておきましょう!

鏡餅を飾る日は地域によっても異なるようですが、特に決まりはないと言われています。

鏡餅は縁起物なので、末広がりの「8」のつく28日に飾るという意見が多くあります。

 

しかしながら、29日と31日は避ける傾向にあり、28日か30日が多いようです。

その由来としては29日は「苦」や「二重苦」を思わせるということと

31日は神を迎える儀式に、1日だけ飾る「一夜飾り」は不謹慎という理由があります。

 

自宅で餅つきをしている家庭では、餅つきをする日に合わせて飾ることもあるようです。

ちなみに私の家も、餅つきをする習慣があったので、日にちは気にせず

親戚一同が集まって餅つきができる日に、鏡餅を作って飾っていた気がします。

 

では次に、気になる鏡餅を下げる日について見ていきましょう!

鏡餅を下げる日=鏡餅を食べる=鏡開きなのですが、

全国的に鏡開きは1月11日とされています。

しかしこれも地域差があり、関西では1月15日だったり

一部ですが、1月20日としている地域もあるようです。

 

鏡開きが地域によって異なる理由は、なんと江戸時代にまで遡ります。

当時、松の内(門松などの正月飾りを飾る期間)が1月15日の小正月まであったので

鏡開きは1月20日に行われていたそうです。

 

鏡開きという風習を定着させたのは三代将軍の徳川家光ですが、

家光は1651年4月20日に死去したため、20日は月命日にあたるという理由から

1月20日は忌避されるようになりました。

そのため徳川幕府が置かれていた関東圏では、鏡開きを1月11日へ変更したのです。

そして鏡開きの日の変更に伴い、松の内の期間も1月15日から7日へ変更されました。

 

しかしながら、関西圏ではこの変更がなかなか浸透せず、

いまだに1月15日は小正月の終わり、鏡開きの日となっているそうです。





スポンサーリンク







鏡餅のパックの簡単な開け方と食べ方は?

つぎに、いよいよ鏡開きを迎えて鏡餅を食べる!という段階になれば、

お餅好きにはワクワクするイベントですよね。

 

最近では、市販の鏡餅はカビ対策のために真空パックになっており

開け方に戸惑ってしまうこともあります。

早速、簡単に鏡餅のパックを開ける方法をご紹介していきます!

 

最近では、開けやすいようにパックに切れ目が入っていることもありますが、

そうでない場合には、パックのままお湯で茹でてしまいましょう!

 

お餅のサイズにもよりますが、10分~15分パックに穴を開けたりせずに、

お湯で茹でてから、底の部分にナイフなどで切れ目を入れると

真空状態ではなくなるので、簡単にお餅が取り出せます。

 

鏡開きの際の注意ですが、鏡餅を調理するときには

包丁を使ってはいけないことをご存知でしたか?

白いお餅は人のお腹を連想させます。

そのお餅に包丁を入れることは、切腹を思わせてしまうためよくないとされています。

 

さらに、鏡餅には神様が宿るとされていて、

そこに刃物を入れるのは失礼と考えられているという説もあります。

そのため包丁などの刃物は使わず、木槌などで叩いて食べやすいサイズにしましょう。

 

お餅が十分に乾燥しておらず、叩いても割れない場合や

木槌などの叩くものがない場合には、

お餅を数時間から半日ほど水に漬けておき、電子レンジで温めると

手でちぎれるくらい柔らかくなるので、使い勝手のいい大きさに分けることができます。

 

ちなみに何かの都合で、鏡開きができないという場合には

真空パックを開けずに、冷蔵庫で保管しておけばOK。

もしもお餅にカビが生えてしまっても、カビの部分だけ削り落とせば

食べることができますよ!

 

ちなみに一人暮らしや家族が少なくて、鏡餅を準備しても食べ切れなくて困る!

というお家には、こんな鏡餅のガラスオブジェも。

お正月の雰囲気をしっかり味わいたい方におすすめです。

関連記事:正月飾り玄関での位置や付け方は?名前やマンションでの飾り方についても詳しく解説!





スポンサーリンク







鏡餅を最後まで美味しく食べるには?レシピを紹介!

鏡開きをしても、お餅をそんなに食べきれない!

定番はお雑煮をはじめ、おしるこやぜんざい、おかき、焼き餅ですが、

いつも同じ食べ方で飽きる!ということはありますよね?

 

しかも鏡餅以外にも、切り餅をもらったりして年始は何かとお餅が貯まる季節です。

そんな時には、思い切ってお餅のアレンジレシピに挑戦してみませんか?

 

まずご紹介するのは、お餅のしょうが焼き!

ひとくち大のお餅に豚肉を巻きつけて、いつものしょうが焼きと同じ要領で炒めるだけ!

豚肉がはずれないように、巻き終わりを下にして焼き目を付けるのがポイントです。

お餅がとろりとして、お子さんでもたくさん食べられます!

 

そして、こちらもお子さんが大好きなメニュー。

お餅のピザはいかがでしょうか?

フライパンに、細かく刻んだお餅を敷き詰めて、両面焼いたら

トマトソースを塗って、チーズやバジルをトッピングしましょう!

チーズがとろけたら出来上がりのサインです。

 

ビールのおつまみやランチにもぴったりですよ!

トッピングの具材に野菜を乗せてしまうと、

水分が出てしまうので乗せすぎは注意です。

ベーコンやウィンナーなどでもOK!なるべくシンプルな具の方が失敗が少ないですよ。

 

ピザに欠かせないバジル。

フレッシュバジルの代わりに、こういったソースで代用すると

さらに濃厚な風味が楽しめ、味付けも簡単になります!

 

最後に、お正月のパーティーメニューとしてお餅を使ったチーズフォンデュ!

あたためた牛乳に細かく刻んだお餅を入れて溶かします。

そしてモッツァレラチーズを加えて、コンソメで味を整えれば完成。

味の濃さやとろみはお好みで調整してください。

野菜やパンを付けて食べれば、オシャレな一品に。

 

専用フォークも付いているので、すぐに本格的なフォンデュが楽しめます。

チーズ以外にもチョコレートフォンデュにすれば、寒い日のデザートや

ちょっとしたホームパーティでも活躍してくれますよ!

 

お正月の定番メニューに飽きてきたらぜひ作ってみてくださいね!

関連記事:神社にお参りする意味や頻度は?お賽銭の作法は?





スポンサーリンク







最後に

鏡餅について、意外と知らないことが多かったと思いませんか?

地域で鏡開きの日が違う理由も、こんなに古くからの影響なんて驚きですね。

 

鏡開きの日には、お子さんと一緒にお餅を叩いて割ったり

お餅を手でちぎったりするのも楽しそうです。

今までなにもしていなかったというご家庭も、次の鏡開きはイベントとして楽しみましょう!

 

そしてお正月はなにかと忙しく、バタバタしてしまう時期です。

お正月が終わった後くらい、ゆっくりしたいものですよね。

余った鏡餅やたくさんもらったお餅をうまく活用すれば、

ぱぱっと一品ができるので、家事も少し手が抜けますよ!

関連記事:忌中の期間にしてはいけないことは?飲み会や結婚式に出席してもいい?





スポンサーリンク






サブコンテンツ